一(いち) さん プロフィール

  •  
一(いち)さん: 111(いちいちいち)
ハンドル名一(いち) さん
ブログタイトル111(いちいちいち)
ブログURLhttp://kinkikinkixx.com/
サイト紹介文子供達・夫・妻・猫。音楽、漫画、野球、数学、文学、神話、物語などなど...
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供291回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2016/08/25 10:24

一(いち) さんのブログ記事

  • 「口」(漢字の成り立ち)
  • ●「口」(部首)…口(くち)●「口」(読み)…コウくち●「口」(意味)…① しゃべる。② くち。飲食や発声をする器官。③ 入口。④ 人を数へる単位。⑤ 端。はじめ。 ●「口」(漢字の成り立ち)…「?(かみ)への申し文(まをしぶみ)を入れる器(うつわ)」に似せて形作つたもの。↓「申(まを)す」→ (意味):① しゃべる。↓喋(しゃべ)る器官が、口(くち)であることから、↓(意味):② くち。飲食や発声をする器官。↓口(くち) [続きを読む]
  • 「牛」(漢字の成り立ち)
  • ●「牛」(部首)…牛(うし)●「牛」(読み)…ギュウうし●「牛」(意味)…① うし(動物の名前)。② 二十八宿の一つ。ひこぼし。●「牛」(漢字の成り立ち)…「牛」:「角のある、うし」に似せて形作つたもの。 ≪参考文献等≫・白川静 (2003)『常用字解』平凡社・語源辞典https://okjiten.jp/kanji876.html(アクセス日:2017/10/14) ↓応援 、いつもありがとうございます。Copyright © 2017 111(いちいちいち) A [続きを読む]
  • 観音経(かんのんきょう)20
  • 妙法蓮華經 觀世音菩薩 普門品 第二十五【ミョウホウレンゲキョウ カンゼオンボサツ フモンボン ダイニジュウゴ】 ●原文是?惡鬼尚不能以惡眼視之【ゼ ショ アク キショウ フ ノウ イアク ゲン ジ シ】●書き下し文是の?の惡鬼は尚惡眼を以て之を視ること能はず【この もろもろの アクキはなほ アクゲンを もてこれを みる こと あたはず】●訳惡鬼ども(夜叉や羅?)は、之(觀世音菩薩の名を稱へる者)を惡意に滿ちた目で見 [続きを読む]
  • 文節(間違えやすい区切り)3
  • ●文節区切りのルール…文節は自立語(体言,動詞など)の前で区切る。 ●文節の区切り(補助動詞の前で区切る例)…・「雲が 動いて いる。」「雲」:普通名詞「動い」:自動詞「いる」:補助動詞 ・「新しい 方法を 試して みる。」「新しい」:形容詞「方法」:普通名詞「試し」:他動詞「みる」:補助動詞 ●補助動詞の種類(具体例)…・動いて いる。・試して みる。・届けて やる。・走って いく。・閉じて おく。 [続きを読む]
  • 方便とは
  • ●方便とは…真実に導くための手段。(つまり、目的は「真実への導き」で、そのための手段が「方便の使用」。) ≪参考文献等≫・三木随法 (2002)『真訓対照 法華三部経』東方出版・『さいこうの法華経講座 はじめに、時空を超えて!』(YouTube動画) ↓応援 、いつもありがとうございます。Copyright © 2017 111(いちいちいち) All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 文節(間違えやすい区切り)1
  • ●文節の区切りのルール…自立語の前で区切る。●上記のルールに従った文節の区切りの特徴…・自立語が文節の最初にくる。・一文節の中に自立語は必ず一つ存在する。・一文節の中に自立語は一つしか存在しない。・単独で文節をつくることができる。Copyright © 2017 111(いちいちいち) All Rights Reserved. [続きを読む]
  • 文節(間違えやすい区切り)1
  • ●文節の区切りのルール…自立語の前で区切る。●上記のルールに従った文節の区切りの特徴…・自立語が文節の最初にくる。・一文節の中に自立語は必ず一つ存在する。・一文節の中に自立語は一つしか存在しない。・単独で文節をつくることができる。Copyright © 2017 111(いちいちいち) All Rights Reserved. [続きを読む]
  • プラマーナとは
