rider_u さん プロフィール

  •  
rider_uさん: ソロソロライダー
ハンドル名rider_u さん
ブログタイトルソロソロライダー
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/klugh0123
サイト紹介文中高年の自転車と蕎麦の生活雑記です。 よろしく。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2016/08/24 11:06

rider_u さんのブログ記事

  • 凛や 池袋店@豊島区?2018
  • 西武池袋駅地下構内の「凛や」さんで速攻の昼蕎麦を@20181116の蕎麦切り生活。この日は次の移動先まで時間がなく、止む無く路緬店へ。正直、エグイ盛汁が口に合わず、しばらくご無沙汰の「凛や」さんですが、背に腹は代えられず、チケットを購入してカウンタに差し出せば・・・20〜30秒で差し出される「きつね+月見そば」。昼時もとうに過ぎた店舗のドン付きまで行けば、喫茶店のようなスペース(驚)シートにドカッと座り湯で戻し [続きを読む]
  • 手打ち蕎麦 雷鳥@練馬区_2018立冬
  • 遅めの昼蕎麦を石神井公園駅で途中下車し「雷鳥」さんで@20181115の蕎麦切り生活です。ラストオーダー14時の少し前に入店、長い”L字”カウンタに着かせてもらい、この日も「鴨汁せいろそば」をお願いする。おなかの虫が”ぐ〜う”と一鳴りするや、蕎麦台で配膳される「鴨せいろ」です。二八の並み蕎麦はいつ見ても、隙のない凛とした仕立てです。新そばを生で手繰れば、歯当たり良いアタック感にして、若々しくも確実に感ずるそば [続きを読む]
  • 布袋屋@鶴ヶ島市_2018
  • 1年前に手打そばの復活なった(祝)、先代、三代目のご店主と家族で営む江戸そばの「布袋屋」さんで、業務移動中の昼蕎麦を@20181113の蕎麦切り生活です。中央の画像、ははためく幟端にプリントされたご店主で、手打ちそばアピール!さて、鶴ヶ島市にあって江戸そばとは?案内によれば、『鶴ヶ島に開業して30周年、創業90年の歴史ある「ほていや」さんは初代が江戸より続く「新橋布袋屋」の暖簾分けで、二代目がより「うまいいそば [続きを読む]
  • まる竹 膳 大泉学園店@練馬区_2018
  • 早めの昼蕎麦を「まる竹 膳」さんで@20181112の蕎麦切り生活です。前回の訪問時では「木ノ子カレーつけ汁せいろそば」を絶賛したのですが、その時に気になっていた季節の蕎麦、「炙り鶏と酢橘おろしそば」をお願いしてみた。先客なく待つこと5分程度、いつもながら綺麗な器使いで配膳される。あれっ!普段はどうこう言わないのですが、メニューの写真との差異が激しい(怒)気を取り直して、まずはかけ汁をテイスティング・・・酢橘 [続きを読む]
  • 初冬の武蔵野ポタ&ソバ畑パト@新座市_2018
  • 立冬の候 関東の山間部でも紅葉が見ごろになったとか。⇒TV各社は煽り過ぎだね!小春日和のような休日に、旧武蔵国へポタリング@20181111の自転車生活です。午前中の気温は14℃、3週間ぶりのポタの出で立ちはコンプレッションアンダーにロングスリーブの防寒対策で「新座鞍馬」さんのソバ畑へGo!雲間からの陽射し、微風の北風が心地よいポタ日和に、勢い脚が回るソロソロライダーです。⇒気のせいだと思うな(笑)ご店主のSNSでは [続きを読む]
  • 入間航空祭_2018@入間市
