amanafarm さん プロフィール

  •  
amanafarmさん: 戸隠農園あまな
ハンドル名amanafarm さん
ブログタイトル戸隠農園あまな
ブログURLhttp://amanafarm.naganoblog.jp/
サイト紹介文水神・九頭龍伝説が伝わる戸隠で無農薬・自然農法で生命力溢れる美味しい野菜づくりにチャレンジ中です!
自由文2016年5月に戸隠へIターン(移住)しました。「生命(いのち)喜ぶ古くて新しい農村部での生き方」をテーマに地域おこし協力隊として無農薬・自然農法・有機栽培にチャレンジしています。長野県は歴史ある文化・伝統の美しい街並み・建造物、中山間地の動植鉱物の生態系、長寿日本一の由縁と言われる発酵食も豊富です。地元ならではの魅力や観光面からの情報配信も行っていきたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/08/18 21:09

amanafarm さんのブログ記事

  • 学習意欲の高まる秋ー冷涼地での生活(戸隠地区・水谷)【転載】
  • (*本記事は長野市地域おこし協力隊ブログに2017/10/6にご掲載いただいたものの転載です)こんにちは、戸隠地区の水谷です。戸隠で迎える秋もこれで2回目となります。紅葉と肌寒さが季節の移り変わりを教えてくれます。冒頭の写真は四季が豊かな日本ならではの農村の一枚、早朝6時前に撮影したものです。夏よりも光がグっと突き抜けてくるような感覚があります。今回の記事は、秋の自然風景を写真でご紹介しながら、季節の移行 [続きを読む]
  • 田舎(戸隠)の「音」と都会(新宿)の「音」
  • 今日から10月に入りました。戸隠では秋の足音がもう聞こえてきています。木の葉の紅葉も少しずつ始まっています。農作業をしていて気づくのは、秋の山は意外なほど賑やかということです。カサカサ、ボトボト、ザーザー、文字にすると平面的で単純な表現になってしまいますが、山奥で聞こえる音は実に豊かです。それは、風と共に葉が一斉に落ちる時、木の実やいが栗が落ちてくる時、風が吹き抜けていく時など、様々です。小川のせ [続きを読む]
  • 高原花豆のものがたり(戸隠地区・水谷)【転載】
  • (*本記事は長野市地域おこし協力隊ブログに2017/9/7にご掲載いただいたものの転載です)鮮やかな猩々緋の花が咲き乱れる7月中旬の高原花豆一つの株から2,000〜4,000もの花が咲くと言われています戸隠地区の水谷です。朝夕は冷えを感じる季節になってきました。先月、戸隠は大豪雨を受け、60以上も災害箇所に指定される大ダメージを受けました。それから数週間、普及作業が進行する中、平常のムードにようやく戻ってきました。 [続きを読む]
  • 戸隠の地形と水神信仰の繋がりを見る(戸隠地区・水谷)【転載】
  • (*本記事は長野市地域おこし協力隊ブログに2017/8/7にご掲載いただいたものの転載です)戸隠の遠景(円内が大凡の戸隠エリア)*Google Mapを元に作成戸隠地区の水谷です。戸隠の特徴的な丘陵地帯についてはこれまでのブログ記事にも度々書いてきましたが、地形を意識しつつ今回は「水」に焦点を当てたいと思います。豊かな伏流水や綺麗な湧水が生まれる背景には、この複雑な山並みと地形との関連を考えざるを得ません。そして、 [続きを読む]
  • 夜空を眺めて想うこと(戸隠地区・水谷)【転載】
  • (*本記事は長野市地域おこし協力隊ブログに2017/7/7にご掲載いただいたものの転載です)オリオン大星雲 ※1-------------------------------------------------------------------------------------------------------- 私たちが吸う息には、星の内部奥深くの灼熱の炉でつくり出された原子が含まれている。摘む花の一つ一つには、太陽の十億培も明るい閃光を発し、星が爆発したときに宇宙に放り出された原子が含まれている。 [続きを読む]
  • 桜の開花まではもう少し(戸隠地区・水谷)【転載】
  • (*本記事は長野市地域おこし協力隊ブログに2017/4/10にご掲載いただいたものの転載です)戸隠祖山地区・建代の桜(天然記念物)皆さん、こんにちは。戸隠地区の水谷です。戸隠の南方に位置し、戸隠山・飯縄山・北アルプスを一望出来る風光明媚な祖山という地区があります。祖山には天然記念物に指定されている雄大な桜の木が聳えています。冒頭の写真は柵建代神社境内の巨大な桜です。4/10現在は開花までもう少しといったとこ [続きを読む]
  • 春分過ぎて緑が芽吹く季節へ(戸隠地区・水谷)【転載】
