noctiluca さん プロフィール

  •  
noctilucaさん: 浪漫の騎士
ハンドル名noctiluca さん
ブログタイトル浪漫の騎士
ブログURLhttps://noctiluca94.blog.fc2.com/
サイト紹介文宝塚歌劇と共に30年(ブランクあり)。月組比重高めの全組観劇派。珠城りょうさんを応援しています。
自由文宝塚歌劇観劇記録・考察・思い出話・備忘録などをまとめたブログを書いています。
たまに展覧会の感想、読書記録なども有。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供174回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2016/09/03 00:51

noctiluca さんのブログ記事

  • 珠城りょう×月城かなとで『雨月物語/菊花の約』が観たい【妄想劇場】
  • 以前、非ヅカファンの友人に星組『桜華に舞え』について話したときのこと。「ラストは主人公の桐野利秋が生前からの約束通り、蛍になって戻って来るんですよ」「『雨月物語』の『菊花の約』みたいですね」確かに!再会の約束を守るため、霊魂となって懐かしい人のもとを訪れる男。オーソドックスなモチーフではありますが、やはり心を打たれます。久々に原文を紐解いてみたところ…これ、月組にぴったりじゃない?凄まじくも美しい [続きを読む]
  • 誕生日プレゼントは『エリザベート』観劇旅行
  • 誕生日に連れ合いが宝塚旅行をプレゼントしてくれました。これまでも旅行のプレゼントはありましたが、宝塚観劇メインの旅は初めて。しかも、大好きな珠様(珠城りょう)率いる月組の『エリザベート』。嬉しい!贈られたチケットはSS席の2列目。こんなに近くで『エリザベート』を観るのは初めて。ドキドキを通り越し、ふわふわ夢見心地。幕開きからハプスブルクの亡霊たちのコーラスの迫力に圧倒されます。幾重にも重なる分厚い音 [続きを読む]
  • 齋藤吉正×藤井大介!月組に最強の布陣が来た!│夢現無双
  • 来春の珠様(珠城りょう)とさくらちゃん(美園さくら)のお披露目公演の演目が出ましたね。お芝居は、グランステージ『夢現無双 ‐吉川英治原作「宮本武蔵」より‐』 脚本・演出/齋藤吉正。ショーは、レビュー・エキゾチカ『クルンテープ 天使の都』 作・演出/藤井大介。齋藤吉正×藤井大介!月組に最強の布陣がやって来た!!生徒さんひとりひとりの魅力を最大限に引き出してくださる齋藤先生。宝塚が掲げる愛と夢を具現化する [続きを読む]
  • 月組に、いい風が吹いている│エリザベート
  • 月組『エリザベート』開幕からまもなく一週間。いつもならせっせと感想を書き綴っているところですが、なぜかそんな気が起きません。頭がいっぱい、胸もいっぱい。さまざまな感情や考えが浮かんでは消え、まったく気持ちの整理がつきません。有り体に言えば、すっかり圧倒されてしまったのですね。今の月組が生み出す『エリザベート』の世界に。MY初日に感じたのは、とても堅実で高品質な舞台であったこと。月組は誰か一人が突出す [続きを読む]
  • 500記事達成!礼真琴&BADDY強し!アクセスランキングTOP10
  • 2016年のレビュー記念日に始めて、ほぼ丸2年の当ブログ。ついに500記事を達成しました。飽きっぽく、日記の類は続いた試しのない私ですが、ここまで来れたのもひとえに大好きな宝塚のおかげ。なにより、貴重なお時間を割いて読んでくださる皆さまのおかげと深く感謝しております。いつも本当にありがとうございます。* * *500とはいえ、そのうちの100は下書き状態なので、実際は400本ほどでしょうか?400記事中、アクセスラン [続きを読む]
  • 久々の聖地巡礼!宝塚大劇場月組『エリザベート』公演メニューレビュー
