哉子 さん プロフィール

  •  
哉子さん: 徒然日記 〜愛wonkyu〜 ウォンキュ小説
ハンドル名哉子 さん
ブログタイトル徒然日記 〜愛wonkyu〜 ウォンキュ小説
ブログURLhttps://ameblo.jp/boyissue/
サイト紹介文SUPER JUNIORウォンキュを妄想をメインに書き綴っているブログです。レラトゥギ・ヘウンも
自由文ウォンキュがメインですが、83(レラトゥギ)やヘウン、イェウクも書きたくなった時にほわほと。よろしければお立ち寄りください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2016/08/28 07:12

哉子 さんのブログ記事

  • 3歩進んで…
  • 「失われた風景」完結いたしました。長い間お付き合いありがとうございました。長かったー…。途中であっちこっちに寄り道してたのもありますが、何より書くことが進まない…。3歩進んで2歩下がる、みたいな…。3歩進んで何故戻る…!! オレ…!!バカなの!? 知ってるけどさっ! って突っ込み満載でじわじわ書いていたわけですが。それにもかかわらず暖かく見守って下さった皆様には感謝しかございません。ありがとうございます! [続きを読む]
  • 【ウォンキュ】 失われた風景 37
  • バックドアを開けてカーサイドタープを設置する。それだけでアウトドア感が出るのだから不思議なものだ。中秋の名月。まだ日が沈み切っていない山道を走って着いた場所にちょっと口笛を吹きたくなった。ある意味絶景。一面ススキの野原だ。 「まさかの月見とは思わなかったな」 ヒョクチェがチェアーに腰かけて空を見上げる。その横では自分たちが乗ってきた車に同じように慣れた手つきでタープを取り付けているドンヘ。 「結局ド [続きを読む]
  • 新年度
  • 四月ですねー。新年度、おめでたいことも沢山ですよね。学生さんは進級おめでとう!新社会人さんおめでとう!さて、私、おめでたいことといえば一日親戚が入籍しまして。よりによってエイプリルフールだったものだから、最初LINE来た時に「え…エイプリルフールじゃないよね…」と疑っちゃった訳ですが。そう言うことする子じゃないから本当なんだろなーと、おめでとうLINE。いいことだー!そして年度末山盛りの仕事をなんとかや [続きを読む]
  • 【ウォンキュ】 失われた風景 36
  • ゆったりした気分で目覚めて、カーテンの隙間から入ってくる光に瞬く。腕の中で眠る彼を起こさないように気を付けて肩肘を付くと、あどけない寝顔を眺めた。こんなに可愛くて綺麗なのに、抱きあっているときは情熱的で蠱惑的で手離してやれなくなった。もう少し眠らせてやりたいと思いつつも柔らかな頬に触れたい衝動を抑えていると、微かに震えた睫毛がゆっくりと持ち上がった。 「おはよう」「…おはようございます」 照れたよ [続きを読む]
  • アメンバー申請について
  • こんばんはー!!年度末やらなんやらですっかり書くことから遠ざかっております。すみません。頑張る!! (毎回言ってるな) アメンバー申請いただきありがとうございます。ですが。せっかく申請していただいているのに承認できないままの方がいらっしゃいます。お手数ですが再度下記リンクから申請についてのご注意を読んでいただき申請いただければと思います。お手間をお掛け致しますがよろしくお願いいたします。 アメンバー申請に [続きを読む]
  • さて、どうしましょうか。
  • いつも足を運んでいただきありがとうございます。 さてさて。どうしましょう 何がだよ(汗) この度色々御指南いただきまして。というか、前々から言われてはいたのですが。一応成人指定で他の場所に飛んでいただくお話が何個かあるんですけど。何個かはパス入力しないと入れないもので、こちらに至ってはそのままでも問題はないかと思われるのですが。ほぼほぼそのまま飛んでいただける状態になっております。 と、いうのも哉子自 [続きを読む]
  • 【ウォンキュ】On Your Mark 3 (D-460)
  • 「あー…もぅ…ホント、ごめんねー」 先程で迎えてくれた青年が頭を抱えると苛立ったように靴音を鳴らして国王に近づく。そしてニッコリと微笑むと背中を思いきり叩いた。それもキュヒョンが思わず「痛っ…」と呟くくらいの勢いで。 「…っ! いってーなっ!! 何すんだジョンス!」 ジョンスは今度は山のように机に積まれた書類をバンバンと叩く。 「仕事をしろよ! まったくっ!! そんなものは寝る前にでも作ればいいだろ!?」「そんな [続きを読む]
  • 【東方神起・門松良祐】1月まとめー!
