ninetencoffee さん プロフィール

  •  
ninetencoffeeさん: nine.ten coffee
ハンドル名ninetencoffee さん
ブログタイトルnine.ten coffee
ブログURLhttp://www.ninetencoffee.com
サイト紹介文コーヒー好きな主人によるブログ。エスプレッソ。カフェラテ。ラテアート。おうちカフェ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2016/08/31 16:44

ninetencoffee さんのブログ記事

  • COFFEE CUPPER / HOUSE BLEND
  • 韓国は江陵(カンヌン)にある「COFFEE CUPPER」のハウスブレンド。豆はかなり深煎りでフルシティ〜フレンチくらい。一昔前はこういうコーヒーが多かったなぁ……と思いながらカフェラテをつくってみた。ローストが深めなので、まず苦味とコクがドンとくる。ミルクの甘みも感じるけれど、勝るのは苦味。好きな人は好きだと思うけれど、ぼくはもうちょっと控えめなほうが好きかな。エスプレッソの量を減らしても奥様には不評だ [続きを読む]
  • サンプルロースターでの焙煎失敗例とポイント
  • 2年前くらいからユニオンのサンプルロースターで自家焙煎しているのだけど、焙煎は、やってみると意外と敷居こそ低いものの、ねらった味を出す、あるいは毎回同じ味を再現しようと思うと、途端に難しくなる。やればやるほど泥沼にハマる感じ。だけれど、諦めずにコツコツ努力をしていると道は開けるもので、今はなんとなくではあるけれど、それなりの豆が焼けるようになって、自分なりにコーヒーを楽しめている。ただ、焙煎方 [続きを読む]
  • プレミックスを試してみた
  • ドリップコーヒーはシングルオリジンが好きだけれど、エスプレッソ系はやっぱりブレンドが好みなので、あれこれ試行錯誤している昨今。で、今回のテーマはプレミックス。ブレンドをつくるときの方法には、ふたつある。ひとつは生豆の状態でブレンドしたものをローストする「プレミックス」。もうひとつは、焙煎済みの豆をブレンドする「アフターミックス」。それぞれ一長一短あって、巷でよく言われているのが「味にこだわる [続きを読む]
  • CAT & CLOUD / THE ANSWER
  • サンタクルーズのコーヒーショップ「CAT & CLOUD」のハウスブレンド。その名も「THE ANSWER」。なにしろ名前がいいじゃない。豆は少し浅めのシティで(ハイと言ってもいいかも)、よくある海外のサード系の豆よりは少し深め(?)。で、グラインドしたら甘い香りがすごい。芳醇。これはコロンビアかエチオピア入ってるなーと思ったら、やっぱり入ってた。オフィシャルサイトによると、配合比率はともかく・Colombia Huila・Bra [続きを読む]
  • BOHEMIAN ROASTERS / Espresso Blend
  • お店でカフェラテが味わえなかったため、家で淹れようと購入したEspresso Blend。豆面は深すぎず、浅すぎずのシティロースト。油浮きもしていない、なんだか絶妙な色具合で、テカテカのフレンチローストじゃないところからしていい感じ。。さらにエスプレッソを落として驚いたのは、メッシュが普段の設定でドンピシャだったこと。偶然とはいえ、調整なしでいきなり満足のいくエスプレッソが落とせたのは気持ちがいいね。肝心 [続きを読む]
  • 新しい仲間 Pullman BigStep タンパー
  • かなり久しぶりに新タンパーをゲット!今度のはPullman BigStep。しかも「Cat & Cloud」 バージョン。ネコのワンポイントがイイ感じ。使用感はまた改めてレビューするとして、今回はどうしてBigStepを選んだかについて。じつは、このエントリーでもあれこれ書いたように、前々から時折発生するチャネリングが悩みの種だった。ていねいにタンプしても100%発生しないとは言いきれず、「まあ、こんなもんかな」とも思っていた [続きを読む]
  • 韓国・コーヒーTRIP 2017 DAY3
  • 韓国・コーヒーTRIPも、あっという間に3日目に突入。この日はなんと、ずっと悪かった天気が回復。朝から気持ちいい晴れ間が広がり、テンションも急上昇。ただし、今日は所用のために夕方までに釜山へ戻らなくてはならないので、カンヌンに滞在できるのは午前中のみ……トホホ。というわけで、“巻き”でカフェを巡ることに。まずは朝の散歩をして、朝食を食べに行こう〜。↑太陽だ! 晴れた! 昨日までずっと天気が悪かっ [続きを読む]
  • 韓国・コーヒーTRIP 2017 DAY2
