randonneuseのブログ さん プロフィール

  •  
randonneuseのブログさん: randonneuseのブログ
ハンドル名randonneuseのブログ さん
ブログタイトルrandonneuseのブログ
ブログURLhttps://randonneuse.muragon.com/
サイト紹介文フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供304回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2016/08/27 06:31

randonneuseのブログ さんのブログ記事

  • 一家3人でのハイキング 下山編
  • 先週の日月で子供たち二人と一緒に出掛けたハイキング記です。サヴォア県のタランテーズ地方、7月19日にツール・ド・フランスが通過する辺りです。 日本への里帰りが火曜の朝の飛行機で何もかもが常にギリギリのわたしのことですので、スーツケースも全く空のまま(しかし地下カーブからは持って上がってるへんは賢い!!)山に来ています。夕方くらいにはうちに帰って準備をしたいところです?? 2日目は山小屋に荷物を置か [続きを読む]
  • 山小屋からプチ湖(2400m)へ
  • 今からちょうど1週間前のハイキング記です。受験を無事に終えた長男も久々に参加して1泊の山歩きです。サヴォア県のタランテーズ地方、有名なヴァノワーズ国立公園の最北部に接しており、イタリアとの国境からもすぐです。 今回のお宿、リュイトール山小屋。夏山シーズン入りしているとはいえ日曜夜だったためか、宿泊客はわたし達3人だけでした。 お昼頃に山小屋に一度戻ってから駐車場に下りるつもりなので、荷物は置かせて [続きを読む]
  • リュイトール山小屋(2038m)に1泊
  • 子供たちふたりと一緒に出掛けた7月8、9日のハイキング記です。 ヴァノワーズ国立公園のすぐ隣に位置するタランテーズ地方、イタリアとの国境ともすぐ近くです。 夕方4時ごろ今晩のお宿リュイトール山小屋に到着しました。 あれ、15歳の次男(手前)がやたら老けて写っています(@_@) 写真を見た長男、「お前24歳って感じ!」って爆笑・・ 山小屋にロゴがあるって珍しいです。しかもパンフレットもバーかなにかみ [続きを読む]
  • ノワール湖から山小屋へ
  • 日本に出発直前の7月8日、9日に家族3人で出掛けたハイキング記です。 行き先はヴァノワーズ国立公園のすぐ隣に接するエリア、タランテーズ地方。山塊的には国境をまたいでイタリアにも広がるアルプ・グレ山塊に含まれます。 標高2400mの地点にあるノワール湖。雪融けの真っ最中でした。すぐ後ろはベック・ダーン(3213m)。普通には登ることができませんがアルピ二スムまたは雪のある時に山スキーで登ることは可能 [続きを読む]
  • 放牧地帯から雪融けの湖へ
  • 7月8、9日(日・月)、日本に里帰りする前・前々日のハイキング記です。 うちからだと3時間弱かかるサヴォア県のタランテーズ地方です。谷のすぐ隣に位置するヴァノワーズ国立公園なんかに比べると知名度が低くハイキング客も若干少なめのようです。 放牧地帯をしばらく歩き続けます。緩やかな登りです。 緑が豊かです。この2週間前に歩いたエクラン国立公園の石ゴロゴロの氷河跡には見られなかった花がたくさんありました [続きを読む]
  • 久々に長男参加の1泊ハイキング(^^♪
  • 今、日本で里帰りを満喫中ですが実家でのんべんだらり&友達や親せきに会うくらいであまり書くこともないので日本に来る前のお出かけをアップします。7月8、9日(日・月)のハイキング記です。 希望する学校の入学試験やバカロレア試験があって春から初夏にかけては勉強が忙しくて一緒にお出かけしていなかった長男ですが、バカロレアや入学試験にもパスして今回久々に山についてきてくれました。 お天気はもう3週間くらいほ [続きを読む]
  • 今日から里帰り(^^♪
  • 先日の日曜日から3週間の夏休みです。あ、子供たちがではなくてわたしが、です(≧∇≦)子供たちはもう6月後半から夏休みで(フランスの学校は休み長い??)日本のようにたっぷりと宿題があるわけでもなく、毎日ふらふらまったりと過ごしています(^^; 日・月と子供たちと1泊で山歩きをしてきて(片道3時間弱かかるちょっとした遠征)、火曜朝にフランスを出発、今日午前中に関空に着きました。 毎回利用するリヨンの空 [続きを読む]
