のりさん さん プロフィール

  •  
のりさんさん: 誰でも分かるExcelVBA
ハンドル名のりさん さん
ブログタイトル誰でも分かるExcelVBA
ブログURLhttp://excel-vba-lesson.seesaa.net/
サイト紹介文Excel初心者がVBAに挑戦します VBAを使いゲームを作ってみようと思う
自由文VBAが少し理解できると次はVBAを使ったゲームが出来たら楽しいだろうなと思ったわけです。
初心者の私がVBAをどこまで理解できるか、そしてゲームが本当に作れるのか、これからのその挑戦を記録します。
さあ 'のりさん' の挑戦がはじまります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/09/03 08:55

のりさん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • Excel マクロを使う(ファイルリストを作成する)
  • 使ってみると意外と簡単 Excelマクロ普段の業務で新しいファイルを作りそれを特定のフォルダに保存します、そうしてどんどんファイルが溜まってくると作ったファイルをどこのフォルダに保存したのか分からなくなって困った経験がありませんか。作成したファイルを整理して保存したフォルダ内のファイルリストを作成するマクロを作ってみましょう。マクロを使えばフォルダの指定をするだけでファイルリストは一瞬にして作ることが出 [続きを読む]
  • ExcelVBAで年賀状の宛名印刷をする
  • 年賀状の宛名印刷をExcelを使い自動化する日が短くなり仕事からの帰り路はもう暗くなっている、この時期になると年賀状を書くことが気になり始める。最近は年賀状作成ソフトが出回っていてそれを使えば簡単に作ることが出来る、だから暮れが押し迫って来ても悩むことはないかもしれません。でも手作り感にあふれるオリジナルな年賀状を作ろうと思えばソフトなど使わない方が味のあるいい物が出来るのではないだろうか。手書き年賀 [続きを読む]
  • もぐら叩きゲームのプレイ
  • ゲームをプレイするマウス を一回毎に抑制するためにFalseを設定します  Application.EnableEvents = Falseイベントプロシージャはこのプロパティを使わないと動作が不安定になります次の のためにTrueとして を待ちます  Application.EnableEvents = True'---------------------------------------------- マウスの に反応 -----Private Sub Worksheet_SelectionChange(ByVal Target As Range)  [続きを読む]
  • もぐらの出てくるタイミング
  • もぐらの顔を出す時間をコントロールする待ち時間を指定するにはWaitメソッドとSleep関数があるそれぞれを試して特徴を調べてみる①Waitメソッドもぐらを叩いた後少し間をおいて次の場所からモグラを出すためには待ち時間を設定する必要があります時間のコントロールにはApplicationオブジェクトの Wait メソッドを使う方法があります  式: Application.Wait Now + [ 待ち時間 ] 上記は現在時刻から [ 待ち時間 ] 停止するしき [続きを読む]
  • もぐらを出現させる
  • 「もぐら」は不特定の場所に出現させなければならない、出現座標の生成に乱数を使い予測できない位置に出現させることにした○Rnd関数 と Int関数縦座標を変数 R 横座標を変数 C とします変数 R の範囲は3〜13変数 C の範囲は3〜18Rnd関数の 0以上1未満 のランダムな小数を返す機能を使い座標を決める式を作るステージの縦座標は3〜13であり桝の数は11個であるRnd関数で発生した最小0と最大0.99・・・・・を使い式を作ってみる  [続きを読む]
  • 「もぐらたたき」のステージ
  • ○ステージ作成モジュール・ステージの作り方を説明する、セル座標を解かりやすくするためセル指定をR1C1参照形式に変えておく・セルを方眼紙状にするため高さ及び巾をピクセル単位で揃える (Excelはピクセル数で指定することは出来ないのでポイントで指定することになる)セルの高さと巾を同じにするにはピクセルサイズを揃える、VBAではピクセルサイズを直接指定することは出来ないためマウスを使い同じサイズに合わせたときの [続きを読む]
  • 「もぐらたたき」を作ってみた
  • 「仕事の息抜きにちょっとしたゲームが出来たらいいな」に応えるゲームを作ってみたゲームとして定番のもぐらたたきをExcelシートの上で遊びますさっそく新しいブックを開いて始めましょうまず開発タブからVBAEditor を開きます(Excelマクロを始めませんか を参照)①モジュールシートを挿入してにプロシージャ 「ステージ作成」 をコピペします [挿入]→[標準モジュール] Module1シートが表示される'------------------------- [続きを読む]
  • 複数の絵を保存する