  • 入間基地創設60周年記念の航空祭へブルーインパルの曲技飛行を観覧へ@20181103の四季の日記です。ロードバイクで基地周辺へ向かい、観覧という手もあったのですが・・・望遠レンズを担いで自転車は、あまりにも機材と身体へのリスクが高いので、西武池袋線で最寄駅へ向かいます。⇒落車のリスクかな(笑)昨年の来場者が21万人と発表されていたので、それなりの混雑を覚悟していましたが、稲荷山公園駅の臨時改札口から滑走路わきの [続きを読む]
  • 2018 Le Toure de France SAITAMA CRITERIUM@さいたま市
  • 2年ぶりに現地観戦のソロソロライダーお独り様@20181004の自転車生活です。念願のUCI世界戦、アルカンシェルを獲得したアレハンドロ・バルベルデ@MOVの参戦が発表され、急遽、個人サポータをネットで購入し参戦、否、観戦です。メインレースを確実に観戦すべく、余裕の出陣で最寄り駅へは13:00の到着。『埼玉新聞』の当日版は良きガイドになります。案内に従い、まずは指定席を確認すると、”M95席”は、最も端の最上段に近い観覧 [続きを読む]
  • 浅野屋 池袋駅前本店@豊島区
  • この日も14時過ぎの遅い昼蕎麦を「浅野屋@豊島区」さんで@20181031の蕎麦切り生活です。先週のつくば市での美味なる親子丼との出会いに衝撃を受け、そば屋の親子丼(たいがい美味い)のレベルを確認すべく、ランチメニューの「親子丼セット」を注文する(笑)先客はなく何時もながらの出の速さは4分でした!「冷奴」に「青さの味噌汁」が嬉しい。おっと! ”海苔かけ無しでね”を忘れていた(笑)足のはやい蕎麦切りにわき目もふらず [続きを読む]
  • まる竹 膳@練馬区_2018
  • 遅めの昼蕎麦を西武池袋線_大泉学園駅で途中下車し「まる竹_膳」さんへ@20181030の蕎麦切り生活です。快晴の陽射しはあるものの、日陰に入れば肌寒い陽気に、”そろそろ牡蠣南蛮”がほしくなるな〜などと考えつつ、店先を覗くと・・・季節のお蕎麦「炙り鶏と酢橘おろしそば」に魅かれつつ、ガランとした店内に入りテーブル席に着かせてもらう。あらためて品書きを見れば、「牡蠣南蛮」は無かったものの、目に飛び込んできた温まり [続きを読む]
  • つくば蕎麦物語@つくば市_2018
  • この日は午後にAISTへ伺うために、昼蕎麦をつくば駅前、BiViつくば2Fの「つくば蕎麦物語」さんを再訪@20181026の蕎麦切り生活です。今年の3月に偶然にも、つくば駅前で見つけた、コスパに優れるそば処です。昼時を過ぎ、空いていたカウンタ席に着かせてもらう。品書きを見ずに注文した品はこれです。前回の初訪時に、すっかりその美味しさに心打たれた「親子丼」と、「板せいろ」のセットものです。品書きには地産地消の食材へのこ [続きを読む]
  • そじ坊プレナ幕張店@千葉市_2018
  • 終日、幕張メッセとなれば昼蕎麦は性懲りもなく「そじ坊」さんですが(爆)2軒ある店屋のJR海浜幕張駅近のプレナに出店する「そじ坊プレナ幕張店」さん@20181025の蕎麦切り生活です。豆知識ですが、両店の唯一の違いはお茶受けが「揚げそば」か「そばかりんとう」かですから(笑)⇒何の役にも立たないな!昼時をとうに過ぎた午後2時過ぎ、閑散とした店内のテーブル席に着かせてもらう。見飽きた感のある「期間限定 秋の贅沢 」メニ [続きを読む]
  • さらしな總本店田無店@西東京市_2018
  • 西日が差し込む頃、最寄り駅から「さらしな總本店」さんで軽く蕎麦前@20181024の蕎麦切り生活です。先客はなく定位置の打ち場前のカウンタ席に着かせてもらう。品書きには「鴨汁せいろうどん」と「鴨南蛮」がおすすめで、「鴨汁せいろ蕎麦」のおすすめ感は薄い。⇒こちらで「鴨汁せいろ蕎麦」を手繰ったことがなかったね!それではと、鴨汁せいろ蕎麦の鴨肉と葱をあてに生ビールで一息つく。鴨汁は合鴨のむね肉とざく切りの葱、と [続きを読む]