  • { キーフレーズ }知るための手段 ●プラマーナの語源…「プラ」:動詞の前に付く接頭語。「マー」:「知る」という意味。「アナ」:動詞の後に付く接尾語。「手段」という意味。●プラマーナの意味…「プラ+マー(知る)」+「アナ(手段)」↓「プラマーナ(知る手段。認識の手段。正しい認識の手段。)」↓認識する(知る・正しい認識をする)ための手段(道具)。●プラマーナ(知る手段)の例…色や形を知るためには、「視覚 [続きを読む]
  • 「寸」(漢字の成り立ち)
  • {ポイント}脈をはかる ●寸(部首)…寸(すん)●寸(読み)…スンわず(か)●寸(意味)…① 測(はか)る。② 寸(わず)か。僅(わず)か。少し。③ 一尺の十分の一(長さの単位.約3?.)。●寸(漢字の成り立ち)1…「右手の手首に親指を当て、脈を測る事を示す文字」↓(意味:) ①測(はか)る。●寸(漢字の成り立ち)2…「右手の手首に親指を当て、脈を測る事を示す文字」↓「親指を寸(わず)かに添えて、脈を測る」行為から、↓(意味 [続きを読む]
  • 文節(間違えやすい区切り)2
  • ●文節区切りのルール…文節は自立語(体言,動詞など)の前で区切る ●文節の区切り(体言(名詞・代名詞)の前で区切る例)…・「これは 私の 本だ。」「これ」:指示代名詞「私」:人称代名詞「本」:普通名詞 ・「あの 犬が 吠えた。」「犬」:普通名詞「ね」を入れて区切る、文節区切り法だと、「あの犬が」で、一文節のように感じるが、「文節は、体言の前で区切る」という文節のルールにより、「犬」という普通名詞(= 体 [続きを読む]
  • 「象」(漢字の成り立ち)
  • ●「象」(部首)・・・「豕」(いのこ)●「象」(読み)・・・ショウゾウかたちかたど(る)●「象」(意味)① (動物の)象(ゾウ)。② 象(かたち)。物の形。③ 象(かたど)る。ある形に似せて作る。 ●「象」(漢字の成り立ち) 1…「長い鼻のゾウ」の形↓(意味:) ①(動物の)象(ゾウ)。●「象」(漢字の成り立ち) 2…「長い鼻のゾウ」の形↓(漢字が動物の形を象(かたど)っていることから、)↓(意味:) ②象(かたち)。物の形。(意味:) ③象(か [続きを読む]
  • 「+」記号の意味と由来
  • { ポイント }意味 1:加法意味 2:正由来 1:ラテン語由来 2:樽 ●「+」記号の意味…① 合わせること。加法。② 超過。多すぎること。正。●「+」記号の由来 1…ラテン語の「et」(英語でいう「and」)を走り書きしたら「+」になった。●「+」記号の由来 2…満杯にしてある樽の水を使った後に、なくなったところまでの水面のラインに「−」という印をつけた。その後に水を足して(補充して)再び満杯にした際に、補充した印と [続きを読む]
  • 観音経(かんのんきょう)19
  • ●原文(正字体)聞其稱觀世音菩薩名?【●ゲンブン(セイジタイ)モン ゴ ショウ カン ゼ オン ボ サツ ミョウ シャ】●原文(現代字体)聞其称観世音菩薩名者●書き下し文其の觀世音菩薩の名を稱ふるを聞かば【●かきくだしブンその カンゼオンボサツの なを となふるを きかば】(「となふる」:ハ行下二段活用の動詞「となふ」の連体形。「となふ」の活用例:「となへず/となへたり/となふ/となふるとき/となふれども/とな [続きを読む]
  • 「やむごとなし」(意味)
  • { ポイント }「良い意味で普通ではない」 ●「やむごとなし」(意味)・・・① 並たいていではない。(この上ない。特別だ。)② 高貴だ。重々しい。尊ぶべきだ。●「やむごとなし」(語源)・・・語源は「止む事無し」(意味:止まる事がない)で、↓「限りがない」という意味を語感に持つ言葉に発展し、↓「(良い意味で)普通ではない」という意味を語感に持つ言葉に発展し、↓(意味:) ①並たいていではない。(この上ない。特別 [続きを読む]
  • 古事記(ふることふみ)63
  • 〜現代字体〜●原文以弘国【●ゲンブンイ コウ コク】●書き下し文以て国を弘めたまひき【●かきくだしブンもって くに を ひろめ たまひ き】(「以」:接続の意.「そして」.「たまひ」:尊敬の補助動詞「たまふ」の連用形.「き」:過去の助動詞「き」の終止形.)●直訳そして、国をお弘(ひろ)めになられた。●意訳そして、(天武天皇は、)美しい国柄(くにがら)をお広めになられた。 〜正字体〜●原文以弘國【●ゲンブン】イ コ [続きを読む]
  • 「序」(漢字の成り立ち)
  • ●「序」(部首)・・・广(まだれ)●「序」(読み)・・・ジョつい(で)はしがきまなびや●「序」(意味)① 序(つい)で。順序。順番。② 序(はしがき)。書物の最初に書く短い文章。③ いとぐち。物事の始め。④ 序(まなびや)。古代中国の学校。 ●「序」(漢字の成り立ち) 1・・・「广」:「屋根」の形↓(意味)「建物」「予」:「機(はた)織りの横糸を自由にはしらせる為の道具」の形↓(意味)「伸びやか」「广」+「予」↓(意味)「(家の [続きを読む]
