ていか さん プロフィール

  •  
ていかさん: 外科医のてくてく地球お散歩ブログ
ハンドル名ていか さん
ブログタイトル外科医のてくてく地球お散歩ブログ
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/tikyuosanpo/
サイト紹介文お仕事の合間に地球をてくてくお散歩しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2016/08/20 14:42

ていか さんのブログ記事

  • ライザップ、4ヶ月目の経過と結果
  • ライザップの会員は男女数ほぼ同じ感じ。 年齢は40代が最も多い感じ。 かなりの肥満の方も頑張っておられますし、すっかりライザップにハマって一年以上通ってる方もおられます。 聞き耳を立てて待合室のある男性30代くらいの方の話を聞くに、12月に結婚するらしく式までに鍛えたくてライザップ入会したそうですで、さらに盗み聞きをしたところ彼は製薬会社勤務で昨年末ネットの出会い系サイトで出会ったそうです。お相手は偶然 [続きを読む]
  • ふるさと納税、参協味蕾豚生ハムセット
  • 宮崎県川南町より『参協味蕾豚生ハムセット』が届きました 13000円の寄付で、楽天市場より申し込みました。 5/15申し込み時点で8月末にメール連絡し9月配達とのことでした。人気商品です?? 実際には8/23に、9/1ご自宅お届けとなる旨連絡が入りました。 3.5ヶ月待ちました 【内容量】カタロース しゃぶしゃぶ用 180g×2バラ しゃぶしゃぶ用 190g×2生ハム ロース 70g生ハム カタロース 70g生ハム バラ短冊 90g [続きを読む]
  • ふるさと納税、農薬不使用こだわりイチジク(南小国産)
  • 熊本県南小国町より農薬不使用こだわりイチジク(南小国産)が届きましたふるさとチョイスより5000円の寄付。時間指定はできますが日付指定はできません(←これって意味ある?)80g前後のものが12個!9/13に申し込み、9/28に配送のメールが届きました。が、台風のため1日は南小国に留まりその台風のためさらに1日大阪に留まり翌日はわたくし出勤しており結果4日目に受け取ることに「お早めにお召し上がりください」の文字が悲しい [続きを読む]
  • プノンペンの空港ラウンジ
  • プノンペン市内の喧騒とは別世界の空港ラウンジ。プラザプレミアムラウンジ。広い!楽天プレミアムカード年会費10800円でラウンジ使い放題のプライオリティパスがもらえます。(でもよくビジネスクラス利用するのであまり得じゃないかも!(笑))こんなプライベートエリアあります。ご馳走!麺類は注文して作ってくれます☆薬味もたくさん?アルコールは2杯まで無料。サーバーからアンコールビール??フィッシュボールのフォー、ハ [続きを読む]
  • 大都会、プノンペン
  • バンルンから10時間かけてプノンペンへSA的な休憩所の食事が美味しい?右手のスープが容赦ない大量のレモングラスで最高でした!左手の焼き豚、ネギ入り卵焼き、きゅうりピクルスも美味しい。カンボジア料理がなぜこんなに美味しいかというと良質で安価(というか農村部では無料)なハーブやスパイスのおかげだなー。あとボトボト落ちてくるずっしりココナッツと。条件揃ってるハズの北インドはまずかったけど。スイーツ。お餅2つ [続きを読む]
  • カンポットから廃墟タウン散策
  • 朝食。マンゴースムージーで6$、このあたり欧米人多く観光価格。カンポットから30km、エレファント連山からカンポット市を眺める。この原生ジャングルに覆われたエレファント連山の一部に廃墟タウンがある。お寺もある。山といえば寺院。1936年に建てられたシアヌーク王の別荘。レンガと黒木で建てられた。涼を求めて。フランスからの家族、2歳、5歳、6歳、10歳。カンボジアは家族旅行向きな気がするがなんか大変そう。。。窓から [続きを読む]
  • カンポットてくてく
