中井悠美子 「四季の絵文日記」 2011.9.2 さん プロフィール

  •  
中井悠美子 「四季の絵文日記」    2011.9.2さん: 中井悠美子 「四季の絵文日記」    2011.9.2
ハンドル名中井悠美子 「四季の絵文日記」 2011.9.2 さん
ブログタイトル中井悠美子 「四季の絵文日記」 2011.9.2
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/63suitabijin
サイト紹介文四季を語る「絵文」と、日常を織り交ぜた小さな日記。 ご訪問頂き有難うございます。ご縁に感謝を!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2016/09/04 12:34

中井悠美子 「四季の絵文日記」 2011.9.2 さんのブログ記事

  • Vol. 980 日めくりを一枚ちぎった今朝の幸!
  •       最近この言葉を良く思い出します。   年を重ねた今こそ深く胸にしみ入る言葉です。   今日は友人の旦那様から頂いた「篆刻のお便り」登場!   一彫り、一彫り・・・心を込めての手彫り作品。   モクモクと灯火の下。一人、取り組まれたのかと思うと胸が熱くなります。   ご紹介させてくださいね。            書風も愉しく、遊び心を感じます。「愉快なお人柄」がつたわってきますよね。  [続きを読む]
  • Vol. 979 変わりゆくJR吹田駅界隈!
  •         夏至の日の今日。   筆で一刷けなでたような「美しい雲がかかっています」   空が美しいと言うだけで、何か良いことがありそうな気がしませんか。   今日は余震もなかったのですが、18日の地震の影響で古い建物は崩れたり   瓦が落ちていたり、被害はあちこちにみられます。   そんな中を「年金受給の手続きに」行って参りました。   70歳からにしましたので、少し割り増しで頂けます。   偶 [続きを読む]
  • Vol. 978 パドックを去った競走馬たちの過酷な運命!
  •       JRAの角居勝彦調教師   一般財団法人ホースコミュニティによって運営されている「Thanks Horse Project」は   角居さんが代表を務められています。   競走馬は、現在年間7000頭が生産されているそうですが、   活躍でき天寿を全う出来る馬はほんの一握りです。   登録を抹消された馬たちはその後どうなるかご存じでしょうか?     そのうちの多くの行く先は不明、または、飼育コストがかかること [続きを読む]
  • Vol. 977 中井悠美子の「バトンを渡そう」放送日です
  •       パーソナリティーをつとめる「ゆめのたね放送局」の放送日です。   今回は「チベット体操のインストラクター」A・Mさんをゲストにおむかえしました。   放送は「第一・第二・第三・第四「月曜日」の22時から22時半までの30分間!   毎週同じ内容で流れます。   https://www.yumenotane.jp/play-kansai       こちらにアクセスして頂くとお聴き頂けます。   スマホ、PC・・・からお聴き頂ける「 [続きを読む]
  • Vol. 976 本日ブログ開設以来2452日目となりました!
  •       今日の「絵文」   紫陽花の花は「綿棒の先に」顔彩をつけて、ポンポンと軽く葉書に押しつけたもの。   簡単に立派な紫陽花が花開きました。黒い点は「雨の雫」   紫陽花にカタツムリ・・・雨の季節にお似合い!   絵文の題材に良く取り上げるんですが・・・なな、なんと!   「カタツムリ」は紫陽花の葉は「食べないんだそうですね」   毒があるんだそうです。   そう言えば虫の食った後のある紫 [続きを読む]
  • Vol. 975 茶道のお稽古 at パナソニックリゾート!
  •        パナソニックリゾートはパナソニックの保養所です。こちらには「松下幸之助」さん   の肝いりで  造られた   三畳台目と言う本格的な「お茶室が備えられています」    見出しは木漏れ日が美しい影を落とす腰掛け待合と蹲いです。      この道を下ると      正面玄関へと   今日は茶道の仲間の皆さんと「互稽古」   ①炭点前  ②濃茶付き花月  のお稽古を致しました。       [続きを読む]
  • Vol. 974 団扇を八柄(本)描いてみました!
  •       黒田清輝さんの描かれた「湖畔」  婦人の持っている「団扇」が印象的ですね。   扇(おうぎ)は扇子のことですね。   扇子と団扇。どちらも仰ぐ→「扇」という意味合いをもっているのですが、   扇子(せんす)がどちらかといえば儀礼の道具として用いられる場合が多いのに対して、   団扇は身分の別なく、夏の季節に気楽に使われたのではないでしょうか。   「団扇」   子どもの頃「七輪」での火 [続きを読む]
  • Vol. 973 よもぎ=蓬=サシモグサのお話!
