jane-austin さん プロフィール

  •  
jane-austinさん: 50代 残り少ない人生 どうやって生きる?
ハンドル名jane-austin さん
ブログタイトル50代 残り少ない人生 どうやって生きる?
ブログURLhttps://ameblo.jp/jane-austin/
サイト紹介文50代、病気を得て自分の人生の限りをしみじみ感じ、毎日あせってもがきながら生きています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2016/08/30 20:13

jane-austin さんのブログ記事

  • わたしをつくるひとつのかけら
  • 2週間前に書いた久しぶりの友に会った時思いがけない記憶がよみがえった 「M君のこと覚えてる?」 彼女がそういったときすぐにそれが誰のことかわかったたった2回くらいしかあったことがないその人のことを彼女が口にするまで名前すら覚えてなかった 1回目はおそらく彼女と一緒に会って2回目は彼女の元カレに連れられてM君の下宿に行ったとき(実はその時私は彼女の元カレと付き合っていた) 最初は政治的な活動の話をきいて2回 [続きを読む]
  • 市民公開講座「根治を目指す最新がん治療法」
  • 今回は「がんと遺伝〜がんゲノム医療と遺伝性腫瘍を知る〜」「最新の膀胱がん診断と治療」 市民向けなのでとてもわかりやすくまとめられていたで何が心に残ったかといえばゲノム医療が普及しても新治療で治療効果が期待できる可能性は5〜10% それを選ぶためには標準治療後の再発進行固形がんの患者でそこから治療効果がありそうな患者にのみゲノム医療が適応される う〜ん、この病院を紹介してもらってもゲノム医療に行きつくこと [続きを読む]
  • 久しぶりに会った友と
  • 震度7の北海道の地震もう20年以上もたっているのにいまだに胸がどきどきするくらい怖い まだまだつらい日常を送られている北海道の方々のことを思うといたたまれない気持ちになる 心よりお見舞い申し上げます 今日は小学生の時からの友と久しぶりに会った彼女は幾度かの転職と離婚そして震災で最愛の母を失ったそれでも決してくじけず今は自分で起業して一人でがんばって働いている 私が結婚してから20年以上年賀状以外のお付き合 [続きを読む]
  • 台風怖かったよ〜
  • 久しぶりのブログアップがまたも天災の話題とは 今年2度目のほぼ直撃前回は裏の家のアンテナが吹き飛ばされるわいろんな大きなものがうちの庭に散乱するわ道路は荒れるわだったけど 今回もまた明日被害がもっと明らかになるだろうなここらあたりは前回よりはちょっとましだった気がするけど 大阪は大変そうあまりひどくなっていませんように・・・ これから北の方が大変そうそちら方面のかた気をぬかずくれぐれも油断しないでくだ [続きを読む]
  • 近況報告など・・・
  • 暑い暑いとへばっていたらもう終戦記念日も過ぎて私、なにやってんだか・・・ いろんなニュースをみていると人はいくらでも鬼になれるんだって涼しいクーラーのかかった部屋で考えていた 沖縄の人に手榴弾投げた日本兵だって戦争する前はそこらにいる普通の人だったろう 飢えや本部からの命令やら何がそうさせたのかはわからないけど人がすることとは思えないことでも平気でしてしまう みんながみんなそうだったのではないかもしれ [続きを読む]
  • いいたかないけど・・・暑い
  • 暑い・・・いいたくないけど暑い・・・ 最近は日が落ちると眠り日が昇るくらいに起きだす生活 隠居老人にだけ許される贅沢? 最近は朝のウオーキングも5時前から歩き出すまだ薄暗いなか若者は走る老人たちは群れて歩く けっこうたくさんの人たちがわらわらといる決して涼しいわけではないがもうこの時間しか歩けない 今日のアイホンの記録では56分 5.7km約j時速6kmってとこか 夫は昨日から南アルプス縦走にでかけた熱中症 [続きを読む]
  • 降り続く雨