  • プノンペンからバスに乗りカンポットという街に向かうことにした。舗装道路はクオリティ高い。日本が作った気がする(未確認)SAは1.5時間おき。パイナップル5時間ほどでケップビーチ到着。カニで有名。カニのモニュメント。人々の憩うビーチ。さらに30分でカンポット到着。美しい街並みフランス植民地時代の名残のような建物ドリアン広場。カンポットはドリアンでも有名。そこここにドリアンやさん。カンポットは古くから胡椒の産 [続きを読む]
  • ラオ族と中国人村も訪ねてみた
  • こちらはカライという地域にある屋根の上の十字架見ておわかりの教会です。室内に十字架。アメリカ人がもたらしたのだそうで、この村に30人ほどの信者がいるとのこと。子どもたちはスリッパをボールに見立てて裸足でサッカーします。そしてさらに北上しメコン川支流のサン川の船着き場に到着。この国は人間だけでなく鶏も豚も少子化とは無縁です。移動式の橋、フェリーが到着。川をわたるとベンサイという地区です。ベンサイ小学 [続きを読む]
  • カンボジア北東部の少数民族、クルン族を訪ねてみた
  • ポル・ポト政権時代のご両親の話聞いた後の一晩続く雷雨にただただナイトメアな一夜を過ごした後日の出とともに快晴です?ビバ晴れ女朝から朝食作りです。釣った魚1匹入ってます。昨日竹で作ってくれたカップにコーヒー入れてくれました。ランチボックスも準備完了?きれいな花が咲いています。それにしても体脂肪6キロ減ったので6キロの荷物持っても身軽です?こんな場所も難なくヒョイヒョイ??長年こんな重たい荷物持ち歩い [続きを読む]
  • カンボジア奥地、ラタナキリのジャングル散策。
  • 今日から2泊3日のジャングルトレッキングツアーです。こちらの旅行会社、JungleTreckに申し込みました。2泊3日のツアーで135ドル。っていうから100ドル札を出したが、100ドル札では旅の準備の食材やガソリンなど何も買えない。銀行ですら崩せないらしく朝から町中駆け回ってはりました。※大金を払う際は念のため支払っている様子を証拠写真撮っておくようにしています。多くのアジアでは米ドルが流通してますが100ドル紙幣は高価 [続きを読む]
  • カンボジア北東部の奥深い山岳地帯、ラタナキリへ
  • 一時間遅れでクラチェからバンルン行きのバス到着。バス内には1歳くらいの小便小僧。オムツは高価なのでほとんどの人は使いません。サービスエリア的な所で吊されてるものが気になり購入。1ドル。魚のすり身、ハーブ、唐辛子でした。5時間でラタナキリ州バンルン到着。カンボジア北東部の深い山岳地帯に位置します。東はベトナム、北はラオスと国境が接しています。そしてこのあたりも住所がありません。bookingドットコムで予約 [続きを読む]
  • クラチェに来ました。
  • 村からトゥクトゥクで1時間のコンポントムコンポントムから4時間半かけてクラチェへ向かいます。バス車内は子どもだらけでした。はしゃぐ→けんか→泣く→親キレる→寝るをひととおりのサイクル後くらいにメコン川到着です。川は移動式の橋で渡ります。乗り込んでいるところ↓これ、必ず渋滞になるのですがバングラデシュでは8時間待ちでしたメコン川望む静かな町です。のんびり風情。もちろん市の中心にはお寺。クラチェ市の建物 [続きを読む]
  • コンポンチューティアル村訪問
  • ピンクのかわいい外壁のご自宅に訪問。籠を作っているハンモックに腰掛けながら。場所をとらないソファ。重傷の免疫疾患、(PBCぽい)をお持ちで5年生きれないといわれたそう。プノンペンまでNGOの病院に通院しているが通院費用がないとのこと。日本ではよほどでないと死ぬことはない病気。村の産科病院。妊婦さんの栄養指導。フルーツ多いな??待合い室診察室。クーラーボックスにワクチン。先生は女医1人。出産後妊婦の泊まる部 [続きを読む]
  • オークルカエ村訪問