  •       ヨモギ・・・平安時代の医術書として有名な「医心方」には「ヨモギは名医草という」とあるそうです。    最近の研究では抗癌作用もあると分かったそうですよ。   ヨモギは、古来からヨモギ茶、ヨモギ酒、ヨモギ風呂、せんじ薬等、万能の民間薬とされていたんですね。   お灸の材料となる「モグサ」は、茎や葉の裏に密にある絹毛を集めて作られるんだそうです・・・びっくり!   モグサがヨモギから作られ [続きを読む]
  • Vol. 972 月日風のように過ぎて!
  •        月日風のように過ぎてはや 水無月の訪れです 夕刻の空は今だ五月晴れ。   昨日の雨が嘘のような美しい空です。   さてさて、六月のお稽古、今日から始まりました。   月の異名では「水無月」などと言いますね。      こちらは↓8?歳の生徒さんが描かれた「蛙」感動の描き上がり。   なかなか太っぽくていいですねえ〜!      お手本を喜んで頂けることが一番嬉しい!     今日も嬉 [続きを読む]
  • Vol. 971 集ひて候展のお客様!歌手の鈴木結女様
  •       先日銀座一丁目で開催の「集ひて候」展   ご参加の皆様がそれぞれに異色の経歴をお持ちです。   そんな訳で「素敵なお客様」鈴木結女・すずきゆめさんがお越し下さいました。   声優の水谷ケイコさんのお友達。   ケイコさんにつきましてはこちらから   https://ja.wikipedia.org/wiki/水谷ケイコ     結女様に関してはこちらから   https://ja.wikipedia.org/wiki/鈴木結女          [続きを読む]
  • Vol. 970 京都・鈴虫寺探訪記!
  •       妙徳山 華厳寺 鈴虫寺    〒615-8294 京都府京都市西京区松室地家町31   TEL:075-381-3830 FAX:075-381-3841   http://www.suzutera.or.jp/introduction/seppou.html    嵐山を後にして「鈴虫寺へ」参りました。   渡月橋を渡ってすこし行った「バスストップ」から苔寺行きに乗りました。         終点の苔寺のバスストップから徒歩5分!   「西芳寺」別名苔寺・・・この寺の辺りから [続きを読む]
  • Vol. 969 京都最古の寺広隆寺へ!
  •       嵐電「太秦広隆寺」の駅を降り、線路上に描かれた横断歩道を渡るとすぐに広隆寺です。   603年(推古天皇11年)秦河勝が聖徳太子から賜った仏像を本尊として建立した京都最古の寺。   その本尊「国宝第1号の弥勒菩薩」に会いに行ってきました。   仁王門をくぐれば、荘厳な別物のような空気が流れています。       霊宝殿への入り口前         こちらの霊宝殿で常時公開されています。    [続きを読む]
  • Vol. 968 水無月のお手本描き上がりました!
  •       メダカらしき物と(^_-)青楓を描いてみました。   今年も早、水無月の訪れ間近・・・   今月は花ではなく、生き物たちを描いてみました。   手本の内容は「試行錯誤」の連続です。   今月30日は京都新聞文化センター体験レッスン日。   なんと、予想を上回る人数が集まり、キャンセル待ちの方もいらっしゃるとか!   こちらのカルチャー、生徒さんの集まりが悪く、継続も、もはや限界かなあ〜〜!  [続きを読む]
  • Vol. 967 岡山市野田屋町界隈・グルメ探訪!
  •       大きな窓からの眺めが美しい。北イタリア料理のお店『コーザ・ボーレ』   http://www.cosavuole.com   5月26日・・・岡山教室お稽古前に生徒さんお二人と私との三人で   ランチを楽しみました。      4月26日で開店以来「30年」とかで・・・お祝いのお花が飾られていましたよ。   30年続くって・・・素晴らしいではありませんか。         メインはイタリア料理らしくパスタに致しました [続きを読む]
  • Vol. 966 世田谷区奥沢・浄眞寺にお参りしてきました!
  •       5月20日・・・等々力渓谷で憩った後。浄土宗のお寺、浄眞寺へと、ご案内頂きました。   上品上生(じょうぼんじょうしょう)の往生を願う   九体の仏像が安置されているお寺であるとか。   九品阿弥陀佛・・・それぞれに深い意味があるようですが、一言で表現するのは難しく               鬼王様がいらっしゃる正門からでなく。私たちは「脇門」から入りました。   晴天の空の下でしたが [続きを読む]
  • Vol. 965 都内に残された唯一の渓谷へ!
