しおZI さん プロフィール

  •  
しおZIさん: 野鳥の森
ハンドル名しおZI さん
ブログタイトル野鳥の森
ブログURLhttps://ameblo.jp/shio-7221/
サイト紹介文野鳥たちとの一期一会の出逢いを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供189回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2016/08/23 23:04

しおZI さんのブログ記事

  • 奥日光(切込湖・刈込湖)
  • 奥日光の秘境へのハイキング^^奥日光には中禅寺湖や湯の湖と言った有名な湖がありますが、湯元からキツイ登山道を登り、小峠を越えシラビソの森を降るとエメラルド色に輝く刈込湖・切込湖があります。このハイキングコースは急勾配のアップダウンの連続となりますので、ある程度の登山装備と予備の水や食料も必要です。2017.5.16に撮影したものです。ゴールデンウイークも終わり下界では木々の緑も濃くなり、初夏の風が吹き始めて [続きを読む]
  • 赤城山(ふれあいの森)
  • 残雪のある赤城山・ふれあいの森で^^今シーズン初めての赤城山は、まだ一面の雪でした。野鳥たちも餌を探すのが大変ですね。しかし、エナガやメジロなどは美味しい餌の在り処を知っています。意外と人間の目でも見つけられます。冬から春にかけての高原の森では幹肌が綺麗に見えますね。幹肌に流れ出す樹液の黒い筋を見つけたら野鳥と出逢うチャンスです。撮影し易い場所を確保して少し待ちましょう。大抵、お腹を空かせたエナガ [続きを読む]
  • 筑波山麓
  • 撮れそうで、中々撮らせてくれないスズメさん^^派手でもなく、地味でもない。丁度いい美しさで可愛い鳥さんがスズメです。昔から人の生活に溶け込んで生きてきましたが、収穫前の稲を食い荒らすことから駆除の対象になってきました。かつては中国の毛沢東時代に行われた。スズメ大捕獲作戦は一年の大半を害虫を食べてくれるスズメが大激減して甚大な農業被害をもたらしたようです。このような人間と雀の関係は、現在でもその存在 [続きを読む]
  • 覚満淵(春夏秋冬)
  • 皆様、こんにちは!しばらくの間、未公開画像を編集いたします。赤城山(覚満淵の四季)大昔は大沼とひとつの湖であった、周囲800mほどの高層湿原です。湿生植物と高山植物の宝庫で、「小尾瀬」とも称されます。大沼の東南、駒ケ岳と小地蔵岳の間に覚満淵はあります。「覚満」とは平安時代の比叡山延暦寺の高僧の名で、覚満淵の名は覚満がここで法会を行ったということに由来します。春、覚満淵に棲む野鳥たちは繁殖の時期を迎え [続きを読む]
  • 秩父連山(埼玉県民の森)
  • 皆様、こんにちは!しばらくの間、2018年に撮影した未公開画像を編集いたします。秩父連山(埼玉県民の森) ここを訪れたのは、今年3月末でしたが氷点下3℃という厳しい寒さでした。芝桜公園で有名な羊山公園の脇には清流横瀬川が流れています。以前この流域は源頭付近まで源流岩魚を追い求めて遡行したことがあります。途中からかなり急流になり過酷な釣りをした記憶があります。確かに秩父連山に登るには標高の少ない平地 [続きを読む]
  • お知らせ
  • 皆様、大変ご無沙汰しております。 私事ですが、、先日、膵臓癌の手術を受け、無事生還することが出来ました。しばらくの間療養が必要ですが、自然の素晴らしいフィールドに立ち、野鳥に逢える日を楽しみにしております。先ずは、手術が無事成功いたしました事のご報告とお礼を申し上げます。 [続きを読む]
  • 赤城山(覚満川)
  • 今日、手術のために入院します。命を懸けた大手術になりますが、完治を目指して頑張ります。必ず元気になって戻って来ます。                                しおZI赤城山(覚満川):キビタキにほんブログ村 [続きを読む]
  • 奥日光(戦場ヶ原) 完
  • ご訪問ありがとうございます。8月30日に入院し、9月3日に手術を受けることになりました。必ず元気になって戻って来ます。快復までのしばらくの間ブログをお休みいたします。                                    しおZI 戦場ヶ原の紅葉とノビタキ^^戦場ヶ原の秋は駆け足でやって来ます。湯川が流れる湿原地帯が最も早く秋が訪れます。このころになるとノビタキも南に渡り2割程度がここに [続きを読む]
