3分でわかるメニエール病の症状 さん プロフィール

  •  
3分でわかるメニエール病の症状さん: 3分でわかるメニエール病の症状
ハンドル名3分でわかるメニエール病の症状 さん
ブログタイトル3分でわかるメニエール病の症状
ブログURLhttp://meniellbyou.com/
サイト紹介文メニエール病の症状・原因・治療について詳しく解説します。
自由文メニエール病の症状・原因・治療について詳しく解説します。メニエール病の主な症状として、回転性のめまいや耳鳴り、耳閉感、難聴等が挙げられます。特徴としては、これらの症状が何度も反復して(繰り返されて)起こることです。男性より女性の発症率が高くなっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/09/01 18:44

3分でわかるメニエール病の症状 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 春に症状が強い
  • 私がメニエール病を発症したのは20代後半の時です。私の場合、症状が酷く現れるのが季節の変わり目です。とくに春は本当に酷く疲れます。立ちくらみが起こり、横になるとグルグルと景色が回るという症状です。気持ち悪くなって横になっても治まらない時があり、本当に辛いものです。 あまりに症状が酷い時には病院を受診して薬を処方してもらっています。初診時に医師からどっちまわりにグルグルと回りますか?と質問を受けました [続きを読む]
  • 負のスパイラル
  • 私が29歳の頃にメニエール病を発症しました。初めは耳の閉塞感がよくあり、少し気圧の高い場所に行くと耳がおかしくなるような感じがありました。その後、しばらくしてから街中で突然にめまいを起こし、その場に立ちすくんでいました。ただ、すぐにめまいは治るのですが、その後に気分が悪くなりや頭痛もありました。 この時は「偏頭痛かな?」と思っていましたが、耳鳴りの症状があったので兵庫県内の総合病院に行くことにしまし [続きを読む]
  • 感音性難聴の診断?
  • メニエール病だと診断されたのは2014年の秋のことでした。朝起きたら右耳からゴーという低い音がしていました。気持ち悪かったので近所の耳鼻科に行くと感音性難聴と言われ、これが何度も再発するとメニエール病の可能性あるとのことです。この時は薬を処方してもらい4日程で症状は改善しました。しかし、これがすべての始まりでした。翌年5月の休み明けに再度同じような耳の異常が起きたのです。 耳鼻科で聴力検査を行い、前回と [続きを読む]
  • 大好きな仕事がストレスに
  • 私は美容業界で20歳から働いています。ちょうど3年ほど現場業務を経て、管理・運営などいつしか膨大な業務をするようになっていました。会議も多い会社で1週間のうち1日分以上が会議で作業も進まないような状態でした。勤務時間内では収まるわけもなく、出勤日は日付が変わるほどの時間まで仕事するのは当たり前、休日までも仕事の日々でした。当時の私はこのような仕事中心の生活を4〜5年送ることになるのですが、次第に期限ばか [続きを読む]
  • 上手く付き合う病気
  • 初めてメニエール病と診断されたのは25歳の時でした。当時は毎日仕事で一日中パソコンに向かい、仕事偏頭痛は職業病のようにあったのですが、若かったし、遊びたい気持ちの方が強く、いつも鎮痛剤を服用しながら痛みを和らげていました。そんなある日、仕事中に視界がグラッと大きく揺れて「あれ?」っと思い立ち上がると、そのまま視界がグルグルまわりだし、右か左か分からなくなり、驚きと怖さと気持ち悪さで思わず机にしがみつ [続きを読む]
  • 不思議と治まる症状
  • 私は15年程前にメニエール病を発症しました。前兆として頻繁にめまいの症状があり、当時は疲れのせいだと思ってすぐに治るだろうと放置してました。めまいは時間が経てば治まるのですが、めまいが治ったと思えば、たまに耳鳴りもありましたが、これも疲れからだと思い放置してました。症状が治まらなかったら病院に行こうと思ってはいたのですが、これが不思議と治まるのです。 数日後、同じ症状が発症して今度は耳鳴りが少し酷く [続きを読む]
  • a
  • ?東京大学と共同開発した免疫効果を高めるブロリコ ブロリコは、アガリクス(β-グルカン)の約50倍、メカブフコイダンの約60倍、プロポリスの1000倍以上の免疫効果が期待!興味のある方は無料で資料請求ができます! ⇒ ブ […] [続きを読む]
  • メニエール病の原因
  • メニエール病の発症原因は、内リンパ水腫という内耳の水膨れです。内耳には蝸牛と呼ばれる聞こえを司る細胞が詰まっている部位があります。この蝸牛に水腫が発生することで聴力に大きな影響が出ます。具体的には「耳が詰まった感じがする」「低い音を中心に聞き取りにくい」「耳鳴りがする」といった症状が現れます。内耳にはもう一つ、三半規管という平衡感覚を司る部位があります。この三半規管に水腫が発生すると平衡感覚に大き [続きを読む]
