isomatu さん プロフィール

  •  
isomatuさん: 2号警備業務
ハンドル名isomatu さん
ブログタイトル2号警備業務
ブログURLhttp://ai-iro-jp.blue/keibi/
サイト紹介文「2号警備業務の検定学習」おっさん誘導員の備忘録(ごたくをならべて)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供144回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2016/08/22 20:39

isomatu さんのブログ記事

  • ブログ移転のお知らせ
  • タイトル「ごたくをならべて」つれづれに思いついた〜ごたくを並べて〜交通誘導警備員のオッサンの備忘録〜として積み上げてきたブログが、なぜかホームページが表示されなくなったため仕方なくこちらに移転することに(とほほ..)イメージチェンジを試みたところこのページは動作していませんai-iro-jp.blue でリダイレクトが繰り返し行われました。オッサンには修復不可能ということでアウト!個別の記事は今の所アクセス可能で [続きを読む]
  • ブログの移転(ごたくをならべて)
  • タイトル「ごたくをならべて」つれづれに思いついた〜ごたくを並べて〜交通誘導警備員のオッサンの備忘録〜として積み上げてきたブログが、なぜかホームページが表示されなくなったため仕方なくこちらに移転することに(とほほ..)イメージチェンジを試みたところこのページは動作していませんai-iro-jp.blue でリダイレクトが繰り返し行われました。オッサンには修復不可能ということでアウト!個別の記事は今の所アクセス可能で [続きを読む]
  • 問題241
  • 雑踏警備業務2級検定練習問題問題241次の文章は、道路交通法における交差点及び交通整理に関する記述です、誤っているものを選びなさい。① 車両等は、前方で交差する道路の幅員が通行している道路の幅員よりも明らかに広いときは、交差点を通行する際、徐行しなければならない。② 信号機が設置されている交差点であっても、黄色や赤色の点滅信号だけになっている交差点は、交通整理が行われていない交差点である。③ 本来 [続きを読む]
  • 問題241
  • 雑踏警備業務2級検定練習問題問題241次の文章は、道路交通法における交差点及び交通整理に関する記述です、誤っているものを選びなさい。① 車両等は、前方で交差する道路の幅員が通行している道路の幅員よりも明らかに広いときは、交差点を通行する際、徐行しなければならない。② 信号機が設置されている交差点であっても、黄色や赤色の点滅信号だけになっている交差点は、交通整理が行われていない交差点である。③ 本来 [続きを読む]
  • 問題240
  • 雑踏警備業務2級検定練習問題問題240次の文章は、道路交通法に関する記述です、誤っているものを選びなさい。① 児童又は幼児が施設に通うため道路を通行している場合、誘導、合図その他適当な措置をとることが必要と認められる場所は、警察官等その他その場所に居合わせた者は安全に道路を通行することができるように努めなければならない。② 高齢又は、身体の障害のある歩行者等その通行に支障のあるものが道路を横断し、 [続きを読む]
  • 問題240
  • 雑踏警備業務2級検定練習問題問題240次の文章は、道路交通法に関する記述です、誤っているものを選びなさい。① 児童又は幼児が施設に通うため道路を通行している場合、誘導、合図その他適当な措置をとることが必要と認められる場所は、警察官等その他その場所に居合わせた者は安全に道路を通行することができるように努めなければならない。② 高齢又は、身体の障害のある歩行者等その通行に支障のあるものが道路を横断し、 [続きを読む]
  • 問題622
  • 警備員指導教育責任者基本編練習問題問題622次の文章は、検定の合格証明書の交付を受けている警備員を配置すべき特定の種別の警備業務です、正しいものを選びなさい。① 施設警備業務 貴重品輸送警備業務 雑踏警備業務 保安警備業務 交通誘導警備業務 核燃料物質等危険物運搬警備業務② 交通誘導警備業務 空港保安警備業務 機械警備業務 原子力物質等危険物運搬警備業務 施設警備業務 貴重品輸送警備業務③ 雑踏警 [続きを読む]
  • 問題622
