randonneuseのブログ さん プロフィール

  •  
randonneuseのブログさん: フランスで山歩き
ハンドル名randonneuseのブログ さん
ブログタイトルフランスで山歩き
ブログURLhttps://randonneuse.muragon.com/
サイト紹介文フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供299回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2016/08/27 06:31

randonneuseのブログ さんのブログ記事

  • 3747mにて頂上ランチ(^^♪
  • グランド・サシエール頂上(3747m)。 昨日ひとりで出掛けたハイキング記です。 行き先は2回目となるエギーユ・ド・ラ・グランド・サシエールです(3747m)。最後の200mほどは標高のせい?1時間しか寝てないせい?で足がなかなか上がらなくなってペースダウンしたものの、3時間半ちょいで上がってきました。駐車場が2200m台で1600m弱の累計標高差らしいのでちょうど富士山に五合目から登る感じでしょ [続きを読む]
  • 再びグランド・サシエール(3747m)へ
  • 順序的にはまだブログにアップできてないハイキングがふたつあるのですが、とりあえず今日の日帰りハイキングから書きます。 最近の2回の山行きはいずれもテント泊。つまり山での滞在は楽しむことが出来たけれど、ガッツリ登る、というのには程遠いものでした。というのも、軟弱なわたし達は荷物が重いとあまりいっぱい登る気がせず(;´・ω・)しかも仕事が終わってから2時半や3時の出発だったので、あまり移動の時間も歩く [続きを読む]
  • 初のソロテント泊\(^_^)/ 後編
  • めでたくソロテント泊デビューすることになった先週の月〜火曜日。 荷物が重たくてあまりたくさん歩きたくないので高い標高から出発できるという理由で適当にチョイスしたラ・クロワ湖。駐車場からの高低差は600m弱、コースタイムは2時間なのでファミリー向けだと思うのですが、駐車場に近い地点で帰ってくるハイキング客数人とすれ違いましたが、平日だったためか夕方から湖に向かう人は誰もおらず当然テントを張ってるのも [続きを読む]
  • 初のソロテント泊\(^_^)/ 前編
  • 1か月前に同僚のS君と南仏の山でテント泊したのに感化され早速テントを購入、その2週間後には子供たちと家族テント泊デビューを果たしました。 先週の月曜午後と火曜が休みだったので、ついにソロテントデビューを果たす機会になりました。 あまりたくさん登らなくても風光明媚なところに行けるので今回も峠道路から出ているハイキングコースをチョイス。子供たちと行ったのは片道3時間半近くかかる峠道路でしたが、もう少し [続きを読む]
  • 里山で迷う(+_+) 後編
  • 子供たちとテント泊で出掛けた週末の翌日、月曜日も仕事が休みだったので里山感覚の近場シャルトルーズ山塊にひとりでハイキングに出掛けました。 山塊最高峰のシャムショウドへコース外のところから登ろうとして道が見つからず、ウロウロ迷ってるところで前半終わりでした。 もう、一般的なコースまで戻るのでもいいか、と思ってそこの地点まで戻ろうと引き返しつつあります。ただし行きに通ったのよりもだいぶ高い位置を歩いて [続きを読む]
  • 里山で迷う(+_+) 前編
  • 子供たちと初の家族キャンプが実現したのが今月初めの土日でした。翌日の月曜日は子供たちは新学期。フランスでは学年初めにもあたります。 わたしは月曜も仕事が休みだったのでクレイジーさを発揮してひとりで日帰りハイキングに出掛けました。ただし土日の行き先が片道3時間半近くかかる遠征だったので、あまり運転する気がせず里山感覚の近場シャルトルーズ山塊に行き先を決めました。 日が昇るのがとんと遅くなってしまいま [続きを読む]
  • 子供たちとテント泊・湖畔で朝ご飯
  • 子供たちふたりを連れて初めてのテント泊。テント=湖、というわたしが持っているイメージにぴったりの美しい場所でした。前日の強い風は止んでおり、雲一つない清々しい朝です。 子供たちが寝ている早朝、ひとりで湖畔を散歩してきました。 戻ると間もなく長男が起きてきて、昨日集めた残ってる木の枝でたき火をすることに。かなり寒いのでありがたいです。 間もなく次男も起きてきたので朝ご飯です。ミニサイズのデニッシュを [続きを読む]
  • 初めての一家でテントの夜
  • 10日前の週末のハイキング記です。子供たちふたりと一緒に初のテント泊をしました。 駐車場からあまり遠くない、森が近い(焚き火用の木を拾える)、そしてテントや焚火自体が禁止でないという条件で探したクリスト―ル湖のほとりに着いたのが19時。仕事が終わってから出発したので遅い目ですが、まだ日が沈むのがそこまで早くないので明るいうちにテントを張ることが出来ました。 湖からすぐのところだと草がフワフワなので [続きを読む]
  • 子供たちと初めてのテント泊(先週末)
  • 先日ダイジェストで報告した先週末のハイキング記です。ハイキングというよりかは今回はテントで寝ることがメイン。出発したのも土曜の午後だったので手っ取り早く標高の高いとことから歩き始めることが出来る峠道路から出発することにしました。 目的地はオート=ザルプ県のグラノン峠(2413m)です。サイクリストさんの姿もちらほら。うちから3時間半近くかかるかなり遠いエリアなのですが、「重たい荷物を背負ってあまり [続きを読む]
  • プチット・ムシュロール山頂で「明石のりラーメン」?
