Nimu200x さん プロフィール

  •  
Nimu200xさん: 懐古ゲー好きブログ
ハンドル名Nimu200x さん
ブログタイトル懐古ゲー好きブログ
ブログURLhttp://kaikogamer.hatenablog.com/
サイト紹介文レトロゲームはお好きですか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/09/03 08:53

Nimu200x さんのブログ記事

  • ナムコの鉄拳、セガのバーチャファイター、コナミの『武戯』
  • 武戯:プレイステーション格闘ゲームに一番必要な物は何だと思いますか?攻撃を当てた時の爽快感?熱い駆け引きが可能なシステム?好みは人それぞれですが、まずやっぱキャラの魅力でしょう!…という事を納得させてくれるのがこの『武戯』です。それなりの操作レスポンス、グラフィック(当時にしては)を誇りつつも鉄拳やバーチャファイターのような一線級となれなかったこの不遇な格闘ゲームにスポットを当ててみましょう。 コナ [続きを読む]
  • 実写版ガンダム大地に立つ!!『GUNDAM 0079 THE WAR FOR EARTH』
  • GUNDAM 0079 THE WAR FOR EARTH:プレイステーションマンガやアニメの実写化が溢れている現在。ほとんどの実写化作品の評価は、散々たるものですが、人はなぜ実写化という禁断の果実に手を出してしまうのでしょうか?その禁断の果実の中にも光る物があるのは、間違いないと思うのですが、少なくとも、ガンダムの実写化は、光る物にならなかったようです。歴史に埋もれた実写版ガンダムとは一体どのような物だったのでしょう? ガン [続きを読む]
  • 『卒業R』実写+ギャルゲー=危険度MAX
  • 卒業R:プレイステーション洗剤のパッケージとかで"混ぜるな危険"という表記がありますよね?ゲームのジャンルでも混ぜると危険な物があります。「実写」と「ギャルゲー」です。実写というだけで、敬遠されがちなのに、さらにギャルゲー要素を足してみる…。そんな危険な賭けにでた(結果:惨敗)勇者とも言えるゲームを紹介しましょう。 育成ゲームの王道「卒業」シリーズプリンセスメーカーを筆頭とするいわゆる育成シミュレーショ [続きを読む]
  • GS(ゴーストスイーパー)美神 除霊師はナイスバディ
  • GS(ゴーストスイーパー)美神 除霊師はナイスバディ:スーパーファミコン椎名高志原作の漫画「GS美神極楽大作戦」のアニメ版を原作として、アクションゲームがスーパーファミコンに登場。ボディコンセクシー除霊師”美神令子”が全8ステージを暴れまわる。サブタイトルの"除霊師はナイスバディ"が気になるところですが…。スーファミで極楽に逝かせてあげるわ!題材となっているのは、かつて日曜の朝8:30分というお子様ゴールデンタ [続きを読む]
  • 『ストライダー飛竜』そして『ストライダーリターンズ』
  • ストライダー飛竜:アーケード未来型忍者アクションの定番『ストライダー飛竜』。当時、そのグラフィック、演出に度肝を抜かれた方プレイヤー多数。海外では、Strider(ストライダー)の名で人気を博している本作。様々な機種に移植され、シリーズは『ストライダー飛竜』『ストライダー飛竜2』『ストライダー飛竜(初代と同名の新作)』と、計3作リリースされています。‥と思われがちですが、1と2の間にストライダー飛竜シリーズ不 [続きを読む]
  • バトルロイヤル将棋『4人将棋』
  • 4人将棋:スーパーファミコン4人でやるボードゲームと言えば?人生ゲーム?やっぱり麻雀?懐かしいところでチクタクバンバン?いや!4人将棋でしょうよ!え?4人将棋を知らない?そんな人の為に存在する唯一の4人将棋ゲーム『4人将棋』。さあ、スーファミ片手に4人将棋の門を叩いてみましょう。 4人将棋って聞いたことない?あまり聞き馴染みがないかもしれない競技ですが、その歴史は1993年、当時島根県平田市の市町であった太田 [続きを読む]
  • 『蛭子能収の大穴競艇』このゲーム自体の大穴感が凄い。
  • 蛭子能収(えびすよしかず)の大穴競艇:プレイステーション マンガ家というより、もはやタレントとして有名な蛭子能収さん。そんな彼が監修する競艇ゲーム『蛭子能収の大穴競艇』。せっかくのタレントゲームなのに、蛭子さんの姿がほぼ見当たらない!蛭子さんは一体何処に? 蛭子さんと競艇競艇といえば、日本で認められている公営ギャンブルのひとつであり、所謂ボートレースの着順を予想するギャンブルです。蛭子さんが3度の飯 [続きを読む]