楽する介護人 さん プロフィール

  •  
楽する介護人さん: 介護の力
ハンドル名楽する介護人 さん
ブログタイトル介護の力
ブログURLhttp://cwtoguchi.com
サイト紹介文介護の力では、介護士や要介護の家族に対して少しでも、楽になる介護方法や考え方をブログにしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/08/18 21:02

楽する介護人 さんのブログ記事

  • 介護の資格は沢山!自分に合わせたものを取得しましょう!
  • 介護関係の資格が増えて来ています。特に認知症に関しては、どれを取ればいいのか?と悩む程になっています。資格マニアな私はどれもこれも欲しくなるのですが、どれもこれも高い(笑)資格を商品とした商売にしか感じませんよ。現場では、使えるものと使えないものがあると言った声も聞きます。また、資格をとっても活かせる職場にいないなんてことも…▼まずは無料で資料請求▼介護の仕事をするならこの資格を必要と思える資格を、 [続きを読む]
  • 医療行為?できる?できない?を正しく理解しよう
  • 介護士ができる医療行為を正しく理解しているでしょうか?医療行為は知らず知らず行っていると、利用者に取り返しのつかないダメージを与える事があります。また、訴訟問題なんてことになると、自分自身も大変なことになってしまいますので、正しい知識をしっかりと持っておきたいところです。①水銀体温計・電子体温計による腋下の体温測定、耳式電子体温計による外耳道での体温測定体温測定も過去には医療行為だったんですよね。 [続きを読む]
  • 介護福祉士受験者激減!資格とるなら実務者研修から
  • 介護の資格をとるのが年々難しくなってきました。私は、介護福祉士を持っています。私の場合、取得したのが、10年以上前です。介護の専門学校を卒業と同時に取得できる時代でした。卒業試験として国家試験は受けましたが、点数の足りない人は補習や再試験で合格できる緩いものでした。(うちの学校は特別かも…)介護福祉士受験者が激減昨年度の介護福祉士受験者は約16万人。今年は約8万人まで激減したというニュースを見ました。 [続きを読む]
  • 介護福祉士受験者激減!資格とるなら実務者研修から
  • 介護の資格をとるのが年々難しくなってきました。私は、介護福祉士を持っています。私の場合、取得したのが、10年以上前です。介護の専門学校を卒業と同時に取得できる時代でした。卒業試験として国家試験は受けましたが、点数の足りない人は補習や再試験で合格できる緩いものでした。(うちの学校は特別かも…)介護福祉士受験者が激減昨年度の介護福祉士受験者は約16万人。今年は約8万人まで激減したというニュースを見ました。 [続きを読む]
  • 良い介護士ってどんな人?
  • 凄いなと思える介護職員っていますよね?もちろん良い意味でですよ。今回は「できる介護士」「必要とされる介護士」について考えてみました。どんな人が良い介護士?一般的には、利用者に対して優しくて、真面目で素敵な笑顔で接している人が思い浮かぶのかもしれません。現実はどうでしょうか?そんな人なかなかいませんよね。綺麗事だけでは、仕事を続ける事も難しいのかもしれません。よく目にするタイプ物腰が柔らかいが仕事がぬけ [続きを読む]
  • 夜勤の仕事は大変過ぎる!要点に注意して楽になろう。
  • 介護の仕事は夜勤がつきものです。正直しんどいですよね。早出や夜勤で生活リズムが安定しないんですよね。でも、夜勤をしないと給料面が…という人も多いはず。夜勤の回数は事業所によって違いますが、平均5〜6回という所が多いようです。私が最初に働いた所では、月11回でした。で、手取り17万(笑)夜勤には注意する点が多い夜勤は、日中の仕事とは違った緊張感があります。だいたいの利用者は寝ているでしょうが、そのまま [続きを読む]
  • 介護にベストはないという考え方
  • 介護の現場では、ベストな対応を目指していると思います。よりよい環境、おいしいご飯、人間関係など様々な視点から、利用者にとって良い環境を提供する仕事です。介護士は、日々ベストを考え、業務改善をしたり、利用者と接したりしていると思います。しかし、私はベストを尽くすことは、あまり良くないように感じています。ベストを尽くすことは、良い事とされていますし、悪いことではないのですが、それにより多くの職員が離職 [続きを読む]
  • ベストの介護はないという考え方
