nakaみかん さん プロフィール

  •  
nakaみかんさん: 鉄道模型のレイアウトは楽しい!
ハンドル名nakaみかん さん
ブログタイトル鉄道模型のレイアウトは楽しい!
ブログURLhttp://www.mokei-tetsudo.com/blog/
サイト紹介文HO,Nゲージの小型レイアウトやモジュールの製作記を通じてレイアウトの楽しさをご紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供221回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2016/09/01 23:23

nakaみかん さんのブログ記事

  • メンバーの作品2 NEW!
  •             2takasさん長(おさ)駅のモジュール桜の木は、市販品に手を加えられていますので、いかにも桜という感じでいいですね〜。広ーい構内と低いホームが超ローカル線の軽便をイメージさせます。いくらでも見ていられる情景です。透明度抜群の池もあります。kdさん(HN東京)キャニオン駅のモジュールkdさんのキャニオン駅のモジュールです。アメリカ型がお好みのようです。一番手前 [続きを読む]
  • HO紅夜鉄道の製作⑮蒸気機関区線路敷設
  • 転車台を回す時はこんな感じで掴んで回します。全然スマートじゃないですけどね。電動にする力量がありません。接着に使った両面テープの白が目立ちますので、塗装します。手元にあったジャーマングレーで塗装します。線路を順に固定していきます。カチッカチッと止まる所が60度毎ですので、線路がこれだけしか敷けません。これじゃ全部の機関車を置けないぞ。よく考えたら手動なんで、別にカチッと決まらなくても30度毎に転車 [続きを読む]
  • HO紅夜鉄道の製作⑭ターンテーブル埋め込み
  • 台枠をひっくり返します。転車台を面一ではめ込む為に、7mm厚のスチロール板に同じ大きさの穴を開けて、台枠の穴に合わせて接着しました。転車台の底の部分を、10mmのスチロール板をカットして、貼り付けました。台枠の高さと1mmの差が出ますので、さらに1mm厚のプラバンを貼り付けました。表に戻した所です。うまくはまるのか、ドキドキです。無事、面一ではまりました。留置線路を停止位置に置いてみました。6 [続きを読む]
  • HO紅夜鉄道の製作⑬ターンテーブル
  • プラレールの転車台を土台に埋めこんで、蒸気機関区を作ります。500円もしない所詮おもちゃですが大変良く出来ています。HNモジュールのメンバーで、瓶入りコーヒーの蓋を利用して、電動ターンテーブルを作った方もいるのですが私にはそんな技術力もそこまでの気力も時間もありません。転車台の回りが坂になっているので、このままでは線路が敷けません。0,5mm厚のプラバンを切り抜いて、坂の上に貼り付けて平坦にします [続きを読む]
  • HO紅夜鉄道の製作⑫線路敷設完了
  • 曲げぐせがついた線路ですけどそれでもR160はきつすぎる。緩和曲線がないので、直接直線から曲線に接続します。一応本線の線路は敷設完了です。では試運転を行います。試運転で、キハ10を連結して走らせてみると。前のトレーラー車が脱線しました。短くても緩和曲線が必要だったなぁと思いながら、直線を少し曲線の方に曲げてみます・脱線せずに通過しました。線路を敷くだけで終わりではないんですね。最低、脱線せずに走 [続きを読む]
  • HO紅夜鉄道の製作⑪駅構内の線路
  • 駅構内は、Yポイントから分岐した行き違いの線路を固定します。これは、家を建て替えた時に積水ハイムに貰いました。部屋の壁のフックセットに付いていた、プッシュマジックというもの。細い釘を、簡単に押し込む器具です。釘の頭に、先が筒になっているプッシュマジックを合わせます。それほど力を入れなくても押し込めます。細い釘でも真っすぐに打ち込めるすぐれものの器具です。どっかで売ってるのかな。 駅構内のカーブは [続きを読む]
  • HO紅夜鉄道の製作⑩ヤード完了
  • ヤードの線路の敷設完了。4本とも、ほぼ同じ長さになりました。固定は数本の釘で簡単に留めました。車止めは、透明の画鋲です。このアンカプラーの良い所は、貨車同士、客車同士でも自動開放ができる所です。この開放したままで機関車をバックさせると、機関車はポルシェを乗せた貨車だけ引いて行きます。 でも、ピンや高さの調整とかが必要で、いつもうまくいくとは限りません。 「にほんブログ村」に参加しています。記事が気 [続きを読む]
  • HO紅夜鉄道の製作⑨ヤードポイント
