sonu さん プロフィール

  •  
sonuさん: 独旅ブログ〜四十路独女のひとり旅〜
ハンドル名sonu さん
ブログタイトル独旅ブログ〜四十路独女のひとり旅〜
ブログURLhttp://dokutabi.blog.jp/
サイト紹介文旅のことやその他諸々、気ままに書いていきます。旅の移動手段は公共交通機関!誰かの参考になるといいな。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/08/21 16:41

sonu さんのブログ記事

  • いろいろお知らせ
  • 先日デジカメポーチのレビュー記事に使用カメラを追記したのですが、その際うっかり日付を最新の状態に更新してしまったため、過去記事のはずのデジカメポーチの記事が最新の記事になってしまいました。修正しようにも最初に記事を書いた日付は既に忘却の彼方。仕方ないからこのままにしとくか〜。そう思って数日そのままにしていましたが、後になってやっぱり気になったので、多分このへんだろうな〜と思われる日付に変更しました [続きを読む]
  • アートアクアリウムで広がる妄想 in 名古屋
  • ただいま名古屋は松坂屋美術館で開催中のアートアクアリウム展 〜名古屋・金魚の雅〜に行って参りました。平日の最終入場間際だったからかそれほど混雑しておらず、ゆっくり見て回ることができました。会場は写真撮影OK(但し、フラッシュ撮影、動画撮影、三脚などを使った撮影は禁止)なので、私もコンデジで頑張ってきました作品名「花魁」大きな金魚鉢の中をヒラヒラと泳ぎ回る金魚たち。なんと1,000匹。赤、青、緑と色が変化し [続きを読む]
  • 埼玉★神社巡り(3)三峯神社@2017
  • 埼玉の旅2日目後半は、高麗駅から電車とバスを乗り継いで三峯神社へ向かいます。2日目後半&3日目の旅程(高麗駅〜三峯神社)12:57 高麗駅より西武池袋線「西武秩父行き」乗車13:33 西武秩父駅着14:05 西武バス「三峯神社行き」乗車15:20 三峯神社(みつみねじんじゃ)着三峯神社、興雲閣泊翌 10:35 三峯神社より西武バス「西武秩父行き」乗車11:50 西武秩父駅着12:25 西武特急ちちぶ「池袋行き」乗車14:20 池袋着JR山手線 内回り [続きを読む]
  • 埼玉★神社巡り(2)高麗神社&聖天院@2017
  • 埼玉2日目は、日高市にある高麗神社と、その近くにある聖天院(高麗山聖天院勝楽寺)をまわってから三峯神社に向かいました。2日目の旅程9:17 大宮駅よりJR埼京線「川越行き」乗車9:40 川越駅着9:42 川越駅にて乗り換え→JR川越線「八王子行き」乗車10:03 高麗川駅着高麗神社(こまじんじゃ)聖天院(しょうでんいん)12:57 高麗駅より西武池袋線「西武秩父行き」乗車13:33 西武秩父駅着14:05 西武バス「三峯神社行き」乗車15:20 [続きを読む]
  • 埼玉★神社巡り(1)大宮氷川神社@2017
  • すっかりご無沙汰してしまいましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。私は7泊9日でアラスカに行っておりました。英語が全く話せないのに現地集合現地解散のツアーに参加して、アラスカの大自然に触れてきました。しかも人生初のアメリカ。カモンベイベーアメリカです。色々衝撃があったので早く記事にしたいところですが、写真を撮りすぎて(意図的に連写したケースあり、うっかり連写で撮ってしまったケース多々あり)未だ整理でき [続きを読む]
  • 北海道・最果ての地、羅臼@4日目
