randonneuseのブログ さん プロフィール

  •  
randonneuseのブログさん: randonneuseのブログ
ハンドル名randonneuseのブログ さん
ブログタイトルrandonneuseのブログ
ブログURLhttps://randonneuse.muragon.com/
サイト紹介文フランス在住、40歳を過ぎて再び山に目覚めた元ワンゲル部員。週末になるといそいそと山に出かけています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供272回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2016/08/27 06:31

randonneuseのブログ さんのブログ記事

  • エギーユ・ダルジャンチエール(3237m)山頂へ
  • 先週の水曜日の日帰りハイキングです。1870mの駐車場からたまたま一緒になった男性ハイキング客と湖(2458m)まで歩いた後はひとりで谷の奥にある山に登り始めました。湖以降はコース外となっているので、登り口を探すのに少し手間取りましたが、いつも通りテキトーに登り、峠に着いてからは基本的に稜線歩きです。ただし岩々ギザギザの稜線なのでずっと稜線上を歩けるわけでもなく、マーキングもなければケルンもないの [続きを読む]
  • 1泊で行ってきます!
  • まだ前回のハイキング記も最後まで書けていないのですが。。。 予約投稿のセットをしてこれは投稿しようと思います。 この日曜と月曜は約1か月ぶりの2日連続の休みです。 そういうときって大抵、少なくとも1日は天気悪いんだよな〜、と期待せずにちらちらとは天気予報を毎日見ていました。 そしたら・・・ これですよ、これ??? 2日ともフランスじゅうでほぼいいお天気? それどころかここ1週間ほど毎日晴天がつづ [続きを読む]
  • ゴレオン湖からゴレオン峠へ
  • 水曜日に出掛けた日帰りハイキング。経由地であるゴレオン湖まで駐車場で一緒になった男性ハイキング客と一緒に歩いたのちは湖畔でゆっくりしてから下りる、という彼を残して本来の目的地であるエギーユ・ダルジャンチエール(3237m)を目指します。湖まではハイキング道があるのに対し、この後は道がありません。地図、コンパス、そして何より見た目が頼りです。 水面に映し出される谷の反対側にそびえるメイジュ。エクラン [続きを読む]
  • 「女王の鏡」ゴレオン湖へ
  • 今週の水曜日に出掛けた日帰りハイキングです。わたしは日曜も休みなのですが最近ずっと日曜のお天気が悪く、平日の休みに山に行くことが多いです。 この日の行き先はグランド・ルース山塊。エクラン国立公園の最北部と隣り合わせのエリアです。 うちから2時間半ほど運転した辺り。最後の村を通過し、あとは小さな集落をひとつふたつ経由しつつ林道の終点が駐車場になってるはずなのですが、村をでたところに「(この先)通行止 [続きを読む]
  • エクラン国立公園、下山編
  • 標高2665mのクリュピルーズ湖、強風で山頂を諦めたピック・デ・パリエール(3076m)の後は駐車場まで行きと同じルートで谷を下りるだけです。 ・・・のはずが、谷の反対側に見えた水溜りのような小さい池が集まったところに寄って行きたくなりました。今歩いてる道から真下に下りる感じで、道の続きが谷を挟んだ反対側を通っています。普通は谷なんてそう簡単には渡れないものですが、ここは谷の初めの部分にあたり、と [続きを読む]
  • ピック・ド・パリエール(3076m)を撤退
  • 先週の金曜日にで出掛けたエクラン国立公園。自宅からはちょっと遠い片道3時間かかる地方です。なにせこの日にお天気が良さそうだったのがこの辺りよりも南だけだったのです。なかなか素敵な地方なので日帰りなのが残念です。 1354mの駐車場を朝出発、とりあえずの目的地であった湖の集まるエリア(2665m)でお昼ご飯にした後は時間的な余裕はありそうだし疲れてもないので湖の真後ろにあるピック・ド・パリエール(3 [続きを読む]
  • 2665mの湖で湖畔ランチ
  • 日帰りでやってきたエクラン国立公園中南部に位置するクリュピルーズ湖。標高2640mから2665mの間に大きなものふたつと複数の小さな湖が集まった地帯です。 わたしがお昼ご飯を食べる場所に選んだのは大きなふたつの湖ではなく、そのもっと先にあるもう少し小さな湖です。この日は途中から風がとても強くなり、お昼ご飯をゆっくり食べられるのか心配だったのですが、この湖のあたりは風が少なく、気持ちよく休憩すること [続きを読む]
  • エクラン国立公園、2665mの湖に到着
