夢鉄道のブログ さん プロフィール

  •  
夢鉄道のブログさん: いつか見た夢 不思議な想い出
ハンドル名夢鉄道のブログ さん
ブログタイトルいつか見た夢 不思議な想い出
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/rakuhokuitiban
サイト紹介文懐かしい鉄道の世界をHO模型を主体に工作を楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2016/08/23 19:40

夢鉄道のブログ さんのブログ記事

  • 飯田の流電のお顔をどうしようかと
  •        飯田の流電の工作をはじめました。まずは難関のお顔      から出発です。      思料を探して発注した鉄ピクも届きました。モハ52の     保存車は知っているのですが飯田線での実車は知らないので     同車が歩んできた歴史を知ることは工作をするうえで気構えが     充実してきます。      円形のお顔の組立てですが、まず内側窓枠と外板窓枠とに     できる大きな隙間をど [続きを読む]
  • 流電の資料集めとパーツ探しから
  •       次期工作は飯田の流電としたのでその資料入手と使える     在庫パーツの掘り出しです。       キットの組説に資料として掲載誌が載っていたとれいん      80年5月号を探し出して発注していたものが届きました。      流電の工作例は初期のものは見掛られますが飯田時代の     工作例はなぜか見掛けませんのでこれは貴重な資料となりました。       飯田の旧国は改造や改番され [続きを読む]
  • 次期工作は飯田の流電としました
  •       C51の工作も終了し次期工作車両の選定をはじめましたが     在庫の中からあれも作りたい、これも作りたいと考えたあげく     旧国電車の人気者ともいえる飯田線の流電電車に決定しました。       キットはタニカワのクモハ52(広窓)、同(狭窓)と      サハ48、サロハ66の4連です。       組説は手書きの一枚もので年代を感じさせてくれます。               [続きを読む]
  • 最高に好きな蒸気機関車が完成しました
  •       国鉄蒸気機関車の数ある中において私が最も好むC51を     昨年6月よりアダチキットにより生地完成を目指して工作に     取組んできましたがゴールインすることができました。         品格ある端正なスタイルがたまりません。       ナンバーはキットに付属した形式入のC51128とし      名古屋にも所属したときがあったようで「名」としました。         1750 [続きを読む]
  • C51試運転の結果
  •        工作を終了したC51を試運転してみました。     蒸気機関車はキチンと走行させることが難しい代物なので     試運転はいつも気がかりになるところです。      左右の曲線を付けて走行させましたが悪路のお座敷運転の     環境で特にショートの発生もなく走行してくれたので合格と     しました。      ショートが発生すると原因究明にまた時間を取られるので     ホットしま [続きを読む]
  • 気分も新たに工作始め
  •        お正月の一連の行事も過ぎ今年の工作は引き続き      C51の工作を進めました。        最後のパーツの煙突とデフを取付けました。        私のC51好きはこのショットにあります。           ようやくここまで進めることができました。       あと仕上げに向けて工作を進め、次回は試運転をしたいと      思います。    [続きを読む]
  • 新年を迎えて
  •           明けましておめでとうございます。       今年年頭はEF5889に旗手を勤めてもらいました。       昨年はお陰様で健康にも恵まれ模型工作も十分に楽しめる      ことができました。       拙いブログですが今年も気ままに楽しく工作できればと思って      います。       どうぞよろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • パーツが行方不明に
  •       工作中のC51はフロントデッキの取付けを進めました。      先に従台車とパイピングが接触していないか曲線のレールに     乗せて確認しました。      最初のパイピングは接触があったので全面的にやり直しました。      C51のクリアランスは狭いです。            公式側も同様に確認します。      先に組立てておいたフロントデッキを仕上げようとした     とこ [続きを読む]
  • C51ラストのパイピング
  •       工作中のC51は残りのパイピング工作を進めました。          ランボード下部のパイピングを追加           キャブ下のパイピングを追加       悪戦苦闘したC51の真鍮線曲げ細工工作がゴールイン      しました。 [続きを読む]
  • 一発で決まることもあるのに
  •      工作中のC51はパイピングの曲げのやり直しで真鍮線が    なくなりストップしましたがRM誌を受取に行った松本模型    さんで買って帰りました。      コンプレッサーからキャブに繋がる配管もいつも苦労する     のですが今回は曲げ一発で決まりました。      何だか気分が良くなります。       ランボード下の冷却管はRの曲げに苦労しました。       発電機、安全弁、汽笛 [続きを読む]
  • ダメなときは手を休めることも
  •        工作中のC51のパイピング工作を続けています。      配管の曲げとの格闘を2時間やっても一本の配管が収まらず     この日はお手上げ状態となりました。      こういうときはあっさりと降参して休んだほうが無難です。      次の日に気を取り直してやり直し。      無事接続できました。      こちらの公式側はキャブ側へのコンプレッサーからの配管が     残っているの [続きを読む]
  • パイピング細工で泣かされます
