かぶたろう さん プロフィール

  •  
かぶたろうさん: 旅するかぶたろう
ハンドル名かぶたろう さん
ブログタイトル旅するかぶたろう
ブログURLhttps://ameblo.jp/trip-kabutaro/
サイト紹介文ブログ 旅するかぶたろう この歳になり一人旅に。 旅の計画から旅の様子まで書いてみたいと思う。
自由文長い間仕事も続けてきたことだし、今年の終わり頃に会社のリフレッシュ休暇を取って一人旅でもしてみようかと思いつきこのブログを始めてみた。
会社や家族には事前に相談して了解はもらえているものの、その時になって状況が変われば休みにくくなることも考えられるが検討は進めるしかない。
そんなこんなで、ブログ「旅するかぶたろう」スタートです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2016/08/20 15:05

かぶたろう さんのブログ記事

  • 西伊豆 最後は黄金崎へ
  • 西伊豆のクライマックスは黄金崎へ。夕日がきれいで有名な場所。岩肌が黄色っぽい色をしていて、夕日が当たると黄金色に見えるのかもしれませんね。 海にせり出した場所なので遠くまで見渡せて景色は最高です。 遊歩道で岬の先端に向かって歩きます。振り返ると碑が立っていたところにある展望台が見えます。 岩肌が黄色いのがよくかりますね。海の底まで見えるほどきれいです。 駿河湾の向こうの水平線と陽が当たり海がキラキラ [続きを読む]
  • 西伊豆堂ヶ島 洞窟クルーズ
  • 土肥温泉から堂ヶ島へ移動してみるときれいな青い海と遊覧船が見えます。ここでは洞窟クルーズがあるということで船に乗り込んでみました。 船乗り場近くまで行ってみると水の透明感がよく分かります。 さっそく船に乗り込みツアー開始。 この透明感分かりますか? ここがクライマックスの洞窟の中。天井から太陽の光が入り水が真っ青に光っています。ここは天気のいい日じゃないともったいないですね。あっという間でしたが楽し [続きを読む]
  • 西伊豆土肥の温泉と海
  • 沼津港で海鮮食らうの旅の続き。伊豆の山を越えて西伊豆にやってきました。予約していたのは土肥温泉の海岸沿いの宿。 窓からの景色は相模湾を一望。ちょっと曇っていて海の色が残念でしたが翌日に期待です。 海岸に降りて波の近くを散歩してみる。 世界一の花時計とか。花の季節でないとちょっと寂しいかも。 花時計の近くにある足湯。誰もいないので独り占めです。 旅館での昼食は海の幸たっぷりでお腹もいっぱい。地元の日本酒 [続きを読む]
  • 金沢への一人旅を考える
  • 次の旅は10月かな〜。無性に旅に行きたくなり地図見ながら決めたのは石川県の金沢。新幹線も開通して観光の人気となっている。あまり贅沢はせず、シンプルにゆっくりと歩いてみて回る旅にしようと思います。 観光ポイントは盛りだくさんなので飽きることはなさそう。どこか酒蔵にも行きたいなー。 京都のような雰囲気もあり、近代的な美術館もあり、今から行くのが楽しみな金沢。ブログネタをたくさん見つけてきます! にほん [続きを読む]
  • 沼津港で海鮮食らう
  • 西伊豆を旅する途中で、海鮮食べるため沼津港にやってきた。 びゅうおからの港を見下ろしてみた。何をたべようなか〜。漁港に来てみた。昼前だが人も歩いておらず港は静か。かき小屋に入ることにした。まずはカキフライ。身が大きく臭みもなくうまい!牡蠣のがんがん焼を注文。他にもはまぐりやエビが入ってて蒸し焼きにして食べる。 他にも海鮮丼やしらすを食べられる店などたくさん並んでいたが、今回は牡蠣にしてみた。観光客 [続きを読む]
  • 船浮から南風見田の浜へ(西表島)
  • 短い時間だがイダの浜を満喫し、南風見田の浜へ戻ることに。時間は気にしなくていいのバイクでのんびりと寄り道しながら行くことに。 この船で白浜港に戻ってきました。 途中、座礁している船が放置されているところがあります。 由布島に行く牛車乗り場に寄ってみた。 遠くに小浜島が見てるポイント。 マングローブの森も見納め。 南風見田の浜に到着です。ここを抜けると・・・ ひろーいビーチが広がります。 忘勿石の碑のある [続きを読む]
  • イダの浜へ(西表島)
  • なんとか船に間に合い白浜港から船浮にわたり、いよいよイダの浜へ。 10分ほどで見えてくるのが船浮港と集落です。 イダの浜へはこの看板が目印。 見えてきたエメラルドグリーンがイダの浜。 西表島ではこんな白い浜は他になかったのでびっくりです。観光客も数人程度で貸し切り状態。舟の出発時間までここでぼーっとします。 浜はサンゴのかけらで一杯です。 短い時間でしたが旅の中でも記憶に残るビーチです。西表島に来たらこ [続きを読む]