  • 青空を求めて片道3時間かけてやって来たエクラン国立公園の中南部での日帰りハイキング。目的地は湖です。湖の後ろに3000mちょいの山があるので、もし時間に余裕があってやる気もあればそちらにも、という心構えで来ています。湖まではハイキングコースになっており、湖以降はコース外になります。 わたしの大好きな岩・石だらけの荒涼とした景色になってきました。 荒涼としていても道はちゃんとあるへんがいいです(^^ [続きを読む]
  • エクラン国立公園の湖へハイキング
  • 仕事が休みだった金曜日、エクラン国立公園の中南部に日帰り遠征してきました。片道3時間ほどかかる結構遠い地方です。 星マークや旗マークはわたしが行くいろんな山のハイキング出発地点です。今回のところが比較的遠い場所ということが分かります。幸い高速はグルノーブルまでなので高速代はそんなにかかりません。 最近2日連続の休みがなくて、日帰りばかりなのですが何も嬉しくて毎回片道3時間や4時間運転してるのではあ [続きを読む]
  • ハイキングの合間に・・・
  • 昨日の金曜は仕事が休みだったので日帰りでエクラン国立公園にハイキングに行ってきました。わたしは週休2日なのですが、1回のハイキング記を何回にも分けて書いているのでハイキング週5日、仕事週2日みたいな雰囲気ですよね。わたしの頭の中でもそうです。ハイキングに行くと夜明けに出発して夜帰ってくるので、疲労困憊。そして仕事の日に体を休める、という感じです(≧∇≦) そのハイキング記に入る前に一息。 1週間前 [続きを読む]
  • アルベロン氷河、帰りも一苦労・・・
  • 予定通り、アルベロン氷河の麓まで行き、峠まで戻り行きと同じルートで山小屋経由で駐車場にもどろうかとしていたのですが・・・ 峠まで再び登ったところ。この後真下に下りていくつもりだったんですが・・・ 右側を見るとこうなってます。高さ100mもないくらいですが、少し登れるようになっています。こっちに登ってそこから直接下りていくのでも大丈夫そうです。 緩やかなので気楽に登り始めます。この谷は右側と左側とに [続きを読む]
  • アルベロン氷河の麓を歩く
  • イタリアとの国境になっている山のひとつ・ウイユ・ダルベロン(3554m)の麓の谷に残るアルベロン氷河の端っこの部分にようやく到着したのは午後2時を過ぎた頃です。 氷河の端っこの部分です。 横を歩いて上っていきたいと思います。 氷河の上はさすがにクレバスとかあるかもしれないので避けた方が賢明です。 おおっ、なんか洞窟みたいになっています。 真横まで下りてみます。いきなり崩壊したりとかないだろうな・・ [続きを読む]
  • アルベロン湖からアルベロン氷河へ
  • 先週の木曜日のイタリア方面への日帰りハイキング、目指すは標高3554mのウイユ・ダルベロンの麓に残るアルベロン氷河です。 経由地のひとつであるアルベロン湖に到着。地図によれば標高は2914mです。 とても小さな湖ですが、透明感抜群です。 周辺の岩には薄っすらと新雪が。1,2日以内に降った雪のような感じです。 そろそろ12時になるのでここでお昼ご飯にしようと思います。 ときどき行く東ヨーロッパの食材 [続きを読む]
  • 氷河に会いにアルプ・グレ山塊へ
  • 先週の木曜日にイタリア国境ギリギリまで氷河を見に行ったときのハイキング記です。 駐車場から1時間半ほどでアヴェロル山小屋に到着。夏の間は管理人さんがいる山小屋ですが、9月の半ばからは無人になっています。 多くの山小屋と同じでそれ以外のシーズンも入り口の鍵は開いているので、使用料分の小切手を置いていって宿泊することはできます。金額は夏季期間の半額程度といったところです。管理人さんのいる時期は素泊まり [続きを読む]
  • 秋色のアルプ・グレ山塊へ
  • 先週日曜日にほとんど同じエリアに来たばかりなのですが、仕事が休みだった木曜日、よい天気予報が出ていたのがたまたまこちら方面だったこと、前回高い山の持つ独特の日常離れした雰囲気に魅了されたこともあり、1週間と空けずに舞い戻ってきてしまいました。 同じエリアとはいえ前回はモン・スニ山塊という比較的小さな山塊、今回は隣接してもう少し大きいイタリアはピエモンテ州やヴァッレ・ダオスタ州にもまたがったアルプ・ [続きを読む]
  • 岩稜歩き、帰り道が見つからずめちゃくちゃ下りる
  • 初遠征のモン・スニ山塊で10キロメートルに及ぶ3300m〜3600mほどの複数の山頂を結ぶ岩稜歩きを楽しみました。コース全体では17キロ、高低差は1950mになるようです。 しかし稜線で一番高いポワント・ド・ロンスに登ってるくらいの頃からかなり飽きてきて、しかもアップダウンが大きくちょっとイヤになってきてしまいました(;´Д`) さっくり途中で下りられるエスケープルートはないの?と山の斜面を目を [続きを読む]
  • 3300〜3600mの岩稜を歩く
