lisawakoibito さん プロフィール

  •  
lisawakoibitoさん: イギリス人のセフレ りさはこいびと
ハンドル名lisawakoibito さん
ブログタイトルイギリス人のセフレ りさはこいびと
ブログURLhttp://ameblo.jp/lisawakoibito/
サイト紹介文りさはイギリス人に恋しましたが彼女にはなれませんでした。でも、りさはこいびとだよと言われました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 360日(平均1.9回/週) - 参加 2016/08/16 06:36

lisawakoibito さんのブログ記事

  • マットの来日と決別の決心
  • マット が 来日していました。 一緒にいるのは楽しかったのですが、どうしても将来のなさに悲観してしまい、私は旅行中ずっと思い出すたびに、泣いてしまいました。私は少し平常心を失っていました。 そうしたら、ついに、制裁されました。  これは、わかっていることだし、一緒に住もうと言った時、1年という約束をした。終わることが決まっていても、それでも大丈夫だという約束で、一緒に住もう [続きを読む]
  • 読者の皆様、お久しぶりです
  • 読者の皆様、お久しぶりです。 「あの後、マットと、どうなったのですか?」「アメンバーにさせてください。」「いつか、きっと立ち直れます、がんばってください。」 など、読者の皆様から、いろいろお手紙もらいました。すごくうれしかったです。どうもありがとうございました。 でも、マットから  一緒に住もう と、言われてから、私の嘘を明かし、別れることになってから、私は本当に辛くて、精神 [続きを読む]
  • りさイギリス大学院結果
  • その後、りさはマットと一緒に住むために、イギリスの大学院に入るために、必死に勉強をしました。 それまでも、かなり勉強していたのですが、試験が近づくにつれて、ますます、自分を追い込みました。増えてしまった仕事との両立はかなりの負担でした。車の運転中もイギリス英語を聞いていました。 英単語も必死になって何度も書いて覚えました。書かずに覚えられる人が羨ましいです。 本当は、このブログの空白 [続きを読む]
  • 読者の皆様 ごめんなさい
  • 読者の皆様 私が思っている以上に、私のブログを楽しみにしていらっしゃる方が多くて、びっくりしています。しかも、りさの自分の気持ちを見直すためのブログだったのに、多くの方が共感してくださり、励ましの言葉、暖かい応援メッセージをくださいます。 本当に、本当に、ありがとうございます。こんなことになるなんて予想していませんでした。 そして、本当に、本当に、ごめんなさい。   [続きを読む]
  • 僕の街で一緒に住んだらどう?
  • 明日はいよいよ私が日本に帰るという日、 この日、泊まるホテルの駐車場で、荷物を降ろしながら、マットが意外なことを言いました。  僕の住んでいる街に住んだらどう?  (なんで、僕の住んでいる街に住まないの?)  え? 突然で、一瞬、どういう意味なのか、わかりませんでした。 こういうことって、面と向かって言うより、こういう作業をしているときのほうが、気が紛れて言いやすい [続きを読む]
  • 1年前からの憧れ ロンドン
  • イギリス旅行10日目の朝です。 ここのホテルはレストランがないので、朝食は外で食べます。 私もマットも昨日の夜の中華料理で、そんなにおなかがすいていないので、車に乗ってから、どうしようかと。。。 結局、朝10時半頃、ロンドンに向かう途中で、今度は違う場所の昨日のチェーン店で朝食を食べました。 外食すると、結局がっつり満腹に食べてしまうので、この日はお昼を食べませんでした。 明日 [続きを読む]
  • 思い出せない幸せな時間
  • マットのシェアハウスでは、私が早々に寝てしまったせいで、すごく早くすぎてしまいました。 もちろん、シェアハウスなので、ご想像にお任せはありませんよ。 次の朝、イギリス旅行9日目は、ゆっくり8時ごろに起きて、マットがシャワーを浴びている間に、そそくさとメークをして、荷物をまとめました。 マットがポリッジを作ってくれましたが、半分で食べられなくなってしまいました。 まずくても食べ [続きを読む]