  • ○絵を複数保存するキャンバスに書いたドット描画を複数保存するプロシージャを作った描いた絵にタイトルを付けBackupしておき復元の際タイトルを指定することで複数の絵を管理できるようになります図1)タイトルを付けて保存します 図2)複数の画像データタイトル枠に絵の名前を書き次のプロシージャを実行します'---------------------------------------------------------------Option Explicit Dim 保 As Integer, 列 As [続きを読む]
  • キャンバスの消去と保護
  • ○キャンバスを保護する時間を掛けて書いたキャンバスのドット画を誤って書き換わらないよう保護する機能をシートプロシージャに追加してキャンバスシートのCells(5, 27)に"X"がある場合処理を止めるコードを書き加えた○キャンバスを消去する描画の全消去機能を追加した、消去する前に問い合わせダイアログを出し消去の確認をする If MsgBox("画像をすべて消しますか ?", vbYesNo + vbExclamation, "消去確認") = vbNo Then [続きを読む]
  • スクロールの速度を制御する
  • ○動作速度を制御するSleep関数パソコンの環境(CPU速度、メモリ容量等)により動作が早い場合スクロールが一瞬に終わり視認出来ない場合があります"Sleep 関数" を用いて一定の待ち時間を設定することでスクロールの速度を制御しますスクロール速度にWaitメソッドを使い試したがExcelVBAでは1秒以下の制御が出来ない為失敗に終わったいろいろ調べてみると方法は見つかるものでWinAPIをで動作するSleep関数という便利なものを見つ [続きを読む]
  • 絵をスクロールする
  • ○絵を動スクロールする描いた絵を動かしてみるSheetに絵を描くで描いた「キャンバスひまわり.xlsm」を改造して動きを与えてみるスクロールをさせてみよう、右から左へ絵が移動してゆくプロシージャを作った'-----------------------------------------------------------Option Explicit Dim R As Integer 'キャンバス座標 行 Dim C As Integer 'キャンバス座標 列 Dim i As Integer '移動回数 Dim Pr As Integer '移 [続きを読む]
  • キャンバスをマクロで作る
  • ○マクロを使いキャンバスを作成するキャンバスとなる範囲に罫線を引く一連の操作を自動化したマクロを作った、下記のプロシージャ "キャンバス作成" をコピペして実行すれば簡単にキャンバスのシートと画像データシートが出来上がる手順: [開発]→[VisualBasic]→[挿入]→[標準モジュール] と進み表示されたModule1コードシートにプロシージャ "キャンバス作成" を貼り付けるキャンパスシートのカラーパレットは右 でセ [続きを読む]
  • お絵かきExcelまとめ
  • ○新規Bookを開きSheet1にカラーパレットとキャンバスを準備する   →キャンバスをマクロで作る(キャンバスを自動で作ってみた)セルをピクセル単位で高さと幅を合わせる指定セル範囲に罫線を引きパレットとキャンバスを作る   ○シートモジュールにSelectionChangeプロシージャを作るSheet1のシートモジュールを表示する    '- - - - - - - - - イベントプロシージャを作るOption ExplicitPrivate Sub Worksheet_Select [続きを読む]
  • マクロのボタン
  • ○マクロを動かすボタンを付けますシートにマクロを動かすスイッチとなるボタンを貼り付けます[開発]→[挿入]→[ボタン(フォームコントロール)]を と進みボタンをシートに作ります ボタン1の上で右 →[マクロの登録]と進みプロシージャ”データBuckup”を選択しますボタンの名前を'Backup'と書き換えます次に復元のボタンを同様の操作で作ります完成したマウスを するだけでセルの色を変える事が出来たらド [続きを読む]
  • Do〜Loop While
  • ○画像を復元する新たに標準モジュールを挿入してモジュール名を”画像再生”とした作ったプロシージャ”データ復元”のコードを解説する○長整数型(Long)初めて使う変数型 "Long" があります、整数を扱う変数には 整数型(Integer)と長整数型(Long) の二つがあり格納できる整数の大きさに違いがあります 整数型(Integer) -32,768〜32,767の整数 長整数型(Long)  -2,147,483,648〜2,147,483,647の整数カラー情報は8桁の整数情 [続きを読む]
  • オブジェクト変数
  • ○Sheetに名前を付ける初めにキャンバスとして使うシートと画像データを保存するシートの名前を解かりやすく変えようSheet1 を "キャンバス"Sheet2 を "画像データ"シートの名前を変えるとプロジェクトエクスプローラのシート名も変わっているシートの名前を変えてプロシージャを書き直すと次のようになる Sheets("画像データ").Cells(保, 1).Value = 行 Sheets("画像データ").Cells(保, 2).Value = 列 Sheets("画像データ").C [続きを読む]