  • 枕木中央部をカットして、 永久磁石用のスペースを作りました。 永久磁石をはめ込んだ所です。レール面から0.5mm程度低いですが、動作には影響なさそうです。篠原のフィーダー線路です。以前、日本橋ボークスで見つけて購入しました。ポイントは3か所のみで固定しました。ポイントの穴の開け直しをしました。ヤードの4本のポイントは固定完了しました。ポイント操作を「神の手」でするか、手動遠隔操作にするか、まだ迷って [続きを読む]
  • HO紅夜鉄道の製作⑧ヤードと穴
  • ヤードのポイントは4つあります。万一の為に、穴も4つ開けます。 こういう穴を開けるのは、大変めんどくさいので苦手です。やっと4個開けた〜。 ポイントを並べて繫げたら、こうなる事は予想で来たはずなのに・・・。ばかですね〜。どちらのポイントにも、4〜5cmの短い線路を挟む事になるのでここにアンカプラー用の永久磁石を挟みこむ事にしました。 この先4本の線路に分かれるので、2個の永久磁石で自動開放連結を実行 [続きを読む]
  • HO南部循環鉄道キハ10コンビ誕生
  • アマゾンで商品を購入しました。在庫が残っていたので、翌日に到着しました。手続きはパソコンで数分でした。便利な世の中になったものです。トミックスの南部循環鉄道のキハ10形で新品です。当社の主力車として、以前より頑張ってくれている同じキハ10形は持っているのですが、最近不調だったので、もう1台欲しかったんです。元車は分解して、モーターやシャフト、ウォームギア等は外しました。今後は、トレーラーとして、 [続きを読む]
  • HO紅夜鉄道の製作⑦Sカーブ
  • 犬釘が無くなったので、ホームセンターでこびょうという細い釘を購入しました。便利グッズで、着磁器といいます。着磁と脱磁の穴があり、ペンチの先を着磁の穴でこすると、磁石になります。釘がペンチから離れないので、作業が進みます。色が銀色なので、良い感じ。駅の反対側は、Sカーブ。もう少しきついカーブでも良かったかな。篠原のレールカッターで切断。やすりで返りを削ります。 すぐ運転できるという運転重視のレイアウ [続きを読む]
  • HO紅夜鉄道の製作⑥線路敷設開始
  • すべてピィコのフレキシブルレールの100番です。今まで作ったレイアウトやモジュールの残りの切れ端や、引っぺがした分がこれだけありますので、これを使います。カーブ部分は、当然曲げ癖がついたレールを使用します。電動ミニルーターの先に、0.5mmのドリルを取り付けて固定穴を開けます。犬釘を押し込んで固定します。線路を抑えて順に固定していきます。曲げ癖が付いているので、比較的簡単に出来ます。 左側の曲線を取 [続きを読む]
  • HO紅夜鉄道の製作⑤丸い穴
  • やっぱり手強かった。それで、裏からも攻めることにしました。なんと中桟材に引っかかっていたので、一部カット。両面からいくらカットしても手ごたえが感じられないので、三角形にカットして、ペンチで無理やり引っぺ返す、強硬手段に出ました。両面からカットしたおかげでペンチで無理やりひっぺがしても、変に割れる事なく、綺麗に円にカット出来ました。さあここからどうしましょうかって、色々考えている時が一番楽しいのか [続きを読む]
  • HO紅夜鉄道の製作④台枠
  • 5mmのベニヤ合板だけでは、線路を固定する犬釘が裏から飛び出るので、簡単に台枠を製作します。外周材には、15mmx10mmのバルサ材を使用します。軽いし柔らかいので加工がしやすいです。釘を使わず、木工ボンドのみで接着します・外周材は完了しました。中桟材は2本だけ接着します。木工ボンドを十分乾かすとかなりしっかりした台枠になりました。コンパスカッターを使用して、ターンテーブル用の穴を開けます。只、厚紙 [続きを読む]
  • HO紅夜鉄道の製作③けがき
  • 並べた型紙をなぞって、サインペンでけがいて行きます。中心線は濃い目で。曲線を外側に出来る限り寄せてみたので、ずれてしまいましたがこの時点では問題なし。駅のスペースが増えて嬉しいです。左側の部分、けがき終わりました。緩和曲線は、駅スペースが短くなるので、今回は使いません。駅構内のカーブは、ピィコの小型ポイントと同じR610にしました。右側もけがき終わりました。前回の最後の画像のようにターンテーブルを [続きを読む]
  • HO紅夜鉄道の製作②プラン
  • 土台がベニヤなんで、紅夜鉄道と命名しました。工作用紙で作った型紙を使って考えたプランです。手放しで走らせたいといっても、やっぱり行き違いの駅はほしい。イメージを固めたいので、車両を置いてみました。まず、車両を編成にして並べてみて、順番に走らせたいですね。リバースは、運転が複雑になるので、やめました。 ヤードには開放ランプを取り付けて、自動開放、連結も楽しみたいです。とにかく、基本は走り板なので、す [続きを読む]
  • HO 簡易走行板の製作
