Graphite One さん プロフィール

  •  
Graphite Oneさん: Tune & Play - CRF1000L Africa Twin -
ハンドル名Graphite One さん
ブログタイトルTune & Play - CRF1000L Africa Twin -
ブログURLhttp://graphiteone.blog.fc2.com/
サイト紹介文CRF1000L Africa Twinの関連情報・カスタム・整備・ツーリングのメモが中心です。
自由文バイクのパーツ・ウェア選びやレビューについてできるだけ詳しく記載していきます。また、入手する際に積極的に利用する海外通販にも触れていきたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2016/08/20 15:33

Graphite One さんのブログ記事

  • CRF1000L Arai TOUR CROSS 3 vs SHOEI HORNET ADV 比較レビュー カラー編
  • 今回はヘルメット選びについての記事を書いてみたいと思います。オンロードバイクに乗っていた際はリターン前はAraiのラパイド系、リターン後はSHOEIのNEOTEC、XR-1100、GT Airを使用していました。オンロードが長かったせいかオフロードジャージなどのファッションは苦手で、CRF1000Lに合わせたウェアを購入する際もツーリングジャケットとそれに合うヘルメットというのが選択基準になりました。ちなみに現在メインで着用中のウェ [続きを読む]
  • CRF1000L 2016年モデルオーナーは新型2018年モデルを購入すべきか 装備編②
  • 先日の装備編①に続き、2018年モデルの機能面における変更点について感想を述べていきたいと思います。(現時点ではまだ実車を確認していませんので、その上でのコメントである点をご了承ください)スロットルバイワイヤの採用3段階のパワーレベル、3段階のエンジンブレーキ、7段階のトラクションコントロール、さらにメーカープリセットの3つのライディングモードに加えてユーザープリセットも1つ用意されています。これらを組み [続きを読む]
  • CRF1000L TOURATECH ハンドルバーライザー 20mm 取り付けレビュー 後編
  • TOURATECH ハンドルバーライザー 20mm(01-402-5255-0)の取り付けレビュー後編です。取り付け作業はハンドルを固定している4本のボルトを取り外し、ライザーを挟み込んで付属のロングボルトで組み直すだけですが、注意しなければならない点が3点あります。①ライザーに前後の向きがあること最初気付かなかったのですが、ライザーには前後の指定があります。向きを間違えて組もうとするとボルトがスムーズに入りません。力づくで締 [続きを読む]
  • CRF1000L TOURATECH ハンドルバーライザー 20mm 取り付けレビュー 前編
  • 本日はTOURATECH ハンドルバーライザー 20mm(01-402-5255-0)をご紹介します。日本人としてはやや高めの私も世界的にはごく平均的な体格です。(178cm/70kg、海外ブランドのウェアだと50/Mサイズがジャスト)そんな私にとってCRF1000Lのライディングポジションは概ね満足できるもので、この二年間でポジション関係で手を加えたのは唯一純正ハイシートの導入くらいです。それから一年半が経過し、最近ハンドル位置の低さが気になる [続きを読む]
  • CRF1000L 2016年モデルオーナーは新型2018年モデルを購入すべきか 装備編①
  • 昨日4/2はCRF1000L2018年モデルの発売日でした。昨年の発表以降、発売を待ちわびた方も多かったのではないかと思います。これから色々な方のブログや動画で納車報告やレビューが寄せられると思いますが、どのような感想が寄せられるか楽しみです。今回は先日のデザイン・外観編に続き、2018年モデルの機能面における変更点について感想を述べていきたいと思います。(まだ実車を確認していない上でのコメントである点をご了承くだ [続きを読む]
  • CRF1000L TOURATECH アンダーチェーンガード 取り付けレビュー
