Hana さん プロフィール

  •  
Hanaさん: Flower Village
ハンドル名Hana さん
ブログタイトルFlower Village
ブログURLhttps://ameblo.jp/hana-lovestone/
サイト紹介文マイ石コレクションの紹介です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/08/19 16:03

Hana さんのブログ記事

  • フォスフォフィライト
  • フォスフォフィライトUnificada Mine, Cerro de Potosí, Potosí Department, Bolivia超スーパーウルトラエキストラミラクル稀少石 某漫画・アニメで一挙に有名になった そんなん本物なワケないやん偽物やろーって思われるに違いないしやけどこれがホンマモンやねんな 『透明青緑色』って・・・画像の色、完璧黄緑ですやん?確かに角度で変わって見えるからワタシも、画像撮るのも加工し直すのも苦労した中央宝研さん、お [続きを読む]
  • ベニトアイト
  • ベニトアイト。USA カリフォルニア州サンベニトからのみ出土される希少石。その青さ、美しさには圧倒される。 この標本の結晶はかなり大きいクラス。 ルースにすると0.5ctを超えるものすら少ない。 1ctを超えたらとんでもナイお値段になる。 収集家たち泣かせの超希少石。 このルースで0.266ct. 二色性を持ち複屈折率が高いので角度によって色が変わったり、或いは [続きを読む]
  • カバンサイト
  • あまりの忙しさに放置してしまった・・・ 以前ご希望をいただいていたカバンサイト。和名はカバンシ石で、バナジウムによってこの色が出てるとか。モース硬度は3〜4と比較的柔らかい。今日載せる3品はすべてインドのPoona産この子のことは後でまた書こう。普通、カバンサイトといえばこんな感じで原石にくっついている。 この鮮やかな青色がたまらん♪ 裏面 共生しているのはスティルバイト(束沸石)か。 & [続きを読む]
  • オレゴンファイアオブシディアン 
  • オブシディアンは火山のあるところではほぼどこにでもある地熱や溶岩などで溶けた石英が固まってできた天然ガラス その模様や色などは千差万別、色々とあるこれはレインボーオブシディアン この虹色を利用してこんな細工が作られる こちらはゴールドシーンオブシディアン 画像ではわかりにくいけど眩しいくらいきらきらと金色に輝く これはまるで木のようやけど、ガラスマホガニーオブシディアンと [続きを読む]
  • ラブラドライト スペクトロライト
  • 今日はちょっと趣向を変えて・・・ 左がラブラドライトの原石右がホワイトラブラドライトの原石ホワイトラブラドライトはむしろレインボームーンストーンと呼ばれているでもムーンストーンではナイ こんな風にシラーっぽく出るからレインボームーンストーンとか呼ばれるんやなでもこれはラブラドレッセンス ホワイトラブラドライトは透明度が高いほどその価値が高くなる原石やナイけど、これは透明のホワ [続きを読む]
  • ルチル結晶 ②
  • ルチルのV型(X型?)かっちょいい結晶(笑)14x9x6mm重さ 約0.8gMinas Gerais, Brazil この輝きを見ると水晶の中に入った時の黄金色が理解できる気がする 裏面 これが金属質だと思うと逆に不思議 本当に小さい結晶やけれど時を忘れて魅入られる よろしければ してやってください [続きを読む]
  • ラリマー ペクトライト
  • ラリマーブルーペクトライト80x77x48mm重さ 約326g 中央宝研さんで鑑別すると鉱物名 天然ペクトライト宝石名 ペクトライトそしてコメント欄に『別名ラリマーと呼ばれています』と記載される よくラリマーには銅が含まれていて水につけると変色するとか言われている。きっぱり、それは嘘ですラリマーの化学式はNaCa2(Si3O8OH)どこにも銅(Cu)は含まれていない。 バナジウムが原因だとか諸説あるが [続きを読む]
  • サンムーンストーン