  • 各地で甚大な被害をもたらしている雨 私の地方も4日あたりから降り始め一旦やみまにはいったあと5日の日は朝からどしゃぶり 久しぶりに会う友人たちと大阪で会う約束していてその時はまだ普通のひどい雨くらいに思ってなんとかでていった 大阪にいる間は雨も小雨でたいしたことないなと思いながら夕方帰路につくと途中のショッピングセンターもデパートも閉店しており電車もあちこち運休している これはまずいかも・・・ 6日に [続きを読む]
  • 3年検診無事通過
  • 昨日は検診結果を聞きに行く日 聞くまでは体長も悪くないし絶対大丈夫と思いながらもいや、もしかしてなんてもやもや考えて日々過ごしてしまった CTの画像もマンモもOK血液検査も腫瘍マーカーも前回とかわらず低値推移 前回は脂肪肝だし中性脂肪もやたら高かったが今回は中性脂肪は初めての100以下 北海道でうに丼もイクラ丼も海鮮丼も食べられなかったのが功を奏したのか(?) かわりに悪玉コレステロールが基準値超え前回は [続きを読む]
  • 夫 帰って来ました
  • 北海道が雨続きで夫が断念して帰って来ました 十勝岳では濃霧でびしょぬれになったらしいもちろん雨具は装着してたけど視界ゼロ 地元の人にはようこんな日に登るなあといわれながら登ったらしい 帰りに夕張で特大メロン4個お買い上げ直径16cmくらいはある朝から半分づつ大人食いしてしまったおなか冷える〜 私のお腹の上です [続きを読む]
  • 帰って来ました
  • 今さっき家にたどりつきましたあ〜〜家はいい落ち着く〜 夫はあと2週間くらい北海道の山を登るためさすらうらしい 今日の小樽の街歩きも全然テンション低 めちゃくちゃ寒かったってのもあったけど私はもうちょっとみてみたかった早々にひきあげてホテルでだらだら 朝ごはん食べ過ぎたからせっかくうに丼たべるぞって思ってたのに帰るまでおなかがすかずくやしい〜 帰ってみるとみぃが怒ってるなんか目が三角になってる [続きを読む]
  • ニセコから小樽へ
  • 街中は嫌だと函館の街歩きは却下されニセコの神仙沼へ着く手前で激しい濃霧にみまわれ超のろのろ運転で目的地へ濃霧で何がどうなつてるのかわからず下ばっかり見てたのでやたら花ばかりうつすチングルマとショウジョウバカマ近くの高橋牧場で絶品ピザとアイスクリームを食す根がいやしいので写真を撮るまえに食べてしまった今日は小樽についた頃には小雨が…さむ〜い明日は晴れみたいだから小樽の街をうろつきます [続きを読む]
  • 函館です
  • 何年かぶりの山登りなしの観光旅行ほぼ1日かけてフェリーで到着観光と思いきや夫は山が見えるとこばかりにいきたがる大沼公園で駒ケ岳をあっちこっちで写してましたどうにかこうにか五稜郭には行けましたタワーの上から写す今から大船の温泉でまったり過ごしますみぃ姫は右往左往するふたりの下僕(息子たち)にかしずかれ、優雅にお過ごしとのこと安心しました [続きを読む]
  • 母の友達からの電話
  • 昨日気が付けば留守電ランプがピコピコしてて今どき家電に留守電いれるって誰?って思って再生すると 母の友達っていうか昔近所に住んでたおばさん。家族ぐるみのおつきあいでその方の娘さんとは子供の頃よく遊んだでもいつしか母の方から離れていって(何かあったんだろうけどよくわからん)長い間没交渉だった方だ。 母のアドレス帳をひっぱりだして昔の電話番号をかけてみるとつながった 確か母より2歳くらい上だったと思うけ [続きを読む]
  • 傷つく心と寄り添う支援
  • 朝から地震で胸がどきどきした23年前を思い出す被害がひどくありませんように・・・ メンタルヘルスの先生のお話をきいたトラウマに対する支援の話 私が人を支援したいと思うときに自分自身が本当に傷ついた心に寄り添えるかすごくすごく不安だった先生の話によると私のような人間はトラウマに対して比較的強い人種に分類されるようだ 人間生きていくうえで大なり小なり傷つくその時の感じ方や傷の受け方はもちろんその人間が置 [続きを読む]
  • 朝から・・・
  • 新聞が読めません〜 「私を見るのよ」 いやいや、違うでしょう。そんなことすると、スマホで撮っちゃうよ 「何よ、こんなもの」 「てへへい〜」 「私はぜ〜ったいに退きませ〜ん(ー_ー)!!」 負けた・・・・ [続きを読む]
  • あっというまに・・・
