randonneuseのブログ さん プロフィール

  •  
randonneuseのブログさん: フランスで山歩き
ハンドル名randonneuseのブログ さん
ブログタイトルフランスで山歩き
ブログURLhttps://randonneuse.muragon.com/
サイト紹介文フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供267回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2016/08/27 06:31

randonneuseのブログ さんのブログ記事

  • 二度目のラティシエール(2865m)へ
  • 先週水曜の日帰りハイキング記です。いくらでもスノーシューできるところはあるというのに、去年の1月に行ったことのあるポワント・デ・ラティシエール(2865m)に再びチャレンジです。道路の除雪が確実で駐車場自体の標高が高いこと、パノラマが素晴らしいこと、帰りにチーズを買えるエリアであることなど長所が多いのですが、高低差は1200m。雪が2日ほど前に降ったばかりの新雪なのでズボズボだということを考えると [続きを読む]
  • 久しぶり(2週間弱ぶり)にお山へ♪
  • 先日やっと書き終えた年始の2泊3日ハイキング旅行の翌日から9連勤でした(^^;) 待ちに待った久々のお休みの日曜日のお天気は?これ・・・ 雪、しかも強風。。つまり吹雪いているってことですかい(T_T) しかし、その次の休みの水曜は晴れマーク出てますよ(^^♪このまま天気予報が変わらないことを祈る・・・ で、迎えた火曜夜。その間天気予報は何度か変わってきたものの、最終的には1日中晴れの予報\(^_ [続きを読む]
  • 次男と雪山合宿(ようやく)最終日(^-^;
  • もう2週間も経ってしまいました、高校2年の次男と年始に2泊で出かけた南仏ケラ山塊で山小屋に泊まってのハイキング旅行記です。やっと、これが最終回です。 山に泊まる楽しみのひとつは夜や朝の美しい空の変化を見ることです。ここの山小屋の朝ご飯は7時半からでしたが、7時5分に下りてきました。山小屋の方がろうそくの火を灯して準備中でした。 台所だけ電気がついています。非常灯の緑が幻想的(;・∀・) 前の日は自 [続きを読む]
  • 合宿2日目・午後のお散歩&山小屋での夕食
  • 高校生の次男とふたりで出かけた年始の2泊3日、南仏ケラ山塊でのスノーシューハイキング記です。 突風が吹き荒れるサン・ヴェラン峠(2844m)から隣の山頂、ピック・ド・カラマントラン(3025m)へ向かうも、あとほんの少しのところで撤退、逃げるようにして山小屋まで下りてきました。 峠、これでしたよ??・・・? 知らん間に撮れてた一枚??? コース的には何ら難しいところのないなだらかな峠と山頂なのです [続きを読む]
  • 雪山合宿2日目 風吹き荒れる峠へ
  • どんどん日が経ってきてしまいましたが、お正月に2泊3日で次男と出かけた南仏ケラ山塊での山小屋泊ハイキング旅行記です。 朝7時前。食堂に来ると山小屋の方がろうそくの火で朝食準備中でした。ソーラーパネルがあるので電気はありますが節電なのでしょう、夜間(朝7時まで)は電気が付きませんでした。山小屋はたいていそんな感じなので宿泊客はみなヘッドランプを持参しています。 お月様と金星でしょうか、非常に明るい星 [続きを読む]
  • 雪山合宿1泊目・山小屋での夕べ
  • 1月1日〜3日に次男と出かけた南仏ケラ山塊でのハイキング旅行記です。 予約したのはイタリアとの国境にほど近いラ・ブランシュ山小屋。標高2500mの地点にあり、山スキーやスノーシューをする人が多いので夏の3か月間に加え、冬から春にかけての3か月半ほども営業しています。 到着して小屋内を覗くと管理人さんやスタッフの方がわたし達の前に到着したグループの対応で忙しそうだったので、まずはテラスに荷物を下ろし [続きを読む]
  • ラ・ブランシュ山小屋(2500m)に到着
  • 高校2年生の次男と元旦から3日にかけて2泊で出かけた南仏ケラ山塊。山スキーヤーさんやスノーシューハイキング客の多いエリアなので山小屋も夏の3か月間に加え12月後半から4月中旬まで管理人さんがいると知り、年末30日に予約しました。よく天気予報がコロコロ変わるので、いつも行先を決めるのがぎりぎりになります(^^;) 長男は元旦は友達や彼女と予定があり、3日には大学の試験があったので不参加でした。 23 [続きを読む]
  • 次男と2泊で元旦雪山合宿!
