吉井尚紀 さん プロフィール

  •  
吉井尚紀さん: 現在と未来の狭間
ハンドル名吉井尚紀 さん
ブログタイトル現在と未来の狭間
ブログURLhttps://ameblo.jp/naokiyoshi07/
サイト紹介文文芸と自転車、それに映画や家族のこと、ときどき人工透析のことを書きます。
自由文今年の3月から医療機器を供給する商社で働き始めました。仕事は総務全般です。週5日で働き、月、水、金は4時まで働いてそのあと夜間透析を受けています。透析は受けていても、他の人と同じように働くことができ、また家族と仲良く暮らすことができて本当に嬉しい。毎日、仕事は忙しいですが充実した日々を過ごしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/09/01 21:29

吉井尚紀 さんのブログ記事

  • かみさんの付き添い
  • 朝、病院へ向かう途中に渡り鳥の群れを何度も見た。鳥の種類は分からなかったが、いつまでも連なる鳥のシルエットをかみさんと2人で見ていた。会社に行っていたらこの光景は見ることができなかっただろう。本日よりかみさんの化学療法が始まった。その付き添いのため私も会社を休んだ。かみさん1人で不安ではないかと思ったが、本人はいたって冷静である。どちらかと言えば私の方が落ち着きがない。大学病院に到着してすぐに血液検 [続きを読む]
  • 旧古河庭園へ
  • 休日はかみさんとデート。本日は駒込の旧古河庭園へ。当初は六義園へ行く予定だったのだが、お昼を食べる場所を探しているうちに旧古河庭園近くまで来てしまった。なかなか食べたいものが見つからず、ずっとぐるぐる歩き回ってしまった。気がつけば知らない商店街まで出てしまい、随分歩いていた。やっとこれというお店を見つけおそばを食べた。かなり古い感じのお店で長く続いているおそば屋さん。お座敷に上がってゆっくり食事が [続きを読む]
  • お互いが患者で、お互いが患者家族で
  • 先日退院したかみさんだが病理検査の結果、大腸ガンのステージ3ということだった。病巣と一緒に取り出したリンパ細胞28のうちたった一つにがん細胞があったということで、明後日から化学療法を行うことになった。たった一つで不運と取るか幸運と取るかは判断が難しいが、最終的には本人の受け止め次第だろう。化学療法は最低でも半年続けることになる。初回は点滴で開始し翌日から服薬を2週間続け1週間休んで点滴に戻る。これ [続きを読む]
  • 透析患者が働くということ
  • 透析をしながらでも働けるということは、よく聞くことである。でもその反面、仕事と治療の両立が厳しかったり、残業ができないことで周囲に引け目を感じたりすることで、働けなくなってしまう人も多いという。患者それぞれ環境も違うし体調面や周囲に対する感じ方も違ってくる。だから一概なことは言えないけれど、働くことを断念せねばならないケースがあることは、どこか残念な気がしてならない。私自身はすごく頑張っているとい [続きを読む]
  • 本日も一生懸命働きました。
  • あまり一生懸命という言葉は好きではないが、今日も時間いっぱい働いた気がする。私が座っている座席は今は両隣がいなくて作業机となっている。そこで両隣の机にデスクトップパソコンを1台ずつ並べてセットアップ作業を行った。来週月曜日には物流部門に送りたいということで1日かけて集中してセットアップ。午前中に2台、午後から2台。椅子に座って、蹴るようして右へ左へと動き同時進行で設定していく。ソフトウェアのインス [続きを読む]
  • 今こそ仕事のリストラと障害者の雇用促進を
  • なんだか日々忙しい。いつもの限られた時間の中で自分だけが忙しいというわけではなく、なんとなく誰も彼も忙しいという感じだ。完全失業率が下がっているが、人の流動化が実は上手くいっていないのではないかという気がする。時期にボーナスの季節になるがこれを過ぎれば人が動くとされているのだが、もしもこの時期を過ぎても人が入らないということになれば、確実のどの職場でも人手不足ということになるだろう。ブラックな企業 [続きを読む]
  • 言葉で説明することが実は苦手
  • 仕事の時などに、何かを説明しなければいけない時、実は言葉で説明するのが苦手である。基本的に何かしら資料だとか、図を書いて相手のところへ持っていって話をする。普段、文章はよく書くが、口を使って込み入った話をするのが苦手。だから話が通じるように図を持って説明する。手短なものだと予定を説明するのに卓上カレンダーを持って行くこともある。「ちょっとこの日、休みを取ります」と言う時でも必ずカレンダーを持って行 [続きを読む]
  • お弁当のチョイスが難しい
