Ohara Hiroshi さん プロフィール

  •  
Ohara Hiroshiさん: 大原浩の金融・経済地動説
ハンドル名Ohara Hiroshi さん
ブログタイトル大原浩の金融・経済地動説
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ture1984ture1984
サイト紹介文GINZAXグローバル経済・投資研究会代表の大原浩が、徒然なるままに語ります。
自由文1984年 同志社大学法学部卒業。同年 上田短資株式会社(上田ハーロー)入社。1989年8月 フランス国営クレディ・リヨネ銀行入行。1994年9月。クレディ・リヨネ銀行を退社。株式会社大原創研を設立。
GINZAX・グローバル経済投資研究会代表。
元・日刊「証券タイムズ(証券新報)」顧問
<著書>
「投資の神様」(総合法令)、「銀座の投資家が日本は大丈夫だと断言する理由」(PHP研究所他多数
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供372回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2016/09/05 14:08

Ohara Hiroshi さんのブログ記事

  • ヘイル、シーザー!
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★ヘイル、シーザー!ジョシュ・ブローリン、ジョージ・クルーニー、オールデン・エアエンライク、レイフ・ファインズ他90点(80点+ハリウッド黄金時代へ10点)... オスカー常連のジョエル&イーサン・コーエン兄弟だけに、もう少し頑張ってほしかったような気もしますが、それなりに楽しめる娯楽作品です。ただ、ハリウッド黄金時代を知らない若い方々にはピンと来ないかもしれません。  私 [続きを読む]
  • 「クレジットカードがキャッシュレスの主役になれない理由」 アゴラ
  • 人間経済科学研究所・代表パートナー・有地浩の執筆記事「クレジットカードがキャッシュレスの主役になれない理由」がアゴラに掲載されました。http://agora-web.jp/archives/2034237.html ★有地 浩 株式会社日本決済情報センター顧問、人間経済科学研究所 代表パートナー(財務省OB) 岡山県倉敷市出身。東京大学法学部を経て1975年大蔵省(現、財務省)入省。その後、官費留学生としてフランス国立行政学院(ENA)留学。財務省大 [続きを読む]
  • エベレスト 3D
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★エベレスト 3Dェイソン・クラーク、ジョシュ・ブローリン 、ジョン・ホークス 、ダグ・ハンセン他130点...  グローバルスケールの「八甲田山」(1977年)です。「八甲田山」同様実話に基づいた(1996年の遭難事故)物語です。  まず圧倒されるのが、エベレストという世界最高峰の山の過酷な環境を描写する力。平面の画面からでも、その圧倒的スケールが伝わってきます。  実話を映 [続きを読む]
  • メイズ・ランナー
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★メイズ・ランナーディラン・オブライエン、ウィル・ポールター 、カヤ・スコデラーリオ 、トーマス・ブローディ・サングスター他110点...  「キューブ」(1997年・カナダ)を思い起こさせる、「閉所閉じ込め型」の作品です。デヴィッド・ボウイが主演した「ラビリンス/魔王の迷宮」(1986年)を思いだす部分もあります。  娯楽作品としては、よくできていると思います。ほぼ男子(途 [続きを読む]
  • ヒューム 人性論 (人間本性論)
  • 備忘録:書評:読んだ本★ヒューム 人性論 (人間本性論)デイヴィッド・ヒューム 著、 中公クラッシクス145点... 「道徳感情論」「国富論」とヒューム 1776年にヒュームが永眠する直前、アダム・スミスの国富論が出版されたのですが、それをとても喜んでいました。スミスより12歳年上であり貴族の家系に連なる兄貴分として物質的・精神的に生涯支援を続けたのがヒュームです(55歳の時には、フランスからルソーを [続きを読む]
  • ゾンビ大陸 アフリカン
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★ゾンビ大陸 アフリカンロブ・フリーマン 、プリンス・デヴィッド・オシーア、デヴィッド・ドントー他125点 ... ハリウッドのゾンビ映画はネタが出尽くしたという感じですが、英国製のゾンビ映画はやはり一味も二味も違います。  能天気な米国人がつくるゾンビ映画は、おどろおどろしいB級ですが遊園地のお化け屋敷にも似た「わざとらしさ」が特徴です。ディズニーランドの夢の世界ならぬ [続きを読む]
  • クローサー
