ninetencoffee さん プロフィール

  •  
ninetencoffeeさん: nine.ten coffee
ハンドル名ninetencoffee さん
ブログタイトルnine.ten coffee
ブログURLhttp://www.ninetencoffee.com
サイト紹介文コーヒー好きな主人によるブログ。エスプレッソ。カフェラテ。ラテアート。おうちカフェ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2016/08/31 16:44

ninetencoffee さんのブログ記事

  • コンゴ キブ3再び
  • 以前買って好印象だったコンゴのキブ3を再び買ってみた。いざ買おうと思ったら軒並み品切れだったので、前回とは違うお店で1kg(ちょっと割高になったけれど)。こういうとき、流通量が少ない豆は困る〜。今回買ったのはコンゴはコンゴでも「ペイザンヌ」という銘柄。生豆は青みが強くてサイズもブラジルあたりに比べるとやや大きめ。豆面もきれいで、欠点豆はポツポツあるくらいで、ピックはわりと楽。さすがキブ3(キブ2とい [続きを読む]
  • モンスーン マラバールAA
  • ある日、インドのモンスーンというコーヒー豆に興味が湧いた。もう、気になって気になって仕方がないくらい。関心を持ったのはロブスタのほうだけれど、ネットを検索するも入手が難しそうだったので、マラバールAAというアラビカ豆を買ってみた。名前にもあるように、モンスーン処理されている豆で、色が白っぽくてサイズが大きいのが特徴。モンスーン処理とは、ざっくり言うと、長期間、生豆の状態でモンスーン(貿易風)に晒し [続きを読む]
  • ラ・リューシュ&HAND DRIP COFFEE SHOP / 湯布院
  • 先日、湯布院で立ち寄ったコーヒーショップ(カフェ)の話。 旅行の模様はこちら。■カフェテラス ラ・リューシュ湯布院を代表する観光スポット、金鱗湖のほとりにあるのが「カフェテラス ラ・リューシュ」。1Fがカフェスペース、2Fはロシアの画家、マルク・シャガールのリトグラフが展示されているミュージアムになっている。名前からも想像できるようにコーヒー専門店ではなく、どちらかというと軽食をのんびりと楽しむ [続きを読む]
  • はじめての湯布院へ
  • ゴールデンウィークの前半、はじめての湯布院へ一泊二日の旅行に行ってきた。関東近県の温泉地はあちこち行ってきたけれど、福岡へきて3年目ということもあって、なにげに九州の温泉へ行くのははじめて。というわけで、とても新鮮な気分で満喫してきた湯布院旅行の模様を、飲食中心に(笑)お届け。福岡から高速バスで2時間強、ぼくたちが湯布院についたのはちょうどお昼頃。駅から目抜き通りに沿って、たくさんのお店が軒 [続きを読む]
  • そうだ、iPad 買おう
  • コーヒーとは関係ない話。うちの奥様は子供の頃から絵を描くのが大好きで、美大への進学や美術系の仕事に就くことが夢だったという。たしかに客観的に見ても、イラストを描かせたら、ぼくなんかよりも上手。なんでも、コンクールで優勝経験もあるらしい。ところが、いろいろあってそういう道へ進むこともなく、今では専業主婦……。「絵、また描けばいいじゃん」と言うと、「画材を揃えるとお金もかかるし……時間もないし」 [続きを読む]
  • 豆香洞ブレンド / 豆香洞コーヒー
  • “焙煎の世界チャンピオンの店”で全国的に有名な「豆香洞コーヒー」の豆をはじめて買ったのは今から3年ほど前。当時から「ここは美味しいな」と思っていたけれど、ぼんやりと好みとは少しだけ違っていたのでリピートはしなかった。でも、久しぶりに飲んでみたくなって、今度は通販じゃなく、実店舗で買ってきた(博多リバレインだけど)。博多リバレイン店だけかもしれないけど、豆はすべての種類が定額で、種類によって量が [続きを読む]
  • 久しぶりに、ごまいりで焙煎
  • 中途半端に少量残っていたコロンビアのエスメラルダを、久しぶりにごまいりで焙煎してみた。適当な火力でシャカシャカと振り続け、9分ほどで1ハゼに突入、13分ほどで煎り止め。時間的には、ちょっと早いけど、まぁ悪くない。ただし、開けてみると、見事なまでの焼きムラ……。ごまいりじゃ、仕方がないかな。どうしても攪拌しにくいから。翌日ラテにするも、メッシュを大外ししたので味の評価は残念ながら不可能(抽出が早す [続きを読む]