  • 一見、一味唐辛子をふりかけたような石 サンムーンストーンUral, Russia約52x38x25mm重さ 約59.8g 裏面には番号が標本かコレクター流出モノやろう 裏面でももう光がちらほらしている 黒雲母が光っているウラル産らしい^^ そして角度では見事なシラーが出る そして一味唐辛子は・・・ 眩いほどのレインボーサンストーンになるちなみにサンストーンという宝石名はナイ [続きを読む]
  • ロードクロサイトの薔薇
  • ロードクロサイトQuebec, Canada約26x23x16mm重さ 約8.1g ロードクロサイトという名前自体がバラ色の石、と言う意味やけどこの子はホンマに薔薇のお花 緑はアクチノライトやろうか。これがまた葉のように薔薇の花をさらに芸術的にしているこれを作った芸術家は、地球 裏面 上から 底部から黒いのはショール(黒色トルマリン)やろか 下の小さい子たちもしっかりと薔薇の花になっ [続きを読む]
  • 変わり水晶
  • セプタークォーツ(松茸水晶)だとされていたがそんな簡単にひとくくりで説明できない水晶ポイントサイズは高さ約23.5mmDalnegorsk, Russia 下から見ると初めは普通の六角水晶でその周りになにか白い成分が付着し、その後また水晶として成長したのがわかる 上から見ると一部は骸晶のようにボコボコに育ったのも見て取れる まるで五重の塔のような不思議な水晶や &n [続きを読む]
  • ツグツパイト
  • ツグツパイト丼(笑) 結構マイナーやけど最近知られてきたかな?ツグツパイトピンクが女性に人気があるNarsaq, Greenland 実はこの子たちはしばらく家の中にいた ほんのりピンク どこがピンクかわかりにくい(笑) ほとんどピンクだけの贅沢な子 そしてフルオレッセンス(蛍光)する これをお天気の良い日にお日さまに当てたもう2〜3分ほど当てたら色が濃くなってきたー普通 [続きを読む]
  • フルオライト ロジャリー(英)
  • フルオライト(フローライト) 蛍石Rogerley Mine, Weardale, England私は特に蛍沼住民ではナイのでフルオライトは3種類しか持っていないそのウチの2つ目 左上の1番大きい子で約78x70x29mm重さ 約144.3g ロジャリーのフルオライトはフルオレッセンス(蛍光)というよりカラーチェンジが美しい 太陽光に当てると 写真はヘタなので上手く撮れないが鮮やかにグリーンブルーに変わる。光源で色が [続きを読む]
  • 緑水晶
  • 高さ25mmほどの小さな水晶Melanson TN Collection Quartz var Prase Island of Seriphos Greeceギリシャ産 緑色はアクチノライトかな形がおもしろいアーティチョークのような、カクタスのような、トライゴンもたくさんで見ていて飽きない よろしければ してやってください [続きを読む]
  • モリオン
  • モリオン前回の瑶崗仙(ヤオガンシャン)同様2つしかない中■産の、ひとつモリオンは世界でも産出する場所が限られているこの子は山東省 Shangdong 母岩はオーソクレース 部分的にうっすらと光が通る場所もあるけど、ね自然の放射線で何千万年、或いは億の年をかけ生まれてきた深黒の美 よろしければ してやってください [続きを読む]
  • フルオライト 瑶崗仙(ヤオガンシャン)
  • フルオライトフローライトと呼ばれるのが普通やけどスペル的にも、中央宝研さんもフルオライトと呼んでいる 私は中■に少しでも関係している石はできるだけ避けている流通の間にしろ、少しでも関わっていると知ると気分が萎えるそんな中で2つだけ、中■産があるこれはその1つ 瑶崗仙 ヤオガンシャン約65x35x45mm約107.1g 大きなリュックサックを背負うた新1年生のような姿が愛らしい フルオライトによって干 [続きを読む]
  • ムトロライト クロムカルセドニー
  • ムトロライトMutoroshanga, Zimbabweクロムの入ったカルセドニー(玉髄) この裏面がたまらなくソソられて買うてしもたなんでこんな細かい葉っぱのような模様があるんやろ?見ていて飽きないし、美しい そして当然、クロムが入っているので蛍光する 大自然の芸術やと思った よろしければ してやってください [続きを読む]
