Narr さん プロフィール

  •  
Narrさん: 学位授与機構で学士(理学)を取ろう
ハンドル名Narr さん
ブログタイトル学位授与機構で学士(理学)を取ろう
ブログURLhttp://narrenundkinder.blog.fc2.com/
サイト紹介文通信制大学の科目等履修生をしながら学位授与機構で学士(理学)を取ろうとしている人の日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供320回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2016/08/29 13:56

Narr さんのブログ記事

  • 放送授業を追加登録
  •  放大のWAKABAからの2学期の科目登録は今月末までだが、先に放送授業1科目と面接4科目を登録申請した。 しかし、たぶん面接は半分くらいしか当たらないだろうという勘で、新たに放送授業1科目を追加した。 「大学マネジメント論('14)」がそれで、これはNiadの学士(社会科学)の追加の積み上げ単位にしようということである。 経営学というのは全く興味がないと言えばない分野で、だったら少しでも興味のある大学関係の科目 [続きを読む]
  • 放送授業を聴き始めた
  •  放大の「生物の進化と多様化の科学」の放送授業を聴き始めた。 この科目は昨年度1学期にCで単位取得しているが、一度も満足に授業を聴いていない(前から気になっていたが、放大は講義ではなくて授業と言うんだよね)。 折角機会があるのだから、聴かないと勿体ないなと私の内部で変化が生じているのだ。 これも「比較認知科学」や「生理心理学」を真面目に聴いてみた成果かな(笑) [続きを読む]
  • 『はなおとこ』『おとうさんのちず』
  •  図書館で出会った素敵な絵本二冊。 『はなおとこ』 ヴィヴィアン・シュワルツ作 ほむらひろし訳 ジョエル・スチュアート絵 偕成社 『おとうさんのちず』 ユリ・シュルヴィッツ文と絵 さくまゆみこ訳 あすなろ書房 『はなおとこ』は、幻想的な絵に引き込まれる。正直、結末は教訓的すぎて面白くないが、この不思議な格好の主人公と、様々な登場人物たちが作り出す絵の世界の面白さが、こどもたちの想像力を拡げてくれる [続きを読む]
  • アサガオ 初メテ咲ク
  •  今朝、玄関へ出てみるとアサガオが咲いていた。 プランターの中で、殆ど土の上に花をつけた。 今年もそろそろかなと思っていたが、再会できてうれしい。 朝夕に水やりをするだけの、雑草もそのままのプランターの中で生きている。 去年は8月14日だった。 [続きを読む]
  • 医療保護入院(9) 宿無し
  •  医療保護入院(8)から続く。 医療保護入院で精神病院に閉じ込められている青年から、昨夕電話があった。 「今日から任意入院に変わったっす」と。 彼が言うには、○○市の精神医療審査会が彼の申し立てを受けて、医療保護入院を解除したとのことだ。 正直なところ、確かな事実関係はわからない。ひとつハッキリしていることは、仮に任意入院に変わったとしても、彼がかつて暮らしていたグループホームは解約されていて彼の帰 [続きを読む]
  • 凄い人がいるものだ
  •  5ちゃんねるの書き込みで、「放送大学で数学を楽しむ」というブログが紹介されていた。 なんと今の時点で成績が確かめられるという、びっくりするような裏ワザである。 早速やってみて、「生理心理学」も「比較認知科学」も成績が判明。 前者は、ああやっぱりと言うか、ちょっと残念と言うか(笑) ただ、この裏ワザ、OSがWIN10でブラウザがChromeだと上手くいかないようだ。 評判の良くない?IEだと、すんなりと行く。 [続きを読む]
  • 2018年度2学期の受講科目
  •  放大のインターネット出願が明後日から始まる。 いつもだと裏ワザ解禁日だが、今年は継続入学申請の画面でとっくに合否が確認できているので、単純にどの科目を取ろうかなという問題だけである。 昔、某三流大企業の下級労働者をしていた頃、競馬に行く同僚が「前の日に競馬新聞を買って予想をするのが楽しい」と言っていた。 ギャンブル依存に至らない趣味の競馬の域だった。 それと同じで、なけなしの財布で無理をして何を [続きを読む]
  • なんて楽しい演奏会♪
