ねじまき士 さん プロフィール

  •  
ねじまき士さん: ねじまき士クロニクル
ハンドル名ねじまき士 さん
ブログタイトルねじまき士クロニクル
ブログURLhttp://nejimaki96296.hatenablog.com/
サイト紹介文とある整備士のつぶやき
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/08/30 08:51

ねじまき士 さんのブログ記事

  • 吉田所長は英雄なのか?
  •  震災の時の話をしていると、たまに吉田所長を英雄視している人がいます。命を懸けて日本壊滅を防いだとされているのが要因かもしれませんが、そのたびにちょっと待てよと言いたくなります。出版されているノンフィクションを謳った本の中でも吉田所長を英雄視しているものはあります。死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日作者: 門田隆将出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2012/11/24メディア: 単行本購入: 6人 [続きを読む]
  • 谷口ジロー シートン
  •  谷口ジローを知ったのは『孤独のグルメ』です。中年のおじさんが孤独にご飯を食べるマンガです。今思い出しても、昼から焼き肉が食べたくなります。寿司も食べたいです。新幹線の中で焼売の匂いを充満させるのはダメです。 その谷口ジローですがシートンの物語も書いています。シートンはどんな人なのか?本の副題には「旅するナチュラリスト」とあります。「シートン動物記」で知られる、博物家、画家、作家です。1巻は1893 [続きを読む]
  • アフリカに光を スタンレー レオポルド王の亡霊
  • “shoots negroes as if they were monkeys,”猿を狙うように黒人を撃て 自動車産業に携わる人で「スタンレー」という会社を知らない人は恐らくいないはずです。車の電球を作っている会社です。東証にも上場しています(6923)。チャートを見る限りここ数年は堅調に推移。配当利回りは1%ほど。エンジンがない車が、道を走る時代が来るかもしれませんが、電球がない車が道を走るのを想像するのは難しいです。暗闇の中を走行する [続きを読む]
  • 最後までピッチに立つこと
  •  サッカーをしていた時に指導者に言われた言葉は今でも覚えています。「試合終了の笛が鳴ったら同時に倒れろ」「どうせ明日は月曜日、明日の午前中動けなくても何の問題もない」「サッカーは理系のスポーツ」「(年齢別日本代表に漏れた相手のエースに対して)彼はもう日本の宝ではない、全力で当たれ」「練習試合でPKを決めて勝って喜ぶな」「ここにはロナウジーニョがいないからお前はスタメンで出場できている」 など、なかな [続きを読む]
  • マツダの新しいエンジン 
  •  マツダが自己着火型のガソリンエンジンを2019年にも市場に投入するという記事がありました。今まで軽油が燃料のエンジンでしかできていなかったものを、ガソリンが燃料のエンジンでも成し遂げたことになります。 現在のマツダの生産台数は年間160万台(国内生産96万台)。欧米での売り上げの比率が約半分。世界的な流れで見れば近い将来にエンジンが姿を消す可能性もありますが、マツダは他社の裏道を行くようにエンジンの開発 [続きを読む]
  • 俵万智はカープファン?
  •  なぜ俵万智がカープファンなのかがわかりません。広島に縁もゆかりもなさそうな俳人ですが、とにかくカープファンの様です。『サラダ記念日』の中にカープについての句があります。我がカープのピンチも何か幸せな気分で見おり君にもたれて あの俵万智が「ぼくらのカープ」と言ってくれています。実話なのか、創作なのかわかりませんが、誰かと一緒に野球を見るのはとても幸せなことです。『サラダ記念日』の中には先生をし [続きを読む]
  • 私立高校無償化 公明党への配慮 ガンジーキングイケダ
  •  『私立高校無償化 公明党への配慮 予算800億円』というニュースがありました。本当に公明党の政策には碌なものがありません。 子どもの頃に、地域振興券なるものがありました。一定以下の子供がいる家庭にこの券が配られるということで、親に地域振興券の額のお金をねだった記憶があります。「俺がおるけんお金もらえるんよ」と。当時のことをいつか親に聞いてみます。「お金をばらまくなんてなんてありがたい話だ」「もっと [続きを読む]
  • 3万円の両替
