漆工芸/前田浩利のブログです。 さん プロフィール

  •  
漆工芸/前田浩利のブログです。さん: 漆工芸/前田浩利のブログです。
ハンドル名漆工芸/前田浩利のブログです。 さん
ブログタイトル漆工芸/前田浩利のブログです。
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/urushi58
サイト紹介文日本の漆芸?前田浩利の仕事/日本伝承文化創作工房のすべて?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 352日(平均0.2回/週) - 参加 2016/08/26 18:02

漆工芸/前田浩利のブログです。 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • スクラッチボード画―それは日本の線画です。
  • 日本の民家/合掌造りの里《飛騨白川郷・越中五箇山の民家》――――――――――――――――――――――――――――――――――――――約50年・半世紀前の白川郷です。――――白川郷の大恩人・松古孝三さんについては、後述します。(左:松古孝三さん、右:前田浩利――――1975年5月3日・松古さんの旅館/城山館をバックに)昭和49年の白川郷・萩町の夏〜秋の民家風景。                [続きを読む]
  • スクラッチボード画―それは日本の線画です。
  • 前田浩利スクラッチボード画制作の変遷は、 昭和から平成に引き継ぐ現代広告の (新聞広告)変遷の歴史といってよいでしょう ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ―小刀で画面を削りながら絵を描く特殊技法の絵画― 《スクラッチボード・イラストレーション》 前田浩利――魂の線刻描法/実践テクニック公開。 スクラッチボード画 ●実践広告編―(1)大ネルソン展 [続きを読む]
  • 日本の線画/スクラッチボード画
  • 世界のアート/スクラッチボード画《 前田浩利の実践プロ作品集 》スクラッチボード画●修作 (2)/泰西名画・ターナー作遭難の図 前田浩利 ・ 刻画 スクラッチボード画/泰西名画ターナー作の遭難図―(原画制作・左右45?x32?)原画から製版し〈凸版画〉を制作して楽しむ。この一枚はスクラッチボードの原画から、凸版の製版を造り「凸版刷り版画」を制作しました。その凸版にインキを塗り銅版画プレス機で刷り上げた作品で [続きを読む]
  • 日本の線画―スクラッチボード・イラストレーション
  •  世界のアート/スクラッチボード・イラストレーション 《 前田浩利の実践広告作品集 》 スクラッチボードの修作を2題見て頂きます―  スクラッチボード画●修作 (1)/ルーベンス 前田 浩利 ・画 スクラッチボード原画制作(左右35?x天地38?) 一本の明快な線の集積によって、あらゆる対象、風景を描出します。 スクラッチボード画―それ自体完成された絵画形式ですが、「削って描く」という特徴は 他の絵画様 [続きを読む]
  • 前田浩利/現代スクラッチボード技法の創始者。
  •  私のあらゆる線画の源流は、スクラッチボード技法に始まります。  □ 漆工芸沈金のために―  □ 西洋古典銅版画のために―  □ 宣伝広告美術のイラストレーションのために―  この三種の業界はそれぞれが独立した造形世界を有しており、また、芸術的価値基準が異なります。 しかし「作品」 という概念は共通して「小刀で削る」 という行為に帰結します。スクラッチボードは 私が描こうとする創造的アートの世界に [続きを読む]
  • 過去の記事 …