やがすりゆみこ さん プロフィール

  •  
やがすりゆみこさん: 弓子の日記
ハンドル名やがすりゆみこ さん
ブログタイトル弓子の日記
ブログURLhttp://kyudo908.blog.fc2.com/
サイト紹介文弓道初心者の社会人が、初心者目線で備忘録的に書き綴ったブログです。拍手・コメント大歓迎。
自由文筆者は小学生のころ弓道に出会い、高校生で弓道部に所属、右も左もわからず的中率に目覚めたのは最後の大会だったという悔いから、社会人になっても弓道をあきらめきれず地元弓道会へ。しかし学生弓道と社会人弓道の温度差が激しかったこと&社会の弓道に対する偏見にショックを覚え、社会人弓道の楽しさや難しさを知ってもらいたいという願いから書き始めました。内容は参考程度。

目標は全勤労大会に出場すること!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/08/22 08:32

やがすりゆみこ さんのブログ記事

  • 竹弓お迎えしました!
  • 「弓子の日記」一万人突破!!(*'ω'*)(*'ω'*)(*'ω'*)社会人弓道をして5年がたちました。これからもどうぞよろしくお願いいたします!さて本題。ついに(((o(*゚▽゚*)o)))竹弓をお迎えしました(((o(*゚▽゚*)o)))念願の一燈斎です!アサヒ弓具さんで決めました。最初はお店に並んでいるのが伸しかなくてションボリしてたのですが、店の奥から数張出してきていただけました。その中には煤竹ではなくて白竹なのですがまだらの美しい趣 [続きを読む]
  • 届いた! 四段認許状!
  • ようやく届きました! 一か月越しの認許状!(*'ω'*)(*'ω'*)で、古巣支部から経由で手渡されたのがこちら。一瞬、新手の嫌がらせかと思っちゃいました(笑)こういう感じで支部あてに送られてくるんですね。こんな物でもちゃんと郵便局は郵便物として扱ってくれるんですね。シラナカッター(・ω・)ガムテープをむいて認許状を発見。ちゃんとありました。次の五段に向けて頑張るぞ! [続きを読む]
  • 手の内の考察
  • わかっているようでわかっていない、「手の内」の問題。先輩から教えてもらう人、師匠から直々に教えてもらう人、はてまた独学で動画などを見て見よう見まねで覚えた人もいらっしゃるでしょう。弓子の経験からすると、手の内を丁寧に教えてもらうことは記憶の限りありませんでした。自分から問いに行かねばおそらく顧問の先生も教えることはなかったでしょう。先輩からは、天文筋を外竹の左角にあて、虎口を弓に巻き付けるようにし [続きを読む]
  • 弓ごよみ買いました!
  • まだ合格証書をもらっていないのですが、四段に合格しました!(*'ω'*)(*'ω'*)一発合格はやっぱりうれしいですね。超多忙な中、稽古をつけてくれた師匠にとってもとっても感謝です。四段に合格したので、そろそろ竹弓にしようかなと思っている弓子です。※合成弓の示現は今後も使って行く予定です!! 決して、決して相棒解消なんてことはありませんのでご了承ください。竹弓を購入するときはよく成りをみたり手に持った感触や肩 [続きを読む]
  • 道場の使用ルールについて
  • 師匠の道場が長期休暇のため使えなかったので、古巣の公営道場へ向かいました。すると今まで見ない張り紙が。カメラに収められなかったのですが概要は以下の通りです。①この道場を使う人は一般高校問わず「三段以上」を持っていること。②三段以下の人のみの使用は禁止。三段以上の弓道会員が道場にいるときは可。③三段以下の人は弓道教室(12000円)に入会をおすすめする。全国的に公営道場でもこういった利用制限を設けて [続きを読む]
  • 弓折れる!?
