インテリア研究室 さん プロフィール

  •  
インテリア研究室さん: 注文住宅デザイン
ハンドル名インテリア研究室 さん
ブログタイトル注文住宅デザイン
ブログURLhttp://xn--eck9awc8jm80m5kpm6p02n.com/
サイト紹介文注文住宅デザインの実例、施工例集
自由文注文住宅デザインの実例、施工例集
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2016/08/30 14:33

インテリア研究室 さんのブログ記事

  • 住宅の設計は窓の配置で激変する
  • 桜の見える季節になると住宅のプランにもちょっと気にすることも増えてきます。それは窓の配置ですね。景色の良いほうに景色の見える窓をつけたいと言うそのような配慮ができる季節です。優秀な設計者は隣との関係や敷地からどのような場所が景色が良いか現地をしっかり見て窓のつけ方を設計します。同じコストでも窓の配置でよい家になるから不思議です。同じコスト、同じ材料、同じパーツでも窓の配置が変わるだけでとても快適な [続きを読む]
  • 吹き抜けのある住宅
  • 吹き抜けのある明るいリビングに憧れて注文住宅を建てました。最初は漠然としたイメージだったので具体的なイメージを固めるためにたくさんの施工事例の写真を見ました。家具の色や配置、キッチンからの導線など、だんだんと具体的なイメージが湧き、打ち合わせに挑みました。やりたいことをぜんぶやろうとするとお金がどんどん膨らむし、間取り的にできないこともありましたが、最終的には納得できる形でまとめることができました [続きを読む]
  • 住宅の模型を作ってもらう
  • 20年ほど前に注文住宅を建てましたが、その時に無理を言って設計事務所さんにやってもらったことがあります。それは、実際に出来あがる家の模型を作ってもらう事です。私自身が建築に関しては素人なので、設計図などを見ても具体的にどのような住宅が出来あがるのか、うまくイメージできなかったのです。そこで、完成予想の模型を作ってくださいと頼み込みました。出来上がった模型は外観のみがわかる、発泡スチロール製の簡易な物 [続きを読む]
  • 女性の設計士に住宅を依頼する
  • 私は、女性の建築士さんに依頼して注文住宅で家を建てました。実際の家の間取りなどの設計は、女性の建築士さんに担当していただきました。建築関係の仕事は、男性が多いイメージがあったので最初はちょっと不安でした。工事現場など男性に強く言えるのかとか現場をうまくまとめられるのか心配だったのです。実際にあって見ると女性だから不安と言うこともなく、かえって男性よりもきびしい雰囲気でした。しかし、打ち合わせを何回 [続きを読む]
  • 住宅新築の工事現場が汚いので心配
  • 注文住宅をたてるに当たって、知人からこまめにチェックするようアドバイスをもらいました。初めは半信半疑でしたが、建築中の経過を見ることで気が付いたのは、住宅メーカーと契約していても、建築するのはその下請け業者だということです。部分ごとに業者が違うので、丁寧な業者もいれば、雑な業者もいます。工事現場が汚いというのはすべてにおいて雑な感じがしてしまうものです。私の場合は、鉄筋コンクリート造だったのですが [続きを読む]
  • ファミリークロゼットを脱衣所の隣に作る
  • 実家から独立して、家を建てるときは昔から付き合いのある工務店にお願いすると決めていました。しかし、結婚してマイホームを建てた友人の家を訪問した際に、その考え方が覆されました。友人の家が見た目だけでなく、家の中身まで心底羨ましいと思ったのです。設計事務所の設計した家で、細部にわたって収納があり学習コーナーや物干し室、屋根裏収納など私が欲しかったものが間取りにありました。中でもシューズクロークとパント [続きを読む]
  • 地元工務店のメリットとデメリット
  • 今から5年前、地元の工務店にお願いしました。子供が産まれたのをきっかけに二世帯に。もちろん各住宅メーカーも周りましたが、予算と細かいこだわりがあったので注文住宅になりました。良かった点は、予算。各メーカーに出してもらった金額よりも1,000万近く安く出来ました。お風呂は檜、玄関の広さ、天井にははりを入れる、ベランダの大きさなど融通が効くのか魅力でした。悪かった点は、納期の長さ。10ヶ月近くかかったので、そ [続きを読む]
  • 理想のリビングダイニング
  • 私達が注文住宅を選んだきっかけはインテリアデザイン。リビングダイニングを自分達の理想通りにしたいと思ったことです。しかしいざ打ち合わせを始めて行くと、リビングダイニング以外のところの壁やフローリングの素材や色などありとあらゆる事を一つ一つ選んでいくので、時間がかかってしまい大変でした。最初の方は楽しく選んでいましたが、だんだんと担当の方にどんなのがいいですかねと意見を求めるようになり、じぁそれでと [続きを読む]
