哉子 さん プロフィール

  •  
哉子さん: 徒然日記 〜愛wonkyu〜 ウォンキュ小説
ハンドル名哉子 さん
ブログタイトル徒然日記 〜愛wonkyu〜 ウォンキュ小説
ブログURLhttps://ameblo.jp/boyissue/
サイト紹介文SJウォンキュ小説をメインに書き綴ってます。83・ヘウン・イェウクも。TVXQミンホもたまに。
自由文SJウォンキュメインですが、83(レラトゥギ)やヘウン、イェウクも。TVXQ ミンホもちょこっと。書きたくなった時にほわほと。よろしければお立ち寄りください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2016/08/28 07:12

哉子 さんのブログ記事

  • 【ウォンキュ】On Your Mark 9 (D-270)
  • 向かい合って座っている二人が同時に溜息を吐いた。その様子にジョイは眉を寄せる。二人とも昨夜のガス抜きが効いて午前中は上機嫌だったはずだ。テーブルに両肘をついて頬杖をついているキュヒョンの上には黒い澱が沈んでいくようなオーラが、対して片肘を付いて頬杖をつき足を組んだまま斜め上をぼんやりと見つめているチャンミンからはピンク色のびらを撒き散らすようなオーラが見える気がしてジョイはそれらを払うように手を [続きを読む]
  • アメンバー申請について
  • こんにちはー!稲葉哉子です。このところせっかく申請していただいているにも関わらず承認できないままの方が多くなってきているので、再度申請についてのお願いです。 アメンバーの申請は下記の条件でも問題ないと言っていただける方であれば基本問題なしで承認させていただきます。申請方法に問題がなければ2日以内には承認させていただいておりますので、申請したけど何日経っても承認されていないという方は申請に何か不備が [続きを読む]
  • 【旅行・ソン・シギョン・SMT】 7月まとめ
  • 7/14-16 富山に行ってまいりました。元々夏の休みに旅行へ行こうと考えてたのですが、シギョンさんが富山にいらっしゃるってのと前々から富山に行ってみたかったのとで決定。15日にイベントでちょっと早い時間なのも考え、それなら前入りすっかと。そしたら、富山在住のお友達が「だったら晩御飯でも一緒に」って言ってもらえたのでウハウハで行ってきました。色々調べたら乗り換えがややこしいみたいだったので高速バスで大阪9:3 [続きを読む]
  • 【ウォンキュ】On Your Mark 8 (D-310)
  • ジョイのお土産にバーのメニュー担当のリョウクに作ってもらった見たことのないお菓子を待って帰ると彼女はいたくそれを気に入った。 「次もよろしくお願いします」 と、確実に自分達がまた遊びに行くつもりなのを見抜かれて苦笑いした次の日の昼下がり。 「姫、甘いお茶でもいかが?」 書庫に顔を出したジョンスが頬笑む。とうせ何もすることはないのだ。キュヒョンは快諾して中庭に面したサロンに足を向ける。小さな円卓に用意 [続きを読む]
  • 【東方神起】6月まとめ
  • 日産しか行ってないんですよね、六月…。 6月 8.9日 日産スタジアム 史上初3daysの歴史的瞬間に立ち会いに金曜日と土曜日に行ってきました。一日目はユノサイド、二日目はチャミサイド。良かった。このまま一回もユノサイドで見れないままだったらどうしようかと思ってた(笑)楽しい事には変わりないんだけど。 とにかく暑かった…。そしてグッズの完売早すぎる(笑) セトリRebootAndroidHumanoidOne More ThingSuperstarB.U.T(BE [続きを読む]
  • 【ウォンキュ】On Your Mark 7 (D-330)
  • 相変わらず静かにパニックに陥ったままのキュヒョンの横では椅子から降りて恭しく頭を下げるチャンミン。シウォンは手でそれを制すると、チャンミンはその横に立っている男性に会釈する。綺麗に微笑んだその人はチャンミンに軽く会釈を返した。 「いいよ。座って?」 そうは言われても王子の言葉に従っていいものか思案する様子を見せたチャンミンに、シウォンに同行していた男が頷いて自分が先に席に着く。その様子にチャンミン [続きを読む]
  • 【ウォンキュ】On Your Mark 6 (D-340)
  • 夕食後。なるべく人と顔を合わせないように気を付けて地下へ向かう階段を下りる。教えてもらった通り途中の壁のレンガを一つ抜くと中に収められているレバーを引いた。 「本当に出られるのか?」「そう言われたけど」「嘘だったらどうする?」 ふわりと笑うジョンスの笑顔を思い出してキュヒョンは心の中で謝った。 「嘘じゃないと思うよ」「信用してるんだな」「あの人が嘘ついてるとは思えないってのもあるけどさ。きっとこの城 [続きを読む]