  • Fly Skyline 400ml ミルクピッチャーを試してみた
  • ある日、Amazonで「Fly Skyline」というブランドのミルクピッチャーをみつけた。普段ならスルーするところだけど、目にとまった理由は、400mlという絶妙と思われるサイズ(12oz、360mlだと小さく感じることが多い)、エッチング用と思われるピックが付属していること、そして極めつけが1380円というプライス。というわけで買ってみたので使用感などを簡単に。まず、大きさが絶妙。これは予想どおり。高さは12ozのRW(ラト [続きを読む]
  • お花見@舞鶴公園
  • 舞鶴公園方面にお花見に。夕方くらいに行って、夜桜を堪能してきた。福岡城跡には初めて行ったけれど、見晴らしはいいし、桜もたくさんあって行って大正解。有料エリアにちょっと躊躇したけれど、これなら有料でもいいかな。人もそこまで多くないし(無料エリアは多いけど)。東京と違って宴会している人が少ないのは、地域性の違いによるものなのかな? 個人的にあの宴会が好きではないので、そういう意味でも良い花見だっ [続きを読む]
  • インドネシア バリアラビカ神山
  • じつは「バリ神山ハニー」と間違えて注文してしまった豆……。しかも2kgも。ハニーとの違いが勉強できるからいいか、と前向きにとらえてフルシティまで焼いてみたところ、ハニーとは味が全然違っていた。ハニーよりも少しだけ苦味が強めだけれど、とてもクリアで、ドリップでの味はこちらのほうが好み。というより、この味、かなり好き。これに比べると、ハニーは良く言えば味に厚みがある、悪く言えば濁りがある、そんな印象 [続きを読む]
  • Flower Child / Bear Pond Espresso
  • 奥様に買ってきてもらった「Bear Pond Espresso」の豆。このお店にはこの豆しかない。ブレンドの「Flower Child」。一見、無造作に見えて、じつは計算され尽くされていると感じる紙パッケージ。ぼくはそこにスタンプされていた焙煎日に驚いた。なんと、購入日当日の焙煎。つまり午前中にローストした豆を、午後(といってもお昼過ぎ)に購入した、ということになる。なかなかないよ、こんなの。というか、実店舗でこんなことし [続きを読む]
  • Bear Pond Espresso / 下北沢
  • 奥様が下北に住む、いとこに会いに行く、というので「じゃあベアポンドでFlower Child買ってきて!」とお願い。なので、ぼくは行っていない。奥様の話を聞いて、こうして文字に起こしているところ。そもそも3回くらいしかぼくは下北に行ったことがないし、そのときベアポンドはまだ存在しなかったし、できてからも下北に行く用事がないので、本当に近くて遠い店の代表格だった(今じゃリアルに遠いけれど)。住所を教えてあげ [続きを読む]
  • つい買ってしまうコーヒー関連の本
  • Amazonにおすすめされたので、ついつい買ってしまった。今回買ったのは「家でたのしむ手焙煎コーヒーの基本」「カーサ ブルータス」の二冊。「家でたのしむ〜」は、ハンドロースト本というモノ珍しさから買ってみたけれど、完全に手網の話に終始していて、買い誤った印象……。今さら手網はやらないしなぁ、という。ただ、手網焙煎に関してはひととおりのノウハウは書かれているので、これから始めてみよう、という人にはオス [続きを読む]
  • ブラジルブレンドをつくりはじめた
  • カフェラテで使う豆の話。シングルオリジンも面白いけれど、ぼくはカフェラテで飲むならブレンドで味をつくりたいので、自家焙煎をはじめてからはマイブレンドを形にすることをひとつの目標にしてきた。で、できあがったのが最初のブレンド。名前はつけていないけれど、ブラジル、エチオピア、ホンジュラス、グアテマラの4種ブレンド。これもだいぶ試行錯誤を重ねたもので愛着もあるし、味も好みなのだけれど、いかんせん4つ [続きを読む]
  • ハンドピック用トレイを新調した
