Narr さん プロフィール

  •  
Narrさん: 学位授与機構で学士(理学)を取ろう
ハンドル名Narr さん
ブログタイトル学位授与機構で学士(理学)を取ろう
ブログURLhttp://narrenundkinder.blog.fc2.com/
サイト紹介文通信制大学の科目等履修生をしながら学位授与機構で学士(理学)を取ろうとしている人の日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供302回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2016/08/29 13:56

Narr さんのブログ記事

  • 窓うつ嵐に
  •  台風21号の暴風雨で、避難指示が出ている。 近所は誰ひとりとして家を出ていないようだし、私も或る意味では高を括って自宅に留まっている。 ただし、インターネットで確認できる国土交通省のカメラ情報では、大和川が氾濫危険水位を僅かに超えたように見える。 と言うことは、突然の水没もあるかも知れない。 「窓うつ嵐に 夢も破れ 遥けき彼方に 心迷う」 こんな夜は、唱歌『旅愁』の二番が心に浮かぶ。 ただ、私に [続きを読む]
  • 最低裁判所の悪代官たちに×(バツ)を
  •  きょうは大雨である。ここ数日降り続いている雨が、台風で更に強くなっている。 そんな中で、頑張って投票所まで行って来た。衆議院議員選挙と、最高裁判所裁判官こと最低裁判所悪代官の国民審査である。 小選挙区は「誰もいない」、比例区は「何処も不可」で放り込む。 で、最低裁判所悪代官は、全部に「×」。 選挙制度は悪政の追認の制度であって、こんなもので善政は到来しない(笑) 多少なりとも歴史を勉強すれば、そん [続きを読む]
  • 人間の醜悪さと動物
  •  放大の「比較認知科学’17」のラジオ放送を、第十一講まで聴いた。 2015年の二学期に放大の科目履修生に初めてなった。今まで、ここまで放送授業をきちんと聴いたことはなかった。と言うか、殆ど聴かずに終わっていた。 今回は、とても面白いから時間を見つけてはPCを開いて聴いている。 つらつら思うに、人間の醜悪さは何処から出てきたのだろう? 明日が投票日の衆議院選挙でも、候補者は誰ひとりとして路上生活者 [続きを読む]
  • 面接授業の追加登録を2つ
  •  きょうの午後、放大の奈良と大阪の学習センターから電話があって、面接授業の追加登録が認められたので授業料を支払うようにと言ってきた。 奈良 「障害児の発達と療育・教育」 大阪 「大気と環境の化学4」 大阪は、きょうの夕方ぶらっと天王寺に出たついでに窓口で支払ってきた。現金書留は、何だか割高感が強いのだ。 奈良は、来週の金曜日にでも梅干しを買いに行ったついでに払ってこようかな。 お金があって、興味の [続きを読む]
  • 障害者ビジネスから離れる
  •  グループホームの夜間世話人になって、毎週二泊三日の信じがたい勤務体系に服していたことは既述した。 それが、思わぬ所から昼間の仕事のお誘いがかかり、明日から転職となった。土日は休み、かつ週四日制である。 月一回のスパワールドの日雇い仕事は続くが、これで障害者ビジネスとは距離を置くこととなった。 スパワールドの仕事も辞めようと思えば、辞められる。 ただ、利用者さんとの関係で、こちらは暫く続けようかな [続きを読む]
  • これも教科書を図書館で借りる
  •  きょうの昼に放大の大阪学習センターに顔を出して、予約していた本を借りてきた。 前田忠弘ほか『刑事政策がわかる』法律文化社、2014年。表紙裏の貸出期限票の日付印では、私が最初の借り出しのようだ。 手許に残しておく必要のない本は、図書館で借りるに限る。 と言うか、なるべく本は所有しないのが良い。 同じ近大の『日本法制史』で、日本の警察機構は市民生活の安全ではなく支配体制の維持を第一としていると書い [続きを読む]
  • 意地悪なシステムだね