  • (*本記事は長野市地域おこし協力隊ブログに2017/3/23にご掲載いただいたものの転載です)こんにちは、戸隠地区の水谷です。中山間地の長い冬が終わりかけています。雪は随分と解け、久しぶりに大地の姿がはっきりと見えるようになってきました。気付けば小さな緑が芽吹き、花が咲き出しています。自然は自分達の生命のリズムを決して忘れず、その営みの細やかさには感動せずにはいられません。天然の循環を感じながら生活をして [続きを読む]
  • 生きている岩(イワ)が鎮座する場所
  • 岩窟観音堂(戸隠栃原地区)戸隠の南西部はかつて柵村という場所であり、昭和32年に戸隠村と合併されました(戸隠村も平成17年に長野市に合併)。今は地元では旧・柵地区(栃原地区とも)と呼ばれていますが、ここには見るものを圧倒する巨石と巨木が存在しています。その場所は岩窟観音堂と呼ばれ、普段は人気(ひとけ)がなく静かですが地元住民達からは親しみと敬意の念を持たれている場所です。この地にドンと二つ対になっ [続きを読む]
  • Togakushi is rich in nature
  • Spiritual mountain TogakushiHello, there!I offer information from Togakushi, where is northern part of Nagano perf. Japan.Do you k
    now Togakushi?In fact, it is located in the place for around two and a half hours if you use the Shinkansen Train and the car from
    Tokyo which is a capital of Japan.In recent years, a large number of tourists came to Togakushi from the foreign country.Tourists
    enjoy the [続きを読む]
  • 活断層に囲まれた戸隠の地形(戸隠地区・水谷)【転載】
  • (*本記事は長野市地域おこし協力隊ブログに2017/2/11にご掲載いただいたものの転載です)戸隠地区の水谷です。2月も半ば近いですがかなり寒いです。中山間地に春の気配はまだありません。こんなに積雪が多くて(雪かきをしていないところは寝雪が1m近く)植物は越冬できるのか?と感じてなりませんが、自然界の力は本当に凄いんですよね。春になればきっと一斉に山野草が芽吹いて来るはずです。わらび、コゴミ、ウド、タラの芽 [続きを読む]
  • 土壌を知り育苗を始めました(戸隠地区 水谷)【転載】
  • (*本記事は長野市地域おこし協力隊ブログに2017/1/21にご掲載いただいたものの転載です)皆さん、こんにちは。戸隠地区の水谷です。先週から日本各地で大雪に見舞われていますね。戸隠も積雪がかなり凄いです。数日間降り続き、新雪のところでは軽く腰上くらいの積雪があります。そんな中、地区内でのそば打ち講座、どんど焼き祭り、農業者の新年会に参加させて頂きましたが、皆さん(70代の方々も多い)当然のことのように大 [続きを読む]
  • 今年のまとめ(戸隠地区 水谷)【転載】
  • (*本記事は長野市地域おこし協力隊ブログに2016/12/17にご掲載いただいたものの転載です)戸隠地区の水谷です。あっという間に12月も折り返し地点を過ぎました。中山間地の師走は忙しいです。今月は来年に向けて耕作放棄地の整地・再生に加えて、地区行事、農業者の集まり、忘年会など、沢山のスケジュールが入ってきています。そして、そのどれもが大切です。人が少なくなっている地域環境であるからこそ、より一層団結力や繋 [続きを読む]
  • 集落の農家の暮らしの知恵に触れて
  • 古い農機具類。回転力など自然界の理に適った使い方には驚きます(小田切在住の方の倉庫にて)--------------------------------------------------------------------------------------------------------【ムラの景観】家・集落・神社・堂・石仏・―田・畑・畔(あぜ)・道・沢・川・池・草地・茅場・―雑木・立木―丘・山○「江戸時代のムラは〔板木の音が聞こえる範囲がムラ〕」○「ムラには生産と生活が共にあり、その喜びを [続きを読む]
  • 厳冬前の戸隠の様子
  • 12月上旬、戸隠に住む生き物たちの冬支度が随分整った感があります。木々は葉を落とし降雪に耐えれるよう身軽になってきています。落葉は乾燥した冬の気候の中、葉からの水分蒸発を防ぐ役割もあるそうです。人間も同じく変化しています。暖を取るための用意、食料の貯蔵、大量の薪、冬用タイヤへの交換、除雪機、畑の支柱の撤去など、ここ1カ月くらい特に地元の方々は自然変化に敏感になって準備・移行をしています。厳冬まであ [続きを読む]
