たかしま さん プロフィール

  •  
たかしまさん: 外壁塗装は大事なメンテナンス
ハンドル名たかしま さん
ブログタイトル外壁塗装は大事なメンテナンス
ブログURLhttps://housetosou.com/
サイト紹介文外壁塗装・屋根塗装を検討している方にぜひ見ていただきたいサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2016/08/31 21:01

たかしま さんのブログ記事

  • 外壁塗装 優良業者の見つけ方
  • 外壁塗装は業者の技量がすべてといっても過言ではありません。どんなに良い塗料を使っても、その塗料の最適な取り扱い方を知らなければ、よい仕上がりにはなりません。また、今でも高額な金額で、巧妙な話術でその日のうちに契約を取ろうとする業者が後を絶ちません。これだけは言えます。その日のうちに契約を迫る業者に優良業者はいません。こういう業者は、高額な料金を取り、工事が終わった後は連絡が取れなくなり、クレームの [続きを読む]
  • 外壁塗装 大雪で傷んだ外壁
  • 2018年の冬は各地で大雪が降り、外壁や屋根が傷んだお宅が多いのではないでしょうか。氷点下の日も多かったですし、微細なひび割れに入り込んだ水が凍って体積を増し、壁が割れてしまったり膨れてしまったりすることがあります。屋根は、凍結の影響や雪の重みで継ぎ目が傷んで雨漏りが生じていることもあります。傷みは早いうちなら修繕が効きますから、4月になって気温が上がってきたら早めに修理を依頼するのがベターです。その [続きを読む]
  • 外壁塗装 茨城 優良業者
  • 外壁塗装ができるのは最低気温が5度以上の時期です。茨城県で最低気温が5度を超えるのは、4月から11月です。茨城県では、外壁塗装に適した時期は、4月から11月までと考えていいと思います。中央部から南西部にかけては、関東平野の一部である常総平野が広がり、北部から北西部にかけては、阿武隈山地の南端部の山々が連なっています。冬季は少雨乾燥、夏季は多雨多湿となります。太平洋沿岸部は海洋性気候、内陸部は内陸性気で、全 [続きを読む]
  • 外壁塗装 補助金
  • 外壁塗装や屋根塗装で市区町村から助成金が出るところがあります。例えば東京都目黒区や大田区では「住宅リフォーム資金助成」という制度があって、「居住用住宅の増改修・修繕等、住宅の機能維持・向上のための改修工事」が対象になっています。あなたのお住まいの自治体にも似たような補助制度があるかもしれませんので、ホームページなどでぜひお確かめください。高反射率塗料工事費助成(港区)、地球温暖化防止設備導入助成制 [続きを読む]
  • 外壁塗装 塗装か張替えか
  • 外壁塗装か張り替えかというのを時々見ます。最近見た広告ですが、これを見てください。「金属サイディングだと半永久的にメンテナンスがほとんど不要。ランニングコストがかからない。」と書かれています。 サイディングの塗装だと2回までできるけど、3回目はできなくて張り替えになると書かれています。最初から金属サイディングにしていれば、ずっとランニングコストがかからないとは。本当でしょうか。建材屋さんの常識では、 [続きを読む]
  • 外壁塗装 金属サイディング
  • サイディングでもモルタルでもない、鋼板製のおしゃれな外壁が増えてきました。ガルバリウム鋼板といわれるアルミ・亜鉛・シリコンの合金によるメッキ鋼板が一般的に使われます。ガルバリウム鋼板のメリットは、他の外壁より軽量なことと、錆びにくく耐久性に優れていること、見た目がおしゃれなことです。逆にデメリットは、硬いものが当たると凹むこと、切り口が錆びる場合があること、塗装しない素地仕上げのガルバリウム鋼板は [続きを読む]
  • 外壁塗装 相場 ガイナ塗料
  • ガイナ塗料というのが話題になっています。株式会社日進産業が開発した、無機質の断熱セラミックを高濃度に配合させた塗料で、高断熱、高遮音性に優れています。耐用年数的には、セラミック配合のフッソ樹脂系塗料と同じく15年〜20年ですが、高断熱・高遮音性はフッソ樹脂系塗料にはない性能です。施工単価は、セラミック配合のフッソ樹脂系塗料とほぼ同じか少し高い程度です。100?程度の一般住宅で100万円前後と思われます。ガイ [続きを読む]