  • 羅臼4日目は朝から小雨が降っていました。2泊3日でお世話になった宿を出て、名古屋へ帰ります。宿主さんがとっても良い人たちだったので名残惜しいっお世話になりました。また来ます!4日目の旅程10:20 羅臼バス停「ウトロ温泉バスターミナル行き」発11:10 ウトロ温泉バスターミナル着12:15 知床エアポートライナー「女満別空港行き」発14:21 女満別空港着16:30 中部国際空港セントレア行き発18:35 セントレア着天気と気温羅臼は曇 [続きを読む]
  • 北海道・最果ての地、羅臼@3日目ー後編ー
  • 北海道3日目後編は、街の観光です。まず、今回の羅臼の旅で絶対に行きたかったところ、羅臼神社へ!道の駅から900m程度。徒歩10〜15分くらいです。食後の運動にちょうどいい距離でした。山の緑と赤い鳥居のコントラストが美しい境内に植えられたツツジが見頃を迎えていました。こういう黄色のツツジって初めて見た気がします。ツツジというとピンクや赤のイメージだったけど、黄色も可愛い本殿の側にある羅臼権現水。羅臼岳山系の [続きを読む]
  • 北海道・最果ての地、羅臼@3日目ー前編ー
  • 北海道3日目も前編後編に分けてお送りします。3日目はホエールウォッチングの他に少しだけ羅臼の街を観光したので、船と観光に分けることにしました。さて、この日も天気は曇り。気温も服装も前日と同じ感じです。曇っていたけど船は出るとのことで、朝一番の便に乗船。前日と同じく捜索には時間がかかりましたが、なんとかシャチと遭遇することができました。こんな感じ。写真右手に注目。黒い点々がシャチです。前日より更に遠い [続きを読む]
  • 北海道・最果ての地、羅臼@2日目ー後編ー
  • タイトルを「北海道・最果ての地、羅臼(数字)」から「北海道・最果ての地、羅臼@☆日目」に変更しました。1日分の記事を前編後編に分けたら何日目の話かわかりにくくなってしまったのでさてさて北海道2日目・後編は、羅臼行きのバスの中から始まります。知床横断道路を知床峠に向かって上ってます。いいお天気!海を眺めているとウキウキわくわくします。同時に、自分の中の不平不満とかやるせない思いとかの悪い思いや重い思い [続きを読む]
  • 北海道・最果ての地、羅臼@2日目ー前編ー
  • 人生初の北海道2日目は、いよいよ羅臼に到着です。写真が多くなるので前編・後編に分けてお送りします天気と気温斜里、ウトロは晴れ、羅臼は曇り斜里、ウトロは15〜18℃くらい、羅臼は10℃前後服装夏用アンダー、長袖Tシャツ、ソフトシェルジャケット、トレッキングパンツ、トレッキングシューズ(マムート)北海道はやはり寒かったです。この頃の名古屋の気温は既に30℃近くなっていましたが、北海道は女満別で18℃くらい、斜里は [続きを読む]
  • 北海道・最果ての地、羅臼@1日目
  • 首と親指の痛みが治ら〜ん(T_T)←ちょっと良くなるとすぐ動き回るせいですでも、痛みが完全に引くまで待っていたら北海道旅行のあれこれを忘れてしまいそうなので、ぼちぼち書いて行かないとね。トシのせいかボケ〜ッと生きてるせいか、最近ほんと記憶が消え去るスピードが速いもんですから…というわけで2018年6月 、3泊4日で人生初の北海道へ行ってきました☆目的地は道東。知床半島にある港町、羅臼町です。何しに行ったか?野 [続きを読む]
  • 北海道から帰ってます(-_-;)
  • 北海道から帰ってきました。1週間前のことですがとっても楽しかったのですが、なんと旅行中に持病がぶり返してしまい、ただいま自宅で安静に過ごしております。トホホ最近やっと良くなってきて、日常生活が支障なく送れるようになった…かな。うーん、まだペットボトルが開けられないので、正確にはもうちょっと、といったところかな。私の病気は関節リウマチといって、身体中あちこちの関節が腫れたり激しく痛んだりする病気です [続きを読む]
