AnneCookeのブログ さん プロフィール

  •  
AnneCookeのブログさん: AnneCookeのブログ
ハンドル名AnneCookeのブログ さん
ブログタイトルAnneCookeのブログ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/annecooke
サイト紹介文英会話教室Anne Cookeのブログです :)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2016/09/01 21:56

AnneCookeのブログ さんのブログ記事

  • Tip of the Week No.102 'on the tip of your tongue'
  • on the tip of one's tongue idm.if a word or name is on the tip of your tongue you are sure that you know it but you cannot re
    member iton the tip of one's tongue イディオム言葉や名前を知っているはずだけど思い出せない状況
    を on the tip of one's tongue という「ここまで出てきてるのに出てこない!」ことを on the tip of my to
    ngue といいます。tip とは先端のことをいい、the tip of one's nose で鼻の先という意 [続きを読む]
  • Tip of the Week No.101 'surname'
  • surname noun (especially BrE)a name shared by all the members of a family (written last in English names)surname 名詞(特にイギリス英語)家族全員が共有している名前(lastと書かれている場合もあり)surname とは、「姓、苗字」のことをいいます。スコットランド発祥の有名な苗字は、Cameron, Duncan, Stewart など。ちなみにジョセリン先生の母親の苗字は MacGregor。スコットランドの代表的な名字の一つです。ゲール語 [続きを読む]
  • Tip of the Week No.100 'in (full) bloom'
  • in (full) bloom idm(of trees, plants, gardens, etc.) with the flowers fully openin (full) bloom イディオム(木、植物、庭など)花が完全に開いていること4月にピッタリのイディオム。「満開」という意味です。We went to Negoro temple the other day and the cherry blossoms were in full bloom.こないだ根来寺に行ったとき、桜が満開だった。2016年の5月からスタートした Tip of the Week。おかげさまで第100回目に到達し [続きを読む]
  • Tip of the Week No.99 'so far'
  • so far (idiom)until now; up to this pointso far (イディオム)今まで;今の時点で「最終的には考えが変わるかもしれないが、今の時点では」という意味のイディオムです。What do you think about the new teacher so far?今のところ新しい先生のことどう思う?のように使われます。There's a question from our teacher Jocelyn.Jocelyn: What does this mean?'So far, we have walked so far from the sofa shop.' [続きを読む]
  • Tip of the Week No.98 'tug of love'
  • 辞書を開いていた時に偶然見つけた言葉です。あまりいい意味ではありませんが…tug of love noun [s
    ing.] (BrE, informal) a situation in which a child's parents are divorced or no longer living together and are fighting over
    who the child should live withtug of love 名詞 [歌] (イギリス英語、口語的) 子どもの両親が離婚、もしくは
    もはや同居をしておらずどちらが子どもと暮らすべきか争っている状況のことtug of wa [続きを読む]
  • Tip of the Week No.97 'runny nose'
  • runny adj.1. (of your nose or eyes) producing a lot of liquid, for example when you have a cold2. having more liquid than is usual
    ; not solid: runny honeyrunny 形容詞1. (鼻や目が) 液体をたくさん作っている状態、風邪をひいたときな
    ど2. 普通よりもより液体であること;個体ではないもの:runny honey鼻でいえばこういう状態です。
    runny nose というのはよく聞きますが、runny eyes はあまり聞いたことがない…。ネイ [続きを読む]
  • Tip of the Week No.96 'commas'
  • 英語において , がどれだけ重要か。「コンマがなくても大したことないでしょ」とも思いますが、大したことあります。Let's eat, Granny!Let's eat Granny!違うのはコンマがあるかないか。「おばあちゃんご飯食べよう!」という意味になるのは let's eat, Granny! です。Let's eat Granny! は、「おばあちゃんを食べましょう」になります。もう一つの例は Junior Illustrated Grammar and Punctuation から。英語圏の児童用の参考書 [続きを読む]
  • Tip of the Week No.95 'definitely'
  • definitely [adverb] (informal) a way of emphasizing that something is true and that there is no doubt about itdefinitely [副詞](インフォーマル) 疑いなく真実であると強調することあと2つほど意味があるようですが、今回紹介したいのはこれ。'デフィネリー' と発音すれば ok!「もちろん」、「当然」、「そのとおり」くらいの意味で使います。Would you recommend your friends to visit Kyoto?- Yes, definitely.友だちに [続きを読む]
  • Tip of the Week No.94 'please call me taxi? please call me a taxi?'
