岩手 さん プロフィール

  •  
岩手さん: いわてのこと
ハンドル名岩手 さん
ブログタイトルいわてのこと
ブログURLhttp://www.barreaux.net/
サイト紹介文岩手県盛岡市北上市等のグルメ・イベント情報を詳しくお届けします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2016/08/25 14:06

岩手 さんのブログ記事

  • 博多っ子爆推し「ひと口餃子」 88(パチパチ)
  • 食べても食べても止まらないウマさの博多っ子爆推し「ひと口餃子」!!強烈インパクトの「メガ豚」提灯に誘われて、コの字カウンターにリング・インすれば、博多流ひと口餃子のウマ〜いジャブが乱れ飛ぶ!2月のオープン以来、旨すぎ、安すぎ、楽しすぎの三拍子で瞬く間にリピーターをかき集めている「パチパチ」は、博多B級グルメと本格中華でグビグビ飲めちゃう絶好調店。毎日せっせと手包みしている餃子は食感重視で2種類の粗さ [続きを読む]
  • お洒落でカジュアルな洋風居酒屋 Rassembler
  • 気軽に普段使いできちゃうお洒落でカジュアルな洋風居酒屋夜の街に映えるきらびやかなエントランスと、半地下の凝った空間作りで、意中のオキニをキュンキュンさせてくれる菜園のビストロ「ラソンブレ」。洒落た外観からちょっと気取ったイタリアンの店と勘違いする人も多いのですが、ご存知の通りフランスで「ビストロ」と言えば気軽な居酒屋のこと。かく言うコチラも、華麗なコース料理でパリッとキメられるかと思えば、ホッと和 [続きを読む]
  • 宮古の魚屋直営の極上刺身 島香
  • 宮古の魚屋直営の極上刺身と看板娘の女子力メニュー!昨年12月にオープンした居酒屋「島香」は、ウマ〜い海の幸の玄関口・宮古の魚屋が直営する魚介料理の超穴場。「美味しい魚が食べられると聞いて」と暖簾をくぐるご新規様が次々と来店、本場の三陸クオリティ&港町プライスの極上刺身にハマッてまた誰かに自慢するといった具合に、妙にクチコミしたくなる魚好きの為の隠れ家なのだ。店を切り盛りするのは東京で寿司職人としての [続きを読む]
  • 西部劇の酒場みたいな洋風居酒屋 BUFFALO
  • 西部劇の酒場みたいなあの店で飲んで食べて盛り上がれ!貫禄バツグンのあの看板と入口のスイングドア、中にはカウボーイハットをかぶった西部のガンマン…ではなく(笑)、いつもユカイな面々が陽気に集っている洋風居酒屋「バッファロー」。コンパの学生たちが名物「手づくりピザ」を囲んでジョッキを打ち鳴らす隣で、何十年も通い続けている大先輩が渋くウイスキーを傾けるという光景は、創業46年を超えてなお愛され続けている老 [続きを読む]
  • 八幡飲みの1軒目におすすめ 牛たん炭火焼 仁
  • 八幡飲みの1軒目におすすめつまみにも「いい肉」使ってます噛むほどに肉汁が溢れ出て、飲み込むのが惜しくなっちゃう絶品牛タンを武器に、次々とファンをゲットしている「仁」(じん)。普通なら「上タン」レベルの部位さえサイドメニューに回すこだわりで、1本から2人前しか取れない贅沢な熟成霜降りタンを、「肉自身の脂で揚げるように」焼き上げた「牛たん焼き」はまさに唯一無二の美味しさ。サクッと柔らかな歯ごたえと未体験 [続きを読む]
  • 秘伝の極旨ダシをシンプルに塩味で! 末廣
  • 「末廣」の隠れた傑作秘伝の極旨ダシをシンプルに塩味で!「末廣」と言えば「秋田ブラック」の異名を持つ黒いスープの「中華そば」が看板メニュー。しかし、バキッと濃い醤油の香りをまろやかに受け止める味の大黒柱・ダシの旨さをシンプルに楽しむなら、この塩味も忘れてはいけない。豚の風味とコクが鼻をくすぐる昔懐かしい秘伝のスープを主役に据えて、小細工抜きに堂々と塩で勝負した隠れファンの多い一杯。自慢の醤油味が恋し [続きを読む]