  • 鹿沼市(永野川流域)
  • ご訪問ありがとうございます。9月3日に手術を受けることになりました。回復までのしばらくの間お休みいたします。必ず元気になって戻って来ます。                          しおZI 蕎麦の花とノビタキ^^今年はソバノビを撮ることが難しくなってしまいました。9月に入り秋蕎麦の花が咲くころ、繁殖のため高原で過ごしていたノビタキが南に移動を始めます。里山には蕎麦の花が咲き始め、白い麦畑に [続きを読む]
  • 赤城山(大沼)Ⅱ
  • いつもありがとうございます。入院のため、しばらくの間お休みいたします。必ず元気になって戻って来ます。                                    しおZI久々の晴天での探鳥は最高ですね^^赤城大沼付近も繁殖の時期を迎えています。栢の木にヒガラの幼鳥の姿がありました。アクロバティックな格好で採餌しています。近くの栢の木にもアカゲラの幼鳥が餌を探しています。アカゲラの幼鳥の特 [続きを読む]
  • 赤城山(大沼)Ⅰ
  • いつもありがとうございます。入院のため、しばらくの間お休みいたします。必ず元気になって戻って来ます。                                    しおZI赤城大沼でイワツバメ^^ 赤城山の夏の始まりはイワツバメの飛来に始まります。今年も赤城大沼(正しい読み方はあかぎおの)にイワツバメが沢山の群れで飛来しています。もう雛も大分大きく育っています。大きさ的には殆ど成鳥と変わりま [続きを読む]
  • お知らせ
  • ブログ再開遅延のお詫びいつもご訪問ありがとうございます。2018.8.20手術前の最終精密検査を受けてきました。超音波内視鏡やカテーテルを使って悪性腫瘍との鑑別や確定診断のための病理診断を行って来ました。隣接する健康な臓器も切除の対象となるため、日本の法律では良性腫瘍の切除手術は色々と規制があるからです。悪性の腫瘍細胞が発見されれば即手術となるのですが、今回の精密検査では、病変部分の細胞を採取し確定診断 [続きを読む]
  • 奥日光・戦場ヶ原(湯川)
  • ご訪問ありがとうございます。 最後の精密検査は入院して行うことになりました。手術に備えて体重も2か月で8kg減量してきました。長時間にわたる壮絶な手術になるようです。覚悟はできています。みなさま、いつもありがとうございます。必ず元気になって戻って来ます。                                               しおZI  戦場ヶ原・湯川のオシドリ^^今年 [続きを読む]
  • お知らせ
  • ブログ再開遅延のお詫びいつもご訪問ありがとうございます。2018.7.31 明日午後から大腸内視鏡検査を受けます。 2018.7.30CTを用いた血管造影検査を受けてきました。CTを用いた血管撮影(シャントCT Angio検査)はその名の通りCT装置を用いてシャント(回路)などの血管状態を確認する検査です。CT装置を用いて検査を行うため、造影剤を投与するための注射を一度するだけで検査を行うことができ、痛みの少ない検査となります。ま [続きを読む]
  • お知らせ
  • ブログ再開遅延のお詫びいつもご訪問ありがとうございます。2018.7.27 消化器外科での精密検査が始まってから1週間が経ちました。今日も3時間ほどのPET/CT検査を受けてきました。PET/CT検査は放射能を含む薬剤を用いる、核医学検査の一種です。癌などの悪性細胞は、正常な細胞に比べて約3〜8倍のエネルギー(ブドウ糖)を必要とします。そこで、ブドウ糖と似た働きをする検査薬(FDG)を体内に注射し、それが身体のどこに [続きを読む]
  • お知らせ
  • ブログ再開遅延のお詫びいつもご訪問ありがとうございます。私事ですが、健康検査で消化器系に腫瘍(良性)が見つかり、精密検査を行ってきましたが、担当医からの勧めで、腫瘍切除手術を受けることになりました。現在は手術前の最終検査を受けています。病名はIPMN(膵管内乳頭状粘液産生腫瘍)で膵臓にできる腫瘍です。良性で転移したり悪性に変わることはありませんが、そのまま放置しているとやがてがん細胞が発生する可 [続きを読む]