  • 月組の『エリザベート』を観に、本拠地宝塚大劇場へ行ってまいりました。初日の金曜日は台風の接近でハラハラしましたが、翌土曜日は爽やかな夏の空。大劇場を訪れるのは前回の月組公演『カンパニー/BADDY』以来、半年ぶり。伊丹空港がすっかり綺麗になっていて驚きました。到着フロアのソファがミナペルホネン!イエローのタンバリン柄がとっても可愛い!可愛すぎて座るの忘れた…今週末また行くので、座り心地を確かめてきます [続きを読む]
  • 凱旋門/Gato Bonito!!個別感想│望海/朝美/朝月/永久輝/綾/陽向
  • <凱旋門>深く胸にしみとおる物語。虚しく救いがないストーリーの中で、わずかな光はハイネ(朝美絢)とユリア(彩みちる)の若いカップル。そして、ゴッホを愛する青年ローゼンフェルト(永久輝せあ)。極限状態に置かれても、愛や美を守ろうとする人間の善なる一面が垣間見られ、心に残った。仄暗い舞台、儚いシャンソンに乗せ、終始ゆったりしたペースでの進行だったが、シュナイダー(奏乃はると)の登場あたりから急速に物語 [続きを読む]
  • 轟悠のラヴィックについて。彼の選択は正しかったのか?│凱旋門
  • 医師であり、命を救うべき立場であるラヴィック(轟悠)。メスで人の命を奪うことはなかったが、別なところで故意にふたりの命を奪った。仇敵、シュナイダー(奏乃はると)を。そして、愛するジョアン(真彩希帆)を。シュナイダーに対する動機は明確で、ただ復讐のため。しかし、ラヴィックがなにゆえジョアンの命を絶ったかは、はっきり説明することはできない。愛する女が撃たれ、死の床にいる。助かる見込みは到底無い。ジョア [続きを読む]
  • 愛する男(伊佐次)を失った卯之助とおしまの行く末は?│長崎しぐれ坂
  • ちゃぴちゃん(愛希れいか)出演作、掘り起こし感想の続き。ずいぶん長い間寝かせていたので、改めて読み返すと当時はこんな風に感じていたのか、と新鮮な気持ち。昨年5月の博多座公演『長崎しぐれ坂』のDVDを観た感想です。* * *改めて映像で観ると面白いですねー。もちろん劇場で観た時も面白かったですが、初博多座+月組+珠様(珠城りょう)のトリプルコンボで浮かれ過ぎ、物語に集中してたかというと怪しい…基本的に舞 [続きを読む]
  • 笑っちゃうくらい心地いい!望海風斗の美声に酔う│凱旋門
  • 巧いです。だいもんさん(望海風斗)の歌、「巧い」以外の言葉が見つかりません。心地よさに脳がリラックスし、思わず笑いがこぼれるほど巧い。技術はもちろんのこと、とにかく声がいいんですね。幾度となく聴いているはずなのに、毎回改めて「いい声だなぁ」と新鮮な感動を覚えるのです。なにより素晴らしいのは、雪組トップコンビはふたり揃って巧いこと。真彩希帆ちゃんはとにかく声が美しい。南国の花のようにあっけらかんと明 [続きを読む]
  • 宝塚音楽学校の歴史を学ぶ―すみれミュージアムへ行って来た!
  • データを整理していたら、宝塚100周年の頃の日記が出てきました。2014年初夏、当時の雪組トップコンビ壮一帆さんと愛加あゆさんの退団公演『一夢庵風流記 前田慶次/『My Dream TAKARAZUKA』で大劇場を訪れたときの記録です。ずっと行ってみたかった『すみれミュージアム』にも。遠征はどうしても観劇中心になるため、なかなか機会がありませんでしたが、ようやく叶ったのです。想像以上に見応えがあり、隅々まで満喫しました。劇 [続きを読む]
  • 新人インストラクターはタカラジェンヌと同姓同名!
  • お盆休みも折り返し、皆さまいかがお過ごしでしょうか?東京は一日中、乾いた爽やかな風が吹いてましたね。明らかに昨日までとは違う秋の気配にホッとするやら、寂しいやら。来週のムラ遠征には夏のワンピースで行くつもりでしたが、ひょっとして時季外れ?台風も心配ですね、こまめに情報を確認したいと思います。* * *休暇中にたるみきった体に活を入れようと、久々にジムへ足を運んだ私。ふと目をやった掲示板のスタッフ一 [続きを読む]