  • こだわり抜いた岩手の食材に舌鼓! 匠の
  • 洗練されたモダンな空間でこだわり抜いた岩手の食材に舌鼓!大人モードなジャズの調べがしっくりハマるモダンな和空間が、日頃の飲みはもちろん、グルメなオキニとの同伴タイムも美味しく盛り上げてくれる名店「匠の」。宮古で獲れた「つぶより牡蠣」や「住田産清流鶏」など、お品書きには料理人の厳しい目で選び抜かれた岩手の「うまいもん」が目白押し。中でも誰もが認める名物メニュー「土鍋ご飯」は、ウニ、穴子、帆立、鶏、水 [続きを読む]
  • 楽しくてウマい隠れ家系大衆店 八百長酒場
  • お洒落なカウンターが特等席!楽しくてウマい隠れ家系大衆店庶民派居酒屋が軒を連ねる近ごろ元気な路地裏で、「ウマ〜い隠れ家」の異名を取る注目店と言えばご存知「八百長酒場」。店に入ると目に飛び込んでくる小粋なカウンターはカップル達の特等席。大衆店ながらに、ワイワイ盛り上がっているテーブル席とは一味違った雰囲気で飲ませる演出がニクイのだ。そんな同店で一度食べたら忘れられないヤミツキ系の名物が「手羽先唐揚げ [続きを読む]
  • 料理もイケてるゴージャスなバー AZUR
  • 気になるあのコをエスコートしたい料理もイケてるゴージャスなバー高い天井にバリッと映える煌びやかなバックバーと、カウンターを彩る艶やかなフレッシュフルーツカクテル。ラグジュアリーなホテルのラウンジみたいな趣で、「ついに盛岡にもこんな店が!」とバークラスタを歓喜させているのが大通の「アジュール」だ。カウンターを預かるのは、本格的な料理人として10年、その後本格派バーでも10年のキャリアを重ね、フレアバーテ [続きを読む]
  • 粋でレトロな庶民派酒場 栖
  • 粋でレトロな庶民派酒場でヤバ旨な串揚げとレモンサワーを!庶民派酒場の出店が相次ぎちょっとした横丁風情が漂い始めた界隈の一角に、飲んべえホイホイの巨大提灯をぶら下げるニクイ居酒屋「栖」(すみか)。暖簾をくぐると割烹着姿のステキな女将さんがお出迎え、席に着けばカウンターをぐるりと囲む大量の串モノのショーケースと名物の超強烈炭酸「レモンサワー」が今宵のゴングを打ち鳴らす!名刺代わりの串揚げは約30種類を数 [続きを読む]
  • 菜園の路地に佇む日本酒バル 晴ル
  • 気さくなもてなしが嬉しい菜園の路地に佇む日本酒バル昨年菜園にオープンした「晴ル」は、老舗のバーみたいな雰囲気に浸りながら、各地の美味しい地酒を思う存分飲み比べできちゃう日本酒バル。約40種類のラインナップは県内産と県外モノがほぼ半々。レアな高級銘柄でウンチクを語るような小難しさもなく、流行の香り高いスッキリ系から岩手らしい濃醇な1本まで、日本酒の懐の広さが堪能できるセレクトなので、ツウじゃなくても自 [続きを読む]
  • 粋な大人のための焼鳥店 炭火焼 あわじ
  • オキニ連れで出かけたい粋な大人のための焼鳥店!寿司屋のカウンターで極上の握りをつまむように、ワインを傾けながらひと味違うこだわりの焼鳥を味わうことができる、洗練された大人の空間「あわじ」。鶏のウマさが染み渡る「塩」串から、小鉢を挟んで「タレ」串のコッテリ美味しいフィナーレへと、焼き立てを1本ずつサーブするスタイルは、肉のポテンシャルで勝負ができるココならではの粋な演出。他の地鶏とはモノが違う繊細な [続きを読む]
  • 本格的なタコスやおいしいカクテル MONTANYA メキシカングリル