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★クローサージュリア・ロバーツ、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン、クライヴ・オーウェン他130点...  「男女4人恋物語」で、ドロドロとした<三角関係>ならぬ<四角関係>が描かれます。  もともと舞台でヒットした作品を映画化したということで、四人のやり取りが作品の大部分を占めるシンプルな構成なのですが、男女の焼け焦げるような熱い思いや悪魔的な底意地の悪さが、シャープ [続きを読む]
  • 「この先ビットコインはどうなるのか?」アゴラ
  • 人間経済科学研究所(https://j-kk.org/)代表パートナー有地浩の執筆記事「この先ビットコインはどうなるのか?」http://agora-web.jp/archives/2034133.htmlがアゴラに掲載されました。 ★有地 浩(ありち ひろし) 株式会社日本決済情報センター顧問、人間経済科学研究所 代表パートナー 岡山県倉敷市出身。東京大学法学部を経て1975年大蔵省(現、財務省)入省。その後、官費留学生としてフランス国立行政学院(ENA)留学。財務 [続きを読む]
  • ある天文学者の恋文
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★ある天文学者の恋文ジェレミー・アイアンズ 、オルガ・キュリレンコ 、ショーナ・マクドナルド 、パオロ・カラブレージ他80点(65点+オルガ・キュリレンコ15点)...  監督の願望を作品にしたんでしょうかね・・・・ゲーテが73歳の時に18歳の少女に恋をしたのは有名な話です(失恋に終わっていますが・・・)、また、七十歳の良寛と三十歳の貞心尼との交流も現代まで語り継がれています [続きを読む]
  • クロサギ
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★クロサギ山下智久 、堀北真希 、加藤浩次、市川由衣他90点(75点+山崎努&竹中直人15点)...  「詐欺もの」は、BBCドラマの「華麗なるペテン師たち」のような鮮やかな手口が見せ場だと思いますが、本作品の手口は(悪くくはありませんが)「まずまず」です。また、土地の「権利証」がとても大事なものでもあるかのように扱う誤りもあります(映画公開当時でも、権利証なしで不動産の売買や [続きを読む]
  • ネオン・デーモン
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★ネオン・デーモンエル・ファニング 、キアヌ・リーヴス、クリスティナ・ヘンドリックス、ジェナ・マローン65点...  「ブラックスワン」(2010年)は、バレリーナの世界で、「サイコな女子の恐怖」を強烈に描いた名作です。  本作品もモデルの世界で「サイコな女子の恐怖」を描いた作品ですが、いまひとつです・・・このタイプの作品は、出演者が心理的に追い詰められ、それが観客に伝わら [続きを読む]
  • パニッシャー
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★パニッシャートム・ジェーン 、ジョン・トラヴォルタ 、ウィル・パットン 、ジョン・ピネット80点...  マーベル・コミックが原作ですが、「アンチ・ヒーロー」ということで、主人公のトムジェーンは、高い身体能力を持つもののあくまで「普通の人間」です。  このような企画はの意図はわかるのですが、成功したとは言えません・・・ マーベル・コミックはやはり<超人>が活躍してくれないと [続きを読む]
  • ゾンビ―ノ
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★ゾンビ―ノキャリー=アン・モス 、ビリー・コノリー、ディラン・ベイカー、クサン・レイ他90点...  海辺の別荘で、シーブリーズを頬に感じながら、庭で血みどろになりながら人間をバラバラにしている・・・そして、その傍らをご近所さんが「やあ、こんにちは」と声をかけながら通り過ぎていく・・・・そんな「超ライト感覚のダークファンタジー」です。  ゾンビは既に米国の文化として定着して [続きを読む]
  • <G20は仮想通貨に慎重すぎる:金と同じく「通貨」だ!」>アゴラ
  • 人間経済科学研究所・代表パートナー有地浩の執筆記事<G20は仮想通貨に慎重すぎる:金と同じく「通貨」だ!」>がアゴラに掲載されました」。http://agora-web.jp/archives/2033977.html ★有地 浩(ありち ひろし)株式会社日本決済情報センター顧問、人間経済科学研究所 代表パートナー岡山県倉敷市出身。東京大学法学部を経て1975年大蔵省(現、財務省)入省。その後、官費留学生としてフランス国立行政学院(ENA)留学。財務省 [続きを読む]
  • 人魚姫(チャウ・シンチー)
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★人魚姫(チャウ・シンチー)ダン・チャオ 、ショウ・ルオ 、キティ・チャン、ジェリー・リン他140点...  娯楽作品として超ド級の完成度です。こんなに楽しい映画は久々に見ました。最初から最後まで、だれるところはまったく無く、アップテンポで物語が展開していきます。  もちろんコメディですから、ギャグも満載ですが、どれも滑ることなく楽しませてくれます。日本人の私が観ても違和感 [続きを読む]