  • 焙煎前にコーヒーの生豆を選別する「ハンドピック」に使うトレイを新調した。今まで使っていた100均の金属トレイよりも、ちょっと大きめで木製のが欲しくてずっと探していたのだけれど、ようやく巡り会えた。「キッチンキッチン」というキッチン雑貨屋で500円。黒とブラウンがあって、ちょっと悩んでブラウンを選択。こういうトレイって両端に持ち手がついていることが多いものの、用途的にそれがいらないので、こういうシンプ [続きを読む]
  • パプアニューギニア シグリAA
  • 略してPNG。PNGでも、どこの豆にしようかと悩んだところ、まずは有名どころのシグリを選択。ちょっと深めのシティで焼いて、翌日ラテに。最初の印象は「上品なインドネシア」。どこか特別際立っているわけではないものの、甘みもそこそこで香りも良く、後味スッキリで美味しい。あとPNG特有のものなのかな、若干独特な風味もあっておもしろい。個人的にはわりと好印象だけれど、奥様はその風味があまり好きではない模様。 [続きを読む]
  • 焙煎、焙煎、また焙煎
  • 天気が悪くどこにも出かける気にならないので、今日は昼から5バッチも焙煎してしまった……。総量1kgちょっと。カフェラテ&ドリップ用途で2週間分。いつもそうだけれど、手回しだとずっと立ちっぱなしだから何気に疲れる……(回すことは苦じゃない)。そういえば今回注文したエチオピアのシダモ、ここ半年くらいは品質が最悪だったけれど(しかも2店舗で同じ品質だったからハズレ年だったのかも)今回はロットが新しくなっ [続きを読む]
  • OCD distribution toolの類似品を買ってみた
  • 2015年のWBCチャンピオンが考案し大会で使用したことで瞬く間にブームとなったOCD distribution tool。もちろんぼくも気になってはいたんだけれど、なにしろ高い。アメリカでも150ドル〜200ドル、日本ではヘタすりゃ2万超えですよ。そりゃ躊躇もするよね。Pullman Chiselなどの有名ブランドからも多くの類似品が出てきているけれど、そんななかで見つけてしまったのだ。類似品中の類似品。メイドインチャイナ。この手の類似 [続きを読む]
  • モンハンざんまい
  • ここ最近は夫婦そろってモンハン三昧。モンハンとは『モンスターハンターワールド』というゲームのことね。PS4版。ストーリーに沿って、動物や恐竜をモチーフにしたモンスターを狩猟していくのが目的のゲーム。やっていることはシンプルなんだけれど、相変わらずやり込み要素がすごくて、うちのこのブームはまだしばらく続きそうな予感。このシリーズ、なにが良いかってプレイヤー同士が戦わないこと。勝ち負けの世界じゃな [続きを読む]
  • Standart Japan #4 が届いた
  • お待ちかねの「Standart Japan #4」が届いた。早いもので、日本語版が発売されて4号、つまり1年になるということで、ますます気合いが入っているように見える。日本語版、ひとりでやっているというのだからすごいなぁ。個人的にはゲノム編集の話がとても興味深い。ワインもそうであるように、昨今の気候変動によってコーヒーの生産量も減りつつあり、あと30年もすれば生産量は今の3割になってしまう……なんて聞くと、コーヒ [続きを読む]
  • イチゴざんまい
  • 「いちご狩りに行きたい!」と、奥様。じゃあ、と調べてみるも、比較的近場の農園はしばらく先まで予約でいっぱい。そこで提案したのが、いちごのスイーツフェア。その名も「満喫!ストロベリースイーツフェア」。ヒルトンで毎年やっているいちごが主役のアレ。いちごといちごのスイーツはだいぶ違う気がするけれど、奥様は超ノリノリで快諾(笑)。というわけで、ヒルトン福岡シーホークへと出陣。肝心のいちごスイーツ、 [続きを読む]
  • ネルドリップに手を出してしまう(奥様が)
  • 美味しいのは知っているけれど、管理が大変だから……という理由で、あえて今まで手を出さなかったネルドリップ。ところが、先日カルディでレジに並んでいる最中、奥様が見つけてしまったのだ。ネルフィルターを。奥様「ねぇ、これやってみたい」私「えー、本当に? 保管が大変だよ?(思いつきで言ってそうだから諭してみる)」奥様「うん、知ってる。でもやってみたい」私「毎回、ネルを水に浸して保管するんだよ?(これを言 [続きを読む]