tagame さん プロフィール

  •  
tagameさん: 散歩は・E ね〜
ハンドル名tagame さん
ブログタイトル散歩は・E ね〜
ブログURLhttp://tagame.minibird.jp/
サイト紹介文ふるさと秋田市の仁別自転車道で出会う生き物や風景を写真で紹介。時間つぶしのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/08/24 11:57

tagame さんのブログ記事

  • 他のヒョウモン類と混生 ミドリヒョウモン
  • ミドリヒョウモン :前翅長31〜40? 時期5〜10月 真夏に休眠期間有り 後ろ翅の裏面に白色系の帯模様がある 幼虫又は卵で越冬 幼虫の食草はスミレ類? ミドリヒョウモン♀? ミドリヒョウモン? ミドリヒョウモン? ミドリヒョウモン? ツリバナ 樹高3〜5m 花期5〜6月 実は9〜11月殻が割れ中から朱色の実が出てくる? 吊花の実 [続きを読む]
  • 優しい感じのアブ スキバツリアブ
  • スキバツリアブ :体長10〜16? 時期7〜10月 見た目は ナヨっとした感じ あまり機敏さを感じさせないので怖く無い? スキバツリアブ? スキバツリアブ? スキバツリアブ? スキバツリアブ? ウメモドキ 樹高2〜3m 花期5〜6月 9月頃になると実が熟して赤くなる 梅の仲間では無くモチの木の仲間? 梅擬 [続きを読む]
  • いつも忙しそう ウラナミシジミ
  • ウラナミシジミ :前翅長13〜18? 時期7〜11月 当地に於いては秋口になると現れるようだ 飛び方がジグザグで落ち着きがない よく目が廻らないものです? ウラナミシジミ? ウラナミシジミ? ウラナミシジミ? ウラナミシジミ? クジャクアスター 草丈30〜180? 花期8〜11月 落葉性だが開花期間が長く耐寒性がある? 孔雀アスター  これが何で孔雀なのか良く分からない?・? [続きを読む]
  • まさにヒョウ柄 ウラギンヒョウモン
  • ウラギンヒョウモン :前翅長27〜36? 時期6〜10月 明るい草原で見られる 暑い夏は休眠するようだ 秋口には戻ってくる 幼虫の食草はスミレ類 幼虫で越冬? ウラギンヒョウモン? ウラギンヒョウモン? ウラギンヒョウモン? ウラギンヒョウモン? カラハナソウ 草丈7〜12mの蔓 花期8〜9月 その後松かさ状の実のようなものが大きくなっていく? 唐花草 日本原産のホップの仲間 実際には使用されていないようだ [続きを読む]
  • 愛嬌のある コカマキリ
  • コカマキリ :体長40〜65? 時期8〜11月 地面を歩き回っている事が多い茶褐色で小型のカマキリ 今回の写真は親と同じ大きさながら翅が生えていない成虫一歩手前の個体です? コカマキリ幼虫? コカマキリ幼虫? コカマキリ幼虫? コカマキリ幼虫? アネモネ 草丈15〜50? 花期9〜10月 赤紫色の花弁状の萼片が目立つ 中央に黄色の雄蕊が多数? アネモネ [続きを読む]
  • 身近にいるタテハ蝶 ヒメアカタテハ
  • ヒメアカタテハ :前翅長25〜33? 時期4〜11月 大きさに対する個体差が大 街中から山地まで広く分布 幼虫の食草はヨモギ 成虫で越冬する? ヒメアカタテハ? ヒメアカタテハ? ヒメアカタテハ? ヒメアカタテハ? スズメウリ つる性で絡み合っている 果期8〜9月 原野や水辺などに生える 果実は1〜2?の球形 熟すと灰色になる? 雀瓜 [続きを読む]
  • 秋も深まりペアリング オンブバッタ 
  • オンブバッタ :体長 20〜42? 時期8〜11月 頭が尖がった小さなバッタ 飛ぶことができず跳ね回る 雌と雄の大きさが極端 緑と褐色の個体がいる? オンブバッタ? オンブバッタ? オンブバッタ? オンブバッタ? アメリカタカサブロウ 草丈9〜10mの蔓性 除草剤も効かない程の強い雑草だそうです? アメリカタカサブロウ [続きを読む]
  • 綺麗で数も多い キアゲハ