  • 前回ブログをアップしてからもう1か月もたっていたなんて 時が過ぎるのは早いわ〜もう私も56才になってしまいました 前回のブログのあと粛々と仕事をやり終え解放感いっぱいで日々暮らしております DVの講座にも出席してそのあまりにひどい事実と傷ついた方々を支援する法律や、社会扶助的なことを学びいつまでも深く傷がいえない方々とお話しし 私にできることはなんだろうと毎回考えさせられています いつものように庭の梅で [続きを読む]
  • 私にできるのか
  • 久しぶりにヨガに行ったら背中や脇腹が筋肉痛でなんか情けない先日、女性のためのDVの講座に行ってきた。以前から何かこういう活動のお手伝いができないかと思っていたが、私に出来るのか自信がなくて踏み出せずにいた幸いなことに私はそのような暴力に晒されたことがなくまたまわりにもそのような方がいなかったもしくは私が気づいてないだけか。そのような状況がどのようなものかはもちろん頭では理解できるでもはたして共感でき [続きを読む]
  • アリミデクッスの副作用
  • アリミデックス(私はジェネリックですが)を服用し始めて2年半くらいになる副作用とは呼べないが今とても不快なことがある ここからは女性だけに読んでほしい 加齢に伴う女性ホルモンの減少で関節痛や骨粗しょう症などいろいろなことがでてくるのだが今アリミデックスを服用しているということはとことん女性ホルモンなくなってるはず そのなかで萎縮性膣炎というのがある昔は老人性膣炎とかいってたけど女性の膣のあたりは女性 [続きを読む]
  • 母のお猫様の思い出
  • どこのにゃんこも朝起こしにくるのは同じかと思うが 3日続けてみぃがぴったり4時47分に起こしにきたなんだこの正確さは みゃーみゃー、すりすり、ぺろぺろ攻撃夫が先に起きてリビングに下りるとぴゅーと走って朝ごはんをもらいに行くでも食べ終わるとまた私の元へみゃーみゃー、すりすり、ぺろぺろ かわいいいかんいかんまたまた親ばかになってる いつも夜は私のベッドの横に置いてあるロッキングチェアーに座って寝ているこの [続きを読む]
  • 若いころ
  • 私は若いころ怒れる人だった日常的な怒ではなくこの世の不条理どうにもならない自分の力そしてそんな世の中にうまく溶け込もうとする自分 それが今はそんなもんだろうと全てのものを受けいれているまあそれが「大人」ってやつかもしれないがでも決して成長ではない 昔書いた自分の詩をみつけてその題材は今の自分と不思議とマッチしているそのころは乳がんなんて念頭にもなかっただろうに 「希 望(ねがい)」 今日 わたしは自分 [続きを読む]
  • とくとく
  • みぃを膝にだくととくとく心臓の音が伝わる 命の音が心をなごませる 遠い昔息子を抱きしめた時同じようにとくとくする心臓の音を感じて とてもとても大切に感じた くやしくてただただ黙って泣いていた息子を抱きしめた時 とくとくとその思いも私の胸に流れ込んでくるようで 私のとくとくと息子のとくとくがひとつに融け合って いつまでも息子を膝にだき抱きしめていたことを久しぶりに思い出した なにが見えるんだろう キッチン [続きを読む]
  • なぜ人間は生きねばならないのか
  • まだ私が若いころ「死」は遠くにあってただ「生きている」ことが当たり前だった 中学生のころ祖母が認知症になりそのころはまだ病名すらなかったけどおそらくアルツハイマー型の認知症で徘徊が始まり両親におそろしい形相で「殺される」とわめいた 祖母はやがて寝たきりになり母におむつをかえてもらいながら「どなたか知りませんがありがとう、ありがとう」って拝んでいた いつも枕元には遠い昔に亡くなった母やら兄弟やらがいる [続きを読む]
  • 自然のめぐみ
  • 庭に食べられる草が増えてきたあくまで野菜ではなく草手間暇かけてこその野菜という名称 わざわざ植えたものがサンチュ、じゃがいも、人参、生姜、にんにくネギ(これは買ってきたねぎの根っこをさしただけ)バジル、イタリアンパセリ、二十日大根、小かぶ(これらは種をまいた)木の芽、月桂樹、梅、タラの芽(これらは草じゃなくて木だな) 勝手にはえてるものふきのとう→蕗、むかご、アスパラガス、三つ葉 せまい庭だから別に [続きを読む]