怖がりK さん プロフィール

  •  
怖がりKさん: 怖がりKちゃんの子宮頸がん高度異形成体験
ハンドル名怖がりK さん
ブログタイトル怖がりKちゃんの子宮頸がん高度異形成体験
ブログURLhttp://mirainotamenohanashi.blogspot.jp/
サイト紹介文子宮がん検診で異形成が発覚し16年3月に円錐切除を受ける。極度に怖がりな私の高度異形成体験の全て。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/08/18 12:11

怖がりK さんのブログ記事

  • 不妊検査の情報収集と細胞診の結果
  • 不妊検査って?前回の細胞診の時に、不妊検査をしておいた方がいいかもしれないと、主治医に言われた。もう34歳だし、このまま自然に授かるのを待っている間に、また異形成が出てこないとも限らない・・・。そうなれば、妊活は中断して治療に専念しないといけなくなる。時間ばかりが過ぎて、結局妊娠できませんでした・・・とならないようにとの主治医のススメだった。だけど私は乗り気ではなく、できれば自然に授かりたいな〜と [続きを読む]
  • 術後5ヶ月検診(細胞診)と不妊検査のススメ
  • 術後5ヶ月後の細胞診2016年8月10日。前回の術後1ヶ月外来の時に、これからは妊活に励むようにといわれていたので、ゆるりと妊活を開始していました。次回来院の時までに出来なかったら、不妊治療も考え方がいい的な事を言われていました。が、カンジダ発症と再発によりなかなか実践できず、結局この日までには妊娠は叶いませんでした。35歳以上の芸能人の方の妊娠、出産のニュースが度々流れているのを見るたびに、すご [続きを読む]
  • 術後1ヶ月診察とまさかの膣カンジダ発症
  • 術後1ヶ月の診察2016年4月12日。術後1ヶ月ちょっと経ったこの日、2回目の診察。相変わらず混んでいる婦人科外来。1時間ほど待って名前が呼ばれた。まずは内診。傷口は綺麗になっているとのことだった。ちょっと心配だった、術後の癒着もなくて安心した。診察室へ移り、術後の経過を聞かれる。主治医 「その後生理は?」怖がりK 「それが、いっぱい塊が出るって言ってたのが、手術してもらってから治ったんですよ〜! [続きを読む]
  • 入院グッズ 〜持って行ってよかった物、いらなかった物〜
  • 病院指定の持ち物以外に、33歳女性目線での、持って行ってよかった物、いらなかった物をリストにしたいと思います。持て行ってよかった物① S字フックこれは必須アイテムです!入院中は自由に動けない事が多いので、ベッドから手に届く範囲をどれだけ充実させられるかで入院生活の快適さは大きく違ってきます。ベッドの落下防止柵や棚周りに引っ掛けて使います。② 持ち手付きビニール袋主に、S字フックに引っ掛ける袋として [続きを読む]
  • 円錐切除術 〜その後の生活と出血の様子〜
  • 術後の経過2016年3月5日、術後2日目。10時半頃、無事に退院して自宅へ戻る。持ち帰った洗濯物を回して、お風呂へ。久々のシャワーはすごく気持ちよくて、一皮剥けたような気がした。外観は無傷なこともあって、ついつい動いてしまうが無理は禁物。この日は、洗濯と夕食の準備だけしてソファーで安静に(安静にと言うと聞こえがいいが、ゴロゴロして、録画していたドラマを見ていた)。術後の出血は無し。2016年3月6 [続きを読む]
  • 入院4日目 〜退院〜
  • 初めてのカプセル2016年3月5日、入院4日目。昨日、点滴や抗生物質の管が取れたので、今日の朝から内服薬開始です。抗生物質は錠剤で今までも飲んだことのあるサイズでしたが、カプセルは初めて。元々薬を飲むのが苦手なので、飲めるのかどうか心配でした。朝ご飯のあと、意を決して初カプセルに挑戦。包みからカプセルを出すと、なんかベタッとした感じ?フィルムみたいな触り心地で手に吸い付き、滑りが悪そう・・・。しか [続きを読む]
  • 入院3日目 〜自由を取り戻す〜
  • 絶飲解禁!2016年3月4日、入院3日目。昨日、手術を終えて病室に戻ってからは。ちょこちょこ眠っていたので夜は絶対寝れないと思っていましたが、割としっかり5時間ほど寝ました。看護師さんは、術後の夜は殆どの人が眠れないんだけど・・・とびっくりしていた。朝になって、ベッド起こすのOK、水分摂ってOKに。絶飲解禁はものすごく嬉しかったのだけど、喉の渇きはとっくの昔にピークを越えており、不思議とそれほど欲 [続きを読む]
  • 入院2日目④ 〜円錐切除術直後〜
