ldail さん プロフィール

  •  
ldailさん: 1歩ずつ365日
ハンドル名ldail さん
ブログタイトル1歩ずつ365日
ブログURLhttp://onestep365.blog.fc2.com/
サイト紹介文特別支援教育について、気になったこと、思ったことを書いていきます。
自由文アセスメント(検査)や教材、障がいや疾病についても、書いたり、考えたりしたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/08/19 13:27

ldail さんのブログ記事

  • 声をかけること
  • 経緯を聞けば納得できる内容で、どうだっていいことも知らないところで決まっているとなんだか 気持ちがわるいそうだと言って何も決めてくれないのもなんだか 気持ちがわるいいい具合に対応できないのだろうか [続きを読む]
  • 一瞬に
  • 一瞬に大量の雨があちこちで降っている。そして、色々と一瞬になくなる。大丈夫だろうかさみしいし、かなしいな。 [続きを読む]
  • まよった時には...
  • まよったら、とりあえず喋ってみる。まよったら、理由を考えてみる。まよったら、書き出してみる。まよったら、整理してみる。まよったら、寝てみる。まよったら、あきらめてみる。まよったら、怒ってみる。まよったら、笑ってみる。さぁーどれがいい?人それぞれ合うものを見つけてしてみましょう! [続きを読む]
  • 災害時の知識① ペットボトル吸引器
  • 久しぶりになってしまいました。今回は、しぴれん(全国肢体不自由特別支援学校PTA連合会)で紹介されていた吸引器について紹介します。災害が起きると、停電があったりします。吸引ができないと困ることがたくさんあると思います。吸引カテーテルとペットボトルさえあれば、一回使用ですが、吸引ができるということが書かれていました。仕組みは、ペットボトルを握また後に、もどろうとする力を利用するものでした。みなさんにも [続きを読む]
  • 準備と見直し
  • 最近、思っているのが、準備しない人増えているのではないかという事である。全然していないよという人は少ないと思いますが、支援教育での準備ってなんだろうなと考えているのかな?気づいているのかな?と思ってしまいます。ひと通りできればいいのではない。何が困っているのか、つまずきやすいのか、どうすればその子にあったものになるのかなど考えないといけないと思う。根本的な解決を目指そうとしないから、良くない状態が [続きを読む]
  • 知らないことに気づく
  • 知らないって、とんでもないですね。同じ仕事でも、するべきことは、違うこと。知らないから、子どもに余計なイライラをあたえる。知らないから、うまく伝えることができない。知らないから、後で痛い目をみる。知らないから悩みがわからない。知らないと色々ありますね。人対人の仕事をしている人にとっては、特にとてもこわいことですね。 [続きを読む]
  • 実際と認める事
  • 子どもの状態をしっかりと見ることをしないといけないひと、それを伝えるべき仕事のひとは、それぞれの立場があり、責任が一時的である人、ずっと責任を持って考えていかないといけない人さまざまである。しかし、それぞれの立場にあったことができているんだろうか?理解できるかは、その人次第である。何を考えて過ごすことが必要なのか、気づいていくことが大事である。子どもは、少しでも変わっていく力を秘めているはずである [続きを読む]
  • 必要なことを客観的に判断するにはー
  • しばらく、書いていませんでしたが、必要なことを客観的に判断するには何が必要でしょうか。もちろん、経験もありますが説明する時、理解を求める時はダメですよね。事実と知識、そして、判断するための資料ですよね。一人一人違う、支援教育。スタンダードの設定を、間違えてはいけないですね。みんなができるようなものでなく、みんなが専門家としての知識を学びできるようにすることが、スタンダードの考えかたにするべきであり [続きを読む]
  • 合理的配慮
  • ついこないだ、知り合いがあるイベントに参加したそうです。両手を使ってギネスにみんなとつながり挑戦するイベントらしいです。友だちは、片手ありません。どうしたでしょうか?両手使うのに、片手しかないんだから参加できないやん!と思う方もいるかもしれません。でも、参加したんです。そして、もちろん参加して、ギネス記録の一員になったようです。実は、二ヶ所だけ、片手がいけるところがあったんてます。端です。つまり、 [続きを読む]
  • 名前
  • この前、あるところに行くと、ゴミ置場があった、広告が書かれているのが目に入りなにげなくみると、そこのマンションらしき名前がーでも、違う。実は、葬儀屋さんの広告でした。そりゃ、間違いますよ。マンション名と葬儀場の会館名が、途中まで一緒で最後の漢字が違うだけなんですよ。後から聞くところによれば葬儀場は最近、できたものらしいです。マンションに住んでいるひとは、怒り心頭でしょう。葬儀場の本社は、マンション [続きを読む]
  • 思い違い
  • やってしまいましたー。何がというと、味が違ってました。調べないといけないですね。似たようでなく、似た名前の店名。分裂で、別れたところみたいなのですが、味が違ってました。支援している時には、気をつけて調べて考えているのに、プライベートでも、頑張らないと笑 [続きを読む]
  • 箱と空気
