ninetencoffee さん プロフィール

  •  
ninetencoffeeさん: nine.ten coffee
ハンドル名ninetencoffee さん
ブログタイトルnine.ten coffee
ブログURLhttp://www.ninetencoffee.com
サイト紹介文コーヒー好きな主人によるブログ。エスプレッソ。カフェラテ。ラテアート。おうちカフェ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2016/08/31 16:44

ninetencoffee さんのブログ記事

  • コンゴ ミノヴァ
  • 以前購入して大変気に入ったコンゴ キブ3。キブ3っていうのはSHBやらSHGみたいなグレード名みたいなので具体的に書いておくと「コンゴ ペイザンヌ キブ3」という豆ね。コンゴがお気に入りの豆のひとつになり、そろそろまたリピートしたいな……と思ったら売り切れ。これもマイナー豆の宿命か。そこでコンゴの豆を探すなかで、ヒットして購入可能だったのが、今回買った「コンゴ ミノヴァ」。これもキブ3なので、グレードは同等 [続きを読む]
  • ORIGAMI 6ozを買ったけれど8ozを買い直した話
  • 長いあいだCoffee House Collectionの8ozカップを使っていたけれど、ふと思ってしまった。「6ozを試してみたいな」と。で、せっかくだから、真っ白じゃなくて、カラフルなORIGAMIがいいな、と。というわけで、ORIGAMIの6ozカップを買ってみた。ところが、2ozの差が予想外に大きく、エスプレッソとミルクのバランスが変わって味が納得いかないものになってしまい、6ozはお蔵入りに……。でもORIGAMIのカラーは気に入ったので [続きを読む]
  • ディストリビューションツールを「BT Wedge Coffee Distribution Tool」にした
  • 一度使い始めると手放せなくなるディストリビューションツール。ぼくもこれまでお試しで買った安価なモデルを使っていて、機能的には問題ないものの、やっぱり安いなりの弱点が気になっていた。どういうことかというと、使い続けているとバスケットと接触する部分が削れてしまい、回すときに抵抗を感じるようになってしまったのだ。回すとゴリゴリするというか。で、前からその外観が「いいな〜」と思っていたSAIのディストリ [続きを読む]
  • ミャンマー 星山
  • たまにはインドネシア以外のアジアの豆を……ということで買ってみたのがミャンマー星山。品種はSL34。ケニアでよく栽培されている品種で、ほかの地域では珍しいみたい。ケニアも悪くはないのだけど、ぼくはあのアーシーな感じがそれほど好みじゃなかったりもするから、同じ品種でどこまで違いが出るのか、ちょっと楽しみ。いつものようにフルシティまでしっかり焼いて、いざテイスティング!カフェラテの味は、とっても好み [続きを読む]
  • ユニオン サンプルロースターでの焙煎方法 2018夏
  • 昨年公開した焼き方から、ほんの少しだけ変わったところがあるので、2018夏版を公開。2017年夏版のメソッドは、基本的にブラジルでカフェラテをつくったとき、ぼく好みの味するために試行錯誤した結果のものなので、豆が変わるとそのままではうまくいかないケースが出てくる。例えばサイズが大きかったり、標高が高くて硬い豆だったり。そういう豆を2017メソッドで焼くと、ときとして雑味が残ることがあった。もちろん、残らな [続きを読む]
  • エクアドル グレートマウンテン
  • 最近、あちこちの産地の豆をお試しするのがマイブーム。というわけで、はじめてのエクアドル。地図で確認すると、ちょうどコロンビアのお隣だった。そうか、そういう位置関係なのね。生豆は、案外小粒で、一見するとブラジルみたい。いつものように2ハゼちょっとまで焼いてラテとドリップで飲んでみた。カフェラテは、ほんのり甘い香り。飲んでみると、とてもまろやかで、まるでミルクチョコレートのよう。これは美味しい [続きを読む]
  • Brooklyn Roasting Company / 晴海
  • かつてよく行った晴海のトリトンスクエアに、いつのまにかできていた「Brooklyn Roasting Company(ブルックリン ロースティング カンパニー)」。もともとは2010年創業のN.Yのコーヒーショップで、この原稿を書いている時点ではN.Yのほかに大阪を中心に日本に3店舗あり、そのうちのひとつが、この晴海のお店。そこそこ朝早く行ったためか、お店と併設されている「PLAZA」は開店前だし、ほかのお店から取り寄せているという [続きを読む]
  • ピーベリーとフラットビーンは味に違いはあるのか?
