fo23 さん プロフィール

  •  
fo23さん: 東京で一人暮らしを楽しむ、おやじの生活術
ハンドル名fo23 さん
ブログタイトル東京で一人暮らしを楽しむ、おやじの生活術
ブログURLhttp://fo23.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文おやじの一人暮らしを楽しくするブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/08/23 01:02

fo23 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 森鴎外「高瀬舟」偏見感想文 庄兵衛の疑問はいつ晴れる?
  • 「高瀬舟」は「安楽死」と「足るを知る」がテーマになっている。改めて読むと、現代にも喜助同様「足るを知る」生活すら、ままならない人はたくさんいる超高齢化社会において「安楽死」を考える人も多い。「小欲知足」という言葉がある。欲少なく、足るを知る生活はいかにも質素な生活だが喜助には恵まれた生活に見えるだろう。弟殺しの犯人として高瀬舟に乗り、護送は同心羽田庄兵衛だった。乗せて行く罪人のほとんどが、目も当て [続きを読む]
  • カジノとIR(統合型リゾート)整備法への不安
  • カジノといえばラスベガス!ですが、アジア近隣諸国にもカジノはあります。言わずと知れた「マカオ」お隣、韓国にはソウル・プサン・チェジュ島にありシンガポールには政府公認で2つあります。観光立国を目指す日本では訪日外国人観光客にとって、魅力ある滞在を提供する目的でIR(統合型リゾート)整備法が成立しました。<IR(統合型リゾート)とは>・大型ホテル・商業施設・大型MICE(国際的な会議や展示会の総称)が整った複合 [続きを読む]
  • 国民健康保険 65歳から必要な基礎知識 低所得一人暮らし編
  • 毎年自治体から6月に「国保たより」と一緒に、国民健康保険料のお知らせがきます。保険料の計算方法が出ていますので、まずはよく読みましょう。国民健康保険料は、「医療分保険料」「支援分保険料」「介護分保険料」を加入者ごとに計算し、世帯で合算して算出されていますが、一人暮らしなので比較的、簡単にでます。・職場の健康保険や国保組合をやめた・生活保護を受けなくなったときは、速やかに国民健康保険に入る手続きをし [続きを読む]
  • おやじのフレイル予防法
  • 高齢になると、使わない筋肉から加速度的に衰えます。人間は「動物」ですから動くことで、健康を保つことが出来るようになっているようです。いつも歩くから、歩ける体が維持できるわけです近年、厚生労働省は日本での介護が必要となった原因の順番を次のように発表しています。①認知症②脳血管疾患③衰弱③の衰弱は高齢になるともに増え85歳以上では「要介護」の最多原因となっています。筋肉の減少、衰えによる運動機能の低下 [続きを読む]
  • 料理初心者は卵料理から覚えよう!
  • 一人暮らしをしている中高年男性で料理初心者は、どれくらいいるものなのでしょうね?一人暮らしをしている中高年男性は5パターン。・非婚・単身赴任・別居婚・離婚・死別この中で、中高年になってからの離婚、死別が理由で一人暮らしの男性に料理ができない、あるいは不得意な人が多いと思われ単身赴任者にも料理未経験者はいるかもしれません。人生100年時代、現在はパートナーがいるとしてもいずれは「男の一人暮らし」かも [続きを読む]
  • なぜ聞こえない?老人性難聴と耳掃除
  • 65歳以上で25〜40%、75歳以上で40〜66%そして85歳以上では80%が老人性難聴といわれています。私は、若いときから難聴でした。車や騒音といった環境音はもとより「言葉」も聞こえにくい状態で他人が話をしていることは分かっても何を言っているのか理解できないことが多々ありました。周囲の音などに気を取られやすく、集中力も低下大勢の中での中心者の話は、聞き取れません。何がともあれ、ゆっくり、大きな声で話してもらわない [続きを読む]
  • 汚い部屋をキレイに見せるコツ&要領
  • 汚い部屋をキレイにしたいと、ずっと思っていました。同じような中高年男性はどれくらいいるのでしょうか?「男やもめに蛆が湧き、女やもめに花が咲く」ことわざにもあり男の一人暮らしというものは不精、不潔の代名詞になっています。たまに女顔負けするほど、几帳面でキレイ好きな男もおりますがそう滅多にお目にかかれません。私もかつては汚い部屋に住んでいましたし人生の大半をひとり暮らしで、今は中高年というより老年期の [続きを読む]
  • コンビニで買う折りたたみ傘 丈夫なものはありますか?