  • もうひとつの試練
  • 午後5時ごろ、マットの実家を出て、シェアハウスについたのは、6時ごろだったと思います。 私はひとつ試練を終えて、もうひとつの試練、マットのお兄さんに会う、という難問に立ち向かっていました。(ついでにマットのシェアハウスのひとたちにも) 大げさな。。。? 再び大きな緊張が襲ってきました。  ちゃんと、英語で挨拶できるかな? 車から降りて、スーツケースをごろごろ引っ張っていきま [続きを読む]
  • ひとつ試練終了
  • さて、そろそろ、マットのシェアハウスに行く時間です。  もうそろそろ行く時間だよ。 お父さんとお母さんに言います。  もっと、ここにいたいけれど、行かなくてはいけません。  え、もっといたい? いいよ。  あ、あのね、これはあいさつでね。。。えーっと。  。。。シェアハウスに行きましょう。  いいよ。  お茶を淹れてくださってありがとうございま [続きを読む]
  • マットの実家
  • マットの実家はイギリスの典型的な家だと思います。 2軒繋がったうちの1つです。 室内はとても綺麗で、インテリアのセンスも良く、お母さんは、陶器などの焼き物も作って飾っていました。  とてもきれいで、インテリアの選択やデザインも素敵ですね。  あの犬の置物もお母さんが作ったんだよ。  えー、すごい。。。  それに、この暖炉のデザインなんか、私、大好きです。 マットの家の暖炉 [続きを読む]
  • マットの両親
  • イギリス旅行8日目 この日はマットの実家に、マットの両親に会いに行きました。 マットが門を開けてくれて中に入ります。 とても素敵なお庭でした。 何度か話してくれた、ホットタブ。写真でも見て想像していたものです。わかりやすく言えば、ジャグジーです。 どこにあるんだろうと、思っていました。 これもお庭にありました。  ああ、ここにあったんだ。 それから [続きを読む]
  • マットの実家へ
  • イギリス旅行8日目。 コテージからマットの実家に向かいます。 朝、コテージを出るときにマットが、お母さんに電話をしましたが、出ませんでした。 お昼ぐらいに、また電話をかけると、やっとお母さんが出ました。  いま、りさとそっちに向かってるよ。  何かそっちで、食べられないかな。  じゃあ、途中で何か食べていくよ。  夜は、シェアハウスに帰るよ。  明日はロンドン近郊に行っ [続きを読む]
  • 最高に幸せなコテージ
  • いよいよ、今日はマットの家族に会います。 マットの両親だけでなく、そのあと、お兄さんとも会うことになると思います。 コテージも今日が最後です。 買った食材もほとんど食べきりました。 朝は、キャベツのとろとろスープです。 食べたあと、私が荷物のパッキングをしている時に、マットが食器を洗ってくれました。 朝10時にオーナーに鍵を返しました。& [続きを読む]
  • 食事は一緒にしたいりさ
  • 今日はコテージ最後の夜です。 最後なので、暖炉の薪も、思い切って遠慮なく使います。 綺麗に燃え尽きるまで、使うことができました。  だんろ、いいね。うん。 マットも薪の火のつけ方、結構上手でした。。 やっぱり、かっこいいです。 今日はカレーライスです。 もう、作ってあるので、温めるだけです。  もう食べる?  うん。 盛り付け始めると、マ [続きを読む]
  • マットとりさの似ているところ
  •  くも、くも、くもー! マットがバスルームから、あわててとびだしてきました。  やだー、くもなんかで、そんなにあわてちゃって。  どれどれ。。。  あそこ、あそこ、  バスタブと、マットレスの間!  ? 。。。 いやー! くもくも! 思った以上に、とても大きくて、私もびっくりしました。  外に出そう。  わたしがやる、わたしがやる。 私は小さいちり取と、モッ [続きを読む]
  • 日本語の模擬テスト
  • 実はこのイギリスの旅行で、私は絶対にやらなくてはならないことがありました。 日本語の試験の模擬テストです。 私とマットが出会った理由。 私にとって、マットは、ルイスのことを相談する相手でしたが、マットは日本語の先生を探していました。マットにとって、私は最低でも、日本語の先生でなくてはなりません。 もし、マットが私のことをそんなに好きじゃなくなっても、日本語の先生としてなら、 [続きを読む]