  • さて、今週から脱コンビニ弁当ということで、少し遠回りしたところにあるスーパーに向かった。とはいえ、あまり時間が無いんだよね。スーパーだと品数もしっかりあるので色々とチョイスできるはずなんだけれど、私の場合は同じものを続けて食べても飽きないということ多い。でもさすがに初めてのお店だとちょっと迷うなあ。迷っている時間もなく、何となくおかずが多そうなものを選んだのだが、これが定番とも言えるのり弁当。スー [続きを読む]
  • コンビニの食事を続けるにいたって
  • 健康自然食を扱うスーパー、リラックが閉店してしまって透析時に食べるお弁当はコンビニのお弁当に置き換わってしまった。コンビニのお弁当で何がダメかというと、一番はバランスが良くないということだろう。基本的に動物タンパクと炭水化物しか無いということ。リラックで買っていたお弁当は魚、肉、野菜が多種に入っていたので、毎回ほど同じ弁当で食べていたが、全く飽きることが無かったし、体調が良かったということもあった [続きを読む]
  • かみさんとデート
  • 退院後、週の後半から出社し始めたかみさん。凄いな。本当は痛いだろうに痛い顔もせずに通勤電車に乗っている。今のところ帰りは混雑をさけて少し早上がりをさせてもらっているそうだ。確かに少しずつでも体を慣らして、会社に対しても働けることをアピールすることは大事だと思う。半分くらい無理はするなよ、という気持ちももちろんあるが。本当は土曜日は出勤日なのだが、今週は休みにさせてもらった。それで珍しく私の休みと重 [続きを読む]
  • 透析に関する私の言い訳(新聞記事インタビュー風)
  • ー日本では4時間透析を受けるのが多数派だが。自分の体格や日中、仕事をしているということから5時間の透析を受けている。今後も長く働くことを考えたら、将来何らかの合併症が起こることは避けたい。そのためには透析の条件は出来るだけ良いものにしたい。ー今現在、仕事の時間を削るような形で透析を受けているが。できることなら後1時間ちょっとくらいは働きたいと思っている。でも、そこは仕事と治療のバランスだろう。今は月 [続きを読む]
  • 今の仕事が合っているのだろうか?
  • …と、かなり危険なタイトルを書いてしまっている。なんでこんなことを書くのかというと、実は私はこのブログの中で過去に何度かパソコンが大キライということを書いてきたからだ。まあ、掘り起こしてみればいくつも出てくるだろう。仕事はともかくプライベートでパソコンのメンテナンスをするのは大キライだ(ハードをいじるのは好き)。特にWindowsのアップデートが大キライで、プライベートではMacを使っていると言っても過言で [続きを読む]
  • 健康関連の情報番組について
  • このところテレビ番組で健康や病気を扱ったものが増えてきた。基本的に透析や腎臓病に直接関係しないものは見ないようにしている。正直言ってつまらんというのが本音。大体はこれまでの常識みたいに考えられてきたことが覆されて、出演のタレントさんが、えーって驚くのがパターンである。もちろん医学的には最新情報なんだろうけれど、エビデンスは常に新しく刷新されていくから何が正しいか分からなくなってしまう。体に良い食べ [続きを読む]
  • かみさんが退院した
  • 昨晩、透析から戻ると家にかみさんがいた。夕方近くに退院が決まり帰ってきたという。日曜日には痛みはあるもののすっかり元気という感じだった。当初は今月いっぱいの入院かと聞いていたが、術後11日で退院となった。腹腔鏡の手術だったので治りが速かったのだと思う。術後、内臓と傷口が癒着することが心配されたが、術後2日目くらいから体を動かすようにしていたので、結果的には癒着することなく回復に向かった。やっとかみ [続きを読む]
  • 書きたいこと諸々
  • 【霞が関で障害者雇用のための講座を開催】障害者雇用水増し問題を受けて、厚生労働省は各省庁に向けて障害者の正しい知識を得るための講座を開いたという。何を今更という気もしなくはないが、今までこうしたことをきちんとやってこなかったからこそこの問題が起こったわけだ。ただこうした講座の開催が直ちに効果を発揮するかは不明である。果たして雇用される障害者が継続して働きたいような環境になるだろうか。どちらかといえ [続きを読む]
  • 日曜日にアイロンかけに専念する
  • 今日は朝起きるとすぐに風呂場の掃除を始めた。昨日は排水溝の掃除をしたので、今日は湯船である。いつかみさんが帰ってきても気持ちの良いお風呂に入れるように丹念に掃除をしている。たまった瓶や缶などのゴミを処分し、クリーニングを取りに出かけた。お昼近くに自転車でかみさんがいる病院へ向かう。途中、Hotto Mottoによってお弁当を購入。ここのお弁当には減塩醤油のパックが付いている。ちょっと気が利いているのかもしれ [続きを読む]
  • 批判、バッシングは何故起こるのか