  • 折りたたみ傘にしろ長傘(コウモリ傘)にしろ、ブランド物は買ったことがありません電車や飲食店に、置き忘れることが多いからです。千円から二千円くらい、丈夫で、軽いものが欲しいのですが・丈夫→重い・軽い→壊れやすいといった感じがします。できるだけ丈夫な折りたたみ傘がいいので、手動開閉式を選びワンタッチ式の折りたたみ傘は買いませんワンタッチ式は構造上パーツが多いので、壊れやすいうえに、重くなります。使いや [続きを読む]
  • ひどい物忘れ!自力で思い出す方法
  • 人の名前が思い出せなかったり、財布や老眼鏡をどこに置いたか思い出せなかったり、、、、、最近、物忘れがひどいなぁ〜これって認知症?と不安になることがありませんか?曲名、本の名前、知人の顔と名前が一致しないなど六十代ともなると、ひどい物忘れがたびたびですね、、、一番困るのは今、何をしようとしていたか?を忘れることです。大きな家に住んでいるわけではないので財布や老眼鏡は、いずれ見つかりますが行動にかかわ [続きを読む]
  • 田山花袋「蒲団」 あらすじ&偏見感想文 中年男、片恋の結末
  • 中年男の、心の音が聞こえてくるようだ。十代にこの小説を読んでもつまらなかっただろう二十代ならどうか?恋を知ってはいても、面白く読めただろうか?六十代になって、やっと読めた気がする。横山芳子は、岡山県の田舎の豪家に住み東京で美文的小説を書いている竹中時雄に弟子入りを願う手紙を、再三出していた。最初は取り合わなかったが、芳子の志の強さを感じ時雄は弟子入りを認めることとなった。父親と共に、芳子が時雄宅を [続きを読む]
  • 老後破産しないための、節約マインドを考える
  • 節約に限らず、何かを成し遂げようとするならば明日破産するかもしれない、など差し迫った重大な事情があったほうがいい。人が進歩とか成長とか、、、、幸せになろうと前向きになったときには必ず「明日からでもいいか、、」といった幸せにさせまいとする誘惑が待っているからだ。病気ならば「辛い」という理由だけで節制もするが節約を始めても、直ぐにお金持ちになるわけではないので先延ばしになりがちだ。人生100年時代と言 [続きを読む]
  • 生命保険見直しと、65歳から入る保険
  • 生命保険を見直しする人が増えています。それは営業担当者の言葉のままに、補償内容をしっかり把握しないまま契約をした人が多いからと思われます。主契約に特約をいろいろ付け、「安心!」して契約をした方は特に、現在加入している生命保険を見直す必要が有ります。生命保険に入る最大の理由として①自分が亡くなった時、妻子の生活が困らないように!→生命保険②不慮のケガや病気に備える→医療保険③子供の進学に備える→学資 [続きを読む]
  • 太宰治「斜陽」偏見感想文 生き抜く女・堕ちていく男
  • 最後まで貴族として生き抜いた母。貴族を、女子大学の古い教訓を捨て、シングルマザーとして生きる、かず子。対照的に貴族である自身に存在価値を見出せず、退廃的に生き自らの命を絶った直治。貴族へ羨望と嫉妬ゆえか、貴族出身のかず子と直治を弄びながら自堕落に生きる上原。冒頭貴族生活に蛇がでてくるあたり、、、、蛇のもつ不気味さと神々しさがこの物語全体の雰囲気を包む。母を最後の貴婦人と信じる、かず子と直治。かず子 [続きを読む]
  • 一汁一菜(いちじゅういっさい) おやじの献立
  • 一汁一菜(いちじゅういっさい)と書くと、粗食のイメージですが一人暮らしのおやじには、とても有効な食事法です。献立としては主食(白米や玄米や雑穀米)に、汁もの(味噌汁 等)一品と、菜(おかず、惣菜)一品を揃えます。他に香の物(漬物)を付けますが、主食とのセットなので数には含めません。こうしてみると、一汁一菜はどこの家庭でもでてくる朝ごはんそのものですね。おやじの一人暮らしは、なにかと暴飲暴食になりが [続きを読む]
  • おやじのダイエット・有酸素運動と効果的食事法
  • お腹周りがきつく、階段の上り下りも苦しいほどになりました。膝痛、腰痛もあり、さらに高血圧。幸運にも友人から近所のスポーツジムに入りませんか?とお誘いを受け、24時間使用可、年中無休が気に入って入会しました。とりあえずお腹を凹ませたいので「お腹を凹ます系」の本を読みあさって、、、、、、知識はたくさんつきましたので(笑)おやじダイエットのためのキーワードを整理してみました。①有酸素運動(ランニング他) [続きを読む]
  • 夏目漱石「門」 祝福されない結婚のゆくえは?−宗助とお米
  • 宗助とお米は、つつましく、ひっそりと暮らしていた。気立てのいいお米だったが「そのうちにはまた好い事があってよ。そうそう悪い事ばかり続くものじゃないから」などといい、宗助を苛立たせることもあった。宗助とお米は結婚しているとはいえ、それぞれ孤独をかかえている。宗助は、何事にも積極的になれない一面もあり、それは神経衰弱を患っているせいなのか、役所勤めも淡々とこなしていてどこの家庭にもある、身内同士の懸案 [続きを読む]
  • さばの水煮缶を食べて、ボケ防止はできますか?
  • 一人暮らしをしていると、缶詰はなにかと重宝します。さばの水煮缶・さんまの蒲焼・イワシに煮漬け他にもたくさんありますが、私の好みベスト3です。さば、さんま、イワシなどの青魚にはDHA・EPAが多く含まれてて厚生労働省がススメる不飽和脂肪酸に分類されています。DHA・EPAを同時に採ることで、脳や血液などに対しておやじ世代にはうれしい効能がたくさんあります。・記憶力の向上・認知症の防止・がん予防、転移 [続きを読む]
  • 土鍋で 新米一人分 おいしい炊き方!
  • 一人暮らしで自炊をしていて土鍋でおいしい新米を炊いてみたい!と思ったことはありませんか?新米は電気炊飯器より土鍋でもっと、おいしく炊くことができます。土鍋にはいろいろありますがなべ料理用とご飯炊き用土鍋があります。Amazonで土鍋を検索してみましょう〜〜土鍋1000円前後から1万円以上まで、たくさんありますね一人暮らしの土鍋初心者(笑)は、最初はいらないと思います。土鍋は取り扱いの準備が必要なうえ、使用後 [続きを読む]
  • 過去の記事 …