sakura さん プロフィール

  •  
sakuraさん: 桜キャッスル
ハンドル名sakura さん
ブログタイトル桜キャッスル
ブログURLhttp://sakura-castle.com/
サイト紹介文50代からの人生を謳歌するために、この度、「桜キャッスル」を建てることになりました。
自由文今までもいろんなことに挑戦してきたのですが、人生の終わりが見え始めてきたこの頃、自分の人生についてもう一度考えてみました。

やりたいと思っていたけど出来なかったこと、最近、興味が沸いたこと、何でもいいと思うのです。

いつも何かにチャレンジしていたい。いくつになっても人生を謳歌したい。

そんな自分の人生の軌跡を残そうとこのブログを作りました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2016/08/22 21:39

sakura さんのブログ記事

  • 「実はそれ、ぜんぶ三重なんです」。おすすめの三重の魅力とは?
  • 平成28年3月31日まで行われていた、三重県観光キャンペーン「実はそれ、ぜんぶ三重なんです!」ってご存知ですか? さくらは「三重県民」でありながら、まだまだ知らない事ばかりでいっぱいです。 自分も含めて、もっとたくさんの人に三重のことを知ってもらいたいと、この部屋を作りました。 三重県民の人もそうでない人も楽しんでいただけたら嬉しいです。[ad01] 三重ってどんな県?三重県は、北勢、伊賀、中勢、南勢(伊勢志摩 [続きを読む]
  • 国府宮「はだか祭り」:裸男の戦いとなおいぎれにかけた想いとは?
  • 2017年2月9日(木)に稲沢市の国府宮で「はだか祭」が行われました。 前々から見に行こうと思いつつ、なかなか日程が合わなかったのですが、今回は頑張って予定を合わせて見てきました。 途中、みぞれも降る中、寒さに負けじとふんどし姿で練り歩く「裸男たち」に、想いの強さを感じた一瞬でした。 [ad01] 「はだか祭」の歴史 「はだか祭」は、正式には「儺追神事(なおいしんじ)」と言います。 今からおよそ1250年前、奈良時代( [続きを読む]
  • 京都に来たら、一度は訪れたい「清水寺」の魅力とは?
  • やはり京都観光でどうしてもはずせないのが、「清水寺」ですよね。 「清水の舞台から飛び降りる」ということわざがあるくらい、あの舞台の高さは圧巻です。 [ad01] 小学校の修学旅行から数えると、片手では収まらないほど「清水寺」を訪れています。それでいて、また訪れたいと思わせるほど、清水寺にはたくさんの魅力があります。 京都駅からバス1本でアクセス可能京都駅からのアクセスは、100番か206 [続きを読む]
  • 夜の醍醐寺・随心院:紅葉のライトアップを気軽に楽しむ方法とは?
  • 紅葉と言えば、昼間だけでなく夜のライトアップも楽しみですよね。でも昼間と違って、足元が暗いだけに少し不安な人もいると思います。 そんな人にsakuraがお勧めするのは、京都定期観光バスを利用した観光です。 [ad01] 今回は、「醍醐寺と随心院」がセットになった、3時間半のバスツアーに参加してきました。 予約方法 当日でも空いていれば予約することは出来ますが、ネットからなら前もって予約がで [続きを読む]
  • 夜の醍醐寺・随心院:紅葉のライトアップを気軽に楽しむ方法とは?
  • 紅葉と言えば、昼間だけでなく夜のライトアップも楽しみですよね。でも昼間と違って、足元が暗いだけに少し不安な人もいると思います。 そんな人にsakuraがお勧めするのは、京都定期観光バスを利用した観光です。 [ad01] 今回は、「醍醐寺と随心院」がセットになった、3時間半のバスツアーに参加してきました。 予約方法 当日でも空いていれば予約することは出来ますが、ネットからなら前もって予約がで [続きを読む]
  • 紅葉の名所、「京都東福寺」の見どころとは?
  • 中日新聞の日曜版に、全国の紅葉ベストスポットの3位に挙げられていた「京都東福寺」。今回の京都旅行の観光のメインスポットとして、今回初めて参拝に行ってきました。 秋京都のガイドブックにも大きく取り上げられているだけあって、言葉には言い尽くせないほどの素敵なお寺でした。 [ad01] 今回、初めて東福寺を訪れた訳ですが、何度でも訪れたくなるような、とても魅力的なお寺でした。 東福寺への [続きを読む]
  • 紅葉の名所、「京都東福寺」の見どころとは?
  • 中日新聞の日曜版に、全国の紅葉ベストスポットの3位に挙げられていた「京都東福寺」。今回の京都旅行の観光のメインスポットとして、今回初めて参拝に行ってきました。 秋京都のガイドブックにも大きく取り上げられているだけあって、言葉には言い尽くせないほどの素敵なお寺でした。 [ad01] 今回、初めて東福寺を訪れた訳ですが、何度でも訪れたくなるような、とても魅力的なお寺でした。 東福寺への [続きを読む]