  • 先日フォロワー様から「示現が折れました!」と情報提供いただきました。なんということ!( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)メンテナンスフリーと言われる合成弓でも、折れてしまうんですね。しかも今回折れてしまったのはグラス弓とのこと。合成弓が折れる原因としては、射手の技量も関係してきますが、素材の特性もあると思います。カーボンシートはクラックがあるとピンポイントで折れるとは聞きますが、グラス繊維もそうなんでしょうか。 [続きを読む]
  • 五輪砕きについて考えてみる
  • 竹林流「四巻の書・五輪砕き」において土体黄色中四角水体黒色北円形木体青色東團形火体赤色南三角金体白色西半月がありますが、これは仏教思想の「五輪塔」になぞらえて弓道の射法八節を当てはめたものが「五輪砕き」とされます。土体黄色中四角…足踏み・胴造り・弓構え水体黒色北円形…打ち起こし・引分け木体青色東團形…会火体赤色南三角…離れ金体白色西半月…残身(心)五輪塔を見たことある人はイメージできるかもしれませ [続きを読む]
  • 弓道の大会に出続けて思ったこと
  • 弓子はかれこれ五年間くらい一般枠で弓道をしています。支部の脱退と新支部への入会、新しい弓具の購入や大会出場などいろいろありました。大会出場については、県内のローカル大会にちょこちょこ顔を出し、入賞できなくても来年また参加すべく練習してたりしてるんですね。ゴールデンウィーク中にあった大会にほぼすべて今年は参加したため、参加者の中でも同じ人に出会うようになりまして、こちらも顔を覚えていたのであいさつし [続きを読む]
  • 色無地について
  • 弓子は現在三段なので、今年は四段を目指すことになるんですが、問題は「たすき掛け」と「着物」です。たすき掛けについては、その難しさやらなんやらは女性の矢渡しを拝見したことと、お店の人のいい分だったりネットなどから調べていくと、いろいろ葛藤があるようです。個人的には、着物の袂が弦ではらわなければいいだけで、礼法として所作の簡素な美しさを求めた結果、『たすき掛け』という所作が出来上がったんだから、たすき [続きを読む]
  • GWは大会三昧でした
  • 5月といえば京都大会が有名ですが、地元のローカル大会も目白押しでした。GWは5月1日からなんと二日に一回のペースで大会が行われていたようで、弓子はそのうち二回行ってきました。そのうち一回はもう何年も通っているのですが、なかなか入賞できずにいてリベンジです。その大会、なんと賞品が「鯉」活きたぴちぴちの鯉がもらえるのです!!!お祭り要素多めのこの大会、八射五中くらいがボーダー。弓子は平均が的中五割弱なので [続きを読む]
  • 示現と肥後蘇山と竹弓を比べてみた
  • 夢の共演がかないました(*'ω'*)朝イチで弓矢やさんから連絡が入り、知人とともに受け取りに行きました。肥後蘇山・弓禅!知人の弓なのですが、弓子も引いていいと許可が出て喜びの舞(/・ω・)/しかし、20キロ。現在弓子は13キロの弓を使っています( ;∀;)ためしに引いてみると、大三で止まってしまう。。。か、悲しみが深い。。。い、いいもん! 示現と肥後蘇山を並べることができるのだから!!一番気になる張り顔はこちら!( [続きを読む]
  • 肘の運行について考えてみる(打ち起こし〜引分け)
  • 打ち起こしから引分けにかけて、両肘の運行には二つのやり方があってそれぞれ書いていきたいと思います。〇 大きく伸びて打ち起す打ち起こす時、肩甲骨を脇正面すくい出すようにすると肘が伸びて弓と自分の間隔が狭まります。結果、縦長の「A」の字になり高く打ち起こせます。大三では、弓の平面を意識して自分の額と弓の平面(正しくは馬手)との間隔がこぶし一つ分になるように開きます。的正面から見ると肘は45度ではありませ [続きを読む]
  • 腕の痛さと向き合って
  • 先週百射会がありました。予選は突破したものの総的中率が練習時の的中率と変わらない結果となり、満足いくものではなかったです。唯一救いとなったのは毎年この時期になると左肘の疼きがなかったということ。示現を引いて二年になりますが、弓子の引き方が一定でない=手の内がころころ変わる(原因は人それぞれですが、弓子の場合です)ので、手の内のとくに小指の締め方と虎口の巻き込み方を一定にしておかないと矢所が収束せず [続きを読む]
  • アフィリエイト報酬がついに仮想通貨になった
  • すごい人がいるものだなと。アフィリエイトって聞くだけで「ねずみ講なんでしょ?」ってネガティブにとらえられていると思うんですが、某大手通販なんかもアドセンスやポイント還元などで人口に膾炙した手法であることは事実なんですよね。そんな業界は実はクリーンなんだよ、共感や感動といったものに価値を見出す経済の先駆けなんだよって主張して頑張っている人もいるようです。私も正直半信半疑ではあったのですが、仕事柄フリ [続きを読む]
  • 聞いたった! 仮想通貨でマンション投資は節税対策になるのか?
  • 仮想通貨・暗号通貨の取引は連日ニュースなどで取り沙汰されてますね。これらの通貨ってそもそも中央集権的なものではないのに韓国や日本の金融庁が躍起になってます。さて、ある日つぶやきのタイムラインに「公務員が仮想通貨で投資して儲けた分を節税のためタワーマンション投資につかった」なんてありましたけど、そのリプライに節税効果は果たしてあるのだろうかと疑問の声がありました。税務署職員の友人と税理士の方から話を [続きを読む]
  • 示現と二年目突入した! 