  • ウワサのメキシカン屋台が中央通にリアル店舗をOPEN!フェス会場や週末の繁華街でハマったファンも多いあのメキシカン屋台「モンターニャ」が、ついに実店舗をオープン!アメリカ生まれで盛岡をこよなく愛するオーナーシェフは、元「サンダンス」のバーテンダーとしてもお馴染みの超ナイスガイ。そんな彼が、ピザ、ハンバーガーと並ぶアメリカ人の3大好物のひとつという「ブリトー」をイチオシに、本格的なタコスやおいしいカクテ [続きを読む]
  • コテコテに旨い人気麺! あぁ博多人情
  • 博多っ子のソウルフードに博多名物をカブせたコテコテに旨い人気麺!浮かれ気分の年末年始をウマ〜い一杯でシメてくれる「あぁ博多人情」で、開店当時から主力を担う人気者「明太子ラーメン」。博多ON博多なコテコテアレンジが功を奏し、何年も継ぎ足しで仕込まれている絶品とんこつのコクを、たっぷりの明太子がピリッと引き締めてくれる「やみつき系」だぞ。ちなみに「シメ専」スポットだった同店が、なんとこの冬から「串かつ」 [続きを読む]
  • ときめかせる創作寿司と極上の居酒屋料理 本まる
  • 女のコをときめかせる創作寿司と極上の居酒屋料理!さる9月、菜園にオープンした「寿し居酒屋本まる」は、女のコなら歓声をあげずにはいられない彩り鮮やかな創作系握り寿司と一緒に、煮込みや串焼きでも一杯やれちゃう同伴カップル期待の新店。名物の「本まる寿し」は、桂むきしたキュウリで巻いた軍艦や、ホタテの貝柱を貝殻に見立ててシャリを挟んだ変り種など、寿司の常識にとらわれないセンスと和食ひと筋30年の技が堪能でき [続きを読む]
  • クラフトビールを楽しく飲み比べ! Craft Kitchen
  • パーティーで! ちょい飲みで!クラフトビールを楽しく飲み比べ!!映画館通りの「クラフトキッチン」は、全国各地のイケてるブルワリーの味が思う存分飲み比べできちゃうクラフトビール好きの新たな聖地。壁面にズラ〜ッと並んだタップ(注ぎ口)には、果物の香りも華やかなフルーツエールから、ココアを思わせる重厚なフレーバーの黒ビールまで、選ぶのも楽しい個性的なテイストがなんと16種類もラインナップ。樽が空けばどんどん [続きを読む]
  • 魚介自慢の地産地消居酒屋 たこ
  • 見知らぬ隣同士が仲良く飲める魚介自慢の居酒屋が大通に開店!11月に開店したばかりとは思えない風情ある佇まいで、飲んべえ魂を焚き付けてくれる居酒屋「たこ」。店の名前はご想像通り店主の「見た目」そのまんまなワケですが(笑)、かつて出演していた某ラジオ番組でも「たこ店長」の愛称で親しまれていただけあって、人当たりのいい人情キャラは一見さんでもハマること間違いなし!「基本この人からしか仕入れません!」と全幅 [続きを読む]
  • つけ麺ならぬ『つけナポリタン』を堪能 盛岡 BARU GOTTS
  • 盛岡駅前のビジネス街にあるこちらは、仕事を頑張るサラリーマンやOLさんが日々昼食を楽しめるカジュアルなお店。そんな同店で人気なのが『つけナポリタン』。BARU GOTTSオリジナルにアレンジした逸品。極太麺を、特製スパイスで煮込んだトマトソースでいただく。どこか懐かしさも感じる仕上がり。存在感のある大きめの季節野菜もまたいい!!さらにソーセージと煮卵でボリューム感も満点。午後も頑張るビジネスマンのことを考えて、 [続きを読む]
  • 今も昔も愛される王道、街の洋食 北の家族