  • お知らせ
  • ブログ再開遅延のお詫びいつもご訪問ありがとうございます。私事ですが、健康検査で消化器系に腫瘍(良性)が見つかり、精密検査を行ってきましたが、担当医からの勧めで、腫瘍切除手術を受けることになりました。回復までのしばらくの間ブログをお休みいたします。元気になって必ず戻って来ます。 [続きを読む]
  • 奥日光・戦場ヶ原
  • みなさまこんにちは!只今、ブログ休止中ですが、先日、栃木県北に用事があり帰りに戦場ヶ原に寄ってみました。やはりこの日も雨になってしまいましたが、幸い小雨だったので何時もの湯川沿いの木道を2時間ほど歩きホオアカやノビタキに逢ってきました。ピンクのホザキシモツケの花も咲き始めています。ブログのほうは、少し落ち着きましたら再開いたします。ホオアカは、生息地が開発によって失われている事などから絶滅が危惧さ [続きを読む]
  • 2018 アーカイブ ノビタキ編
  • 雨の戦場ヶ原でノビタキを今シーズン初見^^今年も戦場ヶ原にノビタキが渡来して来ました。昨年より6日早いです。この記念すべき日は生憎の雨のなか元気な姿を見せてくれました。何故かガングロの雄ばかりです。雌の姿は例年通り10日ほど後になります。渡りの形態はミヤマホオジロに似ていますね。先ず雄の姿を確認してから雌の姿は10日〜2週間後です。北に帰るときも先ず雄が渡り、雌が遅れた渡ります。決して雄雌一緒に渡ること [続きを読む]
  • 2018 アーカイブ 初夏の戦場ヶ原
  • 初夏の戦場ヶ原で探鳥^^戦場ヶ原には年間30回以上訪れています。四季を通じて探鳥ができ沢山の野鳥と出逢うことが出来ます。厳冬期でもイロハ坂は深夜のうちに除雪され安全に走行できます。国立公園でありラムサールにも締結された世界的な渡り鳥の飛来地となっています。2018 初夏の戦場ヶ原の野鳥たちです。翼を広げたアカゲラです。(小田代ヶ原付近)オオアカゲラです。胸の縦斑が綺麗に入っています。(小田代ヶ原付近)ビ [続きを読む]
  • 2018 アーカイブ Ⅱ
  • 2018 上半期に出逢った野鳥たち Ⅱ平地の桜の花も散り緑が深くなるころ、標高差1500mの高原では遅い春を迎えようとしています。戦場ヶ原では、オシドリのペアが木止まりで居る姿に遭遇しました。オシドリは大抵水面を泳ぐシーンが殆どなので可成り新鮮な出逢いでした。翼の構造も水面に居る時と違いきちんと折りたたまれ別鳥のようです。平地では冬鳥が高原に帰る準備をしています。戦場ヶ原赤沼付近で遭遇した雄のオシドリで [続きを読む]
  • 2018 アーカイブ Ⅰ
  • 2018 上半期に出逢った野鳥たち Ⅰ今年も半年が過ぎようとしています。早いですね。雪降る高原でミヤマホウジロを撮っていた時が昨日のように思えます。順不同ですが上半期に出逢った野鳥たちを3回に分けて紹介いたします。唐沢山のウソです。つつじの実を啄んでいます。赤城山ふれあいの森のヒレンジャクです。今年もヤドリギの実を求めて飛来しています。佐野梅林公園のキセキレイです。暗い静粛な流れにいます。赤城山麓の [続きを読む]
  • 戦場ヶ原・新青木橋付近
  • 青木橋周辺でノビタキ^^ノビタキも子育てに入り赤沼周辺から青木橋周辺へ移動して来ています。今朝は青木橋手前のホザキシモツケの群生地に沢山のノビタキに逢いました。幼鳥の数も増えています。この湿原で11月中旬まで元気に暮らします。10月頃から秋蕎麦の咲く平地へと移動して行きます。そのころには雄のノビタキは冬羽に大変身します。全身が茶色になり雄雌の識別も難しくなります。子育て中のノビタキです。こちらは雌のノ [続きを読む]
  • 戦場ヶ原・赤沼周辺
  • 赤沼周辺でビンズイの幼鳥^^赤沼駐車場入り口にはルピナスやニッコウキスゲが咲き始めました。湯川沿いの木道では野鳥たちの巣立ちラッシュとなっています。ビンズイやノビタキの幼鳥は可成り増えて来ています。まだ警戒心もなく至近に出て来てくれるので、撮りやすいですね。今朝も雨でしたが、もう少しで梅雨も明けます。ホザキシモツケも緑豊かにピンクの花芽も確認できます。こちらはノビタキです。にほんブログ村 [続きを読む]