  • 「むら季」さんで蕎麦前@練馬区_2018
  • 呑み友の”さすらいの料理人(中華料理の玄人)”さんのたっての願いで、「むら季」さんへ@20181022の蕎麦切り生活です。速攻、定時退社で大泉学園駅で待ち合わせ。商店街を抜け変わらぬ佇まい(年季の入った!)へ。先客なくご店主と花番さんが手持無沙汰のご様子。卓に着くなり”さすらいの料理人”を嫌々ながらご店主に紹介し(笑)軽く蕎麦前を。黒★麦酒に、お通しの「酒盗のチーズ寄せ」で一息ついて、⇒赤星にして〜定番の「おま [続きを読む]
  • ソバ畑(82日目)パトロール@新座鞍馬_2018
  • 寒露の候、お彼岸落車にめげず(爆)3週間ぶりのポタリングで「ソバ畑パトロール」へ@20181021の自転車生活です。晩秋の空には雲一つなく澄み渡り、気温20℃超で思わず生脚、生腕のコスプレです。先ずはご店主のSNS「蕎麦の栽培」をチェックして、現地に出向き定点観察です。定点であるソバ畑の北側へとうちゃこ・・・汗無しですが、停まると肌を刺す北風に身震い (((=_=))) ソバ畑は一面、愛らしい白い花で埋め尽くされています。一 [続きを読む]
  • 谷川岳&天神平の紅葉@みなかみ町_2018
  • 「蕎彩庵@坂戸市」さんから関越自動車道に戻り、一路、群馬県みなかみ町の天神平を目指すソロソロライダー一行@20181020の四季の生活_紅葉狩りです。交通渋滞は高坂SA付近で解消し、安全運転で水上ICを降りれば、天気予報通り雲行きが怪しくなり、湯檜曽の温泉街を抜けるころにはポツリポツリと。谷川岳ロープウェイ駅に着く頃には雨脚は弱いものの、本降りとなってしまいました(泪)それなりに寒さ対策をした出で立ちで、高速・高 [続きを読む]
  • 蕎彩庵@坂戸市_2018
  • 群馬県への紅葉狩りドライブの途中、関越自動車道の酷いを渋滞を回避すべく鶴ヶ島ICを降りて「手打そば 蕎彩庵」さんで昼蕎麦を@20181020の蕎麦切り生活です。正午過ぎの到着で、満席覚悟で訪ねてみれば・・・幸いなことに2台の車に挟まれるスペースへ駐車し、待つこと1分程で奥座敷の卓へ案内される。品書きの見開きページには、忘れかけていましたが、玄ソバは北海道浦臼地方産の「ぼたん」、幻の「ぼたんそば」だったのですね。 [続きを読む]
  • そじ坊ワンザ有明店@江東区_2018
  • この日は終日、東京ビッグサイトとなれば昼蕎麦は「そじ坊ワンザ有明店」さんで@20181018の蕎麦切り生活です。案内されたカウンタ席で「期間限定 秋の贅沢 」メニューを眺めつつ、「揚げそば」を摘まみ、熱い「そば茶」で一息。程なくして、「鴨汁せいろそば」が配膳される。⇒糖質制限中につき、「ミニご飯」はなしだな(笑)いつも変わらぬバリ硬、長尺にして真っ黒な蕎麦切りを手繰る。デフォルトで配される「粉山椒」をアクセン [続きを読む]
  • そじ坊WBG店@千葉市_2018
  • この日は終日、幕張メッセとなれば昼蕎麦は「そじ坊ワールドビジネスガーデン店」さんで@20181016の蕎麦切り生活です。順番を待つ間に季節メニューの「きのこみぞれ蕎麦」が良いかななどと思いつつ、入店しテーブル席に着くと・・・目に飛び込む「期間限定 秋の贅沢 」メニューは、紅葉の秋色に配された「鮭とイクラ」に心動かされ、思わず速攻で注文(笑)程なくして、メニュー写真通りの「サーモンいくらご飯定食」が配される。定 [続きを読む]
  • 国営ひたち海浜公園の紅葉コキア@ひたちなか市