  • キアゲハ :前翅長36〜70? 時期4〜10月 春先は小型で濃い黄色のキアゲハが飛び回り秋遅くまで見る事が出来る数の多いアゲハです? キアゲハ? キアゲハ? キアゲハ? キアゲハ? ヤマボウシの実 (山法師) 樹高5〜15m 花期5〜7月 果期 9〜10月 果実は一つの実に見えるが沢山の実が合体している集合果らしい? 山法師の実 [続きを読む]
  • あまり見慣れない バラハキリバチ
  • バラハキリバチ :体長13?前後 時期4〜10月 バラ類の葉や花を丸く切り取って巣穴へ運び筒状の巣を作るのが特徴とされる? バラハキリバチ? バラハキリバチ? バラハキリバチ? バラハキリバチ? キンミズヒキ 草丈30〜90? 花期7〜10月 林縁や山道沿いに多い? キンミズヒキ [続きを読む]
  • 花にいるのは珍しい ルリタテハ
  • ルリタテハ :前翅長25〜44? 時期4〜11月 雑木林で樹液や獣糞に集まる事が多い 幼虫の食草はサルトリイバラ 成虫で越冬? ルリタテハ 花に来るのは非常に珍しい? ルリタテハ? ルリタテハ? ルリタテハ? カンボクの実 樹高2〜10m 花期6〜7月 北日本の山に自生 9〜10月実は熟すが葉が落ちても残る? 肝木 実は余程まずいらしく誰も食べに来ない この写真でもクサキリが一齧りした痕があるが直ぐ横を向いてし [続きを読む]
  • 重厚感のある黄色 キタキチョウ
  • キタキチョウ :前翅長18〜27? 時期4〜11月 林縁の開けた所で見る事が多い 濃い黄色は重厚感がある ネムノキや萩類が幼虫の食草 成虫で越冬? キタキチョウ? キタキチョウ 濃い黄色の蝶? キタキチョウ? キタキチョウ? ヒメジオン 草丈30〜150? 花期7〜10月 侵略的外来雑草 ハルジオンに似ている? 姫女苑 [続きを読む]
  • 秋は餌運びに忙しい ニホンリス
  • ニホンリス :体長16〜23?位 時期 いつでも居ますが見かけるのは秋が多い 尻尾は14〜17? 体重250〜350g 本州から九州の森林地帯にいる? ニホンリス? ニホンリス くわえているのはクルミの実? ニホンリス? ニホンリス? ツリフネソウ 草丈50〜80? 花期9〜10月 秋の初めに咲く花 少し毒性があるようだ? 釣船草 [続きを読む]
  • 狂ったように飛廻る ウラナミシジミ
  • ウラナミシジミ :前翅長13〜18? 時期7〜11月 寒冷地では見られないらしいが当地には定着しているようだ 小さいので皆ルリシジミのように見えるが良く見ると違いが分かる? ウラナミシジミ? ウラナミシジミ? ウラナミシジミ? ウラナミシジミ? ツリバナの実 樹高3〜5m 花期5〜6月 実は9〜11月 殻が割れ朱色の実が出てくる? 吊花の殻がはじけた実 [続きを読む]
  • ひ弱そうに見える セスジツユムシ
  • セスジツユムシ :体長13〜22? 時期8〜11月 薄い緑と茶褐色のタイプが居て優しい雰囲気のツユムシ 数は結構多い? セスジツユムシ? セスジツユムシ? セスジツユムシ? セスジツユムシ? ノダケ 草丈1〜1.5m 花期9〜11月 直立して葉柄の部分が袋状に膨らんでいる 花冠は円形に近く10?位になる? 野竹 [続きを読む]
  • 雄とは別種に見える メスグロヒョウモンの雌
  • メスグロヒョウモン♀ :前翅長30〜40? 時期6〜10月夏眠有り 雌は黒地に白帯模様、雄とは全く異なる 雑木林周辺や道端の花でよく見る 幼虫又は卵で越冬 スミレ類が食草 雄は黄橙地のヒョウ柄なので違う種類に見える? メスグロヒョウモン♀メスグロヒョウモン♀? メスグロヒョウモン♀? メスグロヒョウモン♀? シロヨメナ 草丈30〜100? 9〜11月 花径は2.5?位 野菊の仲間 他の雑草と混生? 白嫁菜 [続きを読む]
  • 又会いました ニホンカモシカ
  • ニホンカモシカ :体長100〜120? 時期一年中 山岳地帯に生息の筈が都市部近郊にもいる 体重30〜45? 角8〜16?程度 尾6〜8?程 今回写真の個体は未だ子供であろう頃から知っていて2m位まで近づいても逃げません 一度藪へ逃げ込んだが直ぐ戻って来て草を食べ始めました? ニホンカモシカ 顔が白いので直ぐ判別できる? ニホンカモシカ 何でも食べるものが有って良いなぁ? ニホンカモシカ? ヒメシロネ 草丈30〜70 [続きを読む]