  • 「希少なピーベリーだけを集めました!」的な広告を見ては、疑問に思っていたこと。それは「ピーベリーとフラットビーンは、味に決定的な違いがあるのか?」ということ。日本人はとりわけ希少=美味しい、という暗示にかかりやすい(と思う)ので、上記のような広告が効果的なのは頷ける。でも実際はどうなの? と。というわけで、実験してみた。同じブラジル、アロマショコラのピーベリーとフラットビーンを同じ深さにロー [続きを読む]
  • トリバコーヒー / 銀座
  • 銀座の一等地にある「トリバコーヒー」。ここのおもしろいところは、100円の立ち飲みでドリップが飲めるところ。本来は建物3Fでローストしたコーヒー豆の販売がメインらしく、店内でいただけるコーヒーは、あくまで“試飲”という位置づけ。豆は日替わりのようで、この日は4種ブレンドのあっさり系か、マンデリンベースのどっしり系ブレンドの2種で、マンデリンがあまり好きではないぼくは、前者を選択。コーヒーは先にも書 [続きを読む]
  • インスタはじめました
  • 今さらながら、Instagramはじめてみました。コーヒーに関連することから無関係なことまで、ブログよりも短い間隔であれこれ載せていきます。PC版はサイドバーに、モバイル版はページの下のほうにサムネイルも表示してみました。どうぞ、よろしう。www.instagram.com [続きを読む]
  • ベアポンドエスプレッソふたたび
  • 先日、うちの奥様がソロで訪問した「ベアポンド」に、ようやく行くことができた。なにしろ、下北に縁がないんだもの。伺ったのは土曜のお昼どきだけれど、到着早々、その混み具合に驚く。ぼくの前に先客が6名ほど。あのタイトな店内に5名、表のベンチに1名。すごいなぁ。こんな店見たことないよ。しかも半数が外国人。場所柄もあるだろうけど、やっぱり有名なんだね、ココ。注文したのは、もちろん、ジブラルタル。意外 [続きを読む]
  • UNLIMITED COFFEE BAR TOKYO / 業平橋
  • 多くのコーヒーショップが夕方くらいまでの営業のなか、夜遅くまでやっているという「アンリミテッドコーヒーバー」へ。場所はスカイツリーの麓。昔、たこ焼き屋があった場所に、きれいなお店ができていた(笑)。このへん、ホント変わったなぁ。そこそこ夜遅めだったので、お店の雰囲気は完全にBarのそれ。店内には何人かのお客さんがいて、店内奥ではお酒を、手前ではコーヒーを楽しんでいるように見えた。もちろん注文 [続きを読む]
  • コスタリカ トレスエルマナス ナチュラル
  • 日本語で「三姉妹農園」と名付けられたトレスエルマナス農園のナチュラルをお試し。小さなファミリー経営の農園で、文字どおり、三姉妹が収穫をお手伝いしているのだとか。トレスエルマナスは生豆の香りに特徴があって、かすかに発酵臭が香る。よく言えばワインのような風味。試しにシティとフルシティの間くらいまで焼いてみたところ、ラテの味は「上質で美味しいんだけど、良くも悪くもニュートラルで、あまり際立った特徴が [続きを読む]
  • コーヒーライツ / 蔵前
  • 蔵前の大通りからちょっと奥まったところにある「コーヒーライツ蔵前」。最近、増えつつあるリノベーション系のお店で、一見するとコーヒーショップとはわからない外観がイイ味出している。お店に入ると、スタッフ数人が富士ローヤルの焙煎機の前で談笑中。そうか、今まさに焙煎中なのね。いいなぁ、楽しそうだなぁ。カフェラテを注文して、奥のテーブルに座る。このテーブル、天板がモロにベニヤ板……。ほかにもベニヤ率高 [続きを読む]
  • ブリタ&マクストラプラスの水をTDS計測してみた
  • エスプレッソマシンを使っていると避けて通れないのが、水をどうするか問題。店舗だとマシンは水道管直結だから「EVERPURE」みたいな浄水器を使うのが普通だけれど、ホームユースだとタンクでの運用になるのでそうもいかない。ちなみにエスプレッソマシンを使ううえで、きれいな水(浄水)はもちろん重要だけれど、長期的に見るとそれ以上に軟水、つまり硬度が低い水を使うことが大事になってくる。硬度が高い水を使い続けると [続きを読む]
  • カフェレスジャパン 2018に行ってきた
  • 「カフェレスジャパン2018」を視察。4年ほど前にも来たことがあるけど、久しぶりだなぁ。こういうコーヒーにとどまらない総合展示会は、飲食に関するいろいろなトレンドを把握できるから、とても面白い。今回もコーヒー関連は無論のこと、大好きなベーカリーやピッツァブースで話を聞きながら試食を堪能して、目も頭も舌も大満足。勉強になります。というわけで簡単に写真レポを。↑かつて大変お世話になった元「ZOKA」こ [続きを読む]