  • 13日 ナゴヤドーム。 妹となので基本グルメなのですが、なんせ名古屋は何度も来てるのでそんなに食べたいものとかもなく。 妹が味噌煮込みうどんだけはまだ食べてないというのでお昼に味噌煮込みうどん。 しかし、私は無理なのできしめん食べるっていうね…。 セトリなどは福岡レポ参照で! 諸々の注意も参照で!! ナゴヤドームなんてもう大昔に一回行っただけで、え!地下鉄の駅なんてあった!? イオンあった!? カルチャーショッ [続きを読む]
  • 【ウォンキュ】On Your Mark 2 (D-480)
  • 青々とした木々が少しづつ減って、葉が落ちた木が増えてきた。季節が移って落ちるのとはまた雰囲気が違っている。それでもまだ木々は緑をなんとか留めようとしているだけマシかもしれない。下生えはほぼ枯れた草と乾いた土だ。 「繋がっている森なのに同じ森だとは思えないな」 ぽつりと呟いた言葉に運転手が返事をくれた。 「こちらは乾季に入りますからね」「乾季…そっか…」 暫く走っていると車の横に突然バイクが併走し、静 [続きを読む]
  • 【ウォンキュ】supple 7 (D-490)
  • 料理を作るのは好きだ。音楽を作るのと過程が似ている気がする。ありあわせの材料で出来たのは鶏そぼろ丼とトマトスープ。炊き立てご飯の上に甘辛醤油のそぼろ、その上に温泉卵を落としただけ。トマトスープもコンソメにでトマトをサイコロ切りにして入れて、味を調えただけ。シンプルだけども外さないだろうと思われるそれをキュヒョンは本当に美味そうにスプーンで口に運んでいる。 「やっぱり俺、シウォナの作るの好きー」「そ [続きを読む]
  • 【ウォンキュ】supple 6 (D-500)
  • あぁぁぁぁ!!!100の位が減りますねっ!!嬉しいぃぃぃ!! ----------------------- 青天の霹靂《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。らしい。 今、携帯で繋がっている相手の言葉はまさにそのものだった。 『ちょっと。聞いてるー?』「聞いてる」 だからこんなにも衝撃を受けてるんですけど。あ。なんか、ヤバイ。指先が冷たくなってきた。 「で。受 [続きを読む]
  • 【ウォンキュ】 失われた風景 34
  • 頼んでいた時間までに車を滑り込ませると、キュヒョンは首を傾げた。 「また、ドレスコードが必要な食事ですか?」「ちがうよ。でも負けないくらい美味しいのは保証する」 ドアを開けて進むとテーブルの上には綺麗にカトラリーが並べられていた。一流ホテルのロゴはもちろんついていない。我が家のもの。 「時間はぴったりだよ」「さすがですね、社長」 キッチンからひょっこりと顏を出したリョウクの顔を見てキュヒョンが驚いた [続きを読む]
  • 【TVXQ・ソン・シギョン】12月まとめ☆
  • 11月に何もなかったので。12月まとめ(笑) まずは2日 東方神起 LIVE TOUR 2017-Begin Again- @福岡ヤフオクドーム妹と行ってきたのですが。ライブ以外はグルメツアー状態(笑)ラーメン食べて、鳥皮食べて、明太子重食べて…プリン体摂取パネェ状態。美味しかったけども。ツアー自体はまだ続いているのでネタバレとか嫌な方もいらっしゃると思います。見てやってもいいわって方は下のリンクからどうぞ? 東方神起 LIVE TOUR 2017 [続きを読む]
  • 2018年になりました
  • あけましておめでとうございます!!新年。めでたいってことでひたすら飲んでて二日で酒の瓶何本開けるんだこいつ…。 そんなこんなでご挨拶が遅くなりました。 2018年もウォンキュ推しで!!頑張りたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。 新年な画像を探していたらCROSS GENE 拾っちゃったので、貼っちゃえー。 酔っ払いのご挨拶でしたー!! [続きを読む]
  • 【ウォンキュ】supple 5 (D-510)
  • 「…暇なんですか?」「失礼ね。暇ではないわよ」 ピシッとしたスーツで腕を組んでギターを仕舞っている俺達を見下ろして苦笑いした彼女にファンの数人が声をかけてくる。年齢も職業も全然違う彼女たちなのに瞬く間に打ち解けて談笑していた。相変わらずストリートで歌っている。固定したファンもついて、ストリートの場所をSNSで発信するとそこに聴きに来てくれる。足を止めて聴いてくれる人も増えてきた。スーツの女性は以前コ [続きを読む]
  • 生きるということ
  • こんばんは。本来ならお話もあげなきゃいけない状態だったのにお休みしました。ごめんなさい。 自粛とかそんな偉そうなものではなくて。ただ、自分がしんどかった、というのが正直なところです。18日。普通に過ぎるいつもと変わらない一日のはずでした。元々SNSを細目にチェックもしないし、下手すれば一週間以上放置なんてざら。それでもここのところは一日に一度はチェックするようにしてたのですが。まず帰宅して開いたとたん [続きを読む]
  • 言い訳していい?
