kojimayon さん プロフィール

  •  
kojimayonさん: 洛らいふ
ハンドル名kojimayon さん
ブログタイトル洛らいふ
ブログURLhttps://luck-life.net
サイト紹介文京都での生活「洛らいふ」京都のオススメ情報と備忘録。
自由文京都の今出川通よ付近より北に強い情報サイト。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2016/08/29 12:08

kojimayon さんのブログ記事

  • 祇園祭 わが家の鉄板定番コース(後祭り宵山編)
  • 祇園祭のハイライト、豪華絢爛な山と鉾が京の町を練り歩く山鉾巡行。山鉾巡行は7月17日前祭と7月24日後祭の二部構成に別れていて、それぞれの日程の3日前から、前夜祭として宵山が始まります。特に多くの人出が見込まれるのは前祭の方。前祭の宵山では烏丸通が歩行者天国になり、屋台がずらっと立ち並びます。山鉾町や四条通、烏丸通は人で埋め尽くされます。一方の後祭。宵山の歩行者天国はないけれど、人出はそこそこ。お祭りの [続きを読む]
  • 祇園白川 Cacao MarketとAngel libraryに行ってきた
  • 京阪祇園四条駅を降りて、鴨川にかかる四条大橋のたもとから北へ2、3分ほど歩くと、祇園白川という小川に遭遇します。この祇園白川沿いを歩くと、観光客の方々が思い浮かべるような典型的な京都の街並みに出会えます。ここは映画やドラマなどで度々登場する場所で、祇園白川とそこに架かる巽橋の風景は趣があります。メデイアでよく紹介されるのもそのはずで、この地区は伝統的建物群保存地区に指定されているんです。巽橋のすぐ向 [続きを読む]
  • 北野天満宮で合格祈願!梅が咲く頃にお礼参り みどころも紹介
  • 全国にある菅原道真公を祀る天満宮。京都の北野天満宮はその総本山で、毎年多くの学生さんが、道真公のご神徳を求めて合格祈願に訪れます。そんな北野天満宮といえばなんと言っても美しい梅苑で、道真公が梅をこよなく愛していたことに由来します。京都の大学を受ける学生さん、受験勉強をやりきって人事を尽くしたら北野天満宮で合格祈願にお参り、そして梅の花が咲き誇る3月、合格発表の帰りにお礼参りに行かれるなんてどうでし [続きを読む]
  • 五山の送り火の大文字山に早朝散歩に行ってきた
  • うだるような暑さの7月の京都。猛暑が続くと、つい運動不足になってしまいがち。爽やかな森の風を感じられる早朝の大文字登山に行ってみました。大文字に登るのは京大在学中、実験の待ち時間に登った以来、約10年ぶりです。朝6時過ぎ、もう既に日は高くなりつつありますが、登山開始です。格好は普通の運動靴にTシャツにストレッチパンツ。これで十分です。↑目指すは大文字!銀閣寺の参道をまっすぐ登っていくと、銀閣寺の入り口 [続きを読む]
  • 玉の輿のご利益だけではない 京都今宮神社のあぶり餅と探イイ話
  • 2018年7月、連日うだるような猛暑の京都。8日間連続で38度をマークしたこんな日に、熱々のあぶり餅を食べに行くという、なんともクレージーな企画を突如思いつき、あぶり餅で有名な今宮神社を探訪することにしました。知る人ぞ知る玉の輿のご利益のある今宮神社。このご利益と熱々のあぶり餅の裏には深い背景がありました。目次1.朱塗りの楼門と今宮神社のシンボル松のコラボが超絶カッコいい!2.八百屋の娘が将軍の妻に! ?玉の [続きを読む]
  • 京都祇園 鍵善良房で高級吉野葛のくずきりを!これがほんまもんの味
  • 2017年夏、出産後にお腹の調子が悪くなり2か月間ほど入院。その時にウワサに聞いた祇園 鍵善良房さんのくずきりを1年越しの念願かなって頂けることになりました。この時のくずきりへの熱い思いと、1年越しの念願かなったときの様子を振り返ります。目次1.入院中につのる くずきりへの熱い思い2.1年越しの念願かなう!祇園 鍵善良房さんの贅沢くずきり これがほんまもん3.アクセス1.入院中につのる くずきりへの熱い思 [続きを読む]
  • 一度は観てみたい!京都で最も美しい東福寺の紅葉を観てきました
  • 11月中旬から下旬にかけて、京都の紅葉の名所はどこも大変混雑します。混雑をさける意味で、前回の記事では観光客少なめ、穴場の真如堂をおススメしました。季節を問わず観光客でにぎわう京都。特に桜シーズンの4月上旬と、紅葉シーズンの11月中旬〜下旬にかけては、名所ともなると身動きが取れなくなるほど人で溢れかえります。そんな様子ではゆっくり桜や紅葉を愛でることもままなりません。そこで私は紅葉の穴場として真...京都 [続きを読む]
  • 京都紅葉の穴場 真如堂をおススメする3つの理由
  • 季節を問わず観光客でにぎわう京都。特に桜シーズンの4月上旬と、紅葉シーズンの11月中旬〜下旬にかけては、名所ともなると身動きが取れなくなるほど人で溢れかえります。そんな様子ではゆっくり桜や紅葉を愛でることもままなりません。そこで私は紅葉の穴場として真如堂をおススメします!理由としては・・・①名所ほど紅葉押しの物量作戦ではないが、紅葉と緑が美しく程よく調和していて美しい。②あまり有名でないのか、人があ [続きを読む]
  • 京懐石 京とみ で親族顔合わせの会食をしてきました!みんな大満足の一日
