なおロン さん プロフィール

  •  
なおロンさん: 広大な宇宙の美しい写真を撮りたい
ハンドル名なおロン さん
ブログタイトル広大な宇宙の美しい写真を撮りたい
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/i775373
サイト紹介文好きなものに素直に熱中していた中学高校時代。その頃できなかった宇宙の写真を撮りまくり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2016/08/20 17:13

なおロン さんのブログ記事

  • 2017年10月4日(水)中秋の名月
  • 綺麗なお月様見た感じ通りの写真にするにはどうすればいいんだろう?11月1日の十三夜も見ないと。これで、うさぎさんが浮き出すことができたらなぁ。トリミング [続きを読む]
  • 北米皆既日食2017 コロナ撮影の多段階露出
  • 【撮影背景】コロナ用に撮影したコンポジット前の多段階露出の写真。BORG50FL 400mm F8 ポラリエEOS 60D(NORMAL) ISO100上段、左から1/4、1/2、1中段、左から1/60、1/30、1/15、1/8下段、左から1/1000、1/500、1/250、1/125ステライメージでモザイク合成のみ【編集後の感想】今でも目に焼き付けている実際の見た感じでは1/4秒が近いかな。 [続きを読む]
  • イエローストーン アイダホ州 2017年8月23日
  • 【撮影背景】ツアーの終盤、2日間のイエローストーン。クレイジージャーニーで見た吹き出す瞬間の蒼色をとろうと思っていたが、それは場所が違うらしく、行ったところは遠くから眺めるタイプ。想定外。初日はたぶん現地ガイドのチョンボで見れず。大事な二日目もメインの間欠泉よりもその他大勢を見るために大事な一回目の間欠泉を棒に振り、その後も食事の確保に必死。どうも優先順位が違う。結局、間欠泉は90分の周期通りにでず [続きを読む]
  • 北米皆既日食2017 コロナwith地球照
  • 【編集後の感想】とうとうLightroomを使った。星景写真ではLightroomが活躍しそう。K氏をまねた写真ができる予感。編集がイマイチかもしれないが、最初にしては上出来でしょう。これで完成。プロミネンスを強調【編集後の感想】これはコンポジット枚数と露出の幅があるからなせる技なのか?何ぼでも編集できる。きりがない。 [続きを読む]
  • 北米皆既日食2017 皆既日食の全景 はじめてのLightroom
  • 【撮影背景】もう1ヶ月近くたってしまい、見た目がどんなだったか具体的にはわからなくなっているが、イメージとしては夕焼け空に青空の中にコロナがあった。そのイメージ通りにしてみた。コロナと皆既日食の全景【編集後の感想】皆既中の写真をもとにLightroomで編集。露出オーバーの前面に広がる太陽を背景の青空で編集したがまだらになった。あとは、色補正しノイズを低減した。また、部分日食の赤ハロを除去した。ダブルダイヤ [続きを読む]
  • 北米皆既日食2017 ツアー スナップショット
  • 1日目 8/18 ソルトレイクシティ(ユタ州)の寺院2日目 8/19 アイダホ州 撮影場所第一候補の下見     グランドティートン(ワイオミング州)下見の途中で「彩雲」。この辺では1ヶ月に一回ぐらいは見られるよう。K氏の講習会3日目 8/20 見知らぬホテルのロビーから。洞爺湖のホテルを思い出した前日のセミナー 天気予報では3社が、快晴、一時曇り、曇りの三者三様。なんじゃそりゃ。4日目(本番)  [続きを読む]
  • 北米皆既日食2017 撮影風景
  • 観測場所皆既中の180度パノラマ俺のシステムと皆既中の風景これが皆既中のコロナを入れた風景写真だ!残念でならない。この一枚を撮っただけで、もう、ピントは合わない、露出は合わないと一瞬であきらめてしまった。準備不足の一例。戒めの一枚。部分日食中の影。欠けてます。皆既前のセットアップ中の風景前日の下見。曇ってたんだ。当日は快晴。ほんっっっとによかった!!!K氏のメモ シンプル、これであんな写真が撮れるんだ [続きを読む]