  • 旅の装備★マムート TエナジーミッドGTX
  • 1足目のトレッキングシューズが少し大きく足の負担を感じたので、もう少しフィットしている靴が欲しくて2足目を買いました。無事山デビューを果たしたあと旅先での悪路も経験し、かなり足に馴染んだ感じがするのでレビューします。 私の足のサイズ右:足長24.0cm (足囲 21.3cm)左:足長 23.7cm(足囲20.8cm)靴のワイズはA、形はギリシャ型。幅狭甲薄で合う靴がなかなかなく、靴選びに苦労しています。普段の靴は、パンプスは23. [続きを読む]
  • 旅の装備★山でのメイク
  • ちょっぴりご無沙汰してしまいました。明日から人生初の北海道に旅立つ予定なのですが、台風やら梅雨前線やらで荒れまくっている天候に気が気でなく、天気予報ばかり見ている毎日です。果たして無事旅立てるのか…!?(っていうか荷造りしようよ私)ところで。突然ですが皆さま、登山(に限らずアウトドア全般)の時のメイクってどうしてますか?普段わりとしっかりメイクをするタイプの私。初登山の時にも普段通りのメイクで参戦 [続きを読む]
  • 韓国★全羅北道の旅
  • 久しぶりに為替レートを見てみたら、円安ウォン高が続いてますね。ありゃ〜。今年はこのまま推移していくんでしょうかねぇ。さて、まだかろうじて円高ウォン安を保っていた2015年10月、2泊3日で韓国の全羅北道へ行きました。とあるツアーに参加して、郡山市、全州市、金堤市と3つの市を回ってきました。今日はその旅の思い出をお届けしますいつもの通り、中部国際空港セントレアから仁川空港に出発です。大好きな空の旅にドキドキ [続きを読む]
  • ハイキング★多度大社〜多度山(2)
  • 多度大社にお参りしたら、いよいよ山歩きです。ハイキングコースの詳細はコチラ→桑名市観光ガイド・ハイキングコース多度大社と多度稲荷の間にある多度観音堂の横の道から多度山南のんびりコースに入り、山上公園近道・健脚コースの入り口に向かいます。比較的緩やかだけれど何故か疲れる、微妙〜な勾配の上り坂を10分くらい歩くと、ポケットパーク駐車場と愛宕神社があります。その愛宕神社の横道が健脚コース入り口です。ここか [続きを読む]
  • ハイキング★多度大社〜多度山(1)
  • 6月2日土曜日、三重県桑名市の多度山までひとりハイキングしてきました。多度山は岐阜県と三重県にまたがる標高403mの低山で、なんと8種類ものハイキングコースが整備されています。名古屋から近く、トレーニングを兼ねたハイキングにぴったり!多度大社にも行けるし、私にとっては一石二鳥ですハイキングコースの詳細はコチラ→桑名市観光ガイド・ハイキングコースただ一つ問題は、近くにお風呂がないこと。会員制の温泉旅館はあ [続きを読む]
  • 旅の装備★デジカメポーチ
  • この週末はいいお天気で行楽日和でしたね。私は多度山へひとりハイキングに行ってきました。写真整理したらまた記事にしますさてさて、今日はデジカメのカメラポーチのレビューです。同サイズのグレゴリーのポーチと悩みましたが、セールで安かったのと、チャックの開閉がしやすかったのが決め手で購入しました。MILLET VOYAGE PADDED POUCH/ ミレー ボヤージュパッデッドポーチカラー:オーキッド重さ:70gサイズ:高さ15×幅9.5 [続きを読む]
  • 新選組と京都トレイル(4)西山コース・桂川〜松尾山