  • 'please call me taxi'と'please call me a taxi'a があるかないかだけの違いですが、意味は大きく変わります。さあ、「タクシーを呼んでください」と言いたいとき、どちらが正解でしょう?タクシーは名詞です。犬や猫、本、車なども名詞です。家族と住んでいて犬を飼っている場合、'We have a dog' となります。独りで住んでいて自分の犬の場合、'I have a dog'基本的に名詞には a/an, the をつけます。I don't really like cats [続きを読む]
  • Tip of the Week No.93 'eight days a week? eight days in a week?'
  • 英語で週に3日という場合は three days a week です。なぜ前置詞がないのでしょう?もしかして three days in a week でも合っている?ジョセリン先生に聞いてみました。解答はこうです。in を入れた場合、週が何日で構成されているかという話になってくるそう。もちろん、1週間は7日なので、There are seven days in a weekこの場合は in が必要です。でも頻度を言いたい場合は必要ないとのこと。例えば、Anne Cooke English Scho [続きを読む]
  • Tip of the Week No.92 'I am Japanese? I am a Japanese?'
  • 今週の火曜日、ある生徒さんからこんな質問が。「なぜ I am a Japanese じゃないの?」ぱっと答えられなかったので Japanese を調べてみました。adjective (形容詞)1. relating to Japan or its language, culture, or people 日本に関することもしくはその言語、文化、人々noun (名詞)1. a native or inhabitant of Japan, or a person of Japanese descent 日本を出生地とする人もしくは住人。または日系人2. the language o [続きを読む]
  • Tip of the Week No.91 'youse'
  • youse (also yous) pronoun (non-standard, dialect)a word meaning 'you', used when talking to more than one personyouse (または yous) 代名詞 (非標準、方言)2人以上に対して 'you' と同じ意味で使われるジョセリン先生いわく、非標準ではあるものの英語圏ならたいてい使われるとのこと。これだと1人に対してなのかそれ以上に対してなのかを区別できて便利。フロリダにあるディズニーランドには Youse Guys Moychindice とい [続きを読む]
  • Tip of the Week No.90 'the middle of nowhere'
  • the middle of nowhere (informal)a place that is a long way from other buildings, towns etcthe middle of nowhere (インフォーマル)他の建物、街などから遠く離れている場所何もない真ん中というイメージです。↑少し極端ですが、こんな感じOperator: And what's your address?Customer: My address is 1-2-3 middle of nowhere... hello?オペレーター:ではあなたの住所は何ですか?客:僕の住所は辺ぴな場所の1-2-3です。も [続きを読む]
  • Tip of the Week No.89 'from scratch'
  • scratch と聞くと、宝くじ?と思うかもしれませんが、from scratch は宝くじとは関係ありません。from scratch [idiom]1 without any previous preparation or knowledge2 from the very beginning, not using any of the work done earlierfrom scratch [イディオム]1 事前の準備や知識なしで2 何も使わずに最初からBake from scratch, learn from scratch, build from scratch, make from scratch など、いろんな動詞とくっつけ [続きを読む]
  • Tip of the Week No.88 'hoover'
  • hoover verb (BrE)to clean a carpet, floor, etc. with a vacuum cleanerhoover 動詞 (イギリス英語)掃除機でカーペットや床を掃除することイギリスでよく聞かれる単語です。由来はアメリカの掃除機ブランド Hoover から。他に同じ掃除機を表す単語として vacuum cleaner, vacuum が挙げられます。掃除機をキャラクター化する、なかなか斬新なアイデア。おそらく一番売れている Henryくんです。そのほかにもいろんな子がいて、左 [続きを読む]
  • Tip of the Week No.87 'cryptocurrency'
  • 存在しないものの価値が上がるというのは、今の時代でもよくわからないことです。crypto とは、名詞に付く言葉で、「秘密の」という意味。これが currency「通貨」と付くことにより、仮想通貨という意味になります。音楽はコンサートホールに行って聴くものだったのが、今では曲を購入します。アプリを購入、ラインのスタンプを購入。物質として存在しないものを購入する時代になっています。いずれ通貨も存在しないようになるので [続きを読む]
  • Tip of the Week No.86 'amn't'
  • Happy New Year!AnneCookeの生徒さん、定期的にブログをチェックされている方、今年もよろしくお願いします。さて今年一回目の Tip of the Week は'amn't' について。学校では isn't, aren't, wasn't weren't, won't などなどを習いました。例えば it isn't, you aren't, I wasn't, they weren't, he won't など。amn't とは言わず、いつも I'm not と言いましょうと習ったはずです。が!辞書で見つけました!amn'tshort form (Sco [続きを読む]