  • 「序」(漢字の成り立ち)
  • ●「序」(部首)・・・广(まだれ)●「序」(読み)・・・ジョつい(で)はしがきまなびや●「序」(意味)① 序(つい)で。順序。順番。② 序(はしがき)。書物の最初に書く短い文章。③ いとぐち。物事の始め。④ 序(まなびや)。古代中国の学校。 ●「序」(漢字の成り立ち) 1・・・「广」:「屋根」の形↓(意味)「建物」「予」:「機織りの横糸を自由にはしらせる為の道具」の形↓(意味)「伸びやか」「广」+「予」↓(意味)「(家の東西に [続きを読む]
  • 無量義経(ムリョウギキョウ)とは 2
  • ●構成三つの品●登場人物釈尊と大荘厳菩薩●内容 1釈尊と大荘厳菩薩との問答で話が進む。●内容 2読む人一人一人に併(あわ)せて、最も適切な行法(ギョウホウ)を教わることができる御経(おキョウ)。限り無い行法を有する御経、量(はか)りしれ無い義(行法)を有するお経ということで、無量義経と呼ばれる。 ≪参考文献≫・坂本幸男 (翻訳), 岩本裕 (翻訳) (1976)『法華経』岩波書店・鎌田茂雄 (1991)『観音経講話』講談社 ≪関連記事 [続きを読む]
  • 体言とは (国語文法)
  • ●体言とは・・・人,物,事を表す単語。(換言すると…)まとまった何かを表す単語。●「体」「言」(漢字の意味)・・・「体」:(本来の意味)「からだ」→(付加された意味)「かたち」→(付加された意味)「ありさま」「言」:(本来の意味)「言葉」→(付加された意味)「単語」●体言の種類・・・名詞代名詞●体言の特徴 1・・・体言の直後に「が」「は」が付く文節は、主語である。(換言すると…)単語の直後に「が」「は」が付く文節で、 [続きを読む]
  • 観音経(かんのんきょう)18
  • { 内容 }無尽意菩薩の質問に対する仏陀の答え(観音様の名を唱えることにより,七難の一つを逃れられる話) 〜現代字体〜妙法蓮華経 観世音菩薩 普門品 第二十五【ミョウホウレンゲキョウ カンゼオンボサツ フモンボン ダイニジュウゴ】●原文欲来悩人【●ゲンブンヨク ライ ノウ ニン】●書き下し文来たりて人を悩まさんと欲するに【●かきくだしブンきたり て ひと を なやま さ ん と ほっする に】●訳(夜叉や羅刹が) 人を苦し [続きを読む]
  • 古事記(ふることふみ)62
  • { ポイント }天武天皇の国づくり ●原文敷英風【●ゲンブンフ エイ フウ】●書き下し文 1英風を敷き【●かきくだしブン 1エイフウ を しき】●書き下し文 2英しき風を敷き【●かきくだしブン 2うつくしき すがた を しき】(「敷」:行き渡らせる.「英」:美しい.「風」:柄.気風.)●訳(天武天皇は、)美しい国柄を行き渡らせ、【●ヤクてんむてんのう は うつくしい くにがら を ゆきわたらせ】(「国柄」:国の性質.)●古事記 [続きを読む]
  • 無量義経(ムリョウギキョウ)25
  • { 内容 }菩薩の人々に対する行為{ ポイント }・菩薩は,人々に少しずつ教えを学ばせて実践させる.・易しい教えから入り,本格的な教えへと導く.無量義經?行品第一 (正字体)無量義経徳行品第一 (現代字体)【ムリョウギキョウ トクギョウホン ダイイチ】 ●原文除世惱熱 (正字体)除世悩熱 (現代字体)【●ゲンブンジョ セ ノウ ネツ】●書き下し文世の惱熱を除き (正字体)世の悩熱を除き (現代字体)【●かきくだしブンよ の ノウネツ [続きを読む]
  • 古事記(ふることふみ)61
  • { ポイント }天武天皇は民衆に良き風習を奨励した。 ●原文以奬俗【●ゲンブンイ ショウ ゾク】●書き下し文以て俗を奬め【●かきくだしブンもて ならはし を すすめ】●訳良き慣習や良き風俗を奨励し、(慣習:普段の生活に密着した決まり事.風俗:普段の生活に密着していない,古くから存在する行事,決まり事,行為.)●古事記傳(本居宣長)より以奨俗以て俗を奨め奨レ俗(俗ヲ奨メ)とは、勤め導きて風俗をよくなすをいふ。【●ふる [続きを読む]
  • 数の読み方 (古典)
  • ●1〜91 ひ2 ふ3 み4 よ5 い6 む7 な8 や9 こ ●1〜9(俗読み)1 ひい2 ふう3 みい4 よう5 いつ6 むう7 なな8 やあ9 ここ ●10〜9010 と20 はた30 み  そ40 よ  そ50 い  そ60 む  そ70 なな そ80 や  そ90 ここのそ(「そ」は十の意.) ●100〜900100   もも200 ふたもも300 み もも400 よ もも,よ  ほ(よお)500      い  ほ(いお)500      いつ ほ(いつお [続きを読む]