  • 融け始めのマリアンド湖を経由して下山
  • 明日朝、日本に2週間の予定で出発します。 この記事は予約投稿をセットしておきます。 6月23・24日のエクラン国立公園、オワザン地方でのハイキング記です。 2940mのマリアンド峠まで登って昼食にした後はマリアンド湖を経由して下りていきます。 峠への登りでは一応湖を探しながら登っていたのにすぐ近くを通っていたにも関わらず、窪んだところにあるせいで見えなくて結構上まで上がってから気が付いたのでした。 [続きを読む]
  • マリアンド峠(2940m)で半分絶景、半分ガスの中ランチ
  • 6月23、24日のエクラン国立公園オワザン地方でのハイキング記です。 標高1800mほどの山小屋に一泊した翌朝、マリアンド峡谷に向けて歩き始めました。 峡谷の奥は3000m台の山が連なっており、その麓にはマリアンド氷河が本当に少しですが残っています。 2600mほどのところにあるマリアンド湖のすぐそばを通り、目の前に見えるふたつの峠のどちらかまで行こうとちょうどその真ん中目指して登っているところで [続きを読む]
  • 久し振りに3人で山に行ってきます(≧∇≦)
  • 2週間前のエクランでのハイキング記が途中ですが・・・ 昨日はフランスで一斉にバカロレア試験の合格発表日でした。高校3年生の長男は晴れて合格。5月には希望する学校の入学試験にも受かっていたので(そっちのほうがずっと難しい)、既に安泰ムードは漂っていたのですが、これで晴れて受験生生活(といっても日本に比べると気楽なもんです)を終えて夏休みに入ることができます。 昨日は銀行に学生ローンを組みに行きました [続きを読む]
  • マリアンド氷河からマリアンド峠(2940m)へ
  • 6月23、24日の週末に出掛けたエクラン国立公園、オワザン地方でのハイキング記です。土曜の夕方に出発、標高1805mにあるアルプ・デュ・パン山小屋に1泊して翌朝マリアンド峡谷を目指して歩き始めました。 山小屋から1時間近く歩いていますが、アップダウンしつつ標高的にはほとんど変わらないまま峡谷に近付いてきました。峡谷の奥に残雪のある立派な感じの山が見えてきていますが、残念ながらまたここからしばらく下 [続きを読む]
  • アルプ・デュ・パン山小屋に1泊
  • 6月の23、24日の週末に出掛けたエクラン国立公園北部のオワザン地方へのハイキング記です。仕事が終わった土曜午後に出発、夕方5時半に駐車場から歩き始め6時半に山小屋に到着しました。 前回来た時と管理人さんが変わっていてイギリス人の女性が新しい管理人さんでした。イギリス人が経営する地元ビールメーカーの白ビールを注文しました。山小屋に到着して頼むビール。なんでこんなにおいしいのでしょうか・・・ 標高1 [続きを読む]
  • 約1年ぶりにエクラン国立公園・オワザン地方へ
  • 少し前に「今からエクランに1泊で行ってきます!」という内容で短く投稿した1泊ハイキング記になります。 昼過ぎまで仕事だった土曜日、勤務先近くに車を停めておいてうちに帰らずに直接出発しました。 高速で眠くなりすぎて一度SAで長い目に休憩(そのときブログ記事もアップしました)した他は渋滞もなく順調にやって来ました。 最後は少し急な山道になっている県道です。最後は行き止まりになっているので峠道路ではない [続きを読む]
  • 南仏へ結婚式の2次会へ
  • ここ1週間ほど猛暑続きのフランスですが、昨日の日曜は特に暑い南仏まで友人の結婚式の二次会へ行ってきました。 フランスで結婚式は大抵土曜日。パーティーは夕方位から夜更け、明け方まで続くのが恒例です。そして日曜のお昼にも同じメンバー(のうち来られる人)でご飯を食べるのがよくあるパターンです。 土曜は仕事だったので、この日曜の集まりだけに行ってきました。 いつも山行きに乗る高速とは別のA7(オートルート [続きを読む]
  • 初めてガリビエ峠(2645m)へ
  • 6月半ばに次男と出かけた1泊ハイキング記です。 2日目朝。朝ごはんを済ませて荷物をまとめます。 お天気はまずまずのようです。 谷の奥には、昨日の午後散策中にすぐ麓を通ったグラン・コルドニエ(3086m)。頂上へはアルピニスムの装備と経験が必要とされています。 マーモットがあちこち走り回っていました。この岩の下に穴を掘り、おうちにしているようです。 谷を下りてゆきます。 本来なら2日目も山小屋をベー [続きを読む]