  • 土作りに熱中しています!【転載】
  • (*本記事は長野市地域おこし協力隊ブログに2016/11/19にご掲載いただいたものの転載です)戸隠 旧柵地区の杉の紅葉の様子(11/11撮影)冬の足音がすぐそこまで近づいてきましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?戸隠担当の水谷です。11月の半ばを過ぎ、朝が氷点下の日は珍しくなくなり、戸隠に一気に冬がやってきたような印象です。戸隠は山々に囲まれている場所が多く、午後2〜3時ともなると日が陰り、夕方以降の寒さも [続きを読む]
  • 黄金角−葉序に隠れた神秘の法則−
  • アルストロメリアの葉タアサイ白菜葉の感触は柔らかくとても零下に耐えれそうにありませんが、これらの野菜・植物は霜が降りても元気に生育しています。見かけ以上にタアサイは強く、種類が少なくなりがちな冬野菜の中では力強い助っ人的存在です。さて、冬に成長を続ける野菜・植物の葉を見ていてふと気がついたことがあります。それは全てとは言い切れませんが、春・夏野菜よりも葉の拡がりが大きく、光の吸収量が多そう(葉の面 [続きを読む]
  • 秋の戸隠は神秘と驚異が満載!【転載】
  • (*本記事は長野市地域おこし協力隊ブログに2016/10/29にご掲載いただいたものの転載です)紅葉に染まった戸隠山と鏡池 木々は冬支度を始め赤橙色に染まっています(撮影日:10/27)戸隠地区の水谷です。戸隠では今週は霜が数回おり、早朝は3〜5℃くらいに冷え込む日も珍しくなくなってきました。都市部に比べて冬の到来は1カ月くらい早いでしょうか。中山間地は気候も温度も季節も次々に移り変わっていきます。人間よりも動 [続きを読む]
  • 日本の高栄養価食品「雑穀」の魅力とは?
  • 長野市の中山間地・七二会地区で栽培されているタカキビここ数年で「スーパーフード」という言葉を特に食の分野ではかなり頻繁に耳にするようになってきました。字の如く栄養価の高い食べ物を指した名称ですが、当初それらは海外の食物を連想する趣があったように思います。例えばキヌアやヘンプシード、チアシード、クコの実、カカオ、アロエベラ、ノニなどそれに当たると思います。クコ(東アジア原産)ノニ(インドネシア原産) [続きを読む]
  • 730社が出展!農業ワールド視察レポート
  • --------------------------------------------------------------------------------------------------------農業ワールドとは農家、農協、参入検討企業が 日本中から来場今年6回目を迎える日本最大の農業展は「農業資材EXPO」「次世代農業EXPO」「6次産業化EXPO」の3つにエリアが分かれており、海外企業を含む730社が出展。農業に関するあらゆる製品やサービスが集結し、3日間、全国から来場する農業法人や農協、農業参 [続きを読む]
  • 土壌について学ぶ −戸隠の地質・地層とは?−
  • 戸隠山・荒倉山をはじめとする戸隠の特に山々からはホタテ貝などの海中生物の化石が多数出土(※1)--------------------------------------------------------------------------------------------------------戸隠のプロフィール〔地勢・地質〕戸隠は長野県の西北部に位置し、周囲は山々に囲まれ、東西9.9km、南北20.1km、総面積131.7kmの高原地です。地形は複雑を極め、標高約600〜1,300mにひろがり、全体的に北に高く起伏が激 [続きを読む]
  • 天然肥料・緑肥の効果的な活用方法とは?
  • オーチャードグラスというイネ科の多年草。耐寒性も強く優秀な緑肥と言われています。前回の記事で微生物について書かせていただきましたが、自然農法を進めていく上で同じく大切なポイントと思われるのが「緑肥」です。今回の記事は緑肥についてWEBサイトや文献を通じてリサーチした内容をベースにまとめています。肥料の変遷の歴史を調べると化学肥料は19世紀末〜20世紀初頭の頃から生産されはじめ、昭和初期には有機肥料を [続きを読む]
  • 植物生育に欠かせない根粒菌の働きに迫る
  • ニトロゲナーゼという酵素を使って窒素固定を行うリゾビウム属の土壌微生物(※Peculiar Plants Homeより転載)慣行農法では化成肥料(窒素系有機化合物)を畑に施すことで野菜成長の栄養源となる窒素を供給するのが一般的ですが、私は自然農法で農業を行っているため、微生物を活用して畑・自然環境に負荷をかけることなく野菜への栄養供給・成長促進をしていきたいと考えています。前々から微生物の一種である根粒菌は気になって [続きを読む]