  •  以前、HOの組立鉄道という物を作りました。(HP参照) ベニヤで作ったカーブ部分2枚と直線部分2枚を繋げると 即席のレイアウトができるという物でした。 しかし、その後のレイアウトやモジュールの製作でその線路を 使用しましたので、もう現物はありません。 HOのミニレイアウトも、知人宅に遊びに行ったきり、戻ってきません。 おかげで新春のHO車両の走り初めは、天の川モジュールでの 往復運転でした。 H [続きを読む]
  • つぼみBテンダーの塗装
  • 先日鉄道博で購入したBテンダーですが、比較的外見は綺麗でした。でも何か所か剥げてる所があったので、艶消し黒で塗装しました。 古い方も塗装しようとボデイを外したら、なぜかボイラー部が外れてしまいました。それより2両を比べてみると、モーターへの配線が逆になっています。市販されていた商品なのに何故?塗装して美しくなったBテンダー。4、50年前の車両とは思えません。走行も、購入先の店主のメンテのおかげで [続きを読む]
  • 天の川峡谷モジュールの更新
  • ホームページ内の、天の川峡谷モジュールの内容を更新いたしました。途中で何度も行き詰って、製作に1年以上かかったモジュールです。橋梁も3枚重ねの紙製です。時間はかかりましたが大変頑丈に出来ました。自分の頭の中にある情景を思い通りに作っていくのは大変ですが、その分出来上がって車両を走らせた時の喜びは言葉で表せようがないぐらい嬉しいです。ちょっとホームページを覗いてもらったら嬉しいです。 「にほんブログ [続きを読む]
  • マグネマティック・カプラー自動開放
  • つぼみのBテンダーに取り付けたマグネマティック・カプラーが、正常に機能するのかテストします。まず、貨車と連結させます。開放ランプと呼ばれる磁石の上で停車させます。 ここで機関車をゆっくり動かすとカプラーの開放ピンが外側に動いて、カプラーを開放します。例えば、貨車をバックで押し戻して貨車の入れ替えをする場合はそのまま機関車をバックさせると連結しないかみ合わせになります。 そのまま押し戻して、任意の所 [続きを読む]
  • マグネマティック・カプラー取付け
  • 今まで以上に忙しい店に急に転勤になりまして帰宅も遅くなりますので、帰宅後に工作ができるか、現状では難しいと思います。その分、休日にはできる限り更新を行います。先日鉄道博で購入したつぼみのBテンダーに、マグネマティック・カプラーを取り付けました。HO用のNO.5です。後ろは既製品のまま取り付けができましたが、既存の穴を使ったので、動きは微妙です。前方のカプラー穴が小さいので箱部分を可能な限り削って取 [続きを読む]
  • 鉄道博2018④ ブース
  • 「笑神様は突然に」鉄道BIG4の南田裕介さんのトークショーをやってました。その中で、ジョイサウンドの鉄道カラオケについてお話されていました。これがジョイサウンドの鉄道カラオケで、運転席からの車窓を見ながら車掌さんになりきるというものです。セリフは画面に出てくるんですが、急に英語バージョンになるんで、ちびっ子にはついていけません。 鉄道会社によるグッズの販売コーナーです、若桜鉄道、能勢電鉄、いすみ鉄 [続きを読む]
  • 鉄道博2018 プラレール・ワールド! 
  • 亀鈴プラレールクラブこまちさんという三重県で活動されているクラブとの事です。あちこちのイベントで開催されてるそうです。 手前の3線が重なっている所で車両の切り替えができるようで、ちびっこが夢中になっています。手前の4線は、車両持ち込みが可能となっているようです。橋の所の線路はでこぼこになっていて、車両をユラユラ揺らし乍ら走っています。 ここで持ち込み車両を乗せたら、他の線に簡単に移れますね。 4線の [続きを読む]
  • 鉄道博2018 気になるレイアウト
  • 入って最初に目につく、エルマートレインの巨大レイアウトです。HOサイズの編成物は迫力あります。複線のレイアウトが2つずらして重なっているプランです。山線は、のどかな風景からトンネルを抜けて駅に続いています。高架の駅は、透明のドームで蔽われています。ちびっこは駅に車両を止めようと四苦八苦しますが、スピードが早いのでどうしても通り過ぎてしまいます。地表線の内側は、美しいヨーロッパの街並み。こちらの線路 [続きを読む]
  • 鉄道博2018 ①
  • 今年も大阪城北のビジネスパークで鉄道博が開催されているので、行ってきました〜。南海電鉄の新今宮駅で乗り換え。泉北高速5000系、パチンコアローの薔薇のラッピング車です。環状線に乗るのも、昨年の鉄道博以来なので、1年ぶりです。大和路線にはまだ201系が頑張っています。 関空特急のはるかが通過して行きます。梅田貨物線から環状線に入り新今宮手前で大和路線に転線し、天王寺で阪和線に入って最後に空港線へ。むり [続きを読む]