  • 先週の火曜日にひとりで出掛けたハイキング記です。 標高はあまり高くないけれど石灰岩の岸壁が個性的な景色を生み出していてアイベックスもたくさん生息しており、高い山の大げさな景色(^^;に飽きたときやあまり運転したくないときなどに気分転換に行きたくなるような場所です。 1229mの駐車場を出発して2姉妹峠(コル・デ・ドゥー・スール 2056m)、グランド・ムシュロール(2284m)、ムシュロール峠(2 [続きを読む]
  • 忍者ヤギの貼り付くグランド・ムシュロールを下りる
  • 先週の火曜日に一人で出掛けた近場ヴェルコール山塊での周回コース。姉妹に例えられた二つの山の間の峠を越えてからアイベックスだらけの台地を通り抜け、山塊2番目の標高になるグランド・ムシュロールに登ってきました。 反対側から登ってきた40代くらいの男性。この日初めて出会うハイキング客で周辺の山のことなど5分間ほど話しました。 わたしが登ってきた方向に下りて行かれました。 さて、わたしはこっち側に下りて行 [続きを読む]
  • アイベックスの群れの中を歩く
  • 先週の火曜日に一人で出掛けたハイキング記です。 アガット姉さんと妹ソフィーと名付けられた二つの山の間の峠、コル・デ・ドゥー・スール(勝手に訳して二姉妹峠。2056m)に登ってきました。 登ってきた峠から少し離れたところで1枚。 振り向いたまま右手がアガット姉さん。下から見ると岩々の絶壁なのに、峠まで登ってみるととてもなだらかな優しいような斜面です。 こちらは妹ソフィー。やはりなだらかです。峠からだ [続きを読む]
  • 1年ぶりに二姉妹峠へ
  • 8月は雪のある季節だと難しい高い山に登ることが多かったのですが、そういうのも続くと食傷気味になるのが不思議なところです。 仕事が休みだった先週の火曜日、気分転換にヴェルコール山塊に行ってきました。ヴェルコールは最高峰でも2300m台と全体的に低い目なのですが、南北に城壁のごとく連なる岸壁と頂上のラインが独特で、あまりしょっちゅうは行く気がしないのですが、しばらく行っていないと無性に恋しくなるのです [続きを読む]
  • 一家でテント泊から帰ってきました
  • 予告していた通り、土日で子供たちと3人で初めてテント泊にて山歩きをしてきました。 早速じっくりとレポートしたいところなのですが、行き帰りがそこそこ長距離ドライブだったことや、テントって使ったものをうちでまた開いて乾かさないといけない&調理器具等の洗い物なんかで結構帰ってからも忙しく、そして明日も休みなので(子供たちは新学期)近場シャルトル―ズ山塊に半日ハイキングに行くつもり(はい、クレイジーだと分 [続きを読む]
  • グラン・ガリビエ(3228m)とガリビエ峠ドライブ?