  • 【ウォンキュ】On Your Mark 5
  • キュヒョンがこの国に来て10日。 一応花嫁修業らしき事と言えばダンスの練習、そしてこの国ならではだと思うのが基本的な薬草医学知識くらいなものだ。その二つについては教師らしきひとに学ぶとしても、後の空いた時間は書庫で本を読むくらいで、たまにジョンスが話し相手をしてくれる。レイナの行方は未だ知れず、一体自分はいつまでここに居ればいいのかと憂鬱になった。本来こうしてこの国の事を学ぶのはキュヒョンがやるべき [続きを読む]
  • 五月まとめ
  • 2018年。半分来ました…早っ!!!! 仕事はお陰様で相変わらず。耐えがたきを耐え、忍び難きを忍ぶ日々。2020年まではこの調子とか…マジか。 でもね。この通り遊びは遊びで(笑)5月はNEWSコンサート行ってきました。セトリ 01.EPCOTIA02.KINGDOM03.TWINKLE STAR04.紅く燃ゆる太陽05.LIVE06.LPS07.NYARO08.恋する惑星09.銀座ラプソディ(小山慶一郎)10.Sweet Martini11.madoromi12.チャンカパーナ13.JUMP AROUND14.BLACKHOLE15.Thund [続きを読む]
  • 【ウォンキュ】On Your Mark 4 (D-380)
  • 「はぁ…つっかれたー」 窮屈だった衣服を脱いで部屋着でベッドに飛び込んだキョヒョンの一言にチャンミンが面白そうに笑う。待機部屋はあっても今はチャンミンがここで話を聞いてくれる方が一番のストレス発散だ。ジョイは仕えている以上それが姫であれ王子であれ気にはしないのだろうけれど、今は男同士の話をさせてくれるのを優先してくれているようだ。 「なんか…面白い国だな」「ほんとだよ。もうちょっと勉強してくればよ [続きを読む]
  • 【ミンホ】 Appetizer
  • 司会進行役の彼女が調理している時に使った言葉は、きっとその場の全員が激しく納得したに違いない。見ていなくとも、説明だけでげんなりとしたチャンミンは本気でユノの食生活が不安になった。 「…なんで、これが僕の目の前に置かれてるんですか?」 これ以上曲げようがないくらい、眉を曲げたチャンミンがそれを睨み付けた。 「味見…?」 スタッフの一人が、困ったように首を傾げる。いや、一応食材として簡単に捨てることを [続きを読む]
  • 【30-DELUX/ソン・シギョン】4月まとめ♪
  • 【30-DELUX】スクアッド 4/8 近鉄アート館 お久しぶりの30-DELUX の舞台。清水さん見れるだけで幸せっす。客演の岡田達也氏も久々に拝見できるので楽しみ。そして武藤晃子さんもやっぱり可愛い!!我善導さんも好き。好きな人の多い舞台って楽しい。 お話も30-DELUXらしさ満載の笑いあり、涙あり、そして何気に考えさせられたり。でもなんとなく今回は殺陣が少ないような…?あと、客演…とは言ってもfeaturingってなってるのでこっ [続きを読む]
  • 【東方神起】3月まとめ♪
  • 四月も終わろうというのに三月まとめ。しかもまとめと言ってもビギイベだけしか…。あははは。 【東方神起】ファンクラブイベント2018『THE MISSION Ⅳ』@大阪城ホール 3/14 お昼の部 行ってまいりました大阪城ホール。 グッズ列長蛇。キャンディーすぐに完売。とりあえずトートバッグとライブ写真集を購入して席に。んん?真ん中にステージと両端にステージ。端ステージ傍、しかもユノ側…ありがたくて泣けた。そして周りが見 [続きを読む]
  • 3歩進んで…
  • 「失われた風景」完結いたしました。長い間お付き合いありがとうございました。長かったー…。途中であっちこっちに寄り道してたのもありますが、何より書くことが進まない…。3歩進んで2歩下がる、みたいな…。3歩進んで何故戻る…!! オレ…!!バカなの!? 知ってるけどさっ! って突っ込み満載でじわじわ書いていたわけですが。それにもかかわらず暖かく見守って下さった皆様には感謝しかございません。ありがとうございます! [続きを読む]
  • 【ウォンキュ】 失われた風景 37
  • バックドアを開けてカーサイドタープを設置する。それだけでアウトドア感が出るのだから不思議なものだ。中秋の名月。まだ日が沈み切っていない山道を走って着いた場所にちょっと口笛を吹きたくなった。ある意味絶景。一面ススキの野原だ。 「まさかの月見とは思わなかったな」 ヒョクチェがチェアーに腰かけて空を見上げる。その横では自分たちが乗ってきた車に同じように慣れた手つきでタープを取り付けているドンヘ。 「結局ド [続きを読む]