  • Standart Japan #5 がようやく届いた
  • 発送しましたメールから8日後、ようやく「Standart Japan#5」が到着。遅いよ、福岡。真っ赤な表紙の第5号。まだじっくり読んでいないけれど、今回はこれまでとはちょっと毛色が違っていて、コーヒーそのものよりも、その周辺ネタが主な印象。ある種、哲学的というか、なんというか。たまにはこういうのもいいのかな。個人的に興味があるのは、カフェをとりまく人間模様よりも、コーヒーを生産している人たちの日々。毎日の [続きを読む]
  • エチオピア コチャレ G1 ナチュラル
  • 久しぶりにモカフレーバーが強い豆を飲んでみたいなぁ、と、買ってみたのがコチャレのナチュラル。コチャレも、いわゆるイルガチェフェという括りの豆のひとつ。イルガチェフェのG1とG2は、ウォッシュドだけれど前に買ったことがあって「ああー、たしかに紅茶っぽいなぁ。でも好みじゃないんだよなー」という感想で、それ以来、イルガチェフェと名のつく豆はなんとなく避けてきた。だけれど、イルガチェフェシリーズがあれこ [続きを読む]
  • 必要? ドリップスタンド
  • 写真のドリップスタンドを持っている(あえて使っているとは言わない)。1〜2杯用のドリッパーがふたつ使えるタイプ。そもそもなぜ欲しかったかというと「一度使ってみたい」という理由のみ……。だけれど、薄々は気づいていた。じつはそんなに便利じゃないんじゃないかって。そして、その予感は見事に的中してしまう。「カップを引き抜いたら、コーヒーが下に垂れるよね。当たり前だけど」という。そこで、どう使うのが正解 [続きを読む]
  • コンゴ キブ3再び
  • 以前買って好印象だったコンゴのキブ3を再び買ってみた。いざ買おうと思ったら軒並み品切れだったので、前回とは違うお店で1kg(ちょっと割高になったけれど)。こういうとき、流通量が少ない豆は困る〜。今回買ったのはコンゴはコンゴでも「ペイザンヌ」という銘柄。生豆は青みが強くてサイズもブラジルあたりに比べるとやや大きめ。豆面もきれいで、欠点豆はポツポツあるくらいで、ピックはわりと楽。さすがキブ3(キブ2とい [続きを読む]
  • モンスーン マラバールAA
  • ある日、インドのモンスーンというコーヒー豆に興味が湧いた。もう、気になって気になって仕方がないくらい。関心を持ったのはロブスタのほうだけれど、ネットを検索するも入手が難しそうだったので、マラバールAAというアラビカ豆を買ってみた。名前にもあるように、モンスーン処理されている豆で、色が白っぽくてサイズが大きいのが特徴。モンスーン処理とは、ざっくり言うと、長期間、生豆の状態でモンスーン(貿易風)に晒し [続きを読む]
  • ラ・リューシュ&HAND DRIP COFFEE SHOP / 湯布院
  • 先日、湯布院で立ち寄ったコーヒーショップ(カフェ)の話。 旅行の模様はこちら。■カフェテラス ラ・リューシュ湯布院を代表する観光スポット、金鱗湖のほとりにあるのが「カフェテラス ラ・リューシュ」。1Fがカフェスペース、2Fはロシアの画家、マルク・シャガールのリトグラフが展示されているミュージアムになっている。名前からも想像できるようにコーヒー専門店ではなく、どちらかというと軽食をのんびりと楽しむ [続きを読む]
  • はじめての湯布院へ
  • ゴールデンウィークの前半、はじめての湯布院へ一泊二日の旅行に行ってきた。関東近県の温泉地はあちこち行ってきたけれど、福岡へきて3年目ということもあって、なにげに九州の温泉へ行くのははじめて。というわけで、とても新鮮な気分で満喫してきた湯布院旅行の模様を、飲食中心に(笑)お届け。福岡から高速バスで2時間強、ぼくたちが湯布院についたのはちょうどお昼頃。駅から目抜き通りに沿って、たくさんのお店が軒 [続きを読む]
  • そうだ、iPad 買おう
  • コーヒーとは関係ない話。うちの奥様は子供の頃から絵を描くのが大好きで、美大への進学や美術系の仕事に就くことが夢だったという。たしかに客観的に見ても、イラストを描かせたら、ぼくなんかよりも上手。なんでも、コンクールで優勝経験もあるらしい。ところが、いろいろあってそういう道へ進むこともなく、今では専業主婦……。「絵、また描けばいいじゃん」と言うと、「画材を揃えるとお金もかかるし……時間もないし」 [続きを読む]