  • 次男と同僚のS君とやってきた先日の日曜日のハイキング。わたしは2度目となるセルス山塊最高峰のグラン・ガリビエですが、今回は高低差の少ない(約1200m)コースです。ガレ場岩場が苦手な次男は残念ながら3000m弱の地点でリタイヤ。少し下りたところにある湖(、と地図にはありますが実際にはかなり干からびて水溜りのよう)で待っててもらうことに。 頂上からは360度のパノラマが素晴らしい?? S君が知らない [続きを読む]
  • 子供たちとテント泊してきます(≧∇≦)
  • 明日の土曜日は(もう夜中の1時過ぎてるので今日、ですが)仕事がお昼までなので午後から子供たちと3人で山歩きに行くつもりをしています。いつもと違うのは・・・テント泊の予定なのです? 半月前、同僚S君と南仏の山に遠征してテントで寝ました。それがとても楽しかったので(寒かったのですが。。)早速先週、ひとり用だけど無理やり二人でも寝れないこともないテントを購入しました。エアマットも買いましたが、これはどう [続きを読む]
  • 同僚S君と再びグラン・ガリビエ(3228m)へ
  • 昨年8月に初めて登ったセルス山塊最高峰のグラン・ガリビエ(3228m)。その時は朝6時に山の反対側の標高約1700mの駐車場を出発して1550mという高低差の距離的にも長い周回コースで回りました。しかも初めにふたつある頂上の違う方(9m低い)に登ってしまい、150mか200mくらい下りて(ふたつの頂上の間はギザギザで直接は行けない)正しい頂上に登り返したせいで高低差が合計1700m以上というキツい [続きを読む]
  • またまた同僚S君と(゚Д゚;) 次男も一緒にお山へ
  • 先週の土曜日。仕事場で顔を合わせたS君がそわそわと聞いてきます。「明日はどこか歩きに行くの?」「次男とグラン・ガリビエに行こうと思ってる」「僕も一緒に行っていい?」「いいけど・・わたしたちあんたみたいに早く歩けないよ。次男とふたりの時はいつもダラダラだよ!」「じゃあブラッスリー(頂上のこと。そこでみんなお昼を食べるので)で待ち合わせでもいいやん」「一緒に行く意味ないって」「ウソウソ。ちょこちょこ止 [続きを読む]
  • 同僚S君と頂上ランチ&下山編
  • 同僚のS君と中3日で近場のタイユフェール山塊の最高峰ル・タイユフェール(2857m)にやって来ました。1700mの駐車場から休憩(5分くらい)込みでジャスト3時間でした。稜線の部分ではアップダウンもあったし、わたし一人だともっとゆっくり歩いてるはずです?? ちなみに、雪の少なかった2017年元旦にソロで周回したのと全く同じコースです。S君は初めてだそうです。 だだっ広い頂上にはいくつものケルンと鉄 [続きを読む]
  • 2度目のル・タイユフェ―ルへ
  • 夜中まで続いた同僚の新居祝いパーティー明けのハイキング記です。 さすがに長時間運転する気にはならないので行き先は2時間弱で行ける比較的近場のタイユフェール山塊です。山塊最高峰のル・タイユフェール(2758m)を目指します。 かなり急な上り坂の森の中を抜けて原っぱのようなところに出てきました。 飲み過ぎたため2時間くらい同僚のおうちで寝させてもらって今朝帰ってきたというS君。若いだけあって疲れも見せ [続きを読む]
  • 同僚S君とパーティー明けハイキング(゚Д゚;)
  • 先週岩々の山に一緒に登ったS君とは・・考えたら冬か春先にスノーシューハイキング一緒にした時以来(つまり半年くらい)ご無沙汰でした。仕事場では毎日顔を合わせているものの、趣味や友人の多いS君、いつもあちこち飛び回っていて(飲み会も週6という噂)ハイキングに行こうって話には案外なりません。なのに、先週の火・水で一緒に南仏遠征ハイキングに出掛け、その3日後の日曜にも日帰りハイキングに行きました(^▽^; [続きを読む]
  • 影響されて早速テントを購入(//∇//)
  • 先週、同僚S君とイゾアール峠でテント泊して、楽しかったのでさっそく今週テントを買いに行きました(^▽^;) 去年の夏くらいから「いいな」とは思っていたものの、決断が付かず山小屋や避難小屋でお茶を濁していたのですが・・・懐かしいワンゲル時代の思い出が蘇ってきたのでした♪ 仕事が早く終わった日があったので市内の山用品専門店「Au Vieux Campeur」へ。 靴ばかり置いてる店、トレラン専門の店 [続きを読む]
  • 同僚S君とハイキング 最後はヒッチハイク(^^;
  • 8月14〜15日のハイキング記です。 少し前から登りたい山候補の一つだったブリアンソネ地方の最高峰、ロッシュブリュンヌ(3321m)に同僚のS君と登頂した後は、ピストンせずに行きに歩いたのとは少し違う方向にある湖を経由して帰ることにしました。 ピストンするのと違ってアップダウンが少々あります。 ようやく到着します、目の前の平たくなっているところが湖です。 スリエ湖(2492m)に到着です。ロッシュ [続きを読む]
  • ロッシュブリュンヌでS君とランチ&下山編
  • 8月14、15日に同僚S君と遠征したブリアンソネ地方とケラ山塊の境界線にあるロッシュブリュンヌ(3321m)。頂上の数十メートル下の急斜面で「これは無理だ」と絶望しかけたものの、S君がケルンもない方向からの通り道を見つけてくれたおかげで無事登頂することが出来ました? エクラン国立公園方面。 奥に続く稜線の右側の斜面から登ってきました。 ほぼ同時に歩いていたイタリア人のご夫婦が間もなく到着したので写 [続きを読む]
  • 憧れのロッシュブリュンヌ(3321m)へ
  • 8月15日に同僚S君と挑戦したちょっと南仏寄りのロッシュブリュンヌ。今まで何度かその美しい姿を遠くから見ていて登りたい気持ちが高まっていました。すぐ近くに3000m以上の山がないため、頭一つ出っ張って目立つのです。それに、登山ルートからだと頂上部分が丸く見えるのですが、北側(普段見ている側)からだとツンと尖ってカッコよく見えています。 距離や高低差的には大したことない(周回して11キロ、1200m [続きを読む]