  • Tip of the Week No.85 'Boxing Day'
  • 本日12月26日は「ボクシングデー」と呼ばれる日です。日本では24日、25日の2日間がクリスマスに
    関係する日として祝われています。ですがイギリス、オーストラリアをはじめ多くの国では26日も
    お祝いの日とされています。Boxing Day [noun] BrEthe first day after Christmas Day that is not a Sunday. Boxing Day is
    an official holiday in Britain and some other countries.Boxing Day [名詞] イギリス英語クリスマス後の日曜以 [続きを読む]
  • Tip of the Week No.84 'choir'
  • 「クワイア」と発音するこの単語。意味は以下の通りです。choir [noun]a group of people who sing together, for example in church services or public performances choir [名詞]礼拝や公演時に複数で歌うグループ少しわかりにくいので、簡単に言うと、「聖歌隊、合唱団」のこと。初めてクリスマスクワイアを聴いたのは大学生の時。イギリスの歴史を学ぶ授業ででした。イギリス人の先生が、クリスマス前だと言うことでクリスマ [続きを読む]
  • Tip of the Week No.83 'Noel'
  • Noel [noun]a word for 'Christmas' used especially in songs or on cardsNoel 名詞「クリスマス」の別名で、特に歌やカードに使われる語源は、ラテン語から派生した nael(古フランス語)から来ていて、クリスマスシーズンに1度は見る単語です。今は男性の名前として使わることもあり、Noelという名前で思いつくのはイギリス人アーティストで元Oasisメンバーの Noel Gallagher。Joyful Noel (楽しいクリスマス)などと使われるよ [続きを読む]
  • Tip of the Week No.82 'sometime? sometimes?'
  • sometime と sometimes という単語があります。多くの方が I, you, we, they の場合は sometime、それ以外は sometimes。簡単!と思っているようですが。。実はそうではありません。go や goes は、主語が何かによってどちらかがあてはまります。例えば、1. I go to school.2. She goes to school.主語によって動詞の形が変わりますが、もちろん意味は同じです。一方sometime や sometimes は動詞ではなく形容詞なので主語に左右さ [続きを読む]
  • Tip of the Week No.81 'as fast as your legs can carry you'
  • 「急いでいきます」のユニークな言い方です。as fast as your legs can carry you [idiom]as quickly as you canas fast as your legs can carry you イディオムできるだけ早く日本語では「僕の脚が出せる最高の速さで」という感じ。Even though I run as fast as my legs can carry me, I'm inferior to turtles. But I don't mind.たとえ僕の脚が出せる最高の速さで走っても僕は亀より遅い。でもそんなこと気にしないよ。 [続きを読む]
  • Tip of the Week No.80 'I'll eat my hat'
  • 今回紹介するイディオムはそれほど難しくないかもしれません。I'll eat my hat (informal)used to say that you think something is very unlikely to happenI'll eat my hat (informal)ほぼ確実に起こりえないと思うときに使われる「そんなことは絶対ない。実際に起こったら帽子でも何でも食ってやるよ」という感じで使われます。辞書に載っている文章は;If she's here on time, I'll eat my hat!もし彼女が時間通りにここに来た [続きを読む]
  • Tip of the Week No.79 'Bob's your uncle'
  • イギリス人が好んで使うフレーズ、Bob's your uncleただ、単語の意味、背景を知らない人にとって苦痛となるフレーズでもあります。Bob is your uncle...「ボブはあなたのおじさんです」そんな叔父いません!と言いたくなりますが、このイディオムの意味は以下の通り。Bob's your uncle (BrE, informal)used to say how easy and quick it is to do a particular taskBob's your uncle (イギリス英語、インフォーマル)特定のタスク [続きを読む]
  • Tip of the Week No.78 'Chinese whispers'
  • 「悪魔のささやき」ならぬ「中国人のささやき」なぜ中国人なのかは不明ですが、こういう意味で使われています。Chinese whispers noun (BrE)the situation when information is passed from one person to another and gets slightly changed each timeChinese whispers 名詞 (イギリス英語)情報が人から人へ伝わるたびに少しずつ変化していく状況「伝言ゲーム」という意味で使われています。アメリカでは telephone game といわれ [続きを読む]