  • 僕の両親に会おうよ
  • 以前、  僕の両親に会いたいですか? と、聞かれたことがありました。 私は、  うん。。。もちろん会いたい。。。けど、緊張する。。。 その他に何か言って、やんわり断った気がします。 この日、電車に乗っているときに、 携帯のメッセージを見せられました。 マットが、携帯の誰かからのメッセージを私に見せるなんて、初めてのことです。 あらためて、  ぼ [続きを読む]
  • 試練の思い出作り
  • イギリス6日目。 この日は、朝早くから、ちょっとしたところに行きます。 コテージから割と近いところです。 行ってみると、予約をしなかったので、3時まで待たないといけないということがわかりました。 せっかくなので、その時間まで、昨日見られなかった、お城に行くことにしました。 駐車場に車を止めるのですが、イギリスは、時々、前もって時間を決めて払って、そのレシートを、ダッシュボードの [続きを読む]
  • 完全でない意思疎通
  • お城を出て、ランチにします。 マットが現金もおろさなきゃ、と街を歩きました。探しながら、色々なお店をのぞきます。  あ、私、ここのお惣菜、食べたい。 と、言ったのですが、マットは少しいいお店をすでに見つけているようでした。 なので、そこのお店をあきらめて出て、探したのですが、ATMがありません。  こっち? ない。 通りすがりの人に聞いてみました。マットの行きたかったお店はす [続きを読む]
  • 私の彼氏とデート
  • イギリス5日目。 この日は、お城見学デーになりました。 3つほど、見ようと思っていたのですが、時間がかかって、結局この日は、2つしか見られませんでした。 でも、私はマットと一緒にいられれば、満足です。 マットは私のイギリス人の彼氏です。 こんなことが言えるようになるなんて、うーん。感動。。 しかも、何回か、本当にマットが確認して [続きを読む]
  • 生活習慣 一緒に住めるかな
  • 今回もたくさん料理しました。 パンも、生地から発酵させてつくりました。 ピザも材料が同じなので、生地から作りました。  ぼくにつくり方を教えて、ぼくもつくりたい。 マットは好奇心旺盛です。  パンの作り方も教えて。  おにぎりの作り方も教えて。  りさ、お店で出せるよ。  それほど、上手じゃないよ。 りさは、ケチなので、お金をかけずに自分で [続きを読む]
  • りさはマットの彼女氏
  •  散歩に行こう?  散歩? うん、いいよ。 軽い気持ちで行った散歩でしたが、結構な散歩になりました。往復舗装されていない道を6キロです。 いろいろなことを話しながら、歩きます。 途中、羊が見えるイギリスらしい景色のところで立ち止まりました。  ぼくたちはつきあってるよね。  。。。。。 今まで、マットが間違えてると思 [続きを読む]
  • リラックスしたコテージの暮らし
  • 夜には私がお風呂に入り、朝にはマットがシャワーを浴びるのがお決まりになっています。 結局、この旅では、ほとんどずっと、そうしていました。 でも、マットは一緒にシャワーに入るのが好きです。 一緒にシャワーも入ったし、一緒にお風呂も入りました。 もちろんお互い裸で入るので、エッチな気分になります。 あんなことしたり、こんなことしたり、楽しいです。 リラックス、リラックス。  [続きを読む]
  • 何度目の 訂正される I love you ?
  • とある日のコテージでのリラックスした夜。 暖炉には火が灯っています。 落ち着いた照明と暖炉のあかり。 外は、肌寒い気候だけれど、ほんわり暖かい室内。  りさ、フィボナッチ数列って、知ってる?  0、1、1、2、3、5。。。? (←たまたま知ってた)  うん、それをコンピューターで、プラグラムするんだよ。  それが僕の仕事と一緒だよ。 マットがパソコン上に数 [続きを読む]
  • 食習慣、味覚の違い
  • イギリスの名物、フィッシュ・アンド・チップス を買い、コテージに戻ってきました。 もう、マットは着くなり、待てずに食べ始めています。 やっぱり、一緒に食事を始めるということにイギリス人はこだわりがないようだ。。。 去年の日本旅行で感じた通りです。 日本人は、一緒にいる人を待って、いただきますって言うんだよ? 私は急いで、お茶のためにお湯を沸かし、サラダを準備し、マ [続きを読む]