にゃんこ さん プロフィール

  •  
にゃんこさん: 天国に旅立った22歳の息子へ-向精神薬に奪われた命-
ハンドル名にゃんこ さん
ブログタイトル天国に旅立った22歳の息子へ-向精神薬に奪われた命-
ブログURLhttps://ameblo.jp/nyannko136/
サイト紹介文大学生の息子を自死で亡くした自死遺族。大量の向精神薬によって。精神科に心の病は治せません。
自由文小さな頃から優しくて勉強が大好きだった息子。。軽度の脳性麻痺で運動は全然ダメだったけど人一倍勉強家で国立大学に入り、将来はガンの新薬を作りたいと亡くなる前日まで大量の向精神薬の減薬入院からの退院後、離脱症状で苦しかったはずの中勉強をしていました。。息子は生きたかったのです。薬によって薬剤性精神病にさせられた挙句の悲劇でした。。息子を返して欲しい。。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2016/08/30 09:17

にゃんこ さんのブログ記事

  • ”チャンスがある人は断めて欲しい”-厚労省に行った仲間達より-
  • 去年の夏ベンゾ注意喚起デーに厚労省に集まった仲間からのリブログです。 ここに登場する方は日に200錠という薬を医師から処方されていました。 厚労省では私の隣に座っていた方です。 か細い身体で。。絞り出すように、全身の力を集中させそれはもう力強く、全身でこの苦しみを目の前にいる職員の皆さんに語られていました。 震える身体と声で。。処方されているという薬を見せてくれました。 亡くなった息子は日に50錠。。その4 [続きを読む]
  • ”T先生への質問”-医師の方に読んで頂きたいこと-
  • 同じような状態になり同じような苦しみを味わっている数えきれない沢山の人たちの思い。。 のぶさんがT先生に質問したいこと 聞けないだけで、本当は聞きたい人たちが沢山いる事実。 生きていてくれた人たちからの言葉を聞いて下さい。 自分の患者じゃなくても 同じ思いで先生に質問をしたい人たちが沢山いるかもしれません。 命を落とした数えきれない無念の魂となった人たちは もう二度と先生にそれを聞くことが出来ませんから [続きを読む]
  • ”忘れない”-自死遺族の先輩のブログより-
  • しばらく更新しないとここで書きました。 その直後、そして今も承認しないで下さいと送って下さったものも含め、多くの皆さんから温かいコメントを頂き。。 本当に本当にありがとうございます。 こっそりいっぱい泣きました。 泣くことを我慢していたのかもしれません。 自分の命より大切だった息子が死んでしまったんだから。。 こんなに悲しいことはありません。 毎日毎日泣きたかったのかもしれません。 そんな中 息子が亡く [続きを読む]
  • 皆さん、ありがとうございます。私は負けません。
  • このたびは多くの皆様から、沢山の励ましコメントやいいねを頂き本当にありがとうございました。 承認なしでとこっそりコメントを下さった皆さんにも。。お一人お一人に、心から感謝しています。 1つ前の記事以外にも私のブログにコメントを下さった皆さんにもお返事が出来ないままで申し訳ありません。 でも本当に感謝しています。 心からありがとうございます。 そして私を応援するためにあんな卑劣な人間を相手にご自身のブロ [続きを読む]
  • ブログ、一旦停止します。
  • この三ヶ月に渡るネットストーカーとの闘いにそろそろ私も疲れました。 ほぼ毎日、何十というアカウントで誹謗中傷、脅迫メッセージ、コメント、自分のブログでの公開。 それはもうタイトルを見ただけでも震えが来て嗚咽がするほどの酷いもの。 親の私だけでは飽き足らず亡くなった息子までお前の餓鬼は死ぬべくして死んだとか自害する奴がどうのこうのと自死した人たちへの冒涜の数々。 死ね、俺のバックにはすごいのがついてる [続きを読む]
  • 本日は石郷岡病院事件 第3回控訴審です
  • 私がブログを更新するたびに とびついてきて誹謗中傷を楽しむストーカー。 そのストーカー以外にも私を批判したい人たち。 そんな人たちがいても私は伝えたいことを この自分のブログで伝えていきます。 ここは私のブログですから。 私が私のブログやコメントを下さる皆さんを 自分自身で守ることを 誰にも咎めれることはないですから。 本日は石郷岡病院事件 第3回控訴審です お姉さんが更新されたブログ内容をコピペしま [続きを読む]
  • ある青年の死-石郷岡病院事件 第三回控訴審 傍聴案内 -