  • 新築したが収納が足りない。
  • 注文住宅を建てた時に収納が足りなかった話です。打ち合わせのときに営業の方にこのぐらいのクローゼットがあれば大丈夫という意見をそのまま受け入れてしまいました。引っ越しする前に思い切って色々なものを捨てました。ですがクローゼットには入りきることがありませんでした。もうちょっと大きく作ってもらえば良かったと思いました。持ち物をリストアップして収納に入るかチェックしておけばこんなことにはならなかったと思い [続きを読む]
  • リビングの一角に水槽を置きたい
  • 注文住宅と建売住宅のどちらをこ購入するのか非常に悩みました。価格的には建売住宅の方が安くすませることができたのですが、実際に物件を見てみると気になるところが何箇所かありました。そこで一生に何回もある買い物ではないという思いから注文住宅を購入しました。私は自宅にどうしても水槽を置きたいという思いがあり、それを実現するためにはいろいろな装備品が必要になります。アクアリウム専用の部屋と言うわけではなくリ [続きを読む]
  • 設計事務所の家が高額
  • 注文住宅を建て、引っ越してきました。結婚し3年、それまで家を建てる予定など全くなく、賃貸マンションに住んでいました。とても暖かく、冬でも暖房がいらないほどで、ずっとここに住みたいねと言っていた程でしたが、子供が生まれ一変、家を建てることにしました。建売で販売されている家を見て回りましたが、なんだかこれ!と言うものに出会えず、注文住宅を検討することにしました。高いイメージがありましたが、建売とさほど [続きを読む]
  • 工事現場で怒鳴り声のする家は良い家にならない
  • 以前家具製造取り付けの仕事をしていた時、住宅展示場を作っているところに家具の設置に行きました。住宅会社というか作る職人なのかわからなかったですが、雰囲気の差をとても感じました。仲良くやっているところもあれば怒鳴りながらやっているところもあり、すごく気を遣いました。そんな人達が作ってるのでは、作りは簡単になったとはいえ、絶対どこかで差がでると思います。なんとなくここで家は建てたくないなと思いました。 [続きを読む]
  • 二世帯住宅をつくるときのポイント
  • 2世帯の注文住宅を設計する時に水回りのチェックポイントについて考えました。2世帯住宅では、キッチンをはじめ浴室、洗面、トイレといったサニタリースペースも最近では最低2カ所設けられるケースが多くなってきています。ダイニングキッチンやお風呂などを分離することで生活の時間帯が違う場合のストレスを取り除くためです。また、ある程度距離を置きたいという意味でリビングダイニングキッチンを別々にする例も多く見られま [続きを読む]
  • 住宅の建設中に変更したら受け入れてもらえず
  • 注文住宅で、いちばん気を付けないといけないことは自分の意思をしっかり示すことです。もし、自分がイメージする形があるなら、例え業者に何か言われたとしても実行すべきです。私はキッチンのところの壁を抜きたいというのが、どうしても叶えてほしくてそこの壁をどうにかしてのけてほしいと言いました。最初施工業者の方は、ここの壁は必ず必要といってなかなか受け入れてもらえませんでした。余計なことをいってしまったため、 [続きを読む]
  • 注文住宅はもう嫌だと思いました。
  • 注文住宅を三年前に建てました。最初は、自分で考えた家が建つから、建売住宅より良いと思っていました。間取りや部屋の広さを決めるまでは良かったのですが、カーテンやサッシや床や壁やドアの色など、決めなくてはならないことがたくさんあります。もうこんなにたくさん決めるのは嫌だと思いました。あんなに自分で好きなようにしたいと思っていたのに使うエネルギー量がとても大きかったのです。良く考えてみると、私以上に設計 [続きを読む]
  • 住宅ローンの検討に入る
  • 今住んでいる家は賃貸で狭くて古いので、不満な点があります。その一つが台所です。私は料理を作るのが大好きなので、台所にこだわりたいと思っています。具体的には、対面式キッチンにして、子どもと会話をしながら楽しく料理が作れるようにしたいと思っています。キッチンメーカーのショールームへ行き、タッチレスの水栓や、自動洗浄のレンジフードなど最新の機能見積もりを取ってみると意外に高く、必要な機能に絞り込むことに [続きを読む]
  • 自由設計の家なのに自由度がない