  • 介護の現場では、ベストな対応を目指していると思います。よりよい環境、おいしいご飯、人間関係など様々な視点から、利用者にとって良い環境を提供する仕事です。介護士は、日々ベストを考え、業務改善をしたり、利用者と接したりしていると思います。しかし、私はベストを尽くすことは、あまり良くないように感じています。ベストを尽くすことは、良い事とされていますし、悪いことではないのですが、それにより多くの職員が離職 [続きを読む]
  • 介護業界の今後は地域と家族を巻き込むことが必要
  • 介護の業界は数年前から比べると、大きく変わってきました。利用者主体の考え方も広まり、認知症の理解についてもかなり広まってきたと思います。そのような運動や制度が広まっていく中で、私たち介護士側が窮屈になってきたようにも感じます。地域包括ケアシステムや地域密着型などの言葉も当たり前のように使われる中、上手く機能できていないのは、何故なんでしょうか?社会的な理解が必要まだまだ、介護職以外の理解が進んでい [続きを読む]
  • 何故貰えない?介護職員に処遇改善手当
  • 処遇改善手当ては皆さん貰えていますか?処遇改善手当ては介護職員に対して貰える手当てとして、メディアでは幾度となく、報道されています。しかし、貰えていないと嘆いている介護職員も多いのが現実です。介護業界にいない方からは、「給料が増えていいね」なんて言われたりする事もあります。では、何故貰えないのでしょうか?嘆く人に限って処遇改善手当ての事をあまり理解していない事が多いです。この記事を読んで少しは理解し [続きを読む]
  • レクリエーションを難しく考えるな
  • レクリエーションをするのは苦手ですか?私も昔、凄く苦手でした。人の前で何かをするなんて恥ずかしいと思っていました。レクリエーションは何をするのがいいの?レクリエーションには何をしたら良くて、何をしたらダメなんて定義はありません。いうなら利用者が楽しめる内容が望ましいです。しかし、こう言うと利用者が楽しめる事って何?と考えてしまうものです。考えれば考える程、煮詰まってしまい、手を出せなくなってしまい [続きを読む]
  • ABC理論でストレスを減らしていこう
  • 介護の業界は愚痴が先行していると思います。愚痴ばかりで、改善を図っているということが少ないように感じます。心理学者ウィリアム・ジェームスは「考え方を変えると、人生が変わる」と言っています。これって本当なんですよね。皆さんも実践してほしいなと、いつも思います。ABC理論ウィリアム・ジェームスさんが提唱された理論です。Aは出来事(Activating Event)Bは考え方・解釈(Belief)Cは結果・感情(Consequence)です。A [続きを読む]
  • 返答に困らない会話術 5W1H
  • 利用者や職員と会話が上手くできないと悩んではいませんか?自然と会話が続けれる人は良いのですが、なかなかラリーができず、悩んでいる人はいると思います。そんな時は次の方法を試してみてください。5W2Hを活用しよう5W2Hは記録の書き方などでよく話に出てきます。「5W1H」として初めは言われていましたが、最近では「5W3H」とか「6W3H」など、数が増えてきています。5W2Hとはwhen いつwhere どこでw [続きを読む]
  • 岡本太郎と太陽の塔
  • 「用心深く、いや臆病に、今まで使い古されたパターンをなぞって何になるか」これは、芸術家の岡本太郎さんの名言です。岡本太郎さんは大阪万博の太陽の塔を作られた方です。映画「20世紀少年」第2章でともだちの塔として登場していますので、知っている方も多いのではないでしょうか?名言から考える介護業界の過去は悲惨なものでした。人権や尊厳なんてことは考えていなかったのか?と思うほどの現場でした。しかし、それが当 [続きを読む]
  • 日本人の特性を知り心の距離を縮める方法
  • 利用者となかなか心の距離が縮められず悩むことがあります。そんな時に是非参考にしてほしい方法の紹介です。まず、心の距離が縮められない時は、相手のことが分からず、何を話して良いかわからないという場面が多いと思います。相手を知ることから始める相手を知る為に、話をしないといけないと感じるかもしれませんが、他にも方法はあります。例えばケアマネの作るアセスメントを見るサマリーを見る他の職員に聞く他者と話してい [続きを読む]
  • 身体拘束か悩んだ時に気を付ける点