  •  きょうは暑さに立ち向かうという決意の下、尼崎のアルカイックホールまで行ってきた。 オーケストラ・ソノリテの第35回定期演奏会である。本当に外は炎暑だ。 スメタナ/歌劇「売られた花嫁」序曲 ベートーホーフェン/交響曲第1番  ドボルザーク/交響曲第8番 指揮:ギオルギ・バブアゼ スメタナは軽妙洒脱がぴったりの演奏で、ベートホーフェンは第一楽章の出だしの不協和音(属七)から引き込まれていった。 この [続きを読む]
  • イヌのこころ (2)
  •  前にも書いた柴犬のフルは、この暑さに些か参っているようだ。 それでも夏休みで子供たちが家にいるおかげで、日中は冷房の効いた家の中に入れてもらっている。 だから私の差し入れは、夜陰に乗じてアイスクリームを持っていくことになった。 小さなカップ入りのやつで、ペロペロと舐めて美味しそうに食べてくれる。 家の人も私の差し入れを知っていて、この頃は挨拶も交わすようになった。 まあ、いつしか公認みたいなもの [続きを読む]
  • 合格を確認
  •  昨日、放大のシステムWAKABAで、2018年度1学期の単位認定試験の問題が公開された。 早速「比較認知科学」をダウンロードして、答え合わせをしてみた。 六割は正答していることがわかって、例の裏ワザが間違っていなかったことを確認できた。 後がない再試験というのは、あんまり受けるもんじゃないね(笑) ただ、その分多く勉強したというプラス面もあるかな。 ちなみに、正解の発表は月末近くになるらしい。 [続きを読む]
  • 心理学の専門科目が63単位になった
  •  放送大学の裏技に従えば、これで学士(心理学)の専門科目が63単位になった。 わずか45単位で申請してはみたものの、やっぱり62単位ぐらいはないと不可ないと思って積み上げてみたのだ。 下の単位表の色付きではない所が、申請時の45単位である。  学習成果要旨 小論文試験の問題 学位授与証明書画像  以上、どなたかの参考になれば幸いである。 [続きを読む]
  • 裏ワザが使えた!
  •  放大のWAKABAから継続入学申請の画面に入ったら、例の裏ワザがもう使えた! これが確かなら、「比較認知科学」も「生理心理学」も合格したことになる。 特に前者の合格は、再受験科目だけに一層うれしい。 そして、きちんと放送授業を聴いた科目だけに一層うれしい(笑) [続きを読む]
  • 医療保護入院(8) 恥知らずども
  •  医療保護入院(7)から続く。 医療保護入院の名の下に精神病院に閉じ込められている青年は、未だにそのままの状態である。 これは、本日、前回も登場するTさんとの電話でわかった。 なんでもTさんがフードバンクを盗み食いしている社会福祉法人に用事で顔を出したところ、その青年を担当している職員たちが「借金返し終わったら出てこられるし、それまでの入院や」と事も無げに言い放ったそうなのだ。 その言い放った職員た [続きを読む]
  • 来年度から過去問の公開がなくなる?
  •  5ちゃんねるの記事で、放大が来年度から過去問を公開しなくなると出ている。 出所は不明のようで、ヨタ記事かも知れないが。 面接授業については、来年度から試験(レポート試験を含む)が必須になるという話を某教員の口から聞いた。 まあ過去問は、なきゃないで良いかと思う。 面接授業の試験は、是非するべきだと思う。 ついでに、卒業研究の必須化も是非やってほしい。 [続きを読む]
  • 妄想は続く(笑)
  •  インターネットで検索すると、妄想には「内容が現実から遊離していること」なんて意味が出てくる。 私の学士(理学)なんてのも妄想だと自覚するが(頭の程度がね)、妄想を楽しみにしても好いではないか。 ついでに、放大の2018年度2学期『授業科目案内』を寝っ転がって見ていたら、ラジオで「博物館教育論」なんて科目があることを知る。 試験日は月曜日の17時からだから、今の仕事が続いていたら好都合の時間帯だ。 他に [続きを読む]
  • 受かっていて欲しいな
  •  きょうの2限目、放大の「比較認知科学」の再試験を大阪学習センターで受けた。 今回は自習室が空いて(すいて)いたので、冷えすぎくらいの環境で試験までの時間を過ごした。 何とか6問正解していないかな、というのが正直な感想。 はっきりと自信をもって解答したのは、オペラント行動における弁別刺激と強化刺激だけでした。 まあでも、興味のある科目なので、落ちていたら再度履修登録しよう。 早く解答公表されないか [続きを読む]
