菊千代 さん プロフィール

  •  
菊千代さん: コラボ詩
ハンドル名菊千代 さん
ブログタイトルコラボ詩
ブログURLhttps://gushax2.wordpress.com/
サイト紹介文愚者x2と御影が織り成す協作詩
自由文『愚者x2』と古き良き同志でもある『御影』が
何かをテーマにして一行ずつ交代で詩を紡いでいく。
その都度、どちらかが先行し、相手が後に続く。
その様にして、二人で一つの詩を作っていく。
アイデア、言い出しっぺは御影さんです(笑)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 348日(平均0.1回/週) - 参加 2016/08/29 14:11

菊千代 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 更新終了
  • 突然ではありますが、 ちょっとした事情により、 今後の更新を終了したいと思います … 続きを読む → [続きを読む]
  • 夕暮れ
  • 先行:愚者x2 後行:御影 ───── 空から陽が落ち、空が燈に染まる時 切なさ … 続きを読む → [続きを読む]
  • 先行:御影後行:愚者x2─────陽炎ゆらゆら。蝉がシャーシャー。この先の視界も少しずつ歪み出す。誰かの声が聞こえる気がする。風鈴の音色に紛れる透明な風が運んできた入道雲が膨れ上がっていく。泣き出しそうな空の下暑さに喘ぐ人々。夕立前の街は慌ただしく動き出す。豪雨になったら大変だ。夜の花火を心待ちに通り過ぎる雨を見送る。杞憂に済んで良かったな、と。こうして思い出が積み重なり暑さによる苦しさも未来の自 [続きを読む]
  • 明日
  • 先行:御影後行:愚者x2─────小さな失敗をした若き日の僕は「今」を知らないから 気にも止めずに ここまで来た。過ぎ去りし日々の中で置いてきた物。それが「今」僕の中で蘇る。もっと早くに気付けて居ればこんなに傷付く事も無かったのかもしれない。悔しさを断ち切れずに虚しさを覚えて孤独に振り回される。逃げ出す事も出来ずに有るのかも解らない 出口を探す。探しても探しても見つからない。本当は自分が求めた答え以外 [続きを読む]
  • 先行:愚者x2後行:御影─────夜空を見上げて馳せる君への想い。君もまた、あの星を見ているのだろうか。瞬く輝きはこの胸を熱く焦がす。悠久なる時間をかけていつか届いて欲しい この気持ち。ただ、ただ、君を想う。苦しいくらいに愛おしい。そんな僕をあの星が見ている。まるで標を指し示すかの様に君の下へ星明かりが降り注ぐ。その穏やかな笑顔を垣間見る事ができる幸せ。その幸せを君にも届けたい。2人で同じ気持ちにな [続きを読む]
  • 先行:御影後行:愚者x2─────両手に抱えきれなくなったものは涙となって溢れ出す。誰に降り注ぐでもなく 自分に向けられた刃から滴る血と共に痛みだけ流してはくれない。先の見えない孤独の中で感じる冷たさだけが現実だと思い知らされる。昔に放り捨てた身を護る傘。今はただ、打ちのめされて静かに目を閉じる。傘を叩く雨音が耳触りだった記憶さえ懐かしくそして温かくも感じる。体温を奪われ薄れ行く意識。雨は強くなって [続きを読む]
  • 過去の記事 …