  • どこでもそんな感じなんだろうかと思っているんですが、形がしっかりとしていればいいのだろうか?人間、楽したいのはみんなそうであるが、意味あるものを意味なくさしてきたのも、人間ではないのだろう。形だけの研修。形だけの支援。形だけの言葉。形だけでなく、中身が詰まった、思いの詰まった箱を作りたい。一体、どうしたらいいのだろうか?みなさんどうしますか? [続きを読む]
  • 思いと壁
  • 誰にだって壁にあたります。子どもに支援を行なっている人は、同僚などの支援はしなくていいのですか?また、子どもにとって必要なことを他の人ができないからしてはいけないのですか?時々、そう思うことがあります。一人で子どもと向き合うのではありません。また、知らないことはこわいことだけど、知ろうとしないといけないことかもしれません。知って違っているのではないかと、根拠がある反論は、言うべきです。それが仕事を [続きを読む]
  • みんなで遊ぶこと
  • みんなで遊ぶ時に、必要なことってなんだと思いますか。それは、みんなが同じ立場でいることかなと思います。仕事ではないのだから、誰かが得して誰かが損をすることがあってはならないのだと思います。企画したから、色々してもらうから優遇ではなく、直接楽しむことばかりに目を向けるのではなく、間接的に楽しむことも楽しめるのです。それをわからないと差が生じるのです。実際には、こんなことかなと思います。目的は、みんな [続きを読む]
  • 正と誤
  • 正しい情報と誤った情報、見分けられていますか?さて、どのようにして、正しい情報を得るのがいいと思いますか。決まってること、研究実績があるものならエピデンスで考えればいいですよねー。子どもが言っていること、親が言っていることどちらがどれだけ正しいのでしょうか?難しいことですよね。でも、核心に近づく方法はあると思います。多方面からの情報収集です。違ったことを言っている方には、限界があるんですよねー。子 [続きを読む]
  • 気がつけば3日
  • 9月になって、もう、3日ですね。いよいよ来週から本格的に、2学期が始まります。イベントがこれから色々ありますね。でも、勉強会や講習会が少ないようなー今までため込んだものを実践しないといけないですね。みなさんは、何か計画しましたか? [続きを読む]
  • 今日から、9月ですね。
  • 8月が終わり、9月になりましたね。学校は、2学期になって1番長い学期に突入です。9月から頑張ろうとしている事ありますか。日本人は、他と違うことをする事が嫌なようです。また、大多数の人がしない事をしたがらないんですね。よーくおわかりと思います。みんな、一人ひとり、気質も体格も体質も違います。なかなか難しいというのがおかしいのではないかと思いますが、一人ひとりにとって大切と思うことは、取り組んでいって欲 [続きを読む]
  • カンガルーケア
  • カンガルーケアについて考えてみたいと思います!! はじめに、カンガルーケアとは、 ハイリスク児(低出生体重児や早期産児)の母子関係の形成を促進する早期介入の方法だそうで、裸の赤ちゃんを母親の裸の胸に抱いて肌と肌を接触させる育児方法で、1979年南米コロンビアのボゴタで低出生体重児を対象に保育器不足を補う方法として開発されたようです。また、4-6ヶ月の乳児に濃厚な身体接触をすると父母ともに体内のオキシトシン [続きを読む]
  • 肌のカサカサ
  • みなさん、皮膚炎で肌がカサカサになった時、軟膏塗ったりしていますよね。その軟膏いつまで塗り続けていますか?肌がきれいになってきたらやめて、また、皮膚炎になって軟膏塗ったりの繰り返しではないですか。ステロイド軟膏、急にやめるのではなく、塗る間隔をあけていって、再発しない可能性が低くくなってからやめる方がいいらしいです。医者ではないので、気になったかたは、かかりつけの皮膚科のドクターに聞いてみてくださ [続きを読む]
  • 子どもたちと共育
  • 子どもたちの成長によって、しっかりと適切な支援、指導、助言等が求められている中で、どれぐらいの方がベターの仕事ができているのだろうか。もちろん、一人一人持っている知識が違うので変わってくると思うが、オリンピック選手のように力いっぱいに、自分の仕事をするべきだと思う。パラリンピックが始まるが、障がいがあるのに出来るのはすごいという思いはもちろんある。しかし、よく考えてみると、自分が同じ状態ならと主体 [続きを読む]
  • 二項関係より三項関係
  • 二項関係より三項関係であれば、様々なことが変わってきますね。簡単に言えば、「相手の立場(視点)から見ることができる。」ということですね。なかなか、難しい方と接している方は多いと思いますが、大切な事の1つなので、あきらめずにがんばってください。 [続きを読む]
  • PECS(ペクス)
  • 今日は、PECSの紹介をしたいと思います。PECSとは、絵カード交換式コミュニケーションシステムのことです。自発的コミュニケーションを絵カードを使って教えようというものです。最初に確認しておきますが、色々調べて講習会を受けずに自力で始めようとするのは、オススメしていません。なぜ、このようにお伝えするかというと、ただ単に絵カードを使ってコミュニケーションを教えればいいのではないからです。しっかりと自発を引き [続きを読む]
  • 講習会
  • 今日から某講習会に参加しています。はい、知識不足を痛感しています。用語は、聞いた事があるけどー内容、全然、説明できません。また、知らない言葉が出てきます。勉強不足の分野なので、残りも頑張ります。(笑)得た知識は、みなさんにも紹介していきますね〜! [続きを読む]