  • 大洗町から20分のドライブで「国営ひたち海浜公園」へとうちゃこ。あいにくの曇天で気温は上がらず、時折吹く強風で肌寒い陽気です。西口ゲートからコキアの群生(植栽)する「みはらしの丘」までは徒歩で15分程度ですが、ここは中高年モード全開で園内を周遊する「シーサイドトレイン」のみはらしの丘直通便へ乗車。⇒前回はレンタルサイクルだったような(笑)みはらしの丘を上り下りして撮影した、色付き始めたコキアを紹介しますの [続きを読む]
  • 「日野治旅館」の生しらす@大洗町_2018
  • 例年4〜5月に春シラスの”生”を求めて「日野治旅館」さんを訪ねるのだが、今年は春先に訪ねることができず、秋シラスの「生しらす」を求めて大洗町へドライブ@20181012の四季の生活です。(2017/05撮影)この時期からは「あんこう鍋」と「どぶ汁」のシーズンになるのですが、10〜11月の秋漁では冬を前に水温の低下に適応して脂がのった秋シラス(カタクチイワシの稚魚)も美味です。手入れの行き届いた清潔的な食事処へ入れば、窓 [続きを読む]
  • 手打そば 和食「和楽」@練馬区_2018
  • 業務移動中の遅めの昼蕎麦をと思い、大泉学園駅で途中下車。お目当てのそば屋が団体さんで満席(驚)につき、暫し思案・・・「むら季」さんのランチも良いのですが、秋雨の中を歩くのもトホホな感じで、濡れずにすむ駅近の和風居酒屋「和楽」さんへ数年ぶりに訪問@20181005の蕎麦切り生活です。大泉学園駅北口の東大泉仲町銀座商店街のビル2階、急勾配の階段を上り居酒屋モード全開の扉を、開ければ、店内は使い込まれよく手入れされ [続きを読む]
  • さらしな總本店 田無店@西東京市_2018
  • 都内での仕事が早終わりで、最寄り駅にあるご近所の名店「さらしな總本店 田無店」さんで軽く蕎麦前を@20180928の蕎麦切り生活です。秋の夕刻、田無駅北口から巻積雲がオレンジ色に染まる空を眺めて「さらしな總本店」さんへ、軽やかな足取りで向かう。変らぬ佇まい!暖簾をくぐれば先客はいなく、花番さんの”お好きな席へ”の声を聴くなり定位置の打ち場前のカウンタ席に着かせてもらう。この日は上着が要らない汗ばむ陽気で、ま [続きを読む]
  • そじ坊 豊洲センタービル店@江東区_2018
  • 午後より東京ビッグサイトでの仕事となれば、昼蕎麦は「そじ坊」さんへ@20180927の蕎麦切り生活です。正午少し前に入店すれば、客の入りは半分程度で奥のテーブル席に案内される。ど派手なフルカラーのランチメニューから、「葉わさびそば+ミニねぎとろ丼 定食」をお願いする。前日同様に上着を羽織っても肌寒い陽気に、温そばを手繰る。葉わさびの香りが引き立つ白出汁のもり汁がGoodです。そば用の「生わさび」を麺線に盛り手繰 [続きを読む]
  • 一水@杉並区_2018
  • 午後より西荻窪での仕事となれば、昼蕎麦は「鞍馬」さんかと・・・Oh! 火曜日定休!しかし、ご安心アレ。サカエ通りの中ほどに、「一水」さんがあるではないかとばかり、午前11時45分に入店すれば、先客は二組でカウンタ席に案内される。酒肴の品書きと、日本酒の品揃えには蕎麦前をそそられます(涙目)⇒夜の部に来るしかないな!この日は上着を羽織っても肌寒い陽気に、「鴨南蛮そば」をお願いする。こぢんまりとした板場に仁王 [続きを読む]
  • むら季@練馬区さんで、送別会_2018
  • 友人の送別会を”そば屋”でとの粋なお願いに、「むら季」さんに応えていただき、この日は貸切り@20180925の蕎麦切り生活です。お手頃価格の海鮮料理や珍味をみつくろっていただき、あわせるは「黒帯」、「加賀鳶」、「雪の茅舎」と「浦霞」のそば屋宴会へ。⇒貸切りですからね!お馴染みの料理の品々。中略〆は「神田まつや」さんの流儀を継承する、凛とした九一の蒸篭を手繰り、大満足のソロソロライダー一行でした。cu [続きを読む]