moto-se さん プロフィール

  •  
moto-seさん: プログラミングでガッチリ稼ぐ9の秘策
ハンドル名moto-se さん
ブログタイトルプログラミングでガッチリ稼ぐ9の秘策
ブログURLhttps://ameblo.jp/moto-se/
サイト紹介文ゼロから1を生み出す力。 それがプログラミングです。
自由文プログラマーの平均給与は、元々他の職種に比べて高いです。
このブログを読むだけで、さらに稼げます。
なにせ、何もないところからキーボードを叩くことで
製品を作り出せる仕事ですから。
ゼロから1を生み出す力。それがプログラミングです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供224回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2016/08/31 12:31

moto-se さんのブログ記事

  • 仕事のネタ:手当の廃止が、同一労働同一賃金への近道なのか
  • 本日のお題:正社員より派遣社員の単価が高いのが当たり前となるかhttps://news.infoseek.co.jp/article/20180422jcastkaisha201810326325/によると日本郵政が、正社員の手当の一部を削減するらしいです。同じように、単価的には派遣で来てくれている人の方が正社員よりも高いという会社も多いのではないかと思います。※ 本人がいくらもらっているかではなく支払い金額での比較ですけど。派遣会社の管理費(?)の額が高い理由 [続きを読む]
  • 仕事のコツ:毎日することと、時々することの差
  • 本日のお題:商売のコツみたいだけど、真実は地味プログラミングと言うのは、結局のところ、キーボードをひたすら叩くことに尽きる。そう言ってしまっては身も蓋もない話ではあります。例えば、お風呂掃除。夫の担当になっている、ご家庭も多いんじゃないでしょうか。妻からの指摘の一つに蛇口の水垢が取れていないなんてものがあります。これを、取り除くにはどうすればいいのか。答えは、実に簡単。毎日、磨く。何を使って?台 [続きを読む]
  • 仕事のネタ:Lisp入門を読み始めたけれど
  • 本日のお題:結局のところ、学び続けることが飯のタネ短いコードでとんでもなく複雑な処理が書ける言語それが、Lispですね。同じことをCやFortranで書こうとすると前提となる処理をあれこれ書かないと簡単には実現できないと改めて感じています。Lisp自体が記号処理を行う言語なので数値処理が主体のCなどとは根本が違うということでしょう。生粋のLisperから見たら当たり前なのでしょうが、やはり、ショ [続きを読む]
  • 仕事のコツ:計画通りに粛々と進めるか、変わり身良く変化に対応するか
  • 本日のお題:生き残るために、必要なことは何か中国経済の変調が伝えられてから久しいですが、一向にバブルははじけないし中国の政治体制に揺るぎもない。そのせいか、共産主義を再評価している人もいます。けれども、農民工という名の奴隷制度を持つ体制が良いとは、とても思えません。計画を立てて、それに沿えるように努力する。これは当然なことです。しかし、計画通りにいかない時にどう行動するかが大事だと思えます。その [続きを読む]
  • 仕事のネタ:服に貼れる太陽電池、私ならこう使うけど
  • 本日のお題:広告にも使えるけど、大量に売るには〇〇太陽電池を利用した広告を見たことありませんか?チカチカ光るLEDと組み合わせたものとか動く人形とかです。https://news.infoseek.co.jp/article/gizmodo_isnews_165842/によると、80日保管後の性能劣化は20%ということなので持ちはあまりよくありません。製品化された際には、もっと改善されていると嬉しいです。使い道その1常習的に徘徊する人の服に貼ってLED [続きを読む]
  • 仕事のコツ:例外検知を人任せにするか、AIにやらせるか
  • 本日のお題:異常値とは何かを決めるのは、人で良いのかhttps://news.infoseek.co.jp/article/mainichi_20180418k0000m040159000c/によると、新人検針員の入力ミスで、多額の水道料金があやうく請求されそうになったそうな。プログラミングの世界でも異常値をはじく処理を組み込むことは、常識的にしています。しかし、メーターが一巡したかどうかの判断を「人がしている」こと自体が問題の根のように思います。AIの進歩は著し [続きを読む]
  • 仕事のネタ:使う道具を磨き上げるか、それとも代えるべきか
  • 本日のお題:詰まったら、変化すべしやっと見つけたバグが*でなく#だったのは、お笑いだけど。かなり前から老眼です。というのは言い訳ですが、開発環境でデバッグしていると慣れからか同じ間違いを繰り返していることが起きます。元はPDFですからOCRが完璧な筈はありません。それにしても、#を*と認識するとは。※ ほとんどの場合、きちんと認識していました。ものは試しということでなく、デバッグという「もがき」 [続きを読む]
  • 仕事のコツ:ToDoListを複数にわけて、蓋を用意する
  • 本日のお題:やりたい事、やるべき事、拒否する事拒否といっても、今日やらないだけで作業しない訳ではありません。http://ameblo.jp/moto-se/entry-12267411693.htmlで、ちょっと触れたことでもありますが、ToDoList(やるべき事の一覧表)に、そのうちやる事まで書いていませんか?もしかすると、予定表とToDoListを同じものと捉えていませんか?一緒だと考えているとすると相当重症です。ToDoListに締め切り日を書くのはよいと [続きを読む]
  • 仕事のネタ:日本語化するだけで、金になるとしたら・・・