  • 警備員指導教育責任者基本編練習問題問題622次の文章は、検定の合格証明書の交付を受けている警備員を配置すべき特定の種別の警備業務です、正しいものを選びなさい。① 施設警備業務 貴重品輸送警備業務 雑踏警備業務 保安警備業務 交通誘導警備業務 核燃料物質等危険物運搬警備業務② 交通誘導警備業務 空港保安警備業務 機械警備業務 原子力物質等危険物運搬警備業務 施設警備業務 貴重品輸送警備業務③ 雑踏警 [続きを読む]
  • 問題621
  • 警備員指導教育責任者基本編練習問題問題621次の文章は、警備業法第18条、特定の種別の警備業務の実施についての記述です。誤っているものを選びなさい。① 法第18条は、検定合格警備員の配置基準について規定したものである、これは警備業が依頼者からの需要に的確に応えることができるよう平成16年の法改正時に新設されたものである。② 警備業者は、国家公安委員会規則で定める種別の警備業務を行うときは、都道府県公安 [続きを読む]
  • 問題621
  • 警備員指導教育責任者基本編練習問題問題621次の文章は、警備業法第18条、特定の種別の警備業務の実施についての記述です。誤っているものを選びなさい。① 法第18条は、検定合格警備員の配置基準について規定したものである、これは警備業が依頼者からの需要に的確に応えることができるよう平成16年の法改正時に新設されたものである。② 警備業者は、国家公安委員会規則で定める種別の警備業務を行うときは、都道府県公安 [続きを読む]
  • 警備業法第20条(指教責基本)
  • 警備員指導教育責任者2号業務苦情の解決について(苦情の解決)第二十条  警備業者は、常に、その行う警備業務について、依頼者等からの苦情の適切な解決に努めなければならない。警備業法第20条を音声で聞いてみましょう↓↓↓http://Ai-iro-jp.blue/wp-content/uploads/2017/08/23a8492e62871f46659161d6a15d2af5.mp3○平成16年の改正で新設。○警備業者は、常に依頼者等からの苦情の適切な解決に努め警備業者の自己規律を通じ [続きを読む]
  • 警備業法第20条(指教責基本)
  • 警備員指導教育責任者2号業務苦情の解決について(苦情の解決)第二十条  警備業者は、常に、その行う警備業務について、依頼者等からの苦情の適切な解決に努めなければならない。警備業法第20条を音声で聞いてみましょう↓↓↓http://ai-iro-jp.blue/keibi/wp-content/uploads/2017/08/23a8492e62871f46659161d6a15d2af5.mp3○平成16年の改正で新設。○警備業者は、常に依頼者等からの苦情の適切な解決に努め警備業者の自己規律 [続きを読む]
  • 警備業法第19条(指教責基本)
  • 警備員指導教育責任者2号業務書面の交付について(書面の交付)第十九条  警備業者は、警備業務の依頼者と警備業務を行う契約を締結しようとするときは、当該契約を締結するまでに、内閣府令で定めるところにより、当該契約の概要について記載した書面をその者に交付しなければならない。2  警備業者は、警備業務を行う契約を締結したときは、遅滞なく、内閣府令で定めるところにより、次に掲げる事項について当該契約の内容を [続きを読む]
  • 警備業法第19条(指教責基本)
  • 警備員指導教育責任者2号業務書面の交付について(書面の交付)第十九条  警備業者は、警備業務の依頼者と警備業務を行う契約を締結しようとするときは、当該契約を締結するまでに、内閣府令で定めるところにより、当該契約の概要について記載した書面をその者に交付しなければならない。2  警備業者は、警備業務を行う契約を締結したときは、遅滞なく、内閣府令で定めるところにより、次に掲げる事項について当該契約の内容を [続きを読む]
  • 問題87
  • 交通誘導警備業務2級検定練習問題問題87次の文章は、道路交通法における歩行者の通行方法についての記述です、誤っているものを選びなさい。① 「歩行者用道路」とは、歩行者の通行の安全と円滑を図るため車両の通行が禁止されていることが道路標識等によって表示されている道路であり「歩行者天国」「通学道路」などである。② 歩行者は、歩道等と車道の区別のある道路においては、右側、左側いずれの側の歩道等を通行するこ [続きを読む]
  • 問題87