  • 北米皆既日食2017 撮影準備
  • 【撮影背景】何度も手順を試行錯誤し、印刷しては机上レビュや実機確認を繰り返し、最終印刷してからも、見直しに継ぐ、見直し。最初作成したものだったら、皆既前にNDはずして、ピントあわして、露出を変えて、、、絶対無理だわ。試行錯誤の跡がのこってて、こういう記録って大好き。【撮影背景】3システム、それぞれに役割を持たせ、皆既前後の操作を極力減らすに至るまでに参考になった資料【感想】これは構図決めに役に立った [続きを読む]
  • 北米皆既日食2017 ツアーの準備
  • 【撮影背景】日食の編集もひと段落。もうちょっとしたいことがあるけど、編集の方法がわからん!いつか必ず。ということで、ようやく、今後の海外旅行と日食撮影のために今回準備したことを記録に残しておこう。【感想】最後は当日は何をするかだけを書き出してよかった。預けるのは重さ制限が厳しいが、手荷物は重さには寛容。中身チェックが厳しい。SG1000バッテリーは日本のチェックで詳しく調べられた。ドライバは預入。バッテ [続きを読む]
  • 北米皆既日食 地球照
  • 【撮影背景】確かに月に隠されているという証明。地球照は撮るつもりがなかったので露出は少し足りないようだ。【編集後の感想】本当は4秒まで上げるべきだったけど、1秒露出を無理やりレベル調整で何とか月の模様が確認できます。コロナはAPS-Cサイズでいっぱいいっぱいまで広がっています。 [続きを読む]
  • 北米皆既日食2017 皆既中の風景 360度の夕焼け
  • 【撮影背景】皆既中の撮影はほぼ全自動のため眼視に集中できたから、もっと色々な構図のスナップショットを撮ればよかった。【編集後の感想】ピントの合っていない写真がいっぱい。皆既中の太陽を入れた写真はピントが合わずすぐに諦めてしまった。自分を入れた写真とか、もっとしっかり考えることもできたのに余裕がなった。流石にそこまでは仕方ないか。 [続きを読む]
  • 皆既日食 2017年8月21日(月)   
  • 【撮影背景】第二接触は、ダイヤモンドリングを目当てに露出を決定。最小単位1秒間隔の自動撮影と、直前から手動でのリモコン操作を予定通り実施。カウントダウンの中、見上げるとちょうどダイヤモンドリングが。忘れられない。コロナ撮影用に連射が始まっていて、BORG50FLでもダイヤモンドリングをとらえていた。【編集後の感想】ダイヤモンドリング専用機は、ピンボケか?シャープさがないが、ネットの写真と比べてもそん色ない [続きを読む]
  • 北米皆既日食 2017 日食の全過程を風景とともに 
  • 【撮影背景】部分日食、ダイヤモンドリング、コロナはそれぞれ露出が大きく違い、一台のセットならNDフィルターの付け替えやピント合わせなどせわしない。しかも皆既は2分半しかない。そこで、コロナ、ダイヤモンドリング、連続撮影の3セットをそれぞれの専用機とした。これが大正解。皆既中は、ほぼ全自動のため、眼視に集中できた。【編集後の感想】太陽が入っていない状態での風景写真を撮っておけばよかった。空の違和感をなく [続きを読む]
  • 皆既日食 2017 in U.S.A
  • 【撮影背景】とうとうやった。次まで待てない、機材を抱えて本格的な撮影ができるのはこれが最後かもと思い、曇ったら終わりのギャンブル。これを見るため、この写真を撮るために、これまでの機材と知識と財力のすべてを注ぎました。コロナ【編集後の感想】これが多重露出ワンセット。もっとコンポジットするとどうなるんだろう。左下のかわいい星はレグルス。 [続きを読む]
  • 砥峰高原 2017年5月27日(土)〜28日(日)
  • 【撮影背景】GPVとにらめっこ。移り変わる雲の行方。数日前はすさみが晴れていたが、当日は薄雲があるものの峰山高原が比較的晴れている。標高1000mのため薄雲の影響がないことを祈り峰山高原へ。すると工事中でいつもの駐車場が土砂でいっぱい、出入り禁止。そこで砥峰高原へ。ついたときはほとんどいなかったが、いつもの学生だと思うが、数十人で駐車場がいっぱい。星空はなんと一晩中快晴。ドローンが行方不明になるトラブルも [続きを読む]