  •  近大の「科学方法論(化学)」の4000字レポートをKULeD(インターネット)で提出した。 しかし、これが意地悪なシステムだと来ている。 いわゆるコピペが出来ないことは、ワープロソフトの辞書登録で対応できる。 しかし、対応できない問題がある。 乗数の入力が出来ないなんてのも、そのひとつだ。 しかし、今回はもっと大きな問題にぶつかった。 近大の『レポート設題集』には、手書きレポートの書き方として「 [続きを読む]
  • 産能大の科履生は更に続く
  •  産能大とはもう縁がないと何回も思いつつ、結局は今回も10月生に出願してしまった。 取り敢えずは心理学関係1科目2単位だが、追加履修で「所得税法4単位」「相続税法4単位」とかを取っていこうかと思っている。 一体、何を考えているのか。 自分でも分からなくなってきた(笑) [続きを読む]
  • 面接授業の追加登録を申し込む
  •  今日から放大の面接授業の追加登録が始まった。 奈良学習センターの「障害児の発達と療育・教育」の登録申請をFAXで送信しておいた。  抽選で当たれば、10月20日の午後に連絡があるはずだ。 これは、大学改革支援・学位授与機構の学士(心理学)の不足単位に当てるもの。 できたら、もう一科目ぐらい追加登録を申し込んでみたい。 [続きを読む]
  • 心理学を4単位
  •  大学改革支援・学位授与機構で学士(心理学)を取得した後で、せめて心理学の専門科目を62単位まで積み上げようと思った私である。目標まで、あと7単位。 今回、下記の2科目4単位を受講登録した。 比較認知科学’17 放送大学 2単位 臨床心理学 産能大 2単位 目下、近大通教のレポート作成で呻吟していて、それどころじゃないはずなんだが(笑) [続きを読む]
  • 書き過ぎたけれど合格していた
  •  きょうは近大の図書館に行ったついでに、事務室によって学習進度状況表を取ってきた。 同じ物はKULeDで見られるのだが、ちょっと事情があって紙媒体が欲しかったのである。 そうしたら、9月に受けた「国際法」が85点で合格していた。 人民の自決権について気分よくアレもコレも書いたので、ひょっとすると落ちたかなと思っていたから一安心。 ただ、答案に自決権の定義である「その政治的地位を自由に決定し並びその [続きを読む]
  • 「丈夫擁書万巻、何仮南面百城」
  •  近大図書館で『図書館と江戸時代の人々』新藤透(柏書房2017年8月)を借りて、寝っ転がって斜め読みをした。 ここの図書館で入口近くの新刊の棚を見るのは、本当に楽しい。 この本で、徳川吉宗が紅葉山文庫の蔵書を乱暴に破壊していたことを知った。 切支丹伴天連や日蓮宗不受不施派のものを焚書したのだろうぐらいに思っていたら(それはそれで文化財の破壊だが)、彼は諸大名から献上させた書籍も含めて大量のものを偽 [続きを読む]
  • 再提出のレポート合格
  •  今朝帰ってきたら、昨日付けで近大「国際法」の再提出レポートが合格していた。  レポート設題中の「2,意義」とは、「大陸棚が国際法の解釈に重大な影響を及ぼした問題」のことで合っていた。 私が書いたことは、以下↓のとおりである。 [続きを読む]
  • 『森と夜と世界の果てへの旅』
  •  素晴らしい作品である。 2017年10月8日 15:45〜17:05 八尾市生涯学習センターかがやき4F大会議室 人形劇団「デフ・パペットシアター・ひとみ」 エイモス・チュッツオーラ原作『森と夜と世界の果てへの旅』 義理で買ったようなチケットで、全く期待していなかった。 それが一気に引き込まれてしまった。 200人を超える程度の観客で中には小さな子供たちもいたが、一様に舞台に見入っていた。 私に [続きを読む]
  • 天王寺から鶴橋へ歩く