  • 交通誘導警備業務2級検定練習問題問題87次の文章は、道路交通法における歩行者の通行方法についての記述です、誤っているものを選びなさい。① 「歩行者用道路」とは、歩行者の通行の安全と円滑を図るため車両の通行が禁止されていることが道路標識等によって表示されている道路であり「歩行者天国」「通学道路」などである。② 歩行者は、歩道等と車道の区別のある道路においては、右側、左側いずれの側の歩道等を通行するこ [続きを読む]
  • 問題86
  • 交通誘導警備業務2級検定練習問題問題86次の文章は、道路交通法第2条、定義についての記述です、誤っているものを選びなさい。① 「駐車」とは、車両等が客待ち、荷待ち、貨物の積卸し、故障その他の理由により五分を超えて継続的に停止すること、又は車両等が停止し、かつ、運転者がその車両を離れて直ちに運転することができない状態にあることをいう。② 「進行妨害」とは、車両等が、進行を継続し、又は始めた場合におい [続きを読む]
  • 問題86
  • 交通誘導警備業務2級検定練習問題問題86次の文章は、道路交通法第2条、定義についての記述です、誤っているものを選びなさい。① 「駐車」とは、車両等が客待ち、荷待ち、貨物の積卸し、故障その他の理由により五分を超えて継続的に停止すること、又は車両等が停止し、かつ、運転者がその車両を離れて直ちに運転することができない状態にあることをいう。② 「進行妨害」とは、車両等が、進行を継続し、又は始めた場合におい [続きを読む]
  • 問題239
  • 雑踏警備業務2級検定練習問題問題239次の文章は、道路交通法における歩行者が道路を横断する場合についての記述です、誤っているものを選びなさい。① 歩行者が道路を横断しようとする場合、その附近に横断歩道がある場所では、横断歩道によつて道路を横断することが望ましい。② 「横断歩道がある場所の附近」とは、おおむね横断歩道から20mないし50m程度の距離にある場所である。③ 歩行者は斜めに道路を横断してはならな [続きを読む]
  • 問題239
  • 雑踏警備業務2級検定練習問題問題239次の文章は、道路交通法における歩行者が道路を横断する場合についての記述です、誤っているものを選びなさい。① 歩行者が道路を横断しようとする場合、その附近に横断歩道がある場所では、横断歩道によつて道路を横断することが望ましい。② 「横断歩道がある場所の附近」とは、おおむね横断歩道から20mないし50m程度の距離にある場所である。③ 歩行者は斜めに道路を横断してはならな [続きを読む]
  • 問題620
  • 警備員指導教育責任者基本編練習問題問題620次の文章は、警備業法第17条、護身用具について述べたものです、適切でないものを選びなさい。① 警備業者及ひ゛警備員は、部隊を編成するなと゛集団の力を用いて警備業務を行う場合は、警戒棒及ひ゛警戒し゛ょうを携帯してはならない。② 警備業法第2条第5項に規定する機械警備業務(指令業務を除く)を行う場合は、警戒じょう及び非金属製の楯を携帯することができる。③ 検定 [続きを読む]
  • 問題619
  • 警備員指導教育責任者基本編練習問題問題619警備員等の護身用具の携帯の禁止及び制限に関する都道府県公安委員会規則の基準において警備業者及び警備員が警備業務を行うに当たり携帯してはならない護身用具は、次のうちどれか答えなさい。① 縦91cm、横幅50cm、重量2kg、の非金属製楯。② 長さ200cm、重量1kg、のステンレス製刺股。③ 携帯することにより人に著しく不安を覚えさせるおそれがなく、かつ、人の身体に重大な害 [続きを読む]
  • 問題238
  • 雑踏警備業務2級検定練習問題問題238次の文章は、道路交通法第11条、行列等の通行についての記述です、誤っているものを選びなさい。① 学生生徒の隊列、葬列その他の行列及び歩行者の通行を妨げるおそれのある者で、政令で定めるものは、歩道等と車道の区別のある道路においては、車道をその右側端に寄つて通行しなければならない。② 歩行者の通行を妨げるおそれのある者で、政令で定めるものとは、銃砲を携帯した自衛隊の [続きを読む]
  • 問題237
  • 雑踏警備業務2級検定練習問題問題237次の文章は、道路交通法における、歩行者の通行方法についての記述です、誤っているものを選びなさい。① 歩行者は、歩道又は歩行者の通行に十分な幅員を有する路側帯と車道の区別のない道路においては、道路の右側端に寄つて通行しなければならない。② 道路の右側端を通行することが危険であるときその他やむを得ないときは、道路の左側端に寄つて通行することができる。③ 歩行者は、 [続きを読む]