  • ブログの更新が滞っている間もちょこちょことカスタムパーツの購入や取り付けを行っていました。新型モデルに関する記事が続きそうですので、合間にカスタムパーツ関連の記事を折り混ぜながら更新していきたいと思います。今日お届けするのはTOURATECHのアンダーチェーンガード ブラック(01-402-5305-0)です。 ツアラテックジャパンに発注したのが昨年11月、入荷まで3ヶ月かかりました。昨年TOURATECHの正規輸入代理店がツアラテ [続きを読む]
  • 新型F900GS? BMW EICMA 2017 "Stay hungry for more"
  • CRF1000Lのビッグタンクモデルの発表が予想されるEICMAまであと3日。EICMAでヤマハのT7ベースの市販予定車の発表の噂もあるそうですし、アドベンチャーカテゴリーが俄然盛り上がってきたのを感じます。そんな中、アドベンチャーバイクの老舗BMWからEICMA 2017 "Stay hungry for more"と名打ったティザームビーが公開されました。垣間見えるシルエットではマフラーサイレンサーは右側、チェーンスプロケットが左側にあるのが確認で [続きを読む]
  • CRF1000L 新型ビッグタンク2018年モデル? Adventure Sports, coming soon. 6 November.
  • ホンダUKのTwitterアカウントでいよいよ新型ビッグタンク2018年モデル?と思われるティザー広告が始まりました。噂通り11月6日のミラノショーでのお披露目で間違いないようです。オフロード走行後に埃をかぶったCRF1000Lがビバークしているシーンです。写真が暗いためよく見えませんが、2016年のモーターサイクルショーで出品された23Lビッグタンクモデルともカラーリングが異なります。スクリーン側からブルー→レッド→ネイビー [続きを読む]
  • CRF1000L Kriega OS Adventure Luggage System
  • 関東は台風の影響もあって今日も雨です。7~8月の極端な長雨に続き、9月以降も週末が雨に見舞われることがほとんどで、秋をほとんど楽しまないまま冬に突入してしまいそうです。そんな週末ではありますが、本日はKriega OS Adventure Luggage Systemをご紹介します。KriegaのOSシリーズは昨年秋のケルンショーで軍用車輌を思わせるようなアドベンチャー感満載のデモ車輌が登場して当ブログでも記事として取り上げていましたが、以降 [続きを読む]
  • CRF1000L GIVI TNH1144 アッパークラッシュバー 防水Oリングの劣化
  • 先日清掃をしている時にGIVI TNH1144 エンジンクラッシュバー(アッパークラッシュバー)の継ぎ目に隙間があるのに気付きました。ここは3ピース構造のクラッシュバーの結合部分となっており、本来は防水用のOリングがあるはずの場所です。同じようにOリングが使われている残りの3カ所を見ると、どの部分もOリングにかなりの劣化が発生しており、ひび割れにより今にも切れそうな状態です。 エンジンクラッシュバーを取り付けたのが [続きを読む]
  • CRF1000L ホンダ純正 ハイウィンドスクリーン 取り付けレビュー
  • ドラレコ映像への映り込み対策としてCRF1000L用のホンダ純正ハイウィンドスクリーン08R70MJPJ20を購入しました。最近は純正アクセサリーもYahoo!ショッピングで購入することが多いです。Yahoo!プレミアム会員+携帯がSoftBankユーザー+Yahoo!カード所持+毎月5のつく日という条件で購入すると、Tポイント(使用期限が短い「期間固定ポイント」という謎ポイントが大半ですが)が2,500ポイント以上付く上に、購入代金全額をポイント [続きを読む]
  • CRF1000L TOURATECH JAPAN ツアラテックジャパン 訪問
  • 9月16日に神奈川県相模原市に新規オープンしたツアラテックジャパンに行ってきました。TOURATECH製品はこれまで長年の間、千葉にある「(有)ツラーテックジャパン」が正規代理店として日本での販売を行ってきましたが、9月からエアモニで有名なプロテクタが「ツアラテックジャパン」として新たに正規代理店となったとのことです。現在は旧ツラーテックジャパンのオンラインサイトは閉鎖されていますが、メールフォームでTOURATECH [続きを読む]