  •  今朝は天王寺へ出て、放大の大阪学習センターで学生証を受け取り、予約していた図書を借りた。 ついでに、面接授業の冊子の近畿版と全国版とを貰った。 今のところ、月火水の三日間をグループホームで過ごすという二泊三日の信じがたい勤務体系の私にとって、この三日間は理不尽な懲役に忍従しつつ他の四日間は少しでも娑婆の空気に浸りたい、という気持ちがいや増している。 と言うか、少しでも現実から離れて勉強したいとい [続きを読む]
  • 第三回まで聴講
  •  放大の「比較認知科学」をPCで第三回まで聴いた。 特に第三回の「学習の生物学」は面白い。 学習には生物学的制約があって、これは逆に学習を支えているのだと。 言語の取得で、例えば日本人は英語のLとRを区別できない。日本語でそんな区別は不要だからだ。 これは、乳児期に周囲から取り入れた音素の中から、不要な音素を区別する(LとRなどの)境界線をどんどん消し去りながら人間は国語を修得していくという生得的 [続きを読む]
  • 拮抗条件づけ
  •  放大「比較認知科学」の第一回講義をインターネットで聴いた。動物心理学である。 テレビではなくてラジオというのが良い。 動画を45分見続けなければならないというのは、私には苦痛に感じられてならないのだ。 で、拮抗条件づけが出てきて、これは障害者の世界ではタブーになりつつあることだが、ここでは語られているんだなと逆に安心した私である。 勿論、講義担当者も人権問題と関わってくるとちゃんと断っていた。  [続きを読む]
  • 近大の科目等履修生の不思議
  •  不思議という表現は大袈裟と言うか相応しくないのだが、他に上手い表現が見つからない。 昨夏に近大通信教育の科目等履修生の願書を出したとき、スクーリングが受講できるとは知らなかった。 授業料納入後、ごそっと入学関係書類が送られてきたときも、スクーリングの時間割とか講義概要の表紙は「正科生用」と明記してあった。 だから、何でこんなものまで科目等履修生に送ってくるのだと、訝しく思ったものである。 でも、 [続きを読む]
  • 不可解な成績
  •  近大の「法医学」が合格していた。 どうか可で通っていて欲しいと願っていた科目である。 先月の受験は全くだった。 「外表検査について説明せよ」と問われた私の答案は、 (1)検視とは何か (2)検視における外表検査の重要性 (3)外表検査の方法 (4)外表検査による犯罪認知の例 という構成で、これだけ見ると大変立派だが、肝腎の(3)が実にいい加減な記述になっている。暗記が苦手な私は、この部分は覚えられなかったし、 [続きを読む]
  • 朝鮮人虐殺
  •  都知事の小池百合子が、去る9月1日の都立横網町公園(東京都墨田区)で開催された「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式」に、都知事名の追悼文を送らなかったというニュースを聞いたのは、当日のNHKテレビでだった。 私は、こんな追悼式が毎年行われていたことも知らなかったし、石原慎太郎や舛添要一といった都知事たちもそれに追悼文を送っていたということも知らなかった。 小池百合子が追悼文取りやめの理由を記者の前で語 [続きを読む]
  • 試験監督のアルバイト
  •  職探しをしているときに(今でも?)、近大の科目終末試験の監督はどんな所で求人があるのだろうかと思っていた。 そうしたら近大通信OBの方のブログに、この前の日曜日に試験監督をした話が出ていた。 そうか、人脈で試験監督を頼まれる訳だね。 流石に近大の科目等履修生をしながら試験監督なんて許されないだろうが、産能大とかの試験監督のアルバイトとか求人ないかなあ。 [続きを読む]
  • 何とか無職を脱出
  •  きょうインターネットで見つけた求人先に面接に行き、即決の形で明日から仕事に行くことになった。 無職を脱したのはよろこばしいが、やっぱり前に書いたとおりホームの夜間世話人である。 ただ、先方は昼間の仕事も出来たら入って欲しいとのことなので、オールナイトではなくなるかも知れない。交通費は全額出て、時給1300円、22時から5時の深夜帯は別の手当という私には金銭面では破格である。 この仕事の成否は、利用 [続きを読む]