  • 年末は31日まで仕事でしたので、元旦から3日にかけて次男と2泊で山小屋に泊まって雪山散策をしてきました。行先は出発2日前に思いついた(^▽^;)南仏ケラ山塊です。山小屋は電話ですぐに予約できました。 冬にも管理人さんがいて営業している山小屋が少数ながらもあるのは知っていましたが、泊まるのは初めてです。通常、フランスの山小屋は6月半ばから9月半ばにかけての3か月間くらいだけオープン(標高などによって [続きを読む]
  • 2955mで雪山ランチ&下山編
  • クリスマス明けに一人で出かけた日帰りハイキング記です。 山スキーヤーに人気のピック・ブラン・デュ・ガリビエですが、一般的なコースではない斜面から登ってきたため、頂上まで誰ともすれ違うことはありませんでした(谷底を歩いている人を一人見かけたのみ)。 頂上から今来た方向を振り返って。 左側の斜面から登ってきて稜線に合流、少し細いところや岩々のところもあったので慎重に進みました。頂上に着いたのはお昼前で [続きを読む]
  • ピック・ブラン(2955m)頂上へ
  • クリスマス明けの日帰りハイキング記の続きです。山スキーのコースとしてとてもポピュラーだというピック・ブラン・デュ・ガリビエにスノーシューで挑戦です。 一番簡単な東側の稜線伝いに登るのではなく、谷からぐるっと回りこんでもう少し急な南壁から登って緩やかな東側から降りるという周回コースにしてみました。 風が作った雪の模様や雪庇を眺めながら歩き続けます。 こちら側はポピュラーではないというだけあって、初め [続きを読む]
  • 元旦雪山合宿から帰ってきました
  • 年末の日帰りハイキング記が途中ですが・・・ 今日夕方、次男とふたりで出かけた2泊3日の遠征ハイキングから帰ってきました。 有給を1日使って1月1日〜3日まで休みだったのでどこか遠い地方に行きたいとは思っていたのですが、最近かなり寒いので避難小屋とかはキツそう・・・じゃあ民宿?とまあまあ遠いのであまり行く機会のない南仏ケラ地方の民宿リストを見ていると、民宿に混じって山小屋が入っていました。夏の3か月 [続きを読む]
  • 2018年の締めくくりスノーシューハイキング
  • 明けましておめでとうございます。 ブログを読んでくださってありがとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 クリスマス明けのハイキング記です。 これを書いているのは12月30日夜(フランス時間)。明日が仕事納めで翌日1月1日から3日にかけて次男と南仏方面の山に2泊で遠征予定なので、この記事は予約投稿にしようと思っています。 今日の目的地は、よく通過する機会があるロータレ峠です。これは [続きを読む]
  • S君とAちゃんとで雪の上でピクニック?
  • 今月半ばに同僚S君と山友Aちゃんと3人で出かけたハイキング記です。 標高1500m台の村を出発して、2556mの山頂を考えていましたが一昨日昨日に降った雪で1歩1歩が重く、思うようにさっさと進むことができません。おやつ休憩したときに二人と相談しもう少し手前にある2449mの高台になっているところを目指すことに変更しました。 足長な3人の影。右からわたし、S君、Aちゃんです。 楽なところに変更した割 [続きを読む]
  • S君とAちゃんと3人でスノーシュー?
  • 今月中旬に山友達のAちゃん、同僚のS君と出かけたスノーハイキング記です。 Aちゃんは以前はうちから徒歩10分ほどの近所に住んでいましたが、山好きが高じて今年の春に山深い隣の県、サヴォア県の県庁所在地シャンベリーに引っ越しています。S君がまずうちに迎えに来ることになりました。 ひとつ手前の交差点から疾走してくる赤い車・・・?? 6時にAちゃんちで待ち合わせなので、4時45分に迎えに来てくれる予定でし [続きを読む]
  • 平均年齢65歳強のおじさま山スキーヤー達に出会う
  • 今月半ばの10連勤明けの土曜日に出掛けたスノーシューハイキング記です。前後はお天気悪かったのに運よく晴天。ただし午後からは霞んでくるという予報でしたがお昼には頂上に着いていたので問題ありません? 3度目の登頂になるモン・ロッセ(2449m)。前回の2回も冬に来ましたがそれぞれ別のコースから登りました。 南方面。 真横(西方面)、連なった山はグランド・パレと呼ばれています。 これも南、ヴァノワーズ国 [続きを読む]
  • 10連勤明けはやっぱりスノーシュー!