  • 本日のお題:中国発祥のサービスを日本でも利用出来たら便利だけれどhttps://news.infoseek.co.jp/article/forbesjapan_20544/に出てくるウィチャットペイ(モバイル決済アプリ)滴滴出行(配車サービス)は、日本語化(日本人向きにが正しいが)すれば利用しようとする人は多いと感じます。決済が簡単で、迎えに来るタクシーのナンバーと運転手名が事前に分かるのは、確かに便利。最近は日本のタクシーでもクレジット払いができ [続きを読む]
  • 仕事のネタ:ターゲットを絞ると、市場の半分を失う
  • 本日のお題:狭い日本。さらに狭くしてどうするhttps://news.infoseek.co.jp/article/itmedia_nlab_20180411122/耳をふさがないイヤホン。待ってました。が、iPhoneには対応しないそうな。コンセプトはいいのにね。先日知り合いが、アンドロイドからiPhoneに変えたそうです。理由は、友達がほとんどiPhoneだからだそうな。日本では、iPhoneのシェアが高いです。それも若年層では圧倒的。このことは、将来、アンドロイドを使う人は [続きを読む]
  • 仕事のネタ:売り方にはコツがある。ならば、ソフトの作り方にコツはあるのか
  • 本日のお題:マーケティングには、鉄板の技があり実績もある。しかし・・・例えばこんな話です。どこの店でも、いろいろな品を、並べて売っています。その売り場の展示方法ですが、いくつかの似た商品(価格はバラバラ)を並べて展示するか別の場所に置くかで売れ行きに差が出る。答えは、並べて売ると売れる。2つ目の例は関連する商品(靴と靴下とか)を並べるか、全く別の場所に置くかで売れ行きに差が出る。答えは、関連する [続きを読む]
  • 仕事のネタ:使えなくなる技や知識が、見つかったら整理の時期
  • 本日のお題:白黒フィルムの製造が終わるらしいので、モノクロでの思い出モノクロ写真で、雲を撮影するならレンズの前にオレンジフィルターを付ける。というのが鉄板の技でした。とは言え、モノクロモードがあれば、デジカメでも使えますけど。これなぞは、時代の流れで整理すべき技の典型です。プロフィールでも書いたように、元々Fortranから始まったプログラミング人生ですがとうの昔にコーディング規約のほとんどは忘れ果てて [続きを読む]
  • 仕事の道具:Visual Studio CodeでLispソースを編集する
  • 本日のお題:Lispソースを編集する道具gitを前もってインストールしておけばVisual Studio Code(Microsoftが提供)の拡張機能で「Lisp」と検索するとLisp syntax highlightを追加できます。キーワードごとに色付けされた形で表示できますのでかなり見やすくなります。秀丸エディターもCommon Lisp(.cl)のソースを編集できますが、あまり見やすいとは思えません。Visual Studio Codeの方が少し見やすいです。まあ、Allegro Comm [続きを読む]
  • 仕事のコツ:under the deskは、本業の助けか副業への挑戦か
  • 本日のお題:本来業務の周辺にこそ、技を磨くネタがあるunder the tableは「袖の下」で、全く意味が違います。直面している仕事の中で、ふと「これって、こう工夫・改善したら面白いのに」なんて考えることはありませんか?存外、世の中の実用新案とか特許と言うのはそのような形で生み出されたものが多いようです。● googleは、奨励していますね。under the desk業務とは違う何かをすること(秘密)という意味合いですが、実際 [続きを読む]
  • 仕事のネタ:中国白タクは、果たして敵なのか
  • 本日のお題:観光という観点から見たら、よい手本http://wedge.ismedia.jp/articles/-/10613によれば、中国白タクは、乗客がドライバーを評価できまたドライバーも乗客を評価するのでマナーがよいそうな。また、中国人観光客は旅行会社のパック旅行でなく個人旅行に変化してきていて家族・友人複数での行動のため大型トランクをいくつも積める大型タクシー利用が普通とのこと。こういう利用面での対応が遅れているため日本のタク [続きを読む]
  • 仕事のネタ:セキュリティの強化?誰がしてくれるのか
  • 本日のお題:売っているのは専門家なのか、買う側が専門家になるべきかどんな商売でも共通だと思いますが、売る側が専門家で買う側は素人というのが普通だと思います。魚屋さんや八百屋さん以上に知識の豊富な人はいるでしょうが、例外ですよね。でも、ことコンピュータのセキュリティになると、何故か買う側を専門家に仕立てたいと考える売り手がいます。結局、売り手側すら昨今のウィルスやら、各種の攻撃にあまりにも無知だと [続きを読む]
  • 仕事のネタ:GitでなくSVNを使い続ける理由を改めて言いたい
  • 本日のお題:ファイルロックできないと改竄されるから森友関連で、改竄が問題になってますけどシステム開発で言えば、一度書いたモノ(ドキュメントとソース)をいつでも誰でも書き換えられる状態というのは危ういです。ソースだけでなく、文書(ドキュメント)もバージョン管理するべきです。というか、システム開発では常識ですよね。GitHubはとても便利です。誰かが書いてくれたものをそのまま使わせてもらう分には最高だと思 [続きを読む]
  • 仕事のネタ:送金を早くするロジックだけが生き残る
  • 本日のお題:暗号通貨バブルが、はじけても残るものICO自体は昨年実績で成功率が半分以下という結果だということが少しずつわかってきました。※ 見方によっては、突出した成功例が2つだけとも言えますが。さらに、資金を集めたけどICO(取引所への上場)が果たされなかった件数が2割近いという数字もあります。最近の金融庁の規制は上記の状況を反映したものでしょう。ただ、暗号通貨の目的のひとつは送金の迅速化だっ [続きを読む]