  • やっぱりバッタは トノサマバッタ
  • トノサマバッタ :体長35〜65? 時期7〜11月 日本のバッタでは最大 緑色と褐色がいる イネ科の葉を食す 高飛翔能力を持つ 今回は褐色と緑のペアが路上で待っていてくれました? トノサマバッタ? トノサマバッタ? トノサマバッタ? トノサマバッタ? ゲンノショウコ 草丈30〜50? 花期7〜10月 干したものを煎じて下痢や兼医薬として利用するらしい 飲むと直ぐ効くので”現の証拠”だそうです? 現の証拠 [続きを読む]
  • 見た目では怖くないのですが オオスズメバチ
  • オオスズメバチ :体長27〜44? 時期4〜10月 頭が黄橙色 胸が黒 腹部が黄橙と黒の縞模様 スズメバチとしては世界最大 普通見られるのはハタラキバチで全部メスだそうです? オオスズメバチ ? オオスズメバチ? オオスズメバチ? オオスズメバチ? クズの実 草丈;蔓性で長さなど分からない位絡み合っている 夏まで紫の綺麗な花が咲いていたがいつの間にかこんな豆が生っていました? 葛の実 地下にはあの ”く [続きを読む]
  • 目の覚める様な黄色 スジボソヤマキチョウ
  • スジボソヤマキチョウ :前翅長28〜40? 時期4〜10月 雑木林の周辺に時々 単独で現れることが多い 他に類を見ない明るい黄色を見つけると一瞬で何蝶か分かる 黒ウメモドキが幼虫の食草 成虫で越冬? スジボソヤマキチョウ 明るい黄色がとても美しい? スジボソヤマキチョウ (筋細山黄蝶) ? スジボソヤマキチョウ? スジボソヤマキチョウ? ノカンゾウ 草丈50〜70? 花期8〜10月 花は一日花 朝咲いて夕方萎む し [続きを読む]
  • 姿は初めて見た カンタン
  • カンタン(邯鄲) :体長11〜20? 時期8から11月 薄緑色で半透明な翅は写真のピントが合い難く苦労 いつも道端で色んな虫が鳴いている中でひときわ 優しい音なのがカンタン しかしその音色を人間が発音するのはとても難しい? カンタン 邯鄲 道端で鳴いている沢山の虫の中でとりわけ優しい音の持ち主 ♪?ロ?ロ?ロ〜♪? カンタン? カンタン? カンタン? シロバナノカモメズル 草丈;蔓性 花期7〜9月 笹などに巻き [続きを読む]
  • 秋はあなたの出番です オオカマキリ
  • オオカマキリ:体長70〜95?オスよりメスが大きい 時期8〜10月、幼虫は見るみるうちに大きくなる感じ 体色は緑色又は茶色、 昆虫や時にはカエルやトカゲも食す事がある いつも葉の上でジッとこちらを見ていますが路上にいる事もある やはりカマキリを見ないと秋になった気がしませんね? オオカマキリ♂? オオカマキリ♂? オオカマキリ♂? オオカマキリ♂? ヤブツルアズキ 草丈3m位の蔓状 花期8〜10月 藪や地 [続きを読む]
  • 花に居ないのは珍しい オオウラギンスジヒョウモン
  • オオウラギンスジヒョウモン:前翅長28〜37? 時期6〜10月 林縁の草原などで見られる 夏季に休眠し秋口に戻る 幼虫越冬 スミレ類等が食草? オオウラギンスジヒョウモン? オオウラギンスジヒョウモン? オオウラギンスジヒョウモン? オオウラギンスジヒョウモン? イソノキの実 樹高4m位 花期6〜7月 果実は花が散り次第ついていくが一斉にでは無く実が成り始めた一方で花が咲いている感じ? イソノキの実 緑色 [続きを読む]
  • 緑系は少数派! ヒメギス
  • ヒメギス:体長17〜27? 時期5〜10月 普通は黒褐色だが白系や緑系もいる 植物の葉や小型昆虫などを食べる 数が結構多い? ヒメギス 緑系? ヒメギス 緑系? ヒメギス 緑系? ヒメギス 緑系? ニョウサク(エゾニュウ) 丸い花びらのようなものの中に蕾が入っている 花びらから葉が出ている様にも見える不思議な植物 当地では山菜として食される? ニョウサク 北海道ではエゾニュウと言うようだ 草丈1〜3m 花期7 [続きを読む]