  • 身体拘束とは虐待の一種です。これは、よく知られていることですが、時に変な質問をされます。「これは身体拘束になりますか?」というものです。身体拘束かどうかの判断できていますか?身体拘束とはどんなものか?身体拘束の具体例として徘徊しないように、車椅子や椅子、ベッドに身体(腕、足)などを縛る転落しないよう、ベッドに身体(腕、足)を縛る降りられないようにベッド柵で囲む点滴などのチューブを抜かないように、身体を [続きを読む]
  • お金についての豆知識
  • お金に関しての雑学を紹介します。お金って汚いみたいなイメージを持たれる事もあるので、楽しい雰囲気で話しましょう!お金の原価についてお金も物には変わりませんよね。なので、原価というものが存在します。原価とは、仕入れ値とも言われます。商品が出来上がるまでに掛かる金額です。紙幣でいうと、紙代+印刷代+人件費といったところでしょう。実際の原価1円玉が約3円5円玉が約7円10円玉が約10円50円玉が約20円100円玉 [続きを読む]
  • 難をありがたいと思えば人生は変わる
  • 人間は有難なことは嫌いなものです。誰だって楽に生きて生きたいものですよね。しかし、成功者の多くは、有難を好む傾向にあるのをご存知ですか?有難という意味を考える有難という漢字は、「有」と「難」の2つからできた熟語です。これは、中国からきたもので、意味としては「難が有る、災いがある」といった意味で使われます。日本では、「有ること難(がた)き」とか「非常にまれなこと」という意味で使われます。その為、「有難 [続きを読む]
  • 長寿のお祝いをしよう
  • 超高齢社会となった日本ですが、長寿大国としても有名ですよね。昔は、還暦と聞くとすごい年寄りのイメージを持っていたものですが、現代では通用しませんね。長寿のお祝い日本には長寿を祝う慣わしがありますが、全てご存知でしょうか?名称や意味を知っていると、人気者になれるかもしれませんよ(笑)還暦数え歳で61歳(満60歳)での祝いです。生まれ年の干支(暦)に還ることから「還暦」と呼ばれています。「本掛(ほんけ)がえり [続きを読む]
  • よくやる座り直し介助は間違っている
  • 車椅子に座っている人の中には、おしりが前にずれてきてしまう方がいます。このような状態を「ずり座位」とか「ずっこけ座り」なんて呼ばれています。そんな状態の方を見かけたら、「座り直し」をすると思いますが、正しいやり方をしていない方が多いです。間違った座り直しの方法座り直しをする際、皆さんはどのようにされていますか?よく見るやり方は、後ろに立ち、利用者の両脇の下から腕を入れて利用者のお腹の前で手を組み、 [続きを読む]
  • 怒りをコントロールする方法
  • どんな人でも怒りという感情があります。しかし、すぐに怒る人と、あまり怒らない人がいます。怒るのは、精神的にも疲れるので、できるなら穏やかに過ごしたいものです。介護現場は怒りが生まれやすいこれは、介護職にも言えますが、家族介護の場面は特に多いです。介護を仕事でしている人はよく、「他人だから優しくできる」というような事を言います。私も同じで、身内の介護には、どうも怒りが沸いてくるんですよね。身内の介護 [続きを読む]
  • マザーテレサが聖人に認定
  • 数々の業績を残し、世界中から評価の高いマザーテレサが、9月4日にフランシスコ・ローマ法王により、「聖人」に認定されました。聖人とは?聖人は、カトリック教会で最高位の崇敬です。宗教や宗派により、認定基準が変わるようですが、カトリックでは、死後に二つの奇跡を起こすことが規定になっているようです。死後に奇跡を起こすなんて、なんともやりようのない条件ですが、マザーテレサは達成したのです。マザーテレサが起こし [続きを読む]
  • 今よりパンダを好きになる雑学
  • パンダのしっぽは何色でしょうか?パンダのは白黒というのは分かるんですが、しっぽのみ限定するとなかなか答えできないものです。パンダのしっぽは何色なのか?答えは、「白」です。パンダが中国から日本に来た時は、かなり話題になったようです。そんなニュースを見たり、聞いたり、見に行ったりした時代を生きてきた高齢者でも答えは分からないものなんですね。パンダは苦労人パンダは食べてるか、寝てるかのイメージありません [続きを読む]
  • 人に伝える時と聞く時の注意点
  • 介護業界は元々、女性の職場でした。男性が職員が増えてきていますが、まだまだ女性の多い職場です。私は、女性の多い職場で10年以上やってきましたが、順風満帆にはいきませんでした。男性と女性では、考え方に違いがあり、なかなか共通の答えを見つけられなかったのが原因だと思います。男性と女性の考え方の違いは脳の構造の問題男性と女性がなかなか分かり合えないのは、脳の構造の違いが大きいです。双方の考え方を理解して [続きを読む]