  • 明けて2日目。今日の目的は、とある場所へ向かうこと。その場所とは……江陵(カンヌン)!日本語読みすると“こうりょう”になるけれど、カンヌンと読む。カンヌンは韓国の北東に位置する地方都市で、平昌オリンピックの氷上競技の開催地にもなっている場所。どうしてそこへ行こうとしているかというと、カンヌンはオリンピック云々の前に“コーヒーの街”として知られているから。DAY1で行った「TERAROSA COFFEE」の本店 [続きを読む]
  • 韓国・コーヒーTRIP 2017 DAY1
  • ちょうど去年の今ごろ、所用で韓国は釜山にはじめて行って、コーヒーショップを巡った。そこで感じたのが「韓国のコーヒーカルチャーって、おもしろそうだぞ」ということ。日本と違ってドリップの歴史が浅いためか、エスプレッソ系のコーヒーカルチャーが浸透していて、どんな小さな店でも立派なエスプレッソマシンを構えていることが多い。つまりカフェラテ好きなぼくにとっては、とても興味深いわけですよ。で、もう一度行って [続きを読む]
  • Standart Japan #3 が届いた
  • コーヒーカルチャーを扱った季刊誌「Standart Japan #3」が届いた。今回も内容充実。個人的に気に入った記事を挙げようと思ったけれど、どの特集も興味深くて、絞りきれず(笑)。前にこのブログでリクエストしていたホームロースティングの記事もあるし(しかも監修がSweet Maria's Coffee。ぼくもgoogle翻訳の力を借りてお世話になりました)、今回も本当に読みごたえありすぎ。そうそう、前号までと違う点といえば、オマケ [続きを読む]
  • 「福岡コーヒーフェスティバル 2017」に行ってきた
  • 「まさか2週連続でコーヒーイベントに足を運ぶことになろうとは。われながら好きだよなぁ……」なんて思いながら「福岡コーヒーフェスティバル 2017」に行ってきた。今年で2回目という同イベントは、九州中の名だたるコーヒーショップが集結するという、なかなかエキサイティングなコーヒーイベント。先週行ったこのイベントは、いろいろなジャンルのお店が集まって、まったりゆったりのんびり……だったけれど、今回のはコーヒ [続きを読む]
  • コーヒー生豆、どこで買う?
  • コーヒーショップやカフェはたくさんあるけれど、コーヒーの生豆なんてどこで売っているの? と、普通の人は思うはず。生豆屋は、そんなにたくさんはないけれど、探せばけっこうある。ぼくがよく買っているのは以下の3箇所。●早川コーヒーストックしている種類が豊富で、かつ価格が安い。なんだかんだ言って最も利用している北海道のお店。5kg以内なら全国送料600円というのもうれしい。包装はエージレス入り真空パック。 [続きを読む]
  • 「A VIEW INTO THE CUP "Coffee" FESTIVAL VOL.2」に行ってきた
  • 10月1日はコーヒーの日、ということになっているからか、全国的にコーヒー関係のイベント目白押し。現在ぼくが住む福岡も例外ではなく、福岡を代表するコーヒーショップのひとつ、マヌコーヒーが主催する「A VIEW INTO THE CUP "Coffee" FESTIVAL VOL.2」というコーヒーフェスに行ってきた。名前長っ。コーヒーフェスと言ってもコーヒーを提供するお店はマヌコーヒー以外は事実上なく(当たり前とはいえちょっとさみしいかな)、 [続きを読む]
  • コーヒーカッピング
  • コーヒー豆を焙煎して、いつもとハゼのタイミングが違う、温度の上昇速度が違う、などなど、なんらかの違いがあったとき、確認の意味でカッピングをすることがある。コーヒーカッピングとは、いわゆるコーヒーの味見。うちはレギュラーコーヒーではなくカフェラテがメインだからか、じつはたんにコーヒー抽出液のテイスティングにはそれほど関心がなかった。エスプレッソで抽出してミルクと合わせないと、味の確認なんてできない [続きを読む]
  • ルワンダ スカイヒル
  • 最近、サード系のコーヒーショップに大抵置いてあり、かつ、オススメされるのが、ルワンダ。映画『a film about coffee』でもフォーカスされていたし、流行っているのかなと思いつつ、味も気になるので、ものは試しと少し買ってみた。巷のコーヒーショップのサイトを見る限り、ルワンダは誰も深煎りにしていなかったので、フルシティまでは焼かず、2ハゼ入口で煎り止めてみた。それでも巷の店よりは深いけれど。焼き上がった豆 [続きを読む]
  • CONVEX のタンパーベースを使ってみた