  •        工作中のC51はパイピング工作を進めました。       いろいろと雑誌などで実車の写真を参考にパイピングの      取付け順序を考えます。       特にC51は様々な配管が入り組んで回っており首をかしげて      ばかりに。       そこがC51の魅力でもあるのですが。      先に手摺から取付けることにして線材は強く弾力のある     洋白線を使いました。      [続きを読む]
  • 組立て方法を考えてみる
  •       工作中のC51はボイラー回りの工作を進めました。          組立て難いパーツがボイラーの梯子です。     組立ての治具として幅と同じ4mm厚の角材を利用し手摺を     ハンダ付していきました。       踏み板は右側のキット付属のものは幅が狭く合わないので      網目板から切り出しました。       踏み板をハンダ付し手摺は内側からハンダ付たあと      カットし [続きを読む]
  • 師走は工作ペースもダウン気味
  •       この時季になると仕事を持っていない私でも神社のしめ縄     づくりや忘年会、年賀状づくり、日頃できていない掃除など     それなりに忙しくなって工作台に座る時間が少なくなります。       工作中のC51はランボードの取付けを進めました。       ボイラーに差し込み穴が設けられているのですがすんなり      には合わず調整が必要です。       平行、水平に注意して取付け [続きを読む]
  • 高価になってしまったパンタは悩みのタネ
  •       HOパーツの中でも最も高価になってしまったと感じるのは     パンタグラフではないでしょうか。      今では1基3000円以上にもなってしまっています。      プラ製品のように量産できず手間のコストがつくのでしょう。      しかし、電気機関車や電車などには必需品のパーツで購入には     悩まされます。         こうしたパンタが一挙にやってきました。     YO [続きを読む]
  • 失敗を防ぐパーツとハンダ付の関係
  •        工作中のC51はランボードの工作を進めました。      エアタンクはランボードにハンダ付しますがこのような大きな     パーツはハンダ付に大量熱が必要で直接ハンダ付すると薄いラン     ボードは熱で反り返ってしまいます。      こうなると元に戻すことが困難になります。      そこでエアタンクに事前にアングル材から取付けアングルを作り     本体にハンダ付しておきました [続きを読む]
  • C51はボイラーの工作をはじめました
  •        田舎電車が完成し同時工作中のC51はボイラーの      工作へと進めました。       ドームにロストに交換した砂蓋と砂撒管元栓を付けて      ボイラーに装着しました。      砂撒管はボイラーにぴったりと沿うように這わせます。        C51の特徴でもある給水温め器を組立てます。         水平、平行に注意してハンダ付しました。       これからのパイピン [続きを読む]
  • みちのく電車が完成しました
  •        8月はじめより工作を始めた弘南鉄道タイプとした      旧国電車3両が完成しました。        まずこちらはMP動力車でモハ3116としました。        台車はDT11としました。              両運転台車仕様です。         こちらは同型としたモハ3224です。         台車をTR11にして雰囲気を変えてみました。         同じくこちら [続きを読む]
  • 田舎電車は最終の座席取付け工作
  •       弘南鉄道タイプ3両は最終となる座席の取付け工作を     進めました。          座席は先に製作しておきました。            室内に取付けていきます。      座席は作るのに面倒ですがその分効果があると思います。            あともう少しで完成です。 [続きを読む]
  • 田舎電車は仕上げ工作へ
  •        C51と並行工作している弘南鉄道タイプ電車は      仕上げ工作を進めました。          パンタ、ランボードを取付けました。      窓セルはいつも両面テープで綿棒を使って取付けています。      綿棒でこすることでセル面も綺麗になるからです。      簡単な運転台も作りました。ブレーキ弁は爪楊枝の頭を     使っています。         仕切版と運転台、椅子を取 [続きを読む]
  • C51は下回りの動きチェック
  •       工作中のC51は下回りの工作を進めました。       ギアとモーターを組込みシリコンチューブで繋いで      回転させてみます。            経験からアダチキットに共通していると感じるギア部分は     ギアが回転により振れるためかなりギア音がすることです。      対策としてギアのまわりに腐食しないスポンジ片を周囲に     挟み込みました。     回転テストですが [続きを読む]
  • 蒸気機関車のハイライト工作
  •        C51の組立てはバルブギアの組立てに入りました。      C51の動輪の輪心は磨き上げられているものが多いので     輪心を磨き上げました。      サイドロッドをセットします。      動輪が引っかからずにスムーズに回転するよう調整し     レールを上げてみて抵抗なく転がればOKです。      バルブギアはひと工程ごとに確認していかないと後で     うまく走行しないと [続きを読む]
  • 驚き!珊瑚模型店さんが店仕舞い
  •       今月号のRM MODELSを松本模型さんに受け取りに     行くと店主さんが○○さんご存じですかと。      何事かとお伺いすると珊瑚模型店さんが11月20日をもって     店仕舞いされたとのこと。      ええ、ほんとですかと驚きましたが、これですよと店主さんあての     通知を見せていただきました。      関東のお店なので詳しくは知らないのですが、立ち話では珊瑚模型店 [続きを読む]
  • ここは慎重に取付け
  •       旅行から帰りC51の工作はキャブの取付けを進めました。       ボイラー取付け位置をマスキングで印を付けます。           フレームを取付け直角を確認            左右のバランスを確認       キャブ前面とボイラーがぴったりと合うように      矢印にある角材を沿わせました。      キャブの傾きが一番目立つのがテンダーを連結させたとき     なのでここ [続きを読む]