  • クリムゾン・ピーク
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★クリムゾン・ピークミア・ワシコウスカ、ジェシカ・チャステイン、トム・ヒドルストン 、チャーリー・ハナム他85点(70点+映像の切れ15点)...  名作『パンズ・ラビリンス』などの鬼才ギレルモ・デル・トロの作品だけあって、映像の切れや美しさは一級品です。一般的なハリウッド映画には見られない芸術的様式美を感じます。  ただ、ただ物語は「ホラー版・ハーレクインロマンス」であり [続きを読む]
  • 競争優位で勝つ統計学
  • 備忘録:書評:読んだ本★競争優位で勝つ統計学ジェフリー・マー 著、河出書房新社120点...  著者をモデルにしたベン・メズリックの著書「ラスベガスをぶっ飛ばせ」という本は映画化されてかなりヒットしたそうです。ラスベガス(のハウス=ディ―ラー)に勝ちたいというのは多くの人々の願望であり、その気持ちを大いにくすぐったことでしょう。 日本でもIR(カジノ)法案が無事可決されました。これまで野放しになってきた [続きを読む]
  • ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD田中真弓 、岡村明美、中井和哉 、山口勝平他140点...  日本を代表するアニメの一つで、世界中の人々が観ているわけですが、実のところ私は初めて観ました。  シリーズ10作目ということで、それまでの流れや前提はまったくわからなかったのですが、大いに楽しめました。世界中の人々が熱狂する理由がわかります。  色々な物語の要素が [続きを読む]
  • 「読書は知性と教養を高める<第2巻>」
  • ★「読書は知性と教養を高める<第2巻>」(アマゾン・キンドル版)が発刊されました。 https://
    www.amazon.co.jp/dp/B07FXM3B1W/ref=sr_1_25?s=books&ie=UTF8&qid=1532652537&sr=1-25&refinements=p_27%3A%E5%A4%A7%E5%8E%9F+%E6%B5%A9
    <内容紹介> 本書は、著者が概ね過去1年間に読んだ書籍(一部ムック等)全73冊に関するコ
    メントをまとめたものです。私が読書を行うのは、ほとんどの場合、社会・経済・企業の分析の
    ためで [続きを読む]
  • ハンガー
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★ハンガーカトリーヌ・ドヌーヴ 、デヴィッド・ボウイ 、スーザン・サランドン 、クリフ・デ・ヤング80点...  1964年の「シェルブールの雨傘」でのカトリーヌ・ドヌーヴの美しさ、可憐さは超ド級です。また、アイドル歌手からグラムロックの旗手へと転身したデヴィッド・ボウイの妖艶さは伝説です。  その二人の全盛期を知らない人々にとっては、本作品はおしゃれなB級ホラー映画以上のも [続きを読む]
  • 強みに集中し、弱みは無視しろ ドラッカー18の教え
  • 産業新潮 http://homepage2.nifty.com/sancho/8月号連載記事ドラッカー18の教え 17) 強みに集中し、弱みは無視しろ 企業は強みによって競争に勝つ、弱みでは無い  「企業は強みによって競争に勝つ、弱みでは無い」という言葉がドラッカーの考えを雄弁に物語っています。ただ、神が与えた人間の本能は、多くの人々に全く反対の行動をとらせます。  役所に申請に行って「あっ、10頁の3行目ですけど、「ケ」の横線がちょ [続きを読む]
  • FLIRT/フラート
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★FLIRT/フラートビル・セイジ、マーティン・ドノヴァン、ドワイト・ユーウェル 、二階堂美穂他100点(90点+チャレンジ精神10点)...  ニューヨーク、ロンドン、東京を舞台にした物語ですが、その三つ場所の三つの物語の絡み方が絶妙です。  一般的に実験的な作品というのは、製作者の独りよがりの主張が前面に出すぎて「とてつもなくつまらない」のが通例ですが、本作品では「ワンパター [続きを読む]
  • ひぐらしのなく頃に
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★ひぐらしのなく頃に前田公輝 、飛鳥凛 、松山愛里 、あいか他75点...  ハリウッドでは次々とゾンビ映画が量産されますが、日本でそのゾンビ映画に相当するのが呪いや祟りの物語です。良質な作品も中にはありますが、本作品は「ごった煮」感満載のB級映画です。しかし、B級でもゾンビ映画がそれなりに面白いように、本作品も娯楽作品として楽しめます。  山奥の村なのになぜか美女がうじゅう [続きを読む]