  • 忘勿石から船浮へバイクの旅(西表島)
  • この日は1人でバイクに乗り島めぐりの旅。目的地は白浜港から船浮に船で渡ったところにあるイダの浜。ここは、船に乗らなければ行けないので秘境っぽい雰囲気のだと期待して出発した。 時間に余裕があると思い込み(?)白浜港とは逆にある忘勿石の碑に寄ってみた。入口は最近になって整備されたと思われる。 すぐ横には長い砂浜の南風見田の浜がある。 のんびりしてられずバイクで白浜港へ。 少し飛ばして白浜港で出発しそうな船 [続きを読む]
  • 古見岳ジャングルトレッキング(西表島)
  • 入口で車を止めて準備が出来たらいよいよジャングルへ。山の中は登山標識のようなものはなく初めての人は迷ってしまうかもしれないので注意です。 入り口付近にはマングローブのような木が生い茂り南の島を感じさせてくれる。 山からは水も豊富で川のようになって流れている箇所があちこちに。 普段見ることのない木がたくさんありオーナーがいろいろと教えてくれます。 頂上付近からの景色は遠く岩礁を見ることもできます。標高 [続きを読む]
  • カンムリワシとやぎ(西表島)
  • 西表島の2日目はジャングルを散策。ペンションのオーナーに案内してもらうため車に乗せてもらい入口に向かう。 その途中でオーナーが天然記念物カンムリワシがいることを教えてくれた。初めて見るカンムリワシに慌てて写真を撮った。ラッキーだった。 その次はヤギが草むらに野放しにされていて草を食べていた。この子はこっちを向いてポーズしてたので撮影してあげた。 橋のガードにあるサキシマスサオウノキの模様。その下には [続きを読む]
  • 仲間川マングローブクルーズ(西表島)
  • 八重山諸島の旅で最後の訪問先となる島は西表島。ここは自然を楽しむことを目的に、マングローブクルーズやジャングル散策などを予定していた。 フェリーで到着してマングローブクルーズの出発時刻を聞くとまだ時間があるということで、近くのスーパーで食料を買い出し。 フェリー乗り場に戻りベンチで食事。ちょっと飲みすぎかな〜。 仲間川のマングローブクルーズに行ってきます。 上流で船から降りてサキシマスオウノキを見学 [続きを読む]
  • 車中泊で準備するもの(4)
  • さらに購入したのは・・・車内用のバッテリーです。夜に車の中で真っ暗なのは困るのでこれでライトつけたり、パソコン使ったりスマホ充電したりできます。 小さいけど車中泊程度なら十分な電力があり、車の移動中にはチャージもできます。これがあると安心ですね。 Rockpalsポータブル電源 家庭用蓄電池 3WAYシステム UPS機能 40800mAh 150Wh DC AC usb 1.4キロ本体容量40800mAh/150Wh、一回の充電でかなり長持ちします。USBポー [続きを読む]
  • 車中泊で準備するもの(3)
  • 次に購入したのは・・・車中泊で必須となるシュラフです。真夏、真冬は車中泊しないので、春と秋に使えそうなものを購入しました。 Amazonで2つ購入。封筒形?で布団で寝ているような感じです。春秋であればこれで十分。もし寒ければフリースでも着れば問題無し。Terra Hiker 寝袋 195x75cm 超軽量 750g シュラフ 封筒型 コンパクト収納 スリーピングバッグ 撥水性 旅行用 車中泊 防災用 避難用 キャンプ ハイキング 登山などに対 [続きを読む]
  • A&W石垣島店
  • そろそろお腹もすいたし何を食べよう?これまでに沖縄そばも食べまくってきたし何か違うものを食べたいし・・・と考えていたところで見つけたのがここ。A&W石垣島店・・・マクドナルドのようなハンバーガーショップです。 ALL AMERICAN FOODって書いてあるからアメリカから着た店なんですね。 室内はオレンジ色を基調とした明るい雰囲気。 注文したのは黒いハンバーガー。限定だったのか今はメニューにないらしい。ドリンクメニ [続きを読む]
  • サザンゲートブリッジ(石垣島)
  • 石垣島散策の続きは、サザンゲートブリッジへ。インターネットでは、夜になるとここからきれいな星空を撮影してアップしてる人がいたので夜景スポットなのでしょうか?のんびり景色を眺めながらビールでもと思ったけど・・・ ちょうど橋の中腹に着いた時に雨がパラついてきたので、のんびり眺めるころとが出来なくなりました。 さっさと写真撮って退散しなければ。しかし、相変わらずの青さですね。 こちらはフェリーターミナル方 [続きを読む]
  • 730記念碑(石垣島)