  • 一度手に馴染んでしまうと、なかなか別のものを使う気にならないのがタンパー。今愛用しているのは、自転車用ヘッドパーツでおなじみのChriskingのタンパーだけれど、ぼくが買った5年前は底面が平らなフラットのベースしかなく、今の今までずっとフラットを使っていた。ところがその後CONVEXのベースを装着したモデルが発売になり、「ベースだけ別売りしてくれないかなー」と思っていたところ、いつの間にかベース単品で買える [続きを読む]
  • ブラジル ルシアーナ
  • ブラジルの豆が好きだ。苦すぎず、変に酸っぱくもなく、甘くて、コクがあって、あと味スッキリ。だから、うちの主力豆は前にも書いた「アロマショコラ」なのだけれど、久しぶりに別のブラジルを買ってみた。その名も「ルシアーナ」。農園主のJose.Carlos.Grossiさんが、出来の良い豆に愛娘の名前をつけたというのが、このルシアーナなんだとか。農園のwebサイトを見る限り、区画ごとに様々な名前がつけられているようで、そのな [続きを読む]
  • COLOSO COFFEE TOKYO / 原宿
  • Mojo原宿から徒歩1分程度の超至近距離にある「COLOSO COFFEE TOKYO」。アメリカはカリフォルニア州、オークランドにあるコーヒーショップの、なんと2号店。そう、つまりはオークランドと東京原宿にしかない、という珍しい店。また、なぜ!?お店はセレクトショップ「NOMADIC LIFE MARKET」とくっついていて、良い意味でこぢんまり。コンパクトだけれど、テラス席もあるし、気軽に腰掛けて休憩できるベンチも用意されているから、意 [続きを読む]
  • VIVACE な LATTEST
  • 表参道の裏のあたりに「LATTEST」というコーヒーショップがあって、そこに店名そのままのLATTESTという名物ドリンクがある。ESPRESSO PARTSのショットグラスに冷たいミルクを注いで、そこにエスプレッソを直落とししただけというシンプルな飲み物なんだけれど、これが美味いんだ。ひんやりミルクのあとにほんのり暖かくてビターなエスプレッソの風味が広がって、ミルクがとっても甘く感じる。でも、これをお店で飲むと500円く [続きを読む]
  • エスプレッソマシンのポンプを交換する
  • 先日の話。毎週末日課のCAFIZAによる洗浄を行ったあと、気づいたのだった。「あれ? マシンの下に水が垂れている……」ドリップトレイ? いや、違う。タンク? それも違う。となると、配管のどこかか……と嫌な予感。かなりブルーな気分で開腹して動作チェック。しばらくリーク元が特定できなかったものの、ついに判明。ポンプだ!ポンプから軸方向にリークしていて、それがモーターマウントに沿って下に垂れていたのでし [続きを読む]
  • 久しぶりにESPRESSO VIVACEの豆だ〜
  • ぼくがエスプレッソ(カフェラテ)にハマるきっかけになった豆、「ESPRESSO VIVACE」のVitaブレンドを十数年ぶりに入手。焙煎日は7/14。諸事情あって手元に届いたのが8/8だから、焙煎日からけっこう時間が経ってしまっているのが残念だけれど(これはまぁ仕方ない)、あの豆をまた味わえるのかと思うとさすがにテンションあがる。容量は12oz。約340gくらい。お値段は15ドルだから1600円くらい。スペシャルティ全盛の今、そのへ [続きを読む]
  • カルディのミレービスケットコーヒー風味 がウマい
  • カルディで買った「ミレービスケットコーヒー風味」が、妙にウマい。どのくらいウマいかというと、これを買うためにわざわざカルディに寄ってしまうくらい。ただのビスケットなのに。コーヒー風味というのがもちろん決め手ではある。だけど、これ、ビスケットに塩がまぶしてあるのがポイントで、塩味のあとにコーヒー風味が広がるという、良い意味で予想を裏切ってくれるのだ。コーヒーと塩味って意外と相性良いのかも?味は [続きを読む]
  • コーヒーノキ 2017
  • コーヒーノキを育てている。ダイソーで買って、もうかれこれ、7、8年は経っているのだけど、びっくりするくらいに大きくなっていない。かなしい。いや、大きくはなっているんだけど、本来の成長スピードに比べると、めっぽう遅くて、まだ80センチくらいしかない。あんまり日当たりがよくない場所で適当に育てていたからだと思うけれど、この調子だと、本当に実をつけてくれるのかすらあやしい。しかも、今の置き場は片方から陽 [続きを読む]
  • 初心者向け・エスプレッソの淹れ方2 実践編
  • エスプレッソマシンとグラインダーと新鮮な豆がそろったら、あとはエスプレッソを抽出するだけ。マシンを温めるだとか、基本的なことは説明書に書いてあると思うのでそっちを見てもらうとして、ここでは各ポイントと、何を基準に何を調節すべきかを簡単に説明していこうかと。おおまかにわけると、エスプレッソを抽出するまでのステップは以下のみっつになる。豆を挽いてフィルターバスケットにつめるタンピングする抽出する [続きを読む]