  • 次男とアンバン山小屋で1泊(6月中旬)
  • 次男と6月16、17日で出掛けたハイキング記です。昨年10月にひとりで訪れたエリアですが、その時は雪がなかったし一人だったのでガッツリと周回で歩きましたが、次男と一緒だし雪もたくさん残っているので2800m台の地点まで行き、夕方には山小屋に向かって下りていきました。 先日の今月初めにメルカントゥール国立公園に遠征した時にアイゼンデビューした次男。今回も活用しまくりでした。 ピンクのクッションのよう [続きを読む]
  • 次男と山で焼肉ランチ(6月中旬)
  • 次男と6月16、17日に出掛けたイタリア国境に近いアンバンの谷でのハイキングです。 6月も後半というのに林道部分に雪がたくさん残っていて衝撃的でした。宿泊予定のアンバン山小屋(2270m)に荷物の一部を置かせてもらい、2800mのノワール湖方面へ散策に出掛けました。去年の秋に一人で来ているエリアです。 2800mの湖だとまだ雪に完全に隠れているには違いないのですが、その場所自体は高台みたいになって [続きを読む]
  • 再び雪の世界へ(6月中旬)
  • バスク、メルカントゥール旅行記が長引いてしまって今現在との差が出来過ぎてしまったので、ハイキングひとつ飛ばして(また後日別の機会にでも書きます)、6月16、17日の週末に次男と出かけたハイキング記を書きます。 既に何度も書いているように、バカロレア試験を控えていた長男は最近のお出かけには不参加でした。その一方、次男はこの春くらいからは誘うと毎回一緒に山に来てくれるのが嬉しいです。 今回の行先はイタ [続きを読む]
  • 3つの峠道路をハシゴして帰宅
  • もう3週間も経ってしまった6月初旬の南仏メルカントゥール国立公園への遠征。 峠道路を中心に帰ってきました。標高の高い峠道路は雪のために5月末か6月初めから10月末か11月初めくらいまでの約5ヵ月しか開通しておらず、この時期は2000m以上の峠道路の開通が相次いだ頃でした。峠道路の開通ニュースを聞くと「ああ、夏が来たんだな」という気分になります。 ボネット道路はアスファルト舗装がされている最もヨーロ [続きを読む]
  • エクランに1泊で行って来ます!
  • 今週はずっとお天気が良く、今週末も晴れの予報。 ?こんなです^ ^ わたしがよく行くハイキング先が天気予報サイトに登録してありますが、どこもくまなく晴れ?? お昼過ぎには仕事が終わるので直接山に出発出来るように仕事場の近くまで車で来ました。すぐ近くには停められないし普段は歩きです。 路駐スペースがあるか分からなかったので早めに出たら余裕で停められて時間を持て余し、車の窓ガラスを拭いてみたりします。 [続きを読む]
  • 次男と雪融け最中の湖畔を歩く(6月上旬)
  • 今月初めに次男と2泊で遠征した南仏のメルカントゥール国立公園です。 今年は残雪が多く、少し苦労しつつフェール峠を経由して到着したヴァンス山小屋で1泊した翌日はふたつの湖の畔を歩きつつ行きとは別のコースで駐車場に向かいます。ちなみに行きとは違う駐車場に下りるので、最後は道路を少し歩くことになります。 早朝、山小屋前から。6月というのに寒くてダウンジャケットの上から毛布を被って少しの間、外に出ていまし [続きを読む]
  • 次男と湖畔の山小屋で一泊(6月上旬)
  • 次男と今月初めに南仏のメルカントゥール国立公園に遠征した時のハイキング記です。 朝はお天気が良かったのですが、予報通りヴァンス山小屋(Refuge de Vens)に到着した時にはどんより曇り空、雨もぱらついていました。ここ数週間、フランスじゅうでお天気が悪かったので、このくらいはましだと思わないといけません。1日晴れても翌日からまた2、3日曇りや雨、といった感じでまとまった晴れ間が出ないお天気が [続きを読む]
  • 次男・アイゼンデビュー!(6月上旬)
  • 今月初めに次男と出かけた南仏のメルカントゥール国立公園。わたしは昨年初夏に来て以来2度目、次男は初めてです。 この日、もう一つ初めてのことが。スキー以外で雪のある山に来たことがなかった次男、5月末にスノーシューデビューは果たしていましたが、この日アイゼンデビューとなりました。メルカントゥールに出発する前日(バスク地方から帰って来た日の夕方??)に次男の分も買ったばかりです。 標高1650mの駐車場 [続きを読む]