  •       大井町線等々力駅近く・・・世田谷区内「等々力公園」・・・都の管理故無料です。   5月20日・・・FB友のMさんから以前お知らせがあった都内唯一の渓谷公園を散策!   公園入り口に掛けられた「看板」この横に渓谷へと下る石段が設けられています。      ゴルフ橋(これは、昭和の初めに旧下野毛、等々力村に広大なゴルフ場があったことに由来している)   入り口横の階段を下りるとこの橋のたもとへ。 [続きを読む]
  • Vol.964 集ひて候 in Tokyo 顛末記・結び
  •       集ひて候・・・・作家以外も「集いました」・・・       ギャラリーは、銀座名物の柳が、そよ風になびく通りから、一歩東に入った所にあります。           5月というのに紫陽花が早くも咲いて・・・微笑みかけてくれます・・・      さて、まずは寺前義則さん        元、森田公一とトップギャランのギタリストさんでした。   主催の朱さんと次にご紹介させて頂く「ケイコ」さん [続きを読む]
  • Vol. 963 集ひて候 in Tokyo・顛末記その(1)
  •        スタッフ一同!   5月17日から19日・・・五月晴れのありがたい日差しが溢れる「東京・銀座」において   三人展は楽しく愉しく和やかに穏やかに爽やかに。相和すにこやかな語らいの中・・・終了いたしました。   作家三人の「作品」と声優さんによる「朗読」と音楽家による「演奏」と   実に豊かな取り合わせのギャラリー内!      顛末記その(1)   本日はまず作家紹介   主催の石川朱 [続きを読む]
  • Vol. 962 東京銀座での三人展いよいよ明日からです!
  •          集ひて候    5/17(木)〜5/19(土)    11時〜19時(最終日のみ17時まで)           フラッグ・ギンザ・ギャラリー           東京都中央区銀座1-22-8           http://www.hello-flag.com/index.html    ワークショップあり、        ライブありの3日間。             ワークショップは毎日14時から。     お抹茶と美味しい銀座の [続きを読む]
  • Vol. 961 ゆめのたね収録後の帰り道!
  •       今日15日は、6月放送番組の収録日。タイトルは「中井悠美子のバトンを渡そう」   収録担当は可愛いナゲちゃん。   ゲストは「チベット体操インストラクター」のA・Mさん。   チベット体操の伝道師と言っても過言ではない。   すらりとした身長、ソフトな物腰。後ろ姿も素敵です。   ステキ・・・は後ろ姿に現れる・・   巡り合わせって不思議ですよね。   Mさんはチベット体操に出会えたことで [続きを読む]
  • Vol. 960 天才ピアニスト・ルース先生物語!
  •            岡山落合  樹齢1000年の醍醐桜の下で演奏されるルース先生   昨年「NHK岡山放送局」フェイスで放映されたルース先生の紹介番組です。   NHKの中国地方の放送局向けの地域情報番組なんだそうです。   今日は、幼なじみのとっちゃんが届けてくださった「録画からのお話です」   ルース先生と「岡山」の繋がり。   それは岡山の音楽家「M先生」とのご縁がもたらしたことなんですね [続きを読む]
  • Vol. 959 ちょこっと京都・祇園界隈!
  •       いつも同じ角度から写す・・・四条大橋からの眺め。   子どもたちが川面を覗いて「アヒルがいるよ〜〜〜」って!アヒルではありませよ〜「鴨で〜す」      すでに「川床」も用意されて「京の夏迎え」の準備は整っていました。   今日は所用があって京都へ。   食事を終えた後、四条通りの落ち着いたカフェへ!      京都らしい雑貨を取り扱っているお土産屋さんの店を抜けると、         [続きを読む]
  • Vol. 958 本日・5月2日は八十八夜です!
  •          乙女が摘む新茶・・・絵にしてみました。   平年は5月2日  閏年は5月1日  が、八十八夜になりますね。   立春を起算日(第1日目)として88日目(立春の87日後の日)にあたります。    八十八夜の頃に摘まれたお茶は新茶と言われ飲むと縁起が良いと言われていますね。   初物を尊ぶ日本人の慣習でしょうか?   作詞者・作曲者・不明の     茶摘み   夏も近づく八十八夜      [続きを読む]
  • Vol. 957 珈琲屋らんぷ・岡山中山道店・訪問記!
  •       晴れ渡る空の下・・・新興住宅街の中に「蔵を生かした古民家」が堂々と現れました。   一同「わ〜〜〜!おおきな造り〜〜〜!」と、驚嘆の声。以前はおそらく、一面田圃であったと推測。   4月28日→「岡山教室お稽古」の後は、明るく楽しいお二人「R・K」さんと「E・K」さん。   と、いつもご一緒に「嬉しい」「嬉しい」「お茶タイム」      今回は、私からの提案で、こちら  珈琲屋らんぷ  [続きを読む]
  • Vol. 956 皐月のお手本描けました!
  •       花の季(とき)すぎて いっせいに 若葉もえ         五月の 庭の かがやき         いつも心に 大きな花を 持っていたいね         花よりも 花の如くに この花は   五月間近   暑かったり寒かったり   たおやかな春は何処へ行ってしまったのか   五月の花「躑躅」がすでに満開です   お手本は季節に先駆けて   と、心掛けてきましたが   急ぎ足で過ぎてゆく [続きを読む]