  • 滋賀学習センターから封筒が来た
  •  放送大学にメールで苦情を出した件で、きょう滋賀学習センターからA4サイズの封筒が届いた。 授業料については、同封の「銀行口座振込依頼書」を提出すれば返還するとなっていた。 早速、記名押印して投函。 ただ、危険負担の規定から行くと、この問題はずっと私の中でモヤモヤしている。 放送大学側としては、面接授業を開講したのだから債務を履行したという考えに当初は立ったのだろう。 単純に大雨で滋賀学習センター [続きを読む]
  • 2018年度2学期の面接授業冊子を見ながら
  •  昨日、放大の単位認定試験を受けに行ったついでに、2学期の面接授業の冊子をもらってきた。 やっぱり冊子になった紙媒体で、寝っ転がりながらアレコレ考えるのは楽しいね。 そうしたら、京都学習センターで「詳解法医学」なんて開講があるんだね。 西 克治 (滋賀医科大学・名誉教授) 2018年12月08日(土)〜2018年12月09日(日) 学生へのメッセージに「定年のため、最後の講義になります」とあって、聴いてみたいなあ [続きを読む]
  • 電車に乗れるかな
  •  きょうは4時限目13:15から、放大の「生理心理学」の試験である。 朝の7時を回っても大阪市には暴風警報が継続中らしいから、大阪学習センターHPの記載によれば既に時間割が変更されている。 問題は、電車である。 暴風警報が解除されても、直ぐに電車は動かない。 また、今動いている線も間引き運転になっている。 試験が何時になるかも不確定で、電車に乗れるかどうかもわからない。 参ったなあ。 でも、大和川が溢 [続きを読む]
  • えーっ?
  •  さっき出した苦情のメールに、放大の滋賀学習センターから返信があった。 びっくりだ! でも、その内容もびっくりだ。 滋賀学習センターのHPには何の告知も出ていないし、こちらが言わなかったら何もなかったということですか? 今この時点での滋賀学習センターのHPはこちら。 ---------------------------------------------------------------------- Narr 様 メールにて、失礼いたします。 「平成30年7月豪雨」 [続きを読む]
  • 持込許可物品
  •  我ながら疎いと感心しているのだが、放大の「生理心理学」は持込許可になっていた。 持込許可でも不合格者が多い科目もあると聞くから、そのことが安全の保障ではないのだが(笑) どの科目が持込許可か否かについては、放大がpdfで上げてくれていた。 平成30年度第1学期単位認定試験での「出題形式」および「試験時に持ち込みが認められる科目および物品」の情報 もっともこれは試験期によって変わるとも聞くし、持込許可をア [続きを読む]
  • 苦情のメールを出してみた
  •  放送大学 様 shugaku-ka@ouj.ac.jp 冠省 宛先がわからなかったので、履修関係を扱っているそちらの部署にメールしました。 本年7月7日と7月8日の滋賀学習センターの面接授業につき、大雨で鉄道が乱れていたため、身の安全を第一に出席を見送りました。 7月7日については、JR○○線が全面運休、大阪環状線についても間引き運転で、私の住む××市から滋賀学習センターまで行くのは大変難しい状況でした。 滋賀学習センター [続きを読む]
  • 受講料流用通知書で手続
  •  9月1日から始まる近大の土日スクーリング「国際経済論②」の受講料を、受講料流用通知書と500円の定額小為替の郵送で支払った。 昨年度で終了したスクーリング欠席者への救済措置、残しておいて欲しかったな。 そして今回の講義は講師が別なので、どうかスマートホン使用なんてことがないように願っている(笑) [続きを読む]
  • 迷った末に
  •  近大の夏季スクーリング「社会政策②」の受講料を払い込むことにした。 金銭的にも厳しいし、時間的にも厳しいが、もう近大に在籍することもないだろうし、いつまで私が生きてこんなことを出来るかもわからない。 だったら、機会は大事にしよう。 どうせ、こんな世界は大して意味がないのだから、今できることをしようではないか(笑) 時間的にも厳しいと言うのは、8/29から8/31の金土日のこの科目の後に、再受講の「国際経済 [続きを読む]