  • 人の多さに面食らいつつ、竹林を抜けて桂川へ。時間は12:30頃。気温も体温も上がっていたので暑い暑い。川に飛び込んだら気持ちいいだろうな〜!写真には写っていませんが、川沿いに人がズラ〜っと並んでいました。皆さん川を見ています。川に何かあるのかな?と思ったら。三船祭が行われていました。三船祭は車折神社の例祭で、平安時代の優雅な船遊びを再現したお祭りなんだそう。写真の船は、鷁首(げきす)船。鷁とは架空の水 [続きを読む]
  • 新選組と京都トレイル(3)西山コース・清滝〜嵐山
  • 2日目は京都トレイル・西山コースを歩きます。ルートは清滝から嵐山に行き、松尾山でフィナーレです。ルートJRバスで高雄から槇ノ尾バス停−清滝金鈴橋−渡猿橋−六丁峠−鳥居本街並み保存館−渡月橋−松尾山−苔寺谷−苔寺バス停から京都バス73番で京都駅へ天気と気温晴れ最高気温23℃ / 最低気温13℃この日の服装夏用アンダーウェア(モンベルL.W)、速乾半袖Tシャツ、山用パンツ、登山靴(コロンビア)、朝からわりと気温が高か [続きを読む]
  • 新選組と京都トレイル(2)島原〜壬生
  • 輪違屋(わちがいや)の次は角屋(すみや)を見に行きました。輪違屋から徒歩数分で到着。まず大きさに圧倒されます。その場では「すごい」しか言葉が出てこなかったほど。間口は約31mだそう。当時の盛況ぶりが伺えますね。そして格子造りが美しい!看板には書かれていませんが、角屋は揚屋建築の唯一の遺構として国の重要文化財に指定されているそうです。現在は「もてなしの文化美術館」として一部を一般公開しています。時間の [続きを読む]
  • 新選組と京都トレイル(1)東本願寺〜島原
  • 5月19日から登山同好会の皆さまと1泊2日で京都に行き、1日目は市内観光、2日目は京都一周トレイルの西山コースを歩いてきました。前回の朝熊岳道で死にそうだったので、今回はトレッキングポールを持参。準備万端で挑みました。まずは1日目。天気と気温晴れ時々曇り、たまに小雨がパラパラ最高気温23℃ / 最低気温16.4℃ 体感では少し肌寒かったです。この日の服装UNIQLOエアリズムのパーカー、速乾半袖Tシャツ、登山パンツ、トレ [続きを読む]
  • 旅の装備★ウエストポーチ
  • 山歩きやザックを背負って行く旅行の際に、貴重品やハンカチ、ティッシュなどを入れるサブバッグとして、ウエストポーチを使っています。買い物や改札の通過など、ザックを背負ったままできるのでとっても便利!貴重品入ってます候なので海外旅行には使えないかもしれませんが、国内の旅行や山歩きなら十分です。私の愛用品はこの2つ。マムートのクラシックバムバッグ(左)と、アークテリクスのマカ2(右)。入れる荷物の量や行き [続きを読む]
  • 名古屋港水族館(2)
  • 先日行った名古屋港水族館の続きです(旅行ではありませんが、便宜上、国内旅行カテゴリに入れてます。)珊瑚の世界の隣ではエイ(アカエイ?)が泳ぎ回っていました。なんとも愛嬌のあるお顔下から見るエイがこんなに愛嬌たっぷりとは思いませんでした(笑)横顔も激写なんだか覗き込まれているみたいに見えます。こんにちはー!思いがけずエイに夢中になった後は、亀のコーナーへ。筒状の水槽の中に、3段重ねの亀が。微動だにし [続きを読む]
  • 名古屋港水族館(1)
  • 先日、約10年ぶりに名古屋港水族館に行ってきました知人の写真が展示されているので、それを見に。旅行ではありませんが、便宜上、国内旅行カテゴリに入れますね。私は幼少の頃からシャチが大好きです。「おばあちゃんになったら外国で野生のシャチを見ながら暮らしたい」と思っていたほど。まぁ、中学に上がると同時に英語の壁にぶち当たり、その夢は潰えましたが。でも、シャチはずっと大好きなままです。名古屋港水族館の初代シ [続きを読む]