  • 病室へ2016年3月3日、入院2日目。全然不安じゃなかった手術は、泣いている間に終わった。(泣いていたのは怖かったからではなく、情緒不安定のせいですが・・・)術後は麻酔のせいで動けないので、4人のスタッフが体を支えて「1、2、3!」とストレッチャーに移された。医療ドラマでよくあるアレ。意識はしっかりあるので、何かすいません・・・って感じだった。素早く手術着からパイル地の術後着に着替えさされ、T字帯 [続きを読む]
  • 入院2日目③ 〜円錐切除術〜
  • いざ、手術室へ2016年3月3日、入院2日目。病気が発覚し手術日が決まってからは、そんな先までほっておいて進行しないのか不安だった。(手術すると決まってから手術日までは、手術室の関係で1ヶ月ちょっとあったのだ)ついに、この日が来た。今となっては、もう手術に不安は無かった。病気が進行していようがいまいが、切ってしまえば同じ。そう思っていた。10時半。看護師さんが迎えに来て、「そろそろ時間です。行きま [続きを読む]
  • 入院2日目② 〜円錐切除術直前〜
  • 手術までの時間2016年3月3日、入院2日目。無事に恐怖の浣腸を終え、手術までは病室でリラックス。すぐ後に手術を控えているというのに、入院生活で1番の山を越えたような感覚で心底ホッとしていた。私の前には、一緒に入院したおばさまが同じ手術を受けるそうだ。お隣が慌ただしくなり、手術室へ行かれるのが分かった。8時から点滴が開始される。何気に点滴も初めての怖がりK。腕をペチペチされて血管を出す。刺しやすい [続きを読む]
  • 入院2日目① 〜浣腸〜
  • 恐怖の浣腸2016年3月3日、入院2日目。この日はついに円錐切除術を受ける日。昨日の夜は、予定にあった浣腸、下剤、睡眠薬が無くて舞い上がっていた。が、やはり来てしまう浣腸の時。昨日さんざんドキドキしたので、今日はその時を静かに待つ。6時起床。いつも5時半に起きているので、自然に目が覚めた。風邪ののどは相変わらず絶不調で、短くカスカスの声しか出ない。6時半からは絶食絶飲なので、ギリギリにお茶を一気飲 [続きを読む]
  • 入院1日目⑤ 〜ビビり待つ夜〜
  • 迫りくる恐怖2016年3月2日、入院初日。入院生活で1番怖くて気になっていたのは浣腸のことだった。今までやったことないし、どうなってしまうのか未知の世界だったから。予定では、20時 浣腸21時 下剤ヨーデル(ヨーデルって・・・)、睡眠薬マイスリー21時からは絶食、絶飲そして、明日朝にとどめの浣腸はう〜。ついに、ついに来てしまう。恐怖の浣腸。しかも、下剤も飲むんですか・・・。しかもしかも、睡眠薬まで [続きを読む]
  • 入院1日目④ 〜麻酔科医の説明〜
  • 本日の予定を確認2016年3月2日、入院初日。心配していた剃毛も無事に終え、シャワーを浴びてスッキリ〜♪部屋に戻って、また自由時間。この自由時間の使い方がなかなか難しかった。持ってきてたチョコレートなんかを食べてみたりした。今日は食事制限などは全くないので何をいつ食べようがいいのだけど、いけない事をしているようでコソコソしてしまう。少ししたら、さっきの新人看護師とは別の看護師さんが来て、検温と血圧 [続きを読む]
  • 入院1日目③ 〜剃毛とシャワー〜
  • ついに剃られる2016年3月2日、入院初日。主治医の術前説明が終わり病室に戻ってくると、早くも「自分の部屋」というような安心感があった。少しして、さっきの新人看護師さんが入ってきた。手には、何やらゴツゴツした黒ものを持っている・・・。看護師 「明日手術なので、今から剃毛しますね〜」!!!ついにこの時が来てしまった・・・。両親は廊下へ出されて、準備が始まる。ネットでは、処置室へ行くと書いてある人が多 [続きを読む]
  • 入院1日目② 〜病室、病院食、術前説明〜
  • 早速の自由時間2016年3月2日、入院初日。10時半。看護師さんが去って、夫も仕事へ行った。2時半の主治医による手術の説明までは自由時間となった。昼過ぎに両親が来ることになっていたから、それまでは一人。ん〜、どうしようか・・・。急に楽にと言われても困ってしまう。慣れない空間に一人、落ち着かず時間を持て余す。病室はナースステーションのすぐ前の一番端っこの部屋だった。扉を挟んで隣は小児科の病棟らしく、 [続きを読む]
  • 入院1日目① 〜いざ病院へ〜
  • いざ病院へ2016年3月2日。必要な物を色々揃えていると結構な量になり(冬だったので冷えないようにもこもこ靴下とか、もこもこカーデとか・・・)、3泊〜5泊サイズの旅行用キャリーバッグに詰め込みました。病院へは9時半に行けばよかった。。何度も忘れ物はないか確認をして準備完了!服装は、着いたらすぐに着替えるだろうから、着心地のいい楽でシンプルなものにした。黒のシンプルニットに、黒の裏起毛ストレッチ抜群 [続きを読む]
