はなのあ さん プロフィール

  •  
はなのあさん: 多肉植物と水やり男子
ハンドル名はなのあ さん
ブログタイトル多肉植物と水やり男子
ブログURLhttp://taniku-succulent.com/
サイト紹介文グリーンインテリアを愛でながら、猫と暮らす日々。初心者でも失敗しない植物の育て方のコツを紹介中。
自由文室内で育てられるグリーンインテリアを愛でながら、猫と暮らす日々。初心者でも失敗しない植物の選び方、育て方のコツを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供263回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2016/09/04 22:20

はなのあ さんのブログ記事

  • 本格的な雪に多肉大ピンチ!冬支度が間に合わなかった多肉植物は全滅かも。
  • 新潟市でも本格的な雪が降りました。朝、父からの電話で目を覚ましたのですが、外は真っ白。そんなのん気なことを言っていられない積雪だったのですね。すでに雪は20cm以上積もっていて、寒いとかの次元じゃありませんでした。それよりも、冬支度が間に合っていない多肉たちもいたのです。大誤算の積雪に新潟市は大パニック新潟市では、毎年恒例の事件なのですが、初積雪があると朝の通勤は大事件です。ご存知ない方もいるかもしれ [続きを読む]
  • 冬の多肉トラブル!室内で起こる悲しい3つの現象と解決方法を紹介します。
  • 冬の間だけ多肉植物を室内に置いてあげようという方も多いですよね。新潟の冬は厳しいですから、昨年はわたしもそのようにしました。ですが、屋内に取り込んだ多肉植物は、様子がおかしくなりだしました。今回は、わたしの体験をもとに、多肉植物に起こる室内でのトラブルについてお話します。良かれと思った室内管理は思わぬ事態に。わたしの住んでいる新潟では、市内といえども冬はとても厳しいです。屋外で育てていた多肉植物を [続きを読む]
  • 新潟市で初雪!多肉植物の冬越しや寒さ対策にかかる費用を公開します。
  • 昨日は新潟市でも昼間から雪が降りました。初雪です。天気予報が残念なほどにあたってしまい、いよいよ本格的に多肉植物の冬越しや寒さ対策をしなければいけなくなりました。ところで、このブログでもわたしなりの冬対策について方法を紹介してきましたが、気になるのは費用ですよね。今回は、多肉植物の冬対策のための資材はどこで購入できるのか、費用がどれくらいっかるのかについてお話しようと思います。多肉植物の冬対策グッ [続きを読む]
  • 超穴場!多肉植物の寄せ植えがワンコイン以下で買える大チャンス到来です。
  • 園芸店や花木総合センターは、すっかり冬モード突入。お花たちも、冬カラーに染まってきましたね。そんな中、なんとワンコイン以下で買える多肉植物の寄せ植えが大量入荷していました。これは超おすすめ!今回は、冬に多肉植物が買える穴場とお得な多肉の寄せ植えについてお話します。冬に向けて多肉植物が出回るお店がある!多肉植物にとってのシーズンオフは夏と冬というイメージがあります。ですが、冬になると多肉植物が並びや [続きを読む]
  • メセンの割れ目から何か出てきた!アルギロデルマの成長と実践した育て方。
  • すっごく嬉しいことがありました!多肉友達から頂いた多肉植物、アルギロデルマ(金鈴)の割れ目から何か出てきました。はじめは、気のせいだと思ってやり過ごしていたのですけど、この小忙しくなってバタバタしている間に大変なことになっていました。今回は、アルギロデルマの成長と実践した育て方について経過報告したいと思います。アルギロデルマ(金鈴)の水やりは本当に迷った!今回の主役、アルギロデルマは、とっても大切 [続きを読む]
  • 100均の多肉植物もバッチリ!本当に良く育った多肉植物TOP5を発表。
  • 多肉植物はよく育つといいますが、成長の速度はわりとゆっくりです。(品種によっては本当に成長速度のはやいものもありますよ。)育てる環境によっても、育ち方は違ってくると思うのですが、本当のところはどうなのかをお伝えしたいと思っていました。今回は、わたしは今年挑戦してみた多肉植物の中から「本当によく育つ多肉植物TOP5」を紹介したいと思います。良く育つの基準はどう設定する?今回紹介する多肉植物の良く育つ基準 [続きを読む]
  • 無理は禁物!多肉植物の葉挿し、挿し木、カット苗で失敗する理由と勘違い。
  • 今年の秋はNHKの「趣味の園芸」でも多肉植物がテーマになりました。多肉植物に初挑戦された方もたくさんいらっしゃるのと思います。インターネットの掲示板などには「カット苗がうまく育ちません」というような悩みごともあふれていますね。今回は、ビギナーの方に絶対に知っておいてほしい「多肉植物のカット苗、挿し木、葉挿しで大失敗する理由と勘違い」についてお話します。わたしもバッチリ経験した失敗ですから、きっとお役 [続きを読む]