  • 以前から何度かご紹介させて頂いている 石郷岡病院事件。 明日、いよいよ第三回控訴審が開かれます。 犠牲者、陽さんのお姉さんのブログ どうか、お時間のご都合の着く方 傍聴可能な方がおられましたら 足を運んで下さい。 ハートネットTV-ある青年の死「石郷岡病院事件」- 私はこの動画を何度も何度も何度も見ています。 元気だった頃の陽さんのはにかんだ笑顔。。 大量の薬を服用し、どんどん変わっていく姿。。 身体が硬直し [続きを読む]
  • ”満潮”
  • それしか頼るものがその時にはなかった人。 そしてそれの必要がなくなり、手放そうとする人。 みんなそれぞれの理由 そしてそれぞれの時期があるはずです。 だから誰も悪くない。 誰も偉くない。 誰も劣ってなどいない。 誰とも比べない。 減薬、断薬に臨まれている私のブロ友さんたちの中にも 経過がとても心配な方たちが沢山おられます。 どうかどうか、焦らないで下さい。 断薬をゴールだと、そこにこだわらないで下さい。 [続きを読む]
  • レアケースではなかったということ
  • 以前から何度か取り上げさせて頂いている石郷岡病院事件。 亡くなられた陽さんのお姉様とこちらに書かれているように交流があります。 私も全く同じことを思っています。 あまりにもにている陽さんと息子の経過。。 健康だった大学生がなぜあのような最期を迎えなければならなかったのか。。 昨日のかこさんのブログも絡めてお姉様がアップされたブログです。 弟のこと。〜その陽はまだ沈まない〜 >弟や俊夫さんのような事例はレ [続きを読む]
  • ”書いている原稿についてなど”
  • 息子の身に起こったことをブログに書いて頂いてからかこさんとは公私共にお世話になっています。 ずっとしなくてはならないと思っていたカルテ開示。。 息子さんの生きた証として手元に置いといてあげてと背中を押してくださったかこさん。 私はまだまだちゃんと読める状態ではありませんでしたのでかこさんに先に読んで頂こうと送らせて頂いています。 私は怖くて初めのほうをちらっとしか見ることは出来ませんでしたが。。 かこ [続きを読む]
  • 削除します。
  • 今回もまたお騒がせして大変申し訳ありませんでした。 仕事から帰ると沢山の励ましコメントが入っていて。。 全て感謝しながら読ませて頂きました。 本当に本当にありがとうございます。 正直この二ヶ月ストレスで抜け毛がとまらず 泣きそうなほど抜け落ち。。 ショックでした。 見たくなくてもタイトルだけでも本当にひどくて。。 何よりも悔しいのは亡き息子を冒涜されていること。 許せることと許せないことがあります。 い [続きを読む]
  • ある自死遺族のお母さんからのメッセージ
  • 息子を亡くして間もない頃ある一人の自死遺族のお母さんと知り合いました。 私と同じように息子さんを自死で亡くされたお母さん。。 まだ日も浅く、取り乱しているような私を優しく優しく包んでくださった大切な先輩。。 二年半経った今も遠くからずっとそっと見守ってくださっていました。 久しぶりにメールを頂きました。 誰かのお役にたてるかもしれないのなら私と息子の話もブログで紹介して下さいとおっしゃってくださいまし [続きを読む]
  • 向精神薬悪用、監視強化へ 政府の薬物乱用防止戦略
  • 向精神薬悪用、監視強化へ 政府の薬物乱用防止戦略 政府は4日までに、抗うつ剤や精神安定剤など向精神薬の悪用を防ぐため、監視強化を柱とした「第5次薬物乱用防止5カ年戦略」を策定した。 厚生労働省によると、向精神薬を用いる性犯罪や昏睡(こんすい)強盗などが頻発していることから、不正な売買や目的外の使用を防ぐため、医療機関や薬局、取扱業者への立ち入り検査や監視の徹底を盛り込んだ。 大麻については有害成分 [続きを読む]
  • 「不正請求」
  • こちらは以前から何度かシェアさせて頂いている長年精神科病棟で作業療法士さんをされていた知人が数年前に、別のSNSにアップしていたものです。 知人からはたくさんの現場でのお話を伺いました。実際に見てこられた、感じてこられた事実ばかりです。 今の世の中右も左も不正、不正、不正。 何を信じれば良いのでしょうね。。 こんな大人たちが社会で見えぬ権力を振りかざし自分さえ、自分たちさえ良ければの世界を作り出してしま [続きを読む]
  • 語り部になりたい
  • 昨日は73回目の原爆記念日でした。 地元広島県民として決して忘れてはならない一日。 例年のように朝から晩まで原爆関係番組が放送されていました。 90歳のある被爆者の語り部のおじいさん。 今年が最後の活動になるとのこと。 おじいさんはあの日見た地獄絵図を描き 子供たちに語り継いでいました。 被爆した時、近所の小学校前を通った時に ある教師から 子供たちを助けて下さい!と声をかけられたけど。。 どの子もがれきの下 [続きを読む]
  • 図書館にある危険性のある本