  • 術前検査から入院までの期間
  • 奇跡が起こった!先月、先々月と生理が遅れてしまったせいで、手術にかぶってしまうはずだったのが、なんと3日も早く来た!奇跡が起こった〜!!これで入院初日は6日目ということになる。余裕だ〜♪入院準備入院に必要な物を色々と買い揃えていく。病院指定のものから、ネットで調べた入院生活を快適に送るためのものなど。100均で、紙コップやビニール袋、スリッパなどを調達。それから、暇つぶしの本や、楽しみのためのお菓 [続きを読む]
  • 術前検査(血液検査、肺機能、心電図、胸部レントゲン)
  • 手術の説明を受ける2016年2月26日。手術前の説明と、検査のため病院へ。この日は、手術の説明があるとのことで、夫も一緒に来るように言われていた。・・・が、夫だけでなく、両親も行くと言ってきかなかったので、一緒に。4人で婦人科外来へ行くと、さすがに目立つ。周りからは、ものすごく重病なのだと思われたに違いない。名前が呼ばれて、ゾロゾロと4人で診察室へ入っていく。狭い診察室がみるみる内にいっぱいになっ [続きを読む]
  • 精密検査(コルポ診、組織診)の結果
  • 組織診結果細胞診結果の中等度異形成よりも1ランク悪化の、高度異形成(CIN3)でした。高度異形成の告知2016年1月27日、組織診の結果を聞きに来院。細胞診と組織診の結果が一致しないこともあるということは、ネットで調べて分かっていたので、ドキドキしながらも、主治医の、そんなに心配しなくて大丈夫という言葉をうのみにして、割と楽観的な気持ちで病院へ向かった。結果がまた中等度異形成なら、何もせず3ヶ月ご [続きを読む]
  • 手術(円錐切除術)までの期間
  • 高度異形成告知のその後初めての入院、手術。またもや、検索の鬼になる日々。円錐切除の内容はそこそこに、気になるのは入院生活のこと。大部屋だと同じ部屋の人といっぱいしゃべるのかな?とか。食事はやっぱり薄味で美味しくないのかな?とか。入院着は何着るんだろう?とか。暇つぶしグッズは何がいいかな?とか。オバケ出ないかな?とか。不思議なもので、手術すると決まれば、腹が据わった。方向性が見え、もうその道を行くの [続きを読む]
  • 精密検査(コルポ診、組織診)
  • 初めての総合病院受診2016年1月13日、精密検査。年末は生理予定日だったから行けず、でもメンタル面から5日も遅れてしまって年始にも行けず。そのうち、仕事で出張やら何やら忙しくなり、結局13日になってしまった。年内には行くように言われていたのに、こんなになってしまって、病気が進行してるんじゃないかと不安だった。初めて受診する大きな総合病院。受付の仕方や各科での受付方法、お会計までの流れをHPでチェ [続きを読む]
  • 精密検査(コルポ診、組織診)までの期間
  • 精密検査に行くも空振り先生に、精密検査には年内の早いうちに行くよう言われていました。細胞診の結果を聞いたのが12月21日。年内ということは、もういくらも日が無かった。病院の年末休みの直前は、生理予定日だったため、行けるのは25日頃まで。でも仕事があるので、なかなか予定が立たなかった。細胞診の結果を聞いた次の日、いつも通り仕事へ行ったが、何も手に付かなかった。色々と、大げさな事を考えてしまう。すっご [続きを読む]
  • 子宮がん検診(細胞診)の結果
  • 細胞診の結果まさかの中等度異形成(3a、ASC−US)でした。自分が検査に引っかかるなんて、全く考えていなかったので、今思えばこの時のショックが1番大きかったです。検査結果を電話で聞く2015年12月21日1週間で結果が出るとのことだったので、仕事が休みだったこの日に産婦人科に電話をかけました。コールの間、診察中なのに、先生電話に出れるのかな?なんて、まさか自分が検査に引っかかっていることなど思い [続きを読む]
  • 初めての子宮がん検診(細胞診)
  • 初めての産婦人科受診2015年12月11日3〜4ヶ月前からの生理異常(大きな塊が続けて何個も出るようになった)と、子宮がん検診無料クーポンがあったことから、ようやく病院に行く決心をしました。無料クーポンでの子宮がん検診が出来る病院の内、友人が何人か出産している、地域でも人気の産婦人科を選びました。まだ、子宮がん検診を受けるかは決めておらず、とりあえず生理異常が治ればと思っていたので、予約はせずに向 [続きを読む]