  • 2014年夏、婚約を皮切りに、様々なイベントを次々とこなしていきました。結婚式・披露宴の準備、新居の家具や家電もそろえなければならないし、枚挙にいとまがありません。そんなイベントの中で、トップバッターをかざるのが「両家親族の初顔合わせ」です。この記事では、どのような基準で初顔合わせの会場を選んだのか、そして当日の様子も少しご紹介します。目次1.親族初顔合わせ会場を”京とみ”さんに選んだ6つの理由2.当 [続きを読む]
  • 皇室御用達 とらや京都御所の創業の地で食べる贅沢かき氷!
  • とらやのういろうといえば、少しリッチな手土産として全国のデパートでも売られているほど。とらやの歴史は室町時代にさかのぼり、皇室御用達のお菓子司として京都御所近くで創業しました。その創業の地(正確には創業より42年後の西暦1628年に店舗用に買い増した土地)は、今でも虎屋菓寮として営業しており、美しいお庭を見ながら甘味をいただくことが出来ます。京都の夏の終わりを告げる五山の送り火を間近に控えた8月13日、京 [続きを読む]
  • 祇園祭の楽しみ方 役行者山 炎天下の京の町に山伏出現!
  • 祇園祭のなかでも特色あるイベントやお授け(グッズ)を紹介していきます。役行者山では、祇園祭の宵山期間中、毎年7/23の14時ごろから、一風かわった山伏イベント(?)が人気を博しているとのウワサを聞いて、炎天下、うだるような京都の暑さの中やって参りました。イベント開始の30分前、すでに多くの人だかりが出来ています。35℃をこえる猛暑のなか、人ごみのなかでその時をじっと待ち耐え忍びます。暑い!↑30分前からすでに [続きを読む]
  • 出世の登竜門!祇園祭 鯉山で出世祈願してきた
  • 毎年、7月1日から1か月間という長いスパンで行われる祇園祭。1か月の間に無数のイベントや展示が目白押しで、何を見ようか頭を悩まします。府外からの観光客の方はおそらく山鉾巡行に合わせて京都を訪れるパターンが多いと思いますが、山鉾巡行以外にも実は見所はたくさんあるんです。今回は立身出世にご利益のある「鯉山」を訪れてみました。さぁ、出世の道に向かってれっつごー!目次1.祇園祭のおさらい2.鯉山ってなに? [続きを読む]
  • 残酷な中学時代の記憶
  • 1998-2001年中学校時代。今思えばあおくさく残酷な少年時代の記憶をログしておく。私の住んでいた大阪のとある町は中学受験などという文化はなくほぼすべての小学生が地元の中学校に進んだ。私も例にもれず公立中学校に進んだが、今思えば人生でもっとも過酷な修行の始まりだったように思う。とにかく学校は荒れ果てており、特に中2あたりからはひどくいわゆる不良グループが、自らを「メジャー」と称し「マイナー」と彼らが名付 [続きを読む]
  • 青森ドライブ&ツーリングルート3選 その3
  • 3.青森市内を散策!(青森県立美術館、ねぶたの家)弘前では津軽三味線の音色と地酒に酔いしれる!青森市内をあらためて散策してみると、見どころがかなりあったので紹介していきますね。まずは青森市内中心部、青森駅前を出発!あるいてものの数分でねぶた祭りで実際に使用されたねぶたが展示されている「ねぶたの家 ワ・ラッセ」に到着!幅9m, 高さ5mにもおよぶ巨大ねぶたは迫力満点! 続きを読む [続きを読む]
  • 青森ドライブ&ツーリングルート3選 その2
  • 2. 奥入瀬渓流を散策したら八甲田酸ヶ湯温泉で汗を流そう朝一で十和田市現代美術館で鑑賞したのち、奥入瀬渓流沿いに車orバイクで約40分ほど走ると、お昼前には奥入瀬渓流の散策スポットに到着します。奥入瀬渓流の最上流・十和田湖を目指して渓流沿いをてくてく歩いていくと・・・空気が澄み切っていて、気持ちいい!思わず深呼吸したくなるほど!さらに上流を目指しててくてく歩いていくと・・・続きを読む [続きを読む]
  • 青森ドライブ&ツーリングルート3選 その1
  • 1.海の幸豊富な八戸から十和田美術館、奥入瀬渓流まで地元市民や観光客が新鮮で安い食材を買い求める八戸市の八食センターをスタート! 八食センターでは絶品のいくらやマグロの解体ショーまで楽しめ、舌も目も大満足です。あります、あります!新鮮でいかにもおいしそうな魚介類たちが!! 何かおいしい魚はないかなー八食センター内をぶらり市場内をうろうろ散策していると・・・なんとマグロの解体ショーまではじまろう [続きを読む]
  • 岩手ドライブ&ツーリングルート 4選 その3
  • 3.レトロモダンな盛岡から秋田 乳頭温泉郷へ!盛岡といえば 明治期のレトロな建物が観光客にも開放されてて、自転車なんかを借りて町をめぐるのもいいかもしれません。ここでご紹介するスポットは徒歩でまわれる範囲内にあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。国指定の有形文化財 岩手銀行旧本店 東京駅を設計した辰野金吾氏によるもので、氏の建築としては東北地方に唯一現存するものだそう。明治期の洋風建築の姿をそのま [続きを読む]
  • 岩手ドライブ&ツーリングルート 4選 その2
  • 2.イーハトーブ花巻からレトロモダンな盛岡へ花巻といえば宮沢賢治の生まれ故郷ということで町を挙げての賢治さんおし。まずはお勉強を兼ねて宮沢賢治記念館へ行きましょう!               童話作家としての宮沢賢治はあまりに有名だけど、宮沢賢治記念館に来て驚かされるのは、地質学、天文学、水彩画、音楽に農学とあまりに多岐にわたる分野に精通していること。明治期以前の東北の貧しい農民の姿を描いた作品 [続きを読む]