  • ひとつ前のハイキング記(12月4日)から11日経った12月15日のハイキング記です。この間なんと10日間連続勤務でした(;´д`)少し疲れ気味というのは事実でしたが、そんなときこそお山にGO!です。どこが痛いというわけではありませんし、うちでゆっくりするのは体的には休まるのでしょうが、精神的には自然にどっぷりと漬かりたい気持ちでした。 行先は秋にソロキャンプで来て以来ちょっと久しぶりのボーフォータ [続きを読む]
  • エクラン国立公園・突風の中、激寒ランチ
  • もう半月以上も経ってしまいましたが、今月初めにひとりで出かけたエクラン国立公園南部のシャンプサー地方。標高1600mのスキー場から出発しました。2年前の9月にひとりで2泊で歩いたル・ヴュー・シャイヨール(3163m)の頂上から少し下の峠、コート・ロング峠が本日の目的地です。欲を言えば頂上まで行きたいですけど、駐車場から1600m以上の高低差になり今の時期、日がとても短いので厳しそうです。 雪がある [続きを読む]
  • エクラン国立公園でスノーシュー・峠から峠へ
  • 今から2週間前の日帰りハイキング記です。11月中にたんまりと雪のある所に行っていたので、山深いエクラン国立公園(ここエクラン南部は北部ほどは高い山はないとはいえ)なのに雪が少なくて拍子抜けです。1600mのスキー場から出発して2000mを超えたあたりからようやく雪景色になってきました。 ピッス峠(2354m)に到着です。この峠の手前の斜面からしっかりと雪が残っていました。 峠から少しだけ進んだとこ [続きを読む]
  • エクラン国立公園でスノーシュー・雪がない!?
  • やっと書き終わったユバイ渓谷1泊ハイキング記から1週間後の12月初めの平日にこれまた南方面、ただしちょっと方向は違うエクラン国立公園方面へと日帰り遠征ハイキングをしてきました。 わたしの中で遠征、というのは片道3時間くらい以上の場所です。ここへはグーグルマップ計算で2時間45分程度と出ているので、まあ遠征の類に入ります。 うちを出たのは4時半くらいだったでしょうか。これはうちから2時間弱ほど運転し [続きを読む]
  • ユバイ渓谷・帰りも飛びきりの絶景の中ドライブ
  • だいぶ日が経ってしまいましたが11月末にソロで遠征した少し南の山塊、ユバイ渓谷でのハイキング記です。 2日目は冬でも開通しているヴァルス峠道路の峠に近い地点に車を停めて400mほどの高低差のお手軽スノーハイキングを楽しみました。 前日のハイキングでは雪が多すぎてちょうどいい食べる場所が見つからなかった&風が強すぎてとてもご飯どころではなかったということでお昼ご飯抜きでした(;´Д`) 今日は風も [続きを読む]
  • スノーシュー2日目・ユバイ渓谷?
  • 11月末にひとりで出かけた南方面のユバイ渓谷への1泊遠征ハイキング旅行記です。 2日目、民宿を出たのは8時半を回った頃でした。8時くらいまでには出るつもりをしていたのにあまりに快適すぎてダラダラとしたい誘惑に負けました(^^; 民宿のある小さな村から県道に向かう途中。何かの果樹園のようでした。 四方を山に囲まれた美しい地方です。 ヴァルス峠道路へと入ります。2111mと、フランスで10番目に標高 [続きを読む]
  • ユバイ渓谷、民宿編
  • 先月末に一人で出かけたユバイ渓谷。1泊遠征で、ホテルはあまり好きではないので民宿を予約しています。 本当なら1日目のハイキングをしたエリアで民宿を探すつもりだったのですが、夏山シーズンはとっくに終わり、スキー場がオープンするまではまだ少しあるという11月ですので、民宿が軒並み閉まっており仕方なしにだいぶ離れたところをブッキングドットコムで予約しました(出発前夜の1時・・つまり出発の3時間半くらい前 [続きを読む]
  • 半年ぶりのスノーシューでバテバテ(-_-;)
  • 11月末にひとりで1泊遠征してきたユバイ渓谷にてのハイキング記です。昨シーズン最後のスノーシューは今年の5月半ばでしたので、約半年ぶりのスノーシューハイキングになります。平たいところを歩くのさえ疲れる深い新雪です。ゼーゼー言いながら登ってきました。 自分の足跡。こんなにズボズボです。 これも振り返った写真。今まで見たことも聞いたこともないけど立派な感じの山・・・とその時思ったんですが、ブログを書く [続きを読む]
  • 今年初のスノーシューハイキング?
  • 11月末に1泊で遠征した南寄りのマイナーな山地、ユバイ渓谷でのハイキング記です。 行く場所を決めたのが前夜で睡眠時間1時間ちょっと、4時間半の運転といういつものことながら無茶苦茶なスケジュールでしたが、今晩泊まる民宿も予約できて(ネットで夜中の1時に??)、心安らかにハイキングを始めることができます。 標高1900mのマルジャセ村がハイキングの出発地点です。県道のほぼ行き止まりに当たります。通年で [続きを読む]
  • 雪たっぷりのユバイ渓谷へ初遠征(道中編)
  • 今から1週間ちょっと前の火・水のハイキング記です。残業分の調整で取らされた休みですが、こんな週の真ん中に2日あっても子供たちは一緒に来られないし、火水休みの友達もいないので一人で出かけることに。 車で通過したことはあるものの、まだ歩いたことのない地方に遠征を決めました。というのも天気予報がほとんどのところでイマイチだったのですがちょうどこの辺りは2日とも晴れという予報がでていたのでした。 天気予報 [続きを読む]