nakaみかん さん プロフィール

  •  
nakaみかんさん: 鉄道模型のレイアウトは楽しい!
ハンドル名nakaみかん さん
ブログタイトル鉄道模型のレイアウトは楽しい!
ブログURLhttp://www.mokei-tetsudo.com/blog/
サイト紹介文HO,Nゲージの小型レイアウトやモジュールの製作記を通じてレイアウトの楽しさをご紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供236回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2016/09/01 23:23

nakaみかん さんのブログ記事

  • 鉄コレナローDBモジュール走行
  • ドイツ風の駅に停車中。臨時列車という設定で。本線の高架下をくぐると専用線に入ります。R140で7パーミルの急勾配ですが、ストレスなく登ります。このモジュールで1番好きなアングルです。この先の最高地点まで7パーミルは続きます。ここから一気に下りになります。民家の横をすり抜けます。 ここからR103区間に入ります。富井電鉄の動力車は、ホイールベースが長くて脱線しました。客車はなんとか崖にすれすれで通り [続きを読む]
  • 鉄コレナローDBで遊んだ!
  • レイアウトに置いてはみたものの良く考えたら、運転会から1か月、工作ばかりで車両を動かしていない!なので、ストレス発散の為につい遊んでしまいました〜!引き込み線が2本あるので、交互に運転ができます。DBは、モーターの前後に重りがあるものの、低速でのスムーズさには難があるので、もっと重しをのせたいのですが隙間がありません。ま、可愛いいから許す!繋ぎ部品の2段目も、出来た順に取り付けていきます。 「にほ [続きを読む]
  • 鉄コレ新製品ナローDB入線
  • キッズランドに行ったら、たまたま富井電鉄の新製品が出てたので、迷った末買っちゃいました。もう1種類はL型ディーゼル機関車と貨車だったのですが、欲しいのは凸型機関車と貨車で、ホハフはいらないんですが、凸型が可愛いんでこちらを選びました。両方買わそうとするトミーの戦略にいつもひっかかってるのですが、お小遣いを減らされているので、がまんがまん・・・。とはいえ、買ったら買ったで動力や足回りを買わないといけ [続きを読む]
  • 惣郷川橋梁モジュールの製作⑬橋脚の組立2
  • 橋脚のセット同士は、こうゆうように重なります。最初から最後まで同じ橋脚がならんでいるのではなく、この辺がアクセントになっていてこの橋の魅力の1つだと思います。R3000のゆるーいカーブに沿って橋脚が連なる姿を早く再現したいですね。 「にほんブログ村」に参加しています。記事が気に入っていただけたら、 していただけると幸いです [続きを読む]
  • 惣郷川橋梁モジュールの製作⑫橋脚の組立開始
  • ええ加減、カットの作業が続き過ぎるので飽きてきました。早く組みたてたい気持ちが湧きあがってきたので、まだ一部の部品が出来てないですけど組みたて始めます。1組、組んでみました。橋脚の繋ぎが手前と奥で2mmちがいますので、1つ1つ確認して接着します。 2組、組みました。ちょっとひ弱な感じで、大丈夫?ま、材料がひ弱ですからね。でも、今までペラペラのプラバンや紙を使って、しっかりした橋梁を作ってきたので、 [続きを読む]
  • 惣郷川橋梁モジュールの製作⑪橋脚量産追い込み
  • 最初に習作として組んだ橋脚1組ですが、実は歪んでいます。2つの橋脚を繋ぐサイドの部品ですが、下の部品の長さが上の部品より、0.5mm短いんです。それにより、橋脚の上と下で、1mm以上の差が出ています。これを繋げていくと、どこかでえらいことになってくるはずです。怖いですね〜。早くやってしまいたいけど、正確さが一番大切です。でも同じ作業を続けるのが苦手な私にとってはつらい作業です。 橋脚を含めて、4種類の [続きを読む]
  • 惣郷川橋梁モジュールの製作⑩橋脚量産の状況
  • これが橋脚1組分の部品です。真ん中4本の上下2本づつは長さが2mm違います。これをとりあえず10組作らんと始まらんのです。こたつの上はぐっちゃぐちゃ。かたずけながら・・・ってことが出来ない性格なんで、嫁さんにも呆れられてます。とにかく1日1個でも多く作らんと! 「にほんブログ村」に参加しています。記事が気に入っていただけたら、 していただけると幸いです [続きを読む]
  • 惣郷川橋梁モジュールの製作⑨橋脚の量産体制