  • 安田さんや他、中東などの取材を行うフリージャーナリストの人たちをバッシングするという風潮が日本にはまだある。安田さんの解放には、日本政府から身代金など払われていないと国は説明していても「あれは俺たちの税金が使われたのだ」と攻撃する人間もいるようだ。危険な地域で、日本政府も渡航を自粛するようにと言っているのに、それでも行くのだから自己責任ではないか、というのが主立った考え方なのだが、そもそもどうして [続きを読む]
  • 書きたいことあれこれ
  • 【日中関係改善】本日、日中首脳会談が行われるとのことで、これまで政治レベルの関係が遮断されていたガラガラ、今回の会談への運びは双方の関係改善が見えたからだという。中国国民の日本に対する印象が良くなったことが大きいとのことだ。ここしばらく日本を訪れた中国人の数も多かったし、人づてで日本に対する意識も変わったのではないだろうか。いずれにしても良いことだと思う。私が学生だった28年くらい前は、実際に現地を [続きを読む]
  • 今日はフルタイムの日
  • 木曜日は透析が無いので今日はフルタイム勤務の日。透析日の翌日はちょっと睡眠不足になる。今朝は体にむち打ってやっと布団から出たという感じ。朝からパタパタしていた。登録しなければいけないデータも多くあったが、問い合わせが入るとその作業の手が止まる。場合によっては職場に足を運ぶこともあった。システムの部分修正などもあった。それほど大きな修正では無いので、変更前、変更後の証跡を取って作業を行う。これで午前 [続きを読む]
  • 書きたいことアレコレ
  • 【安田純平さん無事に解放】昨晩、寝る少し前に朝日新聞デジタルの号外で、安田純平さんが解放されたとの情報が飛び込んできた。菅官房長官の緊急会見ということから間違いないだろうとは思っていたが、本日5時55分頃の河野外務大臣の公式発表で本人であることが分かった。本当に良かった。2004年にイラクで拘束された時は自己責任論が巻き起こり大バッシングを受けた。今回、解放されたことでネットの世界では無事を喜ぶ声ととも [続きを読む]
  • 会社帰りに病院へ
  • 仕事が終わり勤怠を締め、日報を提出するとすぐにエレベーターへ向かった。今日は家に立ち寄ることなくまっすぐにかみさんが入院している病院へ行った。大崎から品川へ。京急に乗り換えてそのまま梅屋敷へ向かう。梅屋敷から長く続く商店街を歩く。京浜急行沿線では比較的大きな商店街だ。夜の梅屋敷を歩くのは久しぶり。人通りも多く実に賑わっている。店を開いたばかりの小さな焼き鳥屋さんが繁盛している。夫婦が二人並んで焼き [続きを読む]
  • 書きたいこと諸々
  • 【障害者雇用の水増し問題について】昨日に引き続き同じ話題で申し訳ない。でもやっぱり書いておこうと思う。今日の新聞などでは自治体での雇用の水増し数が、3809.5人だという。数字が小数点になっているのは短時間勤務の実態を加味してとのこと。何を今更という気もする。当初はガイドラインを読み違えて…と言った言い訳も言われていたが、何のことはない、はなから障害者の雇用を推進する気など無かったというのが実態である。 [続きを読む]
  • 書きたいことあれこれ
  • 【障害者雇用の水増し問題について】中央省庁にて障害者の雇用を水増ししていた問題で、最終的には3400人の水増しがあったことが発表された。これに対し政府は新たに各省庁で2019年までに併せて4000人の障害者を雇用するという。なるほど、水増しよりもさらに多くの雇用を実現するということで、これは朗報かと思いきや、果たしてそれだけの障害者を雇用してちゃんと働けるための環境整備を平行して行えるかは以前不透 [続きを読む]
  • 子供が帰ってきた
  • 入院したかみさんのお見舞いで子供が清水から帰ってきた。今日の午前中に駅前のクリーニングに衣類を出そうと歩いてたら、信号の向こうから子供が歩いてきた。また少し背が伸びたような感じだ。今朝の5時半に家を出て、金が無いから東海道線で来たという。「腹が減った。まだ朝ご飯を食べていない」と言う。そのまま駅前まで連れ出し、ドトールでホットドッグを食べさせる。そうかあ、新幹線は使わなかったのね。詳細は書かないが [続きを読む]
  • 書きたいことあれこれ
  • 【360度評価】セクハラや公文書改ざんで世間を騒がせた財務省で、部下側が上司を評価する360度評価を導入するという。民間ではもうだいぶ前から取り入れている評価制度で、いくつかの企業でも実績がある。方法としては間違っていないけれど、どうせやるなら安部さんだとか麻生さん、閣僚の皆さん全員360度評価の対象にしてしまえば面白いと思う。そもそも政治家の評価というか能力指標のようなものが無いから、我々が選挙で選ぼう [続きを読む]