反知性主義 さん プロフィール

  •  
反知性主義さん: 反知性主義
ハンドル名反知性主義 さん
ブログタイトル反知性主義
ブログURLhttps://hantisei.muragon.com/
サイト紹介文反知性主義とは、知性主義とかいって中身がないのに偉そうにしている連中をおちょくる態度のことである。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/08/27 16:13

反知性主義 さんのブログ記事

  • 【倉山満】”地理”の真の姿!?世界一わかりやすい地政学の本
  • ・地政学とはなんぞや  ⇒地理政治学  ⇒世界中の指導者の頭のなか  ⇒鉄、金、紙をどう使うかの基準  ⇒人を支配するための技術 ・保守に目覚めた人は特アの悪口ばっかり言っているけど、国を背負っていくんだというリーダーたらんとする人は、人を支配する発想をし、どう(特アを)ガバナンス、コントロールするかと考える。 ・マッカーサーに禁止された ⇒ お前らは永久に支配される側でいろということ。 ・今の地 [続きを読む]
  • 【二重国籍問題】18歳で国籍選択しました!→嘘でした
  • 辛坊「ネットや週刊誌で二重国籍で台湾籍をお持ちなんじゃないかって話がありますけど」 蓮舫「今そういった話が出ることが本当に悲しい。」←被害者面 蓮舫「国連の男女差別撤廃条約を〜」←国籍問題を男女差別問題にすり替え 辛坊「違うなら違うの一言で良いので答えてください」 蓮舫「私は生まれた時から日本人です」←嘘 辛坊「日本国籍で?」 蓮舫「はい」←嘘 辛坊「台湾籍は?」 蓮舫「台湾籍は抜いています」←嘘 [続きを読む]
  • 【竹田恒泰】安倍政権の神人事!伏魔殿宮内庁にメス
  • 宮内庁長官が、風岡宮内庁長官が追い出されました。 これは私としては非常にいいニュースとして拝見した次第でございます。 風岡宮内庁長官というのは、前宮内庁長官の時代は宮内庁次長を務めていたわけですね、もう十なん年も、前の宮内庁長官が長期政権でしたから どんな名前かというと、羽毛田(はけた)長官ですよ。この羽毛田ってのはくせ者なんですよ。 小泉政権下で女性天皇・女系天皇を実現させようとして動きまくった [続きを読む]
  • 【竹田恒泰】陛下のご譲位は特措法でやるべき
  • 1:44:00〜 今見えてるのは、政府は特措法で一代限りの特別措置としてやろうとしている。 それに対して野党は皇室典範を徹底的に変えて、制度としての譲位をつくるべきだと言っているので、それをめぐって対立が想定されます。 制度にすると、条件が揃ったときにということになって、例えば病気で体が動かなくなったらというふうにもし(法律に)書いちゃったら、陛下いまお元気ですので、それを待たなきゃいけなくなりま [続きを読む]
  • 【青山繁晴】消費者物価を資源価格を除いた指数で考えるべき
  • 10:45〜 お金をじゃぶじゃぶ増やしていた日銀が、量から金利、金利を直接動かしたいと、これタブーですよ。 長期の金利というのは日銀を始め中央銀行は、触れない、コントロールできないというのは、経済記者やってきた人なら知らない人はいないですよ。 ていうか、僕ももう一回見てみたんですけど夕べに、日銀のホームページにまだ書いてありますよ。 長期金利っていうのは、中央銀行がコントロールするんじゃなくて、資 [続きを読む]
  • 【上念司】ここがおかしいNHKとテレビ
  • 1:48:00〜 総務省NHK改革に意欲 「受信料など三位一体で」 半井:  放送の内容で言うと私が気象キャスターをやっていたときに、災害が発生した場合はNHKを見るという方が多くて、周りの報道の人たちも私たちもそれはありがたいなと思って、「災害の時はNHK」という自負があったんですけど。 外で出てみて思ったんですけど、NHKちょっと偏向報道おおいなと。 そういうとき中にいたらわからないんですよ、 [続きを読む]
  • 【二重国籍】蓮舫「一つの中国」発言で台湾激オコ
  • また日本が台湾を国家として承認していない現状を踏まえ、「『一つの中国』論で言ったときに、二重国籍と(いう言葉を)メディアの方が使われることにびっくりしている」とも述べた。 少し法律的な話になりますが、(日本と中華民国が断交した)1972年以降、私の国籍は形式上「中国」になっています。仮に中国の国内法では外国籍を取得した者は自動的に喪失をしているので、二重国籍にはなりません。 また、日本と台湾は国交 [続きを読む]
  • 【2chまとめ】謝蓮舫さん、国籍離脱しなかったのは故意だった模様
  • 「私は中国人の父と日本人の母の間に生まれたんですが、父親が日本人として子どもを育てたので日本のことしか知らないし、日本語しか話せない。それが自分の中でコンプレックスになっていました。だから自分の国籍は台湾なんですが、父のいた大陸というものを一度この目で見てみたい、言葉を覚えたいと考えていました。」 蓮舫の華僑という立場は、中日関係にプラスに働くのではないだろうか。鳩山政権時代、彼女はこう述べている [続きを読む]