  • カコクセナイト
  • カコクセナイトTeskov, Czech Republicこれはほとんどが母岩上の方の黄色っぽい部分に集まっている ズームっ こっちからもズームっ このカコクセナイトが水晶やアメシストなどに入ると綺麗やね 天使の羽と呼ばれるのんも、わかる気がする よろしければ してやってください [続きを読む]
  • ブルッカイト ―プラチナルチル
  • ブルッカイトの結晶パキスタン産高さ約31mm 重さ約1.8gまるで蜻蛉の羽のように薄く、儚げ 光が透けて美しい よくプラチナルチルと呼ばれるものはこのブルッカイトが入ったものやと言われる棒状や板状に水晶に食い込んでいるブルッカイトパキスタン産優しい色合いのプラチナルチルが見える ・・・ルチルやナイけど^^; 同じくブルッカイトが、がっつり入った水晶 この子はルチルと見分 [続きを読む]
  • ルチル
  • ルチル約9x10x8mm 重さ約1.4gMagnet Cove, Arkansas, USAClyde Hardin コレクション八角形の純粋な結晶 爪ほどの小っちゃい大きさ 横から見た画像実はこの結晶は両垂(ダブルターミネイテッド) 裏面若干崩れているけど、やはり八角形 角度を変えるとわかる ルチルは二酸化チタンの結晶の1つ。だから金属酸化物になる。金属性の鉱物ってコト、やね。 この真っ黒クロスケが水晶に入って金色に輝く [続きを読む]
  • シャッタカイト イン クォーツ
  • シャッタカイト イン クォーツKoakofeld, Namibiaシャッタカイト自体なら結構あるが綺麗に水晶にインクルージョンしている子は珍しい この部分 この子は約65x50x24mm  重さ約68.2g もう1つ、小振りの子がいる この子で約33x18x15mm  重さ約9.9gこれでタンブルやカボションを作ったらかなりの価値になるんやろうなぁ 水晶に入っていない部分は色が薄いのがわかる [続きを読む]
  • ハックマナイト+ジョーハチドーライト
  • ハックマナイト ミャンマー産高さ約28mm 重さ約7.3gこの石にはジョーハチドーライトが共生している 暗所で紫外線を当てるとフルオレッセンス(蛍光)する黄色〜オレンジピンクに光っている部分がハックマナイト紫に光っている部分がジョーハチドーライトジョーハチドーライトは昔、北朝鮮の上八洞で発見されたらしい当時日本の占領下やったので日本読みで登録されたとか しばらく紫外線を当てているとしば [続きを読む]
  • セプタークォーツ(松茸水晶)
  • この写真の赤い矢印の子みたく、先が太くなってキノコのようになっている水晶はセプタークォーツと呼ばれます。日本では、松茸水晶。ちなみにこの子はベラクルスアメシスト メキシコ産はい、ココで喜んでしもた人、自粛。 (`・ω・´)キリッ こんな珍しいダブルセプターもあります。キングカウントリー, ワシントン/USA幅は25mmほどの小っちゃい子下の白いモヤモヤは支えの台なんやけどはずしたくても古い標本なので [続きを読む]
  • とあるクリスタルクラスター
  • 一見、ピンク色のオバケのO次郎。粒々に見えるけど、ある鉱物の非常に細い繊維状の集まり。ね?^^ とても小さい。最大で約18mm、最小で約14mm重さは約4.1g繊維状の集まりだからシャトヤンシーが煌めく これはカラハリ/南アフリカ産。コレクションだったのでかなり古い。初期の頃の透明度が残っている。 これもロードクロサイト、通称インカローズこんな形もあるんやね よろしければクリッ [続きを読む]
  • イリスアゲート
  • イリスアゲート  モンタナ州/USA厚さ 約3mm  約31.5gイリスとはギリシャ神話で虹の女神の名前ゼウスなど神々の言葉を虹で地上に届ける 薄っぺらい輪切りのアゲート(縞瑪瑙) 角度で美しい虹が出る ラブラドライトみたいや ラブラドライトと違うのは・・・ 同じ場所でも角度によって虹色に変わること 見飽きない よろしければ してやってください [続きを読む]