  • メニエール病の治療
  • メニエール病でめまい発作が起きた場合、治療薬としてめまい止めや利尿剤を中心に抗不安薬など、患者さんの症状に合わせた薬を使用されます。利尿剤はメニエール病が内耳の水膨れによって起きているため、体内の水分を減らすために使用されます。発作初期でこのような薬物を処方することによって、その後に起きる可能性のある大きな発作の予防や症状の軽減を図ります。また、めまい発作の時に吐き気が酷く、内服が難しい場合にはめ [続きを読む]
  • メニエール病の症状
  • 目眩(めまい)メニエール病の代表的な症状の一つに目眩(めまい)があります。周囲がグルグル回っているような感覚の強いめまいから、ふらつき、ふわふわと雲の上を歩く感覚のものまで症状には個人差があります。メニエール病の原因は内耳の水膨れとなり、水膨れの程度やどの場所にできるかによって症状は異なります。メニエール病によるめまい発作が起こった場合、静かな場所でなるべくなら横になるなどし安静にする必要がありま [続きを読む]
  • メニエール病の診断基準
  • メニエール病が疑われるような症状(めまい、難聴等)がでたら、まずは耳鼻科(耳鼻咽喉科)の受診が勧められます。難聴や耳鳴り等の聴覚症状に関しては、少なくとも耳鼻科の範囲になります。但し、めまいについては原因が内耳とは限りませんので、めまい外来が近くにあればそちらを受診するか、近くにめまい外来がない場合には日本耳鼻咽喉科学会に所属している医師がいる病院が勧められます。メニエール病という病気は、独特なそ [続きを読む]
  • メニエール病と仕事の両立
  • メニエール病を患うと、難聴やめまい、耳鳴り等が起こる病気です。回転性のめまい発作が起きると重症の人では動くこともままならない状態が数十分〜数時間も続き、その後の回復までに数日かかる人もいます。しかし、メニエール病の症状は個人差が大きく「メニエール病=仕事は続けられない」というのは早計になります。メニエール病は進行性の病気なので、早期治療によって重症化していない患者さんが多くいます。また、発作が起き [続きを読む]
  • メニエール病の手術
  • メニエール病は強い回転性のめまいや難聴、耳鳴り等が症状として現れます。患者さんの約9割は生活改善と服薬等内科的な処置で、日常生活は送れるようになるのですが約1割の方はめまいの発作が強く頻繁である、投薬治療によって改善がみらずに外科的手術が適応される場合があります。 メニエール病の手術内容メニエール病の手術では、聴力を温存しつつ、めまいを止める手術と悪い方の耳の聴力をなくし、発作を抑える手術の2パタ [続きを読む]
  • メニエール病は難病(特定疾患)
  • メニエール病は、厚生労働省で難病指定されている特定疾患の一つになります。但し、医療費助成のある特定疾患治療研究対象の疾患ではありませんので、混同しないように注意してください。また、メニエール病そのものは障害者手帳の障害認定の対象にはなっていません。しかし、メニエール病の主症状である難聴やふらつき(平衡機能障害)については、障害者手帳の障害認定の対象として認められています。メニエール病の症状が障害と [続きを読む]
  • メニエール病の薬物療法
  • メニエール病においての薬物治療では一般的に抗めまい薬と利尿剤(ほとんどの場合イソバイド)、めまい発作を起こした時の不安を取り除く抗不安薬、聴力の改善のためのビタミン剤(メチコバール等)等が処方されます。その他、患者の症状に合わせて、自律神経調整薬や血流改善薬、精神安定剤等が処方されることがあります。これらの治療薬で効果が見られない場合には、ステロイドがめまいの治療薬として処方されることがありますが [続きを読む]
  • メニエール病は完治するのか?
  • メニエール病は進行性の病気です。進行性の病気によく言われる「早期発見・早期治療が大切」は、メニエール病でも同様です。メニエール病は回転性めまいと難聴・耳鳴りが何度も反復して起こるのが特徴です。メニエール病は初期の段階から治療をスタートすることができれば、3カ月〜1年程で症状が治まる患者さんが多くいらっしゃいます。一般的にメニエール病の治療では薬物療法が中心となり、発作が出た時に激しい吐き気と嘔吐があ [続きを読む]
  • 蝸牛型メニエール病の症状・原因・治療
  • 蝸牛型(かぎゅうがた)メニエール病とは、耳鳴りや難聴、耳閉感を特徴とする病気になります。一説によるとメニエール病の前段階と考えられており、放置するとメニエール病を発症する可能性が高くなります。直接の原因は不明なのですが、ストレスや疲労によって自律神経が乱れ、内耳の蝸牛管の内部にむくみが出るのが原因ではないかと言われています。蝸牛型メニエール病は、メニエール病とは異なり、回転性めまいが症状に含まれま [続きを読む]
  • 過去の記事 …