  • 変数を使う
  • ○式の中で可変する部分を変数に置き換えるくりかえしの行番号を変数に置き換えることで式を一つにすることが出来ます変数を使ったコードを書く前に変数の宣言の構文を見ておこう 変数を宣言する構文  [ Dim 変数名 As データ型 ]    'Dim Dimensionの略、変数を宣言する時に使う    '変数名に使える文字には規制がある      ・英数字・漢字・ひらがな・カタカナ・アンダースコア      ・スペースや記号は使 [続きを読む]
  • プロシージャ
  • ○プロシージャを作るプロシージャにコードを書く前にプログラミングの動作確認をする簡単な方法を紹介するそれは "Msgbox関数" を使う方法だ、データBackupプロシージャの中に  Msgbox 12345と書いてマクロ実行ボタンを押すと図の様にメッセージダイアログがでます OKを押して閉じてくださいMsgbox関数はコードを実行中に使う変数の値を確認するのに使うと便利ですそれではセルのカラー情報を取得するプロパティ "Interior.Col [続きを読む]
  • モジュールの挿入
  • ○モジュール(Module)Sheetに描いたドット描画をデータとして保存しましょうプログラムのコードを書く前に用語の意味を軽く覚えておこう(Module)モジュール -------------- 構成単位(Procedure)プロシージャ ------ 一連の処理(Cord)コード ----------------------- 命令を表現したもの時間を掛けて満足のいく絵が描けたら残しておきたくなりますキャンバスの範囲をコピーして別シートに貼り付けてもいいがキャンバス範囲内をク [続きを読む]
  • セルの位置を示す(R1C1参照形式)
  • ○R1C1参照形式 VBAではセルの指定の仕方に二通りあります、一つ目は Range("A1") のように列のアルファベットと行の数字を使って表します、二つ目は Cells(1, 1) のように列と行を数字で表す方法があります(R1C1参照形式という)プログラミングではセル範囲の指定に行数と列数を使うためシートの列表示をR1C1参照形式に変えてみましょう切り替え方法 [オプション] → [数式] → [ 〓 R1C1参照形式] ( 〓 を入れる)( 列のアル [続きを読む]
  • Sheetに絵を描いてみた(ワークシートイベントプロシージャ)
  • ○マウスの で動くワークシートイベントプロシージャVBAを使うためネットを駆使して猛勉強を始めた、VBAの教本も読んでいるゲームの解説書を紐解いているような気分ですExcel の操作を自動化して効率よく仕事をするために・・・ なんてことを考えていると挫折しそうであるゲームの解説書を紐解く感覚なら VBA で遊びながら覚えるのもいいかもしれないマウスで特定のセルを すると色が変わったり動いたりとビジュア [続きを読む]
  • 変数の宣言を強制する
  • ○VBA EditorVBAを使うためネットで初心者向けのサイトを調べてみると、どのサイトにも VB Editor のメニューから [ ツール ]→[ オプション ] と進み [ 変数の宣言を強制する ] にチェックを入れて 'Option Explicit' をモジュールのコードシートに表示すると書いてあります標準ではチェックが付いていない所にどうしてチェックを付ける必要があるのかよくわからないがとりあえずチェックを付けることにするVB Editor のツールの [続きを読む]
  • マクロの記録を使って操作を再現する
  • ○操作の記録と再生Excel のマクロ記録機能を使いセルに色を付けるセル "B2" を赤く塗るマクロを作ってみたマクロの記録手順を説明 -------------------------------------------新規のExcelを開く[開発]タグの [マクロの記録] を マクロの名前 [Macro1] を確認して [OK] を セル'B2'を書式設定で赤色にする[開発]タグの [マクロの終了] を [開発]タグの [Visual Basic] を 標準モジュールの下に [Mod [続きを読む]
  • Excelマクロを始めませんか
  • ○マクロとは何ですかExcel を使い始めて半年ほどになります、本で調べたりネットを見たりと勉強して何とか仕事をしています。Excelを使った「毎日の定型作業はマクロを使って作業効率を上げる」等々のアドバイス的なネット記事を読んでマクロを覚えてみようかなと思った次第です。さて「マクロとは何ですか」から始めるわけで、さっそく調べてみました。マクロとはExcelの操作を自動化して動かすことでそのプログラム言語はVisual [続きを読む]
  • 自己紹介
  • 自己紹介私のことは 'のりさん' と読んで下さい職場の若い人達の中には 'のり爺ちゃん' と呼ぶ人もいます、そうです若くはありません、でも新しいことにチャレンジすることが大好きなんです。私は部品加工を仕事、つまり切ったり削ったりの仕事を長年続けてきましたが昨今の経済事情もあり転職を余儀なくされ、若くはないが前向きで積極的であることをアピールして再就職することができました。新しい勤め先では仕事をするのにExce [続きを読む]
  • 過去の記事 …