  • 市場で今夜のおかずの買い物です??ハンモックのお姉さんから豚肉購入。。500gで2ドル(220円)くらい。鶏は生きたまま売ってます。市場風景。今日はオークルカエ村の村長宅に泊めていただきます?デカい門構え。お金持ちです。2ヶ月前にこの村に電気が届きました?水道はまだです。井戸水をポンプで吸い上げて貯めてます。お風呂場はとっても広くて開放感??3カ所あります。私の部屋。右の扇風機、羽だけ。一度顔を裂かれました [続きを読む]
  • サンボープレイクック遺跡と豪華ランチ、花もだんごも
  • コンポントムから30分くらいの森にロバン・ロメア(クロルロミアス)というひっそりとした遺跡群があります。 ガイドブックにも載ってないような小さな遺跡群 森の中散策してても気付かずに通り過ぎてしまいそう。 左手のものはプレアンコール期に建てられたものに前室はアンコール期に増築されたもの。 門構えやリンガなどが盗まれています。戦後の混乱や貧困の中で起きたできごと。 リンテル(門構え)はその時代その時代の流 [続きを読む]
  • サンボー村お散歩
  • サンボー村の人たちは5時に起き始動です。遺跡周辺草刈りのお仕事の彼女は出勤前になたを研ぎます。自宅前にカシューナッツの木とマンゴーの木。あ、かわいい家。屋根の上に2010と書いてますが、建てられた年です。なにせ住所がないので目印が必要??村の電気。早朝からお仕事です。チョンボという木をきって運んでます。炭にするらしい。コットンの木。実は食べれるのだそう。歯磨き青年。とにかく早朝から動きます。今6時。だ [続きを読む]
  • サンボー村に泊まってみた
  • コンポントム郊外では良質なカシューナッツが採れます。1つ1つ手作業で皮をむきます。漆にかぶれるため全身防御します。エプロンは溶けて変形。蒸したてのカシューナッツ、ミルキーでめちゃくちゃ美味しいです??そこからさらに30分、サンボー村にやってきました。村一番のデカい家。このご自宅が今夜の宿です。この村人たちのの主な仕事は農家で、米とカシューナッツです。このあたりには住所がありません。なので予約しても [続きを読む]
  • クイ族の人々とご馳走?
  • お寺で村人たちに料理がまかなわれていました。大人も子どもも。クイ族の村人たちが昨夜から仕込みして作ってくれた料理。真ん中の黒い汁はゴマに魚の身が入ってる。まろやかな塩辛みたいな味。その下の茶色のものはサムローコーコー。煎った米やウコン、野菜のスープ野菜は芋のツルとか。右はなすび。真ん中の茶色のものはほろ苦い味、昨日村人たちで林の中に採りに行ったもの。林の中でバラバラになったみんなにこの竹で作った [続きを読む]
  • コンポントム地域の一般民家
  • 一般的なカンボジア民家を訪ねてみた。こちらは倉庫。トイレ鶏を飼っています食べる前に絞めるから冷蔵庫は不要です。豚も飼っています外出?してましたが水牛もいます井戸水で生活してます。部屋の中 おばあちゃんが孫の結婚式の写真を見せてくれます。ご自身の娘さんは糖尿病で亡くしたそうです。アジアは糖尿病患者多いのですがカンボジアでは検診がありませんので自覚症状が出たときには末期状態です。電気は通ってないので [続きを読む]
  • プムスラエ村でクイ族の人たちと
  • シェムリアップから2時間半でコンポントムへ。コンポントムの流行りの食堂へ。甘辛く焼いた豚肉、チリソース、おつけものは甘酸っぱくスープは魚のだし。こちらではスルメなどからもだしをとるそうです。そこから30分走ってスラエ村へ。村の中央にはお寺。少数民族のクイ族の村です。お寺の横の建物は集会所みたいな場所。外国人が訪ねるのは初めてとのことです。今日はクイ族の伝統文化をお披露目する日だそうです!私ってばラッ [続きを読む]
  • カンボジアライフ
  • 生後3ヶ月の赤ちゃん。この国でポピュラーなハンモックです。彼女のママからパンツとTシャツ購入しました?持ってきた服は洗濯干しから放り込んできたブラジルで買ったTシャツ、ニュージーランドで買ったTシャツ、インドで買ったシャツの3つだけ笑あー、しばらく色落ちとの戦いです笑1日で砂埃と汗で汚れきります。あれ、RAUNDRYって書いてる!お願いしてみよっと!3日分の洗濯を3時間で3ドル。待ってる間クメールスパ。気持ちよ [続きを読む]