  • 新年度
  • 四月ですねー。新年度、おめでたいことも沢山ですよね。学生さんは進級おめでとう!新社会人さんおめでとう!さて、私、おめでたいことといえば一日親戚が入籍しまして。よりによってエイプリルフールだったものだから、最初LINE来た時に「え…エイプリルフールじゃないよね…」と疑っちゃった訳ですが。そう言うことする子じゃないから本当なんだろなーと、おめでとうLINE。いいことだー!そして年度末山盛りの仕事をなんとかや [続きを読む]
  • 【ウォンキュ】 失われた風景 36
  • ゆったりした気分で目覚めて、カーテンの隙間から入ってくる光に瞬く。腕の中で眠る彼を起こさないように気を付けて肩肘を付くと、あどけない寝顔を眺めた。こんなに可愛くて綺麗なのに、抱きあっているときは情熱的で蠱惑的で手離してやれなくなった。もう少し眠らせてやりたいと思いつつも柔らかな頬に触れたい衝動を抑えていると、微かに震えた睫毛がゆっくりと持ち上がった。 「おはよう」「…おはようございます」 照れたよ [続きを読む]
  • アメンバー申請について
  • こんばんはー!!年度末やらなんやらですっかり書くことから遠ざかっております。すみません。頑張る!! (毎回言ってるな) アメンバー申請いただきありがとうございます。ですが。せっかく申請していただいているのに承認できないままの方がいらっしゃいます。お手数ですが再度下記リンクから申請についてのご注意を読んでいただき申請いただければと思います。お手間をお掛け致しますがよろしくお願いいたします。 アメンバー申請に [続きを読む]
  • さて、どうしましょうか。
  • いつも足を運んでいただきありがとうございます。 さてさて。どうしましょう 何がだよ(汗) この度色々御指南いただきまして。というか、前々から言われてはいたのですが。一応成人指定で他の場所に飛んでいただくお話が何個かあるんですけど。何個かはパス入力しないと入れないもので、こちらに至ってはそのままでも問題はないかと思われるのですが。ほぼほぼそのまま飛んでいただける状態になっております。 と、いうのも哉子自 [続きを読む]
  • 【ウォンキュ】On Your Mark 3 (D-460)
  • 「あー…もぅ…ホント、ごめんねー」 先程で迎えてくれた青年が頭を抱えると苛立ったように靴音を鳴らして国王に近づく。そしてニッコリと微笑むと背中を思いきり叩いた。それもキュヒョンが思わず「痛っ…」と呟くくらいの勢いで。 「…っ! いってーなっ!! 何すんだジョンス!」 ジョンスは今度は山のように机に積まれた書類をバンバンと叩く。 「仕事をしろよ! まったくっ!! そんなものは寝る前にでも作ればいいだろ!?」「そんな [続きを読む]
  • 【東方神起・門松良祐】1月まとめー!
  • 13日 ナゴヤドーム。 妹となので基本グルメなのですが、なんせ名古屋は何度も来てるのでそんなに食べたいものとかもなく。 妹が味噌煮込みうどんだけはまだ食べてないというのでお昼に味噌煮込みうどん。 しかし、私は無理なのできしめん食べるっていうね…。 セトリなどは福岡レポ参照で! 諸々の注意も参照で!! ナゴヤドームなんてもう大昔に一回行っただけで、え!地下鉄の駅なんてあった!? イオンあった!? カルチャーショッ [続きを読む]
  • 【ウォンキュ】On Your Mark 2 (D-480)
  • 青々とした木々が少しづつ減って、葉が落ちた木が増えてきた。季節が移って落ちるのとはまた雰囲気が違っている。それでもまだ木々は緑をなんとか留めようとしているだけマシかもしれない。下生えはほぼ枯れた草と乾いた土だ。 「繋がっている森なのに同じ森だとは思えないな」 ぽつりと呟いた言葉に運転手が返事をくれた。 「こちらは乾季に入りますからね」「乾季…そっか…」 暫く走っていると車の横に突然バイクが併走し、静 [続きを読む]
  • 【ウォンキュ】supple 7 (D-490)
  • 料理を作るのは好きだ。音楽を作るのと過程が似ている気がする。ありあわせの材料で出来たのは鶏そぼろ丼とトマトスープ。炊き立てご飯の上に甘辛醤油のそぼろ、その上に温泉卵を落としただけ。トマトスープもコンソメにでトマトをサイコロ切りにして入れて、味を調えただけ。シンプルだけども外さないだろうと思われるそれをキュヒョンは本当に美味そうにスプーンで口に運んでいる。 「やっぱり俺、シウォナの作るの好きー」「そ [続きを読む]