  • 先週末の日曜にひとりでモン・スニ山塊に初遠征したときのハイキング記です。 3300m以上の頂上を7つもつなぐ稜線を巡る魅力的なコースです。しかし雪もまだほとんどないしお天気もまずまずだというのに、この日は1日中誰ともすれ違うことはありませんでした。 ふたつあるシニャル・デュ・グラン・モン・スニの頂上のうち、手前の高い方(3377m)から振り返って。南ヴァノワーズの代表的な山のひとつ、ダン・パラシェ [続きを読む]
  • 明日も、行ってきま〜す
  • 日曜日にもガッツリ系ハイキングに行ったところですが、明日木曜日は仕事休みで晴れの予報、今週末はイマイチの予報(今のとこ)・・・ だから明日も行っちゃいます(≧∇≦) 日曜日のハイキング記もまだ書き終わっていないというのに。 この春夏激しく往復した(^^;ちょっと南のオート=ザルプ県方面(エクラン国立公園やセルス山塊、ケラ山塊など)よりも明日は東方面の方がよい天気予報がでています。 去年の今頃登った [続きを読む]
  • モン・スニ山塊で10kmの岩稜歩き
  • こないだの日曜に初遠征を果たしたモン・スニ山塊。山塊最高峰であるポワント・ド・ロンス(3612m)を含む7つの3300m以上の頂上を結ぶ稜線を周回で歩きます。この稜線部分は10キロメートル(コース全体は17キロ)に及ぶそうです。 ほとんどの部分がコース外となるため道の形はないところが大半を占めますがケルンがまあまああったのでだいぶ救われました。ケルンが見当たらないところでは単に見た目通れそうなとこ [続きを読む]
  • モン・スニ山塊に初遠征
  • わたしの場合、癒し系とガッツリ系ハイキングが交互になっていることが多いのですが今回はそれで言うとガッツリ系です。 今回の行先はうちから3時間弱のモン・スニ山塊。フランスとイタリアにまたがる山塊でヴァノワーズ国立公園とも隣接しているエリアです。 ヴァノワーズや同じエリアのアルプ・グレ山塊といいイタリア側に国境を越えたグラン・パラディッソ国立公園といい、この辺りは高い山が多いのですがハイキングでも登れ [続きを読む]
  • 新しい登山靴を購入(≧∇≦)
  • 昨年の5月末に買って履きまくっていたミエの靴。ガッシリしてて信用できる山登りの友だったのですが、最近岩場ガレ場で滑りやすくなってきたのは明らか。友達に聞いた話では靴底は800キロで交換するべきだそうです。むむ・・・車は走行距離が表示されるけど、距離はあまり気にしたことがなくてほんとよく分かりません。。高低差では1回あたり1200〜1500mくらいが一番多いのですが…距離はおそらく平均で15キロ前後 [続きを読む]
  • 放牧地帯にチーズを買いに行く(後編)
  • まあまあ近場のボージュ山塊の放牧地帯のシャレーでしこたまチーズを買って少し先でお昼ご飯休憩をした後は駐車場に向かいます。シャレーのすこし後から行きと違うルートを通っているので景色が違うのが嬉しいです。 9月も後半なので花もうほとんど咲いていませんが時々見られたのがジョンシアン・シャンぺートル。薄紫の可憐な花です。 フレーズ・デ・ボワ(野イチゴ)もたまにありました。とても小さいけれど甘くて薫り高くて [続きを読む]
  • 放牧地帯にチーズを買いに行く(中編)
  • こないだの日曜の話です。2、3日前から日曜は雨との予報だったのでうちでまったりと家事、料理、ブログでもしようかと思っていました。 前日土曜日の夜0時台にフト天気予報を見ると・・・いきなり好転しており、お昼過ぎまではまあまあ晴れ間が出るようです。 その代わり、次の休みである火曜の天気予報は悪くなってきています。 じゃあ、ぎりぎりだけど明日は山に行こうか・・・? しかし、 ・5日前にアドベンチャー系ハ [続きを読む]
  • 放牧地帯にチーズを買いに行く(前編)
  • 先週末の日曜日は雨の予報だったので、山はスッパリ諦めてうちでチマチマと溜まっている家事をしたり、夕食には数か月間会っていない友達夫婦を招待しようとリラックスして寛いでいた土曜の夜(の0時18分)、寝る前にもう一度天気予報を見ると・・・ え〜〜っ! だいぶましになってるぅ〜!?これやったら短いコースなら十分に行けるやん! というのも、期待をかけていたその次の休みである火曜の天気予報は悪化しています。 [続きを読む]
  • ザレ場を迷いつつ転びつつ下山(~_~;)
  • 1週間前の火曜日にソロで登ったエクラン国立公園中部のラ・ポワント・ド・レグリエール(3307m)。ガスで真っ白な中の出発でしたが、2700m地点の湖に到着したころには時々青空も見られ、3000mくらいからはガスも消えてくれました。頂上で景色を楽しみつつお昼ご飯を食べた後は下りていきます。 初めの尾根の辺りは雪が多くて少し怖いところもあったものの、ルート的には問題なく何の疑問も持たずに下りていけまし [続きを読む]