  • 外壁塗装の手順
  • 外壁塗装はなぜあんなに費用がかかるのか、外壁塗装の手順を見てみれば理解できるかもしれません。1 周囲の足場建て家の周囲を囲むように作業足場を組み立てます。高さは軒高以上です。周囲に汚れが飛び散らないように、また、工具を落としたときに外部に危害を及ぼさないようにネットを張ります。2 マスキング作業で汚れるといけない箇所にテープとビニルでマスキングをします。窓サッシ、換気扇、換気口、エアコンのパイプ、 [続きを読む]
  • 外壁塗装 仙台
  • 仙台の最低気温が5℃以上になるのは、4月から11月です。この期間が仙台で外壁塗装をするのに適した時期です。仙台は典型的な太平洋側の特性で、仙台平野が広がる東部は、太平洋に面しているため海風が入りやすく、夏の暑さはあまり厳しくなく、冬もわりあい暖かい。奥羽山脈の裾野にあたる西部は、県内では比較的降雪の多い地域です。仙台の都市部では「ヒートアイランド現象」が見られ、地球温暖化の影響を上回る2.3℃の気温上昇 [続きを読む]
  • 外壁塗装 沖縄
  • 沖縄は、2月の最低気温が17℃となっていて、年間の平均気温が25℃と、いつでも外壁塗装ができます。気候的には亜熱低気候ですが、8月でも35℃を超えることはほとんどなく、年間を通して過ごしやすい気候なのです。海に囲まれているため、年間を通して湿度は高く、特に5月中旬から梅雨に入ると連日80%を超える湿度になります。6月下旬には梅雨明けです。地元の方はもちろん、沖縄に行ったことがある方はご存知でしょうけど、年間 [続きを読む]
  • 外壁塗装 広島
  • 広島は、中国山地と四国山地の間に位置し、雪や雨の影響を受けにくいため、年間を通して晴天の日が多いです。年間の日照時間は2,000時間以上あり、非常に快適な立地条件です。また瀬戸内海にも面し、温暖な気候に恵まれています。塗装に適した気温が5℃を超えるのは、4月から11月までで、とても温暖な気候ですね。地形は、山地75%、丘陵19%、台地1%、低地5%。人口は283万人。地形的に山地が75%に達しているにもかかわらず、山間部 [続きを読む]
  • 外壁塗装 減価償却
  • 事業用建物の外壁塗装をするときは、住宅と違って減価償却を受けられることがあります。減価償却とは、耐用年数に応じて、かかった金額を毎年費用として計上して、収益から差し引くことができるのです。つまり、収益が減れば税金も減るということで、いい節税対策になります。ただし、外壁塗装の中身は、建物としての外壁の耐用年数を延ばすようなものであることが必要なんですね。事業用木造建物の耐用年数は24年です。平成19年4 [続きを読む]
  • 外壁塗装 2色塗り分け
  • 上手に塗り分けられたお宅は、とてもおしゃれな感じがします。以前は、単純に1階と2階の色を違う色で塗ったお宅も見かけましたが、これでは面白みがないですし、よほど上手に配色しないとお洒落どころか、変った家になってしまいます。二色塗りは、言わばカラーコーディネイトなので、素人が適当に色を合わせてもお洒落なものには程遠いです。ここはプロに頼むのがいいです。といってもデザイナーに頼むのではなく、外壁塗装屋さ [続きを読む]
  • 外壁塗装の仕方
  • 外壁塗装はなぜあんなに費用がかかるのか、外壁塗装の仕方を見てみれば理解できるかもしれません。1 周囲の足場建て家の周囲を囲むように作業足場を組み立てます。高さは軒高以上です。周囲に汚れが飛び散らないように、また、工具を落としたときに外部に危害を及ぼさないようにネットを張ります。2 マスキング作業で汚れるといけない箇所にテープとビニルでマスキングをします。窓サッシ、換気扇、換気口、エアコンのパイプ [続きを読む]
  • 外壁塗装 耐用年数 フッ素樹脂系塗料