  • あはー!えっと、まず福岡ドームに東方神起見に行って。研修あって。レポート製作で。猫捜索手伝いあって(とりあえず生存確認できたものの捕まえられず)機械音痴がまるっと一日機械修復に時間使って。お話できてない。ごめん!でもさ!ほらさ!よいやさ!何せ本人が超可愛い画像送ってくれてるから!許してー! [続きを読む]
  • 【ウォンキュ】On Your Mark 1 (D-540)
  • 後、540日と言えばまだまだ長いなって思うのに。10日は短い…。 お話も続きを考えてる間に10日たっちゃうなんてざらなもので、仕方がないから書けそうなものから手を付けてしまうっていうね…。どれか終わらせろよ…。なんですが。すみません…こんなやつで ---- On Your Mark --- 昔々あるところ…時代やら場所をはっきりさせないのは、わざとそうしている。かりにこれを大阪の話しにしたとすれば、大阪の子供には馴染みがある [続きを読む]
  • 【ウォンキュ】 刹那的Night (D-550)
  • この話、どこかで書いてる気もしたのですが、思い出せない…。もしどっかで見た人は笑って許してください…。 ◆ 刹那的Night ◆ もういい加減にしろ。最初は普通にみんなで飲んでいただけだったはずだ。なのになんでこんなことになったのか。キュヒョンは呆れ果てて目の前の男二人を見遣る。一人は自分のグループの兄、チェ・シウォン。もう一人は親友、シム・チャンミン。 ひょんな事から飲み比べが始まって。今現在、チャン [続きを読む]
  • 【ウォンキュ】はんぶんこ (D-560)
  • 人間って環境に慣れるものなんだな。それが正直な心境だ。 表舞台から離れて「一般人」と変わらない生活。毎日同じ時間に起きて、仕事をして、休日前には少々夜更かししてゲームをしたり。たまには友人と飲んでみたり。周りの騒がしさがいきなり無くなるわけではないけれど、毎日が忙しく寝る時間さえ無いという状況は随分と前のように感じる。随分と冷たくなってきた外気に首筋を撫ぜられて肩を竦めた。そろそろマフラーを出さな [続きを読む]
  • 10月まとめ
  • 10月だというのに大型台風二つも来るとか、なんだかどうなってるんだか。そんな中、有馬温泉行ってきました。有馬なんて近場だけどお高いばかりの温泉地。一生行くことはないかと思っていたのですが。もうここまでの仕事の忙しさに頑張ったご褒美だーーーーーっ!!ってことで。もうね。韓国語と中国語だらけだった!!(笑) 湯本坂に山椒の専門店があって、すっごい山椒のいい香りでした。あそこ一日居られる。ドレッシングを買って [続きを読む]
  • 【ウォンキュ】supple 4 (D-570)
  • バイトが終わってストリートで歌う。それなりにファンもついた。自費制作でCDも作ったし、なんとか売れてはいる。 「よかったら、これ出てみたら?」 最近よく見に来てくれるようになったサラリーマン風の男性が一枚のフライヤーを手渡してくれる。 「いい曲歌うのにストリートで歌ってるだけじゃもったいないよ。ここが最終のつもりじゃないんだったらだけど?」 レコード会社主催のコンテスト。バンド、デュオ、ソロどんなジャ [続きを読む]
  • 【ウォンキュ】失われた風景 33
  • 図書館なんて学生時代に何度か利用しただけだ。変わらない建物はノスタルジックな気もする。けれどエントランスを抜けたとたんにあまりの変貌に目を瞠った。天井まで吹き抜けの明るい書架スペース。有名なチェーン店のカフェが併設されており、そこに本を持ち込むことも自由になっている。逆に一定のスペース内であればそこで購入したものを持って出ても大丈夫らしい。ゆったりとしたソファー席、壁側に設けられた自習席。昔と変 [続きを読む]