  • 土台を製作した時に、違う材料ですが同じ長さの棒をR3000の内側と外側に貼りつけました。その時の内側と外側の差がこれ!丁度2センチの差が出ています。90センチで橋脚が約10本。1本で2mmの差をつければ、スムーズにR3000に沿えるはず。橋脚を繋ぐサイドの部品は、長さが2mm違うものを2種類製作する必要があります。一気に部品を必要分作って1つづつ修正した後、一気に組み立てる方法を取ります。今でこ [続きを読む]
  • 惣郷川橋梁モジュールの製作⑧部品の量産
  • カッターナイフは、最初デザインナイフを使っていたんですが、軽いこともあり、真っすぐカットしているつもりなのに斜めになったりしていました。太いカッターは、向いていないと思っていましたが、5mm厚以上の材料は太い方が正確にカット出来ると知りました。手首も疲れにくいです。 量産していかないといつ完成できるかわからないので、同じものを一気に作ろうとするんですけどね。寒いので、ついこたつに入ってやってしま [続きを読む]
  • 惣郷川橋梁モジュールの製作⑥橋脚のくつ
  • 橋脚の根元の部分で、基礎に乗っかる所です。材料は、2mm厚のバルサ材です。バルサは、カットしている最中に、割れたり欠けたりしやすいので注意が必要です。簡単に作ってみたものを橋脚の根元に嵌めてみました。こちらは、15mmx2mmの檜棒で作ってみた。欠けけたりはしないが、切断が面倒。橋脚にはかせてみた。左がバルサで、右がヒノキ棒です。はかせて裏から見た所。何かブーツを履いてるみたい。最後に接着面は隠しま [続きを読む]
  • 惣郷川橋梁モジュールの製作⑤土台続き
  • 作業員通路の基礎になる5mm檜棒に、曲げ癖をつけて外側に貼り付けます。その上に5mmx2mmのアングルを取り付けます。その外側に通路の基礎を取り付けました。2枚を繋げると1,8m以上はありますが、橋脚が完成してから切断するつもりです。橋脚の材料には悩みました。檜棒は切断が大変だし、使い慣れているプラバンは箱の様に組むのも面倒だし・・・結局、前回通りスチロールボードを使う事にしました。 「にほんブロ [続きを読む]
  • 新モジュールの製作④橋脚の設計図
  • 橋脚は、画像から各部の寸法を割り出して、そこからディフォルメしています。R3000という緩やかなカーブを描いていますが、それでもカーブの内側と外側では寸法が狂ってきます。サイドの図面は外側の寸法ですので、内側は現物合わせになります。そこも面倒な所の1つなんですが、この橋脚の美しさの1つはカーブである所ですので仕方ありません。橋脚の基礎部分も前後にカーブがついているので、どう作ろうか、材料はどうする [続きを読む]
  • 新モジュールの製作③橋梁の計画
  • 簡単に図面を書いてみました。橋脚は、3本1組で6組あります。限界までディフォルメしたとしても6組並べるとモジュール自体が2mを超えますので、何とかイメージ を損なわないように、5組で行きます。前回は台枠を先に作って失敗したので、今回はまず橋梁を完成させてから台枠を作りたいと思います。海側が真っすぐの方が良いのか山側をもっとスペースを取った方がいいのか、橋梁を作ってから考えます。上のR1500と書 [続きを読む]
  • 新モジュールの製作②橋梁の土台
  • 新モジュールは実物の橋梁をモチーフにして製作していきますが橋梁の名前は、製作の進行と同時に明らかになってきます。もう分かっている方もおられるでしょうし、最初は伏せておきます。こちら、直線ならまだ楽なんですが、このカーブが厄介なんです。唯一残っている橋梁の土台部分です。ちなみに実物のカーブはR600m。HO換算でR7500mm。それは無理なんでR3000mmの緩いカーブにしています。リビングの目地 [続きを読む]
  • 新モジュールの製作①橋梁の構想
  • またまた悪い癖が出てきました。津留花芽モジュールの改修をやってる最中に、他の事を思い付いたらもう津留花芽モジュールはどっかに行っちゃうんですよね5年前に画像を見て一目惚れした橋梁があるんです。すぐ製作を開始したのですが、長さが190mあるんです。1回目は、ファインスケールで2分割で計画しましたが、橋も海も不自然なく結合できるか自信がなくて挫折。2回目は、橋をディフォルメして台枠を1本にしてみたので [続きを読む]
  • 津留花芽高原鉄道モジュールの修復③雑草
  • 左側のトンネル入り口。経年経過で剥がれていくのか?何か白い所が目立ってきたので草を植えていきます。何種類かの材料を自然に見えるように植えていきます。右側のトンネル入り口。最初からそんなに植えて無かったのかな。覚えてないです。雑草であろうが、緑が増えると情景が活き活きしてきますね。津留高原駅の回りは、菜の花畑になっていて、黄色がアクセントになっています。菜の花畑の近くにも草を増やしました。 材料は、 [続きを読む]