  • この記事は一年前にも書いたことがあります。リブログ機能を停止にしたため再度編集し直して投稿します。 今年に入って私は沢山のブロ友さんやネットを通じて知り合った自死遺族の方や薬害被害者の方医療や薬に疑問を持っておられる方々と直接出会いお話をしてきて。。 強く強く思うところが沢山出てきました。 やはり命がかかっている問題なのです。 知ってしまった人が伝える義務があると思い足早ですが、思うことや息子や出会 [続きを読む]
  • 1つ前の記事、削除します。
  • 昨日はまたストーカー絡みの記事で 多くの方にご心配をおかけしてしまい 申し訳ありませんでした。 案の定、あのブログは削除され(自分でしたのか。。) またきっと別のブログをすぐに立ち上げるつもりなのでしょう。 毎日のようにコメント欄にあのストーカーからの 新しく立ち上げた私を誹謗中傷するためだけのブログへの誘導。 心身共に参っています、さすがに。。 この二ヶ月、ストレスでしょうか ひどい抜け毛に悩まされ。 [続きを読む]
  • こういうのやめてくださいね
  • https://ameblo.jp/caseworker-naoki/ こいつ自信が変わった女 旦那(再婚相手)、息子には 冷徹な態度をしておいて 動物には異常な愛情表現をして 飼う。 こういう女程 固定観念の塊だよな?www どっちが異常か一目瞭然だよな? 巫山戯るのもいい加減にして 欲しいんだけど? ストーカーさん いつまでもしつこいですね。 やめて下さいね。 あなたの異常さ。 普通じゃありませんよ。 何度も何度もね 亡き息子の名前もおもし [続きを読む]
  • バイト代の使いみち~私に出来る、息子が喜んでくれること~
  • 昨日ブログに書いたプールのバイト 息子と一緒に働いたあの夏のバイト代は 息子が入院前に友達とどうしても東京に行きたいとその費用がほしいと言うので、本当は生活費に充てないといけなかったのですが。。仕方なく全部渡しました。 当時はまたわがまま言ってると叱ったのですが今となっては、息子の短い人生の最期になった友達との旅行。。もっと出してあげられたら良かったと後悔すらしています。。 ごめんね、本当に。。 息 [続きを読む]
  • 偶然ではなく繋がっている
  • 今年は先月の大雨水害のため毎年楽しみにしているプールの監視員のバイトが大幅にオープンが遅れましたが無事、先月末にオープンしました。 毎年夏の50日弱だけ集まるいつものメンバー。 シルバー世代のおじいちゃん、おばあちゃんおじさん、おばさんが大半の他ではきっと見られない高年齢のプールの従業員メンバー。 皆さんの顔を見るだけで私はとっても嬉しいのです。 あの夏。。 息子が減薬入院の二ヶ月前多剤大量処方で朝から [続きを読む]
  • ”旅の始まり”
  • 昨日私もたいち君との出会いをブログに書きました。 たいち君もたいち君の目線で書いてくれていました。 そっか。。 そんな思いではるばるこんな島まで来てくれたんだと思うとますます泣けてきました。 ありがとう。。 >病気に対する考え方を変え 食事を変え 薬は使わず 自然の力を使い 自然治癒力を存分に引き出し リピーターは0人 ファンは何百人 そんなカフェへの想いがますます強くなりました。 必ず作る そう決めました 一 [続きを読む]
  • ”未来予想図”~ネットの世界を越えて~
  • 私は今年、たくさんのブロ友さんたちにネットの世界を越えてお会いしました。 会いに来てくださった皆さん本当に本当にありがとう。。 先日は医学生である、たいち君がわざわざ会いに来てくれました。 初めましてだけど初めましてじゃなくて。。 初めましてじゃないけど初めましてで。。 ネットの世界を越えて会う皆さんとはいつもとっても不思議だけど温かい気持ちです。 たいち君のこともそうでした。 初めましてなのに初めま [続きを読む]
  • 安らかに。。
  • 今日は私の大切な大切な 大好きなブロ友さんから本当のお友達になれた方の 娘さんの命日。。 ◯◯さん。 あなたのお母さんは本当に素敵な方です。 ご自身があんなにたくさんの苦労を抱えられているのに。。 ご自身の辛さなど微塵も出さず 泣き言も言わず いつも私達遺族のお母さん仲間のみんなを励ましてくれ。。 西で泣いてるママがいれば飛んで行き 東で苦しんでいるママがいれば飛んで行き 我が子を亡くした全てのママの想い [続きを読む]
  • 小児科医 真弓定夫先生
  • 素晴らしいお医者様の存在を知りました。 真弓定夫ドキュメンタリー「蘇れ 生命の力」予告編 ロングver 薬も注射も一切なし。食事と空気を昔に戻せば 子どもはみんな元気になる 妊娠期間の十月十日が子の健康を左右する医者になって60年、吉祥寺で開業して約40年。私が患者さんにずっと言い続けていることは、日本古来の衣食住の大切さと、妊娠中の生活環境の重要性、そして、赤ちゃんの自然治癒能力は驚くほど高いという3つの [続きを読む]