  • 町の洋食屋さん『北の家族』は、37年間変わらず花巻市民の憩いの場となっている。種類豊富なメニューには、どれにも根強いファンが多い。とりわけ人気なのは、ナポリタンの上にホワイトソースとチーズがとろける『グラタン風スパゲッティ』。コチラを目当てに訪れる方も多い。洋食屋さんの花形メニューが両方味わえる、子どもも大人も嬉しいひと品。もうひとつの花形、ハンバーグは7種のソースから選べる。オススメは『コスモポリ [続きを読む]
  • 元気溢れる『赤』が目印 VILLA ROSSO TRE
  • 自家製パスタとピッツァ、そして『VILLA』といえば美味しいコーヒーがお馴染みのお店。その中でも紫波店は、『ROSSO』が表すように、赤が基調のこのお店。真っ赤なエスプレッソマシーンと、これまた真っ赤な特注ピザ窯、そして色に負けないくらい元気で明るい店員さんが出迎えてくれる。温かいメニューが恋しいこの季節。こちらでは『炙りチーズのラザニア風パッパルデッレ』で我々を満たしてくれる。いわて短角牛を使用したボロネ [続きを読む]
  • 人の目を気にせず、この皿にがっつけ!! ジャンク・ポリタン
  • オシャレなパスタも良いけれど、無性にがっつきたくなるジャンク系スパゲッティは見逃せない。今年5月、パチンコ屋の駐車場内にオープンした『ジャンク・ポリタン』は、その名の通りジャンキー度抜群の懐かしナポリタンを、とにかくたらふく食べられる夢の様な専門店だ。これでもか!! と銀皿に盛られたナポリタン。同店の最小サイズは300gから。一般的な店の1.5倍はありそうだ。しかも、大(600g)、中(400g)、 [続きを読む]
  • 自家製パスタとピッツァ なな織
  • 自家製パスタとピッツァ岩手の美味しいを再認識岩手食材の素晴らしさを届けるべく、9月にリニューアルした同店。県産食材をふんだんに使用した自家製パスタとピッツァが自慢のお店だ。パスタは『岩手県産ゆきちから』とイタリア産デュラム粉を使用。小麦の風味と、手打ち麺ならではの食感、喉越しを楽しんで。『山田町大沢漁港のたっぷり牡蠣のペペロンチーノ』はその名の通り、まるごとの牡蠣がゴロゴロ!旨みが凝縮された贅沢な [続きを読む]
  • 沿岸の腕利き店 Cafe&Pub BON-BON
  • 海鮮も旬菜も活かしきる、沿岸の腕利き店外から中が見えないお店って、気になる。煉瓦造りの素敵な外観だったらなおさらです。久慈駅近く、隠れ家めいたこちらは知る人ぞ知るイタリアン。銀座で修業を積んだ地元出身のシェフが腕を振るいます。ほどよいアルデンテに茹で上げられたパスタに絡める具材はシャキシャキの新鮮野菜や、獲れたての海の幸。実力が発揮されるシンプルなパスタはもちろん、その日の仕入れで変わるワタリガニ [続きを読む]
  • 濃厚鶏そば系ラーメン店 浜亭
  • 盛岡ラーメン勢力図に一撃!あの居酒屋「浜来」内に濃厚鶏そば系ラーメン店登場オイスターソースでコク増しした濃厚醤油ダレが、温かいムチムチ麺にまったり絡んだ「浜亭」の人気急上昇メニュー「牛すじまぜそば」。フライドオニオン&天かすの軽やかな食感とシャッキリねぎのフレッシュな風味、そして思わず一杯ヤリたくなる味染み系の絶品牛すじ煮が丼の中で奏でる激旨ハーモニーはアンコール必至!まとめ役の卵黄がとろ〜り行き [続きを読む]
  • 手料理をつまみにカラオケもOK PAY3
  • 手料理をつまみにカラオケもOKオジサマも業界GALも寄ってって!1階があの「ペイワン」だから3階のコチラは「ペイサン」。そんなシャレのめしたネーミングもユカイな「PAY3」は、ベテラン飲んべえから若い女のコまで絶賛ウェルカムなカジュアルバー。店を切り盛りするのは、結成40年という由緒正しいオヤジバンドで何代目かのボーカルを勤める紅一点嬢。しかもレパートリーはアン・ルイスに欧陽菲菲といったガチに昭和な歌謡曲とい [続きを読む]