  •  先日、お世話になっている人から日本円の換金をお願いされました。パスポートをごそごそしていたら「サンマンエン」あったということで、こちらの通貨と交換しました。30年近く前に日本へ出稼ぎに来て、それから6.7年「カンダ」近くの「ゲンバ」で働いていたそうです。ゲンバで貯めたお金は母国へ送金してそのお金で家を建てています。仕事を引退した今でも乗用車を持てるくらい裕福です。ゲンバで働いていた間は、結婚して家族 [続きを読む]
  • 悲惨な朝鮮史
  •  アマゾンで調べていて、意外と朝鮮の歴史を扱った本が少ないのに驚きました。 高校の時に世界史を習った気がしますが、朝鮮の知識は今ではすっぽりと抜け落ちてしまっています。日本人と朝鮮人、顔は似ているかもしれませんが、中身はまったくの別です。キリスト教がかなりの割合で信仰されている時点で思想にかなりの違いがあることがわかります。肌の色が同じだからと言って考え方まで一緒とは限りません。在日朝鮮人などの問 [続きを読む]
  • ヤマザキマリさん
  •  キリスト教の存在しなかった世界というのが知りたくて、ローマのことを勉強していますが、かの有名な「テルマエ・ロマエ」を読んだのはここ最近の話でした。映画は何年か前に見た記憶がありましたが、その何年か前はローマ帝国のことなどまったく私の頭の中にはありませんでした。何年か前の私の頭の中にあったのは週に一度の定休日と、月に一度の給料の使い道のことだけでした。 テルマエ・ロマエの中に時折挟まれるコラムから [続きを読む]
  • 広島空港の素敵な立地
  •  お隣の岡山、山口は新幹線も道も広島とは対照的に平野が多い印象です。広島は割と山深い土地です。 新幹線を利用して岡山〜広島間を利用すれば、福山〜広島はほぼトンネルです。 広島を横断する国道2号線を走れば、市街地を除けば福山〜広島はほぼ山の中です。 広島を横断する山陽自動車を夜間走れば、福山から西へ山の中に入るとかなりの確率で霧が出ます。 そして広島の空の玄関口、広島空港。利用したことがある人には [続きを読む]
  • すべての道はローマに通ず ローマ人の物語Ⅹ
  •  何度目かの「ローマ人の物語」の通読中です。10巻目は、パクス・ロマーナ、賢帝の物語からちょっと一息、ローマのインフラについてです。この巻だけではなく「ローマ人の物語」を通して一貫して描かれているのは、ローマ人のインフラ整備に関する意識の高さです。それでもローマ帝国のハードなインフラとソフトなインフラに関して丸々一巻使っています。2000年前のローマ帝国のインフラに、日本が追い付いたのは江戸時代、もしく [続きを読む]
  • カープ女子について 村上春樹の場合
  •  「村上さんのところ」という、読者から村上春樹への質問・相談集を集めた本があります。中には野球に関する質問もあります。この質疑応答がされたのは2015年の冬です。 かなりの数のヤクルトファンが、山田や成瀬やスワローズの展望について質問しています。前年のペナントで最下位だったヤクルトがその年に優勝するとはこの時にはまだ誰も知りません。黒田が復帰して優勝を期待するカープファンも同様に野球に関して質問してい [続きを読む]
  • ヒルトン選手と村上春樹
  • 元ヤクルトのヒルトン氏が亡くなった。 というニュースを見ました。子どもの頃から野球を見ていますが、ヤクルトで活躍した助っ人の名前にしては記憶がありません。みんなヤクルトを去ってしまいましたが…私にとってはペタジーニ、ラミレス、グライシンガーの印象が強いです。それでもヤクルトのヒルトン。どこかで聞いたことがある名前でしたと思ったら…村上春樹のエッセイ「走ることについて語るときに僕の語ること」に出てき [続きを読む]
  • ハーレー インチねじ 規格の統一の大切さ
  •  家のガレージに何台かバイクが埃かぶって眠っています。その中の一台は高いバイクでも珍しいバイクでもない何の変哲もないSR400です。たぶんバイク王に売りに出しても「0円」です。レッドバロンに出しても「0円」です。近所のバイク屋に持って行けば何万円か出してくれるかもしれません。大手とはそういうものです。どちらにしろ売る気はありません。それでも、もしも売ったら「0円」で買われた私のバイクは、何か月か後には「25 [続きを読む]
  • 優勝そして3連覇へ
  •  セリーグでは巨人しか達成していない三連覇。三連覇への挑戦権をカープが得たことになります。自分が子供だった頃は弱かったカープしか見ていなかったので、今の広島の子どもたちが少しうらやましいです。 ブラウンがベースをぶん投げたり、CSで必ず市民球場へ帰ってくると誓ったり、今の監督が引退試合でホームベースに突っ込んだり(センターフライ…)、DH今村だったり、CS争いを繰り広げられるようになったり…あれからカー [続きを読む]