  • 示現と過ごしてはや二年目。この一年は示現のみの使用で直心は使っておりませんでした(ごめんよ直心)大三から引分けにかけての柔らかい引き心地、離れた時の振動の少なさは竹弓さながらのものでした。弓子はときどき先輩から竹弓と交換して二手ほど引かせてもらっているのですが、先輩からも「グラス弓とは思えないほど振動がない」と好評でした。一年間真面目に使ってみての感想を以下に述べます。〇示現につける弦は「飛翔」と [続きを読む]
  • 和装コートは意外と使えた
  • 寒くなってきましたね。弓子のいるところではもうスキー場でにぎわっています。星もとてもきれいで、寒空下納射会をすることができました。ちょっと大きめの大会だったので集まる女性の弓士の方々は長羽織やコートなど思い思いの防寒をされてました。高校生はジャージの上(ウインドブレーカー)を着ていたけれど、大人の人がやるとちょっと痛いかなって個人的に思います。それに袂のある着物だと洋服使用のコートとかはちょっと窮 [続きを読む]
  • 通し矢列伝を読んで
  • ポイントがたまったので、気になっていた書籍「通し矢列伝」を購入しました!京都三十三間堂通し矢列伝 弓道の心と歴史を紐解く【電子書籍】[ 高柳憲昭 ]価格:1782円 (2017/11/28時点)高柳先生といえば、「みんなの弓道」でおなじみの著者です。読んでみての感想は、通し矢の猛者たちの話が主です。彼らがなぜ命を賭してまで通し矢に臨んだのか、藩の命運をかけて戦ったのかが豊富な資料からの引用で臨場感たっぷりに書かれてい [続きを読む]
  • 遠的矢を使ってみた
  • 遠的矢が到着したので早速使ってみました(*'ω'*)アップするのが遅くなって申し訳ありません。。。25グラムで全長95センチとやや長い仕様。重心はいじっていませんのでデフォが真ん中。引き分けていくに従い矢の重さが伝わってきます。会に入るとちゃんと飛ぶのか不安でしたが、低弾道でまっすぐ的の真ん中へ吸い込まれました。早速的に中るとは思ってもおらず、さすが師匠の慧眼恐るべし。途中ナンバリングを施して、三セットずつ [続きを読む]
  • 遠的矢到着!
  • ついに、待ちに待った遠的矢が届きました!(*'ω'*)示現同様、矢を注文するのは初めてで、こんな風にして段ボールの筒で送られてくるんですね。とある弓具屋さんでは直方体の段ボールで配送されるようですが、弓具屋さんによりけりなんですね(-ω-)こちらの筒は何か手を加えれば矢筒にできるかもしれない。。。時代巻にしてもらいました(*'ω'*)シャフトは2015、かなり図太く感じる(けなしてない)初鷹というのは、秋の季語で「初 [続きを読む]
  • 筋肉の働きについて
  • 13キロのグラス弓ですら50射したくらいで疲れてしまう、今日この頃です(;´д`)弓手拇指の側面を強く擦って色が違っており、捻りすぎを師匠から指摘されるも、捻ることすらままならなず前腕を突っ張ることしかできなくなってしまうくらい体力が落ちてしまった。。。馬手肘も体に納めきれず前離れとなり結局胸弦のついていない状態で脱力状態の射。。。肩甲骨の筋肉を使えていないのかもしれない。これまでは無意識に使えたのだ [続きを読む]
  • 遠的矢をオーダーしてきました!
  • 遠的矢を持っていなかったので、そろそろ自前で持ちたいと思っておりました( `ー´)ノ遠的矢は以下の四種類を試しに使っていました。なお、いずれも仰角は弓手握りこぶしに的が隠れるくらいにしています。【ジュラ矢1913】10年間使用中の現役ジュラ矢。近的用ですが、曲がっても折れても仕方ないという覚悟で使ってみました。弓の力をちゃんと乗せてくれるこの矢は、遠的になるとらせんを描きながら飛んでいきました。きりもみ上 [続きを読む]
  • 「つるね」は三つあった
  • ツイッターのつぶやきで「弦音はつるおと」と読むと知って驚愕( ゚Д゚)「つるね」と思ってたら国語辞典でも「つるおと」と書かれてました。じゃあ「つるね」とは何か。ちょっと調べてみました。参考にしたのは「KenさんのBLOGS」および「弓具の雑学事典」です。前者のブログサイトでは日置流弓目録という書物を取り上げています。「つるね」とは矢を発したとき弓の額木と弦がぶつかって出る音の一つで、正確には「毅音(きね)」と [続きを読む]
  • 県外遠征して思ったこと
  • 明治神宮崇敬会射会へ行ってまいりました。この大会はちょっと特殊で、ひたすら射詰めをしていき同中の場合はグループの年齢を合計した数が大きい方を勝ちとします(´-ω-`)なので、ある程度お年を召した方々が参加されると有利になりますので、若い人が少ない(;´Д`)そんな中で弓子のグループは三人の年齢を足しても三桁に到達せず、皆中するほか勝ち進めないことが判明_(:3」∠)_……結果は予選敗退_(:3」∠)_ すぐ帰ろうかと [続きを読む]
  • 埼玉の弓具さんへ行ってきました
  • ツイッターでも度々呟いていましたが、改めて「矢と弓力の関係」について、ちょっと勉強しようと思いました。一般的に矢羽と弓力については弓力が弱い場合、柔らかい羽根を用いる。弓力が強い場合、硬い羽根を用いる。のように言われています。というのも、羽根の部位によって剛柔があり、それぞれ使い分けているからです。しかし、最高級の矢羽根といわれる石打という部分は、いったい弱い弓で使うのか、強い弓で真価を発揮するの [続きを読む]