  • 津留花芽高原鉄道モジュールの修復②
  • ホテルの横の針葉樹は、天の川橋梁のモジュールの樹木が足りなかったのでそっちに移設しました。針葉樹のキットは、NゲージJR狩伊奈線のレイアウトにほとんど使ってしまったので、でかいやつばかりしか残っていませんでした。根元の先をニッパーで尖らして抜いた穴に差し込みます。ホテルより背が高いので、収納時には樹木を抜かないと収まりません。 立ってる人から見た樹木。少し離れて見た所。手前の車両は名鉄モ510 [続きを読む]
  • 津留花芽高原鉄道モジュールの修復①
  • HOの超小型レイアウトである、津留花芽高原鉄道のモジュールバージョンです。幅45cmのモジュールをどう目立たせるか考えた時に、やはり「高低差」というキーワードが頭に浮かびました。それなら本線を上段にあげて、その下段に、単体で遊べるレイアウトを作ったらと考えました。本線は直線ではなくて、30度のR550です。製作してからすでに3年たち、破損が目立ってきました。今回の合同運転会には、そういう理由で持ち [続きを読む]
  • HNモジュールクラブ合同運転会⑦車両たち
  • hatagさんがフルスクラッチで製作された一畑電鉄の綺麗な電車。 9600が貨車を引いていますが牛みたいな鳴き声が聞こえます。引いてる貨車に家畜を乗せているらしいのですが、牛を見えるようにしたら、見た目で納得できるのにもったいないな。 長駅モジュール作者所有のナロー風気動車?味がある風景ですね。いくらでも見ていられます。kotaさんののうすべる機関区で休む、たぶんカツミの弁慶号。ジャンク品で手に入れられたと [続きを読む]
  • HNモジュールクラブ合同運転会⑥気になるシーン
  • kdさんのキャニオン駅のモジュール。カメラマンとレポーターですよね。岩場の上で、何かの撮影?岩盤の色が全体にオレンジ系でありながら、自然な色合いですね。hatagさんの川上村のモジュール。以前踏切のモジュールだったのを自作の農家と畑と小川を配置して農村風景を作られました。柿の木が何とも良い感じですね。EF65が押しているのはカメラカー?どこで誰がモニターで見ているかと目で追ったら、ブルーメンタール駅のh [続きを読む]
  • HNモジュールクラブ合同運転会⑤HN北九州
  • HN北九州から一人参加のisaさんのオーバルモジュールです。約5,5m x 2,2mという、畳でいうと8畳のでかいサイズを12分割にして、一人で車で運んで来られました。大変・・・ もちろん組みたても大変です。何人か手伝いに回られていましたが、結局2時間ぐらいかかりました。一応1つ1つがモジュールですので、わかる範囲でご紹介します。2011年に、築堤のモジュールとして初参加した作品です。1枚1枚プラ板 [続きを読む]
  • HNモジュールクラブ合同運転会④HN東京続き
  • HN東京のブログですごく気になっていたのが、勾配のある鉄橋でした。実際に見たくてしょうがなかったのですが、HNモジュールの規格に合ってないので参加されないと思い諦めていたのですが、出会えました!3つのモジュールがÝ型に繋がっていますが、根元に位置するのが馬返し湯本というモジュールです。昔のケーブルカーとの連絡駅みたいです。右のモジュールへは16,5mmの線路、左の大鉄橋へは13mmとの3線共用の線 [続きを読む]
  • HNモジュールクラブ合同運転会③HN東京
  • 同じ鉄道ブログ村に参加されているHNモジュール東京クラブのブログは、よくチェックさせてもらっています。運転会も結構回数を重ねていてモジュールの台数も多いですね。画像では見ていたので、実物を見るのをすごく楽しみにしていました。想像以上に良くできたモジュールばかりで、嬉しかったです。 kdさんのキャニオン駅のモジュールです。アメリカ型がお好みのようです。一番手前の線には、別のモジュールから続く12m [続きを読む]
  • HNモジュールクラブ合同運転会②新モジュール
  • 分岐のブルック駅では、今回の合同運転会を祝してセレモニーが行われているようです。風でたなびく国旗は自作?秋名駅横に、タクシーの車庫が出来ていた〜。前、無かったよね?nakaさんの京都もみじ線です。hatagさんのHとnakaさんのNでHNモジュールになったとか。彼はお客さんの要望でジオラマを製作する、プロ製作者の方です。 私もこんなモジュールを作りたかった。でもこんな素晴らしい景色が作れたとは思えないです。 前 [続きを読む]