  • 今村猛の思い出
  •  2009年の春の甲子園はあまり覚えていません…夏の甲子園の決勝戦の時はたまたま新潟にいました。新潟のレストランに入ると丁度、中京大中京と日本文理が決勝戦をしていました。9回の時点でかなりの大差がついていたので、「もう決まったな」と思いながらご飯を食べてぼんやりと甲子園を見ていました。 そうしたら、あれよとあれよと日本文理に点が入る。そのたびに周りの新潟県民の歓声が上がりました。それでも最後の最後で一 [続きを読む]
  • 朝鮮紀行 イザベラ・バード
  •  世界では隣の国と仲が良い方が珍しいですが、日本も隣の国とは仲が良くないと言っていいでしょう。竹島、日本海呼称問題、慰安婦、在日…きりがありません。 そんな朝鮮ですが、100年前はどうだったのか…ここは、19世紀末の大英帝国の旅行家、イザベラ・バードに頼りましょう。ネット上ではこの朝鮮紀行の一部を抜き出して『ソウルはとても不潔な街だった』『やっぱり韓国はひどい国だった』とかいう意見も見られます。しかし [続きを読む]
  • 日本海呼称問題そしてミサイル
  •  北朝鮮がミサイルをまたしても発射しようかという時に、韓国は人道的に北朝鮮へお金を渡す様です。さらに韓国は別のことで忙しいようです。韓国外務省のホームページ(HP)に今月、日本海を「東海」と呼ぶことを国際社会に認識させるための日本語の動画が掲載された。 動画は「過去から現在、そして未来に続く呼び名・東海」と題したもので、長さは5分30秒。「2000年以上、呼ばれてきた名前、東海。東海は、この海の [続きを読む]
  • 戦争にチャンスを与えよ 中国・北朝鮮対策
  • 今日では、外部からの介入によって「決定的な勝利」と「戦争による疲弊」がなくなり、多くの戦争が「終わることのない紛争」になってしまった。戦争は巨悪であるが、政治的な問題を解決し、平和をもたらすことがある。国連やNPOなどの介入は戦争をさらに悲惨な状態にする可能性がある。停戦は戦争状態の締結であり、平和ではない。介入するなら50年ほど駐留し次世代の人間が出てくるまで責任を持つ覚悟が必要。責任を受け持つ覚悟 [続きを読む]
  • アスカネット 空中結像
  •  広島にアスカネットという会社があります。マツダスタジアムで広告を出しているのを見たことがあるので、球場に行く方なら名前だけは知っている方もいるかもしれません。もしくは写真が趣味の方なら知っているかもしれません。本社は祇園新道の旧道の旧道、下祗園の近くにあります。 そのアスカネットは写真が主な仕事ですが、何年か前からAIPという別の分野にも手を出していました。AIPとは(エアリアルイメージプレート)の略 [続きを読む]
  • うっかり者の皇帝クラウディウス
  •  ティベリウスの後を継いだカリグラが好き放題やって暗殺された後、皇帝に祭り上げられたのはカリグラの叔父、クラウディウス(在位41〜54年)でした。第4代皇帝のキーワードは『うっかり』です。 カリグラの叔父ということでアウグストゥスの血もついでいましたが、クラウディウスは『ユリウス一門』ではなく『クラウディウス一門』に属していたので、カリグラがいた時は皇帝になれるとは全く思ってもいなかったようです。一門 [続きを読む]
  • 松山は首位打者を取れるのか?
  •  誠也がいなくなってからのカープを引っ張ているのは間違いなくこの人です。去年の日本シリーズでの守備でのポカはもう忘れました。今期もカープに多大な貢献をしています。打率も絶好調、昨日も猛打賞、今日も試合で活躍、同点ホームランも打って猛打賞です。さて…ですが…その松山ですが…今まで一度も規定打席に到達したことがありません…そして今期も残り試合が今日を除けば12試合しかありません。あと100打席くらい必要な [続きを読む]
  • ガーナのチョコレート
  •  チョコレートの話の続きです。ガーナのチョコレートの写真を知人から入手しました。あのガーナでもなかなかメイドインガーナのチョコレートはないらしく、売っていたとしてもかなり値段が張るそうです。この板チョコはメイドインガーナ。日本円で言えば150円ほどだそうです。現地の物価は知りませんがかなり高額なはずです。 高額なメイドインガーナのチョコをアピールしているのか、ガーナの国旗に描かれている星が刻印されて [続きを読む]