  • 外壁塗装に使う塗料は、水性シリコン系塗料が一般的でした。耐用年数が10年〜12年と長く、費用も70万円前後と比較的安い値段でした。でも、住んでいると10年なんてあっという間なんですよね。10年ごとの塗り替えでは費用もバカになりません。これは私の私見ですが、今後は耐用年数15年以上が目安になっていくでしょう。これを満たす塗料は、フッ素樹脂系塗料、ハイブリッド塗料、ガイナ塗料などが実際にあります。15年ごとだと、3 [続きを読む]
  • 外壁塗装 ウレタン シリコンの違い
  • 外壁塗装に使う塗料ですが、その時々によって使う塗料が違っていました。簡単に書くとこうです。20年ほど前に初めて外壁塗装が行われたころアクリル系塗料が使われました。アクリル系は安価で色がきれいな塗料でした。10年から15年前ウレタン塗料が使われるようになりました。アクリル系は耐用年数が5年程度と短かったのです。ウレタンは、安価で、光沢があり、弾力があってサイディングによく密着する塗料ですが、こちらも耐用年 [続きを読む]
  • 外壁塗装 補助金
  • 外壁塗装や屋根塗装で市区町村から助成金が出るところがあるんでしょうか。例えば東京都目黒区や大田区では「住宅リフォーム資金助成」という制度があって、「居住用住宅の増改修・修繕等、住宅の機能維持・向上のための改修工事」が対象になっています。あなたのお住まいの自治体にも似たような補助制度があるかもしれませんので、ホームページなどでぜひお確かめください。高反射率塗料工事費助成(港区)、地球温暖化防止設備 [続きを読む]
  • 外壁塗装 塗装と張り替え どちらがお得
  • 外壁塗装と屋根塗装をすると120万円前後かかります。そんなにかかるのなら、いっそ張り替えようかと考えている方へ。一般的な延べ面積120?の家を例にとると、外壁の面積は延べ180?ぐらいです。いい材料を使っても?当り1万円ぐらいですから、180?だと180万円。それに屋根を塗装して約30万円。合計210万円ぐらいになると思われます。注意することは、これで永久にメンテナンスフリーとはならないことです。新品のサイディングな [続きを読む]
  • 外壁塗装 埼玉県
  • 埼玉県は、内陸部ですが太平洋側の気候に属しています。冬は北西の季節風が強く、晴天の日が多くて空気が乾燥します。夏は日中かなりの高温になり、雷の発生が多く、ひょうが降ることも多いのが特徴です。県の西側半分は山間地です。埼玉平野は低地と台地でおおむね平坦な地形です。塗装に適した気温が5℃を超えるのは、3月から12月までです。9月は降水量が一番多い時期です。埼玉県の人口は720万人で全国第5位です。政令指定都市 [続きを読む]
  • 外壁塗装 静岡
  • 静岡県は、日本一の標高差を持つ県で、大井川や富士山ろくでは雨が多く冬季は厳しい低温になります。遠州灘、駿河湾に面する沿岸部で温暖な気候です。塗装に適した気温が5℃を超えるのは、1月から12月まで年間を通して大丈夫です。とても温暖な気候ですね。(標高の高い地域を除きます。)政令指定都市が静岡市と浜松市と2つの大都市があり、県人口は370万人と全国第10位の多さです。塗装業者も多くいます。都市部では、敷地は比 [続きを読む]
  • 外壁塗装 愛知県
  • 愛知県は、春から秋までは高温・多雨、冬季は小雨・乾燥する特徴があります。塗装に適した気温が5℃を超えるのは、2月から12月までで、とても温暖な気候ですね。ただし、三河の山間部では冬は厳しい冷え込みとなりますし、尾張地方は、冬期は関ヶ原などの山あいを通る季節風による降雪がしばしばみられます。愛知県はおおむね平坦な地形です。大都市名古屋を中心に、人口30万人から40万人の都市が数多くあり、塗装業者も多くいま [続きを読む]
  • 外壁塗装 山形県
  • 外壁塗装ができるのは気温が5度以上の時期です。山形で平均気温が5度を超えるのは、4月から11月です。この時期が外壁塗装に適した時期と考えていいと思います。山形市や新庄市は内陸気候ですし、酒田市は沿岸部の気候ですが、春から秋までの気象特性はそれほど違いません。山形市のある村山地方は降水量が少なめです。梅雨時と秋の長雨は降水量が多いので、塗装はその間はできないので、時期をずらすかある程度の工期を見込むこと [続きを読む]