  • 注文住宅は、人生の夢の一つではないでしょうか?しかしながら、注文住宅は、値段が高いです。さらに、思ったよりも自由度がないと感じられたことはないでしょうか?自由設計だけど規格があったり、決まった仕様があったりするとなかなか思い通りにならないこともあります。私の経験では、小さくてもしっかりと仕事を進めてくれる設計事務所や工務店がお薦めです。しっかりした工務店であれば誠意をもって気持ちに答えてくれると思 [続きを読む]
  • 家作りの外構工事で失敗したこと
  • 憧れのマイホームを建てるときに、素敵なデザインや理想の土地探しをします。そのとき玄関の位置や家の位置も大まかに創造して購入はするでしょう。そのとき、外構も一緒に考えて素敵なマイホームをたてると完成度が上がってきます。すこし深く入って資金面や間取りなどの機能面について考えるかもしれませんが、エクステリアについて一緒に考えている人はあまりいないのではないでしょうか?実は外回り、エクステリアを上手に作る [続きを読む]
  • 自然素材の家作り
  • 子供が生まれ、それまで住んでいたアパートが手狭になったので、思いきって注文住宅を購入することにしました。子供がいなかったら思い切らなかったと思います。予算はそれほどなかったので、土地は駅から少々離れているところにし、価格をおさえることにしました。土地と建物を合わせた予算組みをして間取りができた段階で銀行に住宅ローンの相談。設計事務所との契約や工務店との契約初めてのことばかりでしたが、自分で段取りで [続きを読む]
  • 寝室の結露がひどい
  • 築10年過ぎた現在、寝室は2階南側の6畳の洋間です。外気温が氷点下になると窓に結露がつき、寒暖の変化が大きければガラスをタオルで拭かなければならないほど結露します。窓の下にタオルを置いて吸い取る様にしていますが、窓の縁のゴムが傷みカビが少し発生している感じです。1階の居間は2重ガラスにしたので結露することはありませんが、2階の結露対策を考えなかったのは失敗でした。結露防止シートや結露防止スプレーなどで応 [続きを読む]
  • 家作りの後悔
  • 私は、注文住宅で家を建てました。当時は、建て売りか注文住宅で非常に悩みましたが、人生に一度の大きな買い物なので妥協したくないと注文住宅にしました。希望尾間取りが企画プランだとできないことも注文住宅にいした理由のひとつです。注文住宅では間取りから各建て具の選択、外観、外壁、ありとあらゆるところまで自分で決めることができます。逆を言えばしっかり勉強しておく必要があります。知識がなければ選ぶことができな [続きを読む]
  • 女性が気に入る家作りの流れ
  • 注文住宅は、奥様を味方につけたら良いと思います。主権者はだんなさんというのは表向きで最終決定権と財布は奥さんということもしばしばあります。ゆえに奥様を夫の味方につけるように、暑かったらアイスを持って行くなどこまめな努力も大事。徐々に私と奥様の垣根が低くなってきたと感じてきたら、もう少しです。後は、奥様が気になる台所周りを奥様がしたいようにします。女性が気に入る家とはキッチンと洗面、トイレ、お風呂の [続きを読む]
  • 設計事務所の注文住宅
  • 実家の注文住宅で家を建てたときの話。注文住宅のメリットは、好きなデザインの家を建てることができることだと思います。そのときには工務店やハウスメーカーの設計士と話をします。設計事務所に相談しに言ったこともあります。そこで気がついたのは設計士の技術力や相性も大事になこと。一級建築士に依頼すれば大丈夫と思うのですが、資格は最低限必要で、さらに知識と経験の豊富な人のほうがよいですね。センスは確かに良いに越 [続きを読む]
  • 断熱性能の良い家
  • 子どもの小学校入学を控え注文住宅を建築中です。実家が暗く寒い家だったので明るく暖かい家を希望しています。そのため、デザインが気に入った工務店ではなく断熱性能が良い家を建ててくれる、近くの工務店を選びました。冬に打ち合わせするとどうしても、寒さ対策が気になります。壁の断熱は厚みをMAXにしていてこれ以上増やせなかったので、床の断熱と天井を増やしました。マンションより戸建てのほうが寒いと聞きますが、気っ [続きを読む]
  • 新しいキッチンが使いやすくなった
  • 注文住宅で家を建てて、一番良かったなと感じることは、自分たちのライフスタイルに合わせた家つくりが出来るということです。それにシステムキッチン、お風呂、トイレ、洗面所など水回りについては最新の設備を付けることが出来て、非常に家事にかかる手間を省くことが出来て、時間を短縮することが出来るということです。食器洗浄機はなかったので、今回つけてみました。お風呂にも暖房乾燥機をつけました。おかげで食器洗いや洗 [続きを読む]