  • 与那国島から石垣島に一度戻り一泊して西表島に行く予定です。ランチに行く前に少し散策していると見つけた「730記念碑」。何かわからず立ち止まってじっくり読んでみました。 なになに・・・昭和53年7月30日に道路交通をアメリカ式(車は右側通行)から日本式(車は左側通行)に8時間で標識など切り替えたらしいです。自分だったら戸惑ってしまいますね。 ^^; 交差点をシーサーも見守っていました。 石垣島のタウンガイドは [続きを読む]
  • 車中泊できる場所探し
  • 車中泊するにもどこでもいいわけではない。静か、安全、トイレ、できれば入浴施設など最適な場所を見つけなければならない。 そんな時にはここを参考にすればいい。車中泊場所マップ全国の宿泊場所がランク付けされていて探しやすい。 あなたも、車中泊で一人旅を楽しんでみませんか? にほんブログ村  ← してね。FACEBOOK「旅するかぶたろう」/Twitter「オヤジになっても」もよろしくです。★☆ 格安航空券・海外旅行 [続きを読む]
  • 車中泊で準備するもの(2)
  • 快適な睡眠をとるためにはマットが重要。こだわったのは、厚みがあり、簡単に使えるもの。選んだのは・・・ FIELDOOR車中泊マット 10cm厚 Sサイズ 自動膨張マットレス連結可能 高密度ウレタンフォーム 大型バルブ エアーマット 使い方は、袋から出してバルブを開けると自動的に膨らむので作業は必要なし。寝てみると床に背中が当たることなく長時間でも背中が痛くなりませんでした。これはなかなかいい商品でした。 あなたも、 [続きを読む]
  • 車中泊で準備するもの(1)
  • まず、車中泊に必要なのはなんといっても「車」です。それも、ゆったり足を延ばして寝ることができるフルフラット可能な車。 最近まで乗っていたイプサムが車中泊に適した車として聞き、さっそく車中泊グッズを購入。1度だけ車中泊練習を行ったが、その後故障により動かなくなってしまったので急遽その後継車を購入。 それがこのトヨタの「ウィッシュ」って車です。 イプサム同様、2列目、3列目をフルフラットにできるのが購入の [続きを読む]
  • 夕日が見える丘(与那国島)
  • 与那国島のフィナーレは、久部良集落にある日本最後の夕日が見える丘にやってきました。この時間になると観光客がやってきて賑やかになるがこの日は独占。西崎(いりさき)の灯台の方向に沈む夕日はすばらしく旅の思い出になりました。 日本最後の夕日が見える丘から最後の夕日を眺めます。 西崎の灯台からもこの夕日は見れますが、ここからは灯台も眺めることができます。 何も喋ることなく沈むまで眺めているだけ。 夕日が沈ん [続きを読む]
  • ダンヌ浜(与那国島)
  • 空港からもう少しで久部良集落に着く手前にあるこじんまりとしたビーチ。インターネットで調べると丸いゲートのようなところからビーチを撮った写真がたくさんアップされていた。なんだろう?と思いながら現地に行ってみると・・・ なんと、ここはトイレでした〜! なんだか穴から覗いているような気分になったりして。 ビーチには誰もいなくて寂しい感じもするが夏にはたくさんの人がくるんだろうなーなんて思いながら眺めてまし [続きを読む]
  • 北牧場・馬鼻崎(与那国島)
  • 北牧場は与那国空港に隣接した断崖絶壁に沿った牧場。入口は狭く分かりずらかったので一度バイクで通り過ぎてしまいました。馬鼻崎はその牧場に入った先の断崖絶壁にあります。 牧場の中では牛がのんびりどこかに歩いていきました。 遠くには与那国馬ものんびりとしています。思っていた以上に広かった。 牧場の端はすべてこのような断崖絶壁。馬や牛は落ちることはないのかな?このあたりが馬鼻崎だったような・・・ 下をのぞき [続きを読む]
  • 四畳半ビーチ(与那国島)
  • 民宿の人に教えてもらった4畳半ビーチに行ってみました。道から入るところは分かりにくいのでちょっと迷ってしまいましたが何とか到着。こじんまりとした砂浜だけど誰もいなくてすごく綺麗です。砂浜までは崖を下っていくのでサンダルは危険なので注意しましょう。 なんだかプライベート感満載です。(11月だったのでどこのビーチも人少なかったけど・・・・) 暫くの間このビーチを独占してきました。聞こえるのは波の音だけ。 [続きを読む]
  • ティンダバナ(与那国島)
  • 祖内集落に行くと間近に迫る岩山の頂上付近にティンダバナ(ティンダハナタ)があります。岩肌に沿って散策路があり、祖内集落やその先の海まで見渡すことができます。ティンダバナ入口までは急坂なので歩いていくのはちょっと大変かも。 入口にある説明看板には、かつて与那国島を統治していたという女傑 「サンアイ・イソバ」 のことが書かれている。 森の中へ進んでいくと・・・ 断崖絶壁に道はあります。 祖内集落と青い海が見 [続きを読む]