aqua girl さん プロフィール

  •  
aqua girlさん: I'm on the Brink of a Cliff!
ハンドル名aqua girl さん
ブログタイトルI'm on the Brink of a Cliff!
ブログURLhttp://brink.pink/
サイト紹介文英検1級TOEIC900点台を目指しながら、欧米ドラマ、欧米ニュース、洋書を楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2016/09/05 15:28

aqua girl さんのブログ記事

  • 英検1級のためにも読み物を大量に。
  • 次いつ受けるか未定の英検1級だが、今は長文に慣れるためにも、読書を増やし、kindle unlimitedに登録したり、週1で本屋に出かけて英字新聞と1冊の洋書でモチベを上げたり、ようやく火が付いてきたが、そこにここ数日はオンライン記事も活用することにした。オンライン記事が一番金もかからない倹約的な勉強法だと思うが、何せオンラインはいろんな情報にたどり着くことができるため、一度ネットを開くとどーでもいいしょーもない [続きを読む]
  • The Japan Times ST ― 7歳少女が家出する話
  • 英語に触れるルーティーンの中で、英字新聞を買うことにしているが、私の行く書店に置かれているのはThe Japan Times STと、朝日かどこかの英字新聞の2社しかない。本当はSTのつかないThe Japan Timesがいいのだが、その書店にはない。サイトで取扱店を調べるとその書店名が載っているのだが、ない。まあ、第二利用(小中学生とのディスカッション)にも使えるのでいいのだが。Vol. 67のSTに、スイスのジュネーブ空港で7歳の女の子 [続きを読む]
  • trypophobia ? トライポフォビア ? 集合体恐怖症
  • つい最近、この名前を知った。中居くんと鶴瓶さん司会の番組で、ゲストが「集合体恐怖症なんです」と発言して、集合体恐怖症が何かという簡単な説明をしていた。ちょうどその女性は水玉の衣装を着ていて、他のゲストから突っ込まれていた。その時は何とも思わず、聞き流していたのだが、ツイッターでツイートを斜め読みしていたらtrypophibiaという単語が目に入ってきた。手のひらに穴ぼこが無数にある気色悪い画像とともに。何の [続きを読む]
  • 風邪を引けばメンタルも落ちる。
  • マツコ・デラックスさんが先週11日に三半規管にウィルスが入り込んだとかで入院したそうですが、同じ頃私も熱を伴う風邪でダウンしてしまった。私は普段風邪を引かない馬鹿なのだが、別の馬鹿が風邪の菌をそこら中に撒き散らし、元気に1年終えられるかと思っていたらそうはいかなかった。マツコさんも早く元気になるといいな。先週末から今週今日まで、熱は下がったが頭はボーッとするしフラフラするし鼻は出るし、仕事も調子悪く [続きを読む]
  • 《洋書読書中》Shiokari Pass(塩狩峠)
  • 以前audible.comを登録していた時は、10代向けに英語圏の新聞社が挙げた「これは読んでおくべき本10選」のようなリストからチョイスしていたが、洋書を読むときも英語圏の出版社か読書好きの人たちが選ぶ「これは読んでおくべき」本を参考に選んでいる。今回読むことにしたShiokari Passは、日本でリストに入っていたタイトル。もちろん原書の和書が。どこからのリストなのかすっかり忘れてしまったのだが、ノートに書き写したタイ [続きを読む]
  • Kindle Unlimitedの開始
  • 先日audible.comを解約したので、今月からKindle Unlimitedを始めてみることにした。最初のひと月は無料体験なので、今月はどんなものかじっくり試してみる。今月で止めてしまうかもしれないが。同時に10冊までしかダウンロードできないようで、すでに10冊ダウンロードしてしまった。そのうち1冊はどうでもいい雑誌なので、それを終了すればまた新しく1冊ダウンロードできるらしい。まあしかし、これ以上1ヶ月以内で読めそうにもな [続きを読む]
  • トランプ大統領の娘さんの英語
  • 去年の記事に、『トランプさんの奥さんの英語』というのがある。普段からちょこちょこ閲覧のある記事だが、昨日は娘のイヴァンカさんの来日があったからか、最新の記事よりアクセスが上がった。今日はその記事の続編と言うか、便乗して、イヴァンカさんの英語のことなど書いてみる。(トランプさんの奥さんより書くことはない。)テレビのニュースでもご覧になられたかと思いますが、約20分のスピーチ動画をどうぞ。以前から思って [続きを読む]
  • 人生のためのノート作り
  • 来年2018年の手帳も以前書いた通り、ほぼ日手帳を使うわけですが、それとは別に使うシステム手帳を探していた。システム手帳はfILOFAX(ファイロファックス)で、その中のどれにするか、ずーっと悩んでいたのだが、つい最近ルーティーン化した中で、あるノートを見つけた。Hartley & Marks社のpaperblanks(ペーパーブランクス)I bought a paperblanks notebook instead of filofax #notebook #blue #claudemonetaquarian_pinkさ [続きを読む]
  • 《洋書読了》The Enemy by Oxford Bookworms
  • 英検1級へのリベンジ法のひとつとして取り入れたのは、読書。もちろんこれまでも本は読んできているが、量を増やしたい。英検1級に出される単語は児童書の中にも結構入っている。よく「英検1級に出題される英単語なんか普段使わない」と言っている日本人をネット上で見かけるが、んなこたーねぇ。普通に児童書でなくとも、文学や新聞読んでりゃ、たんと出てくる。私はバカなだけで覚えきれないだけだが、そんなこと言っているやつ [続きを読む]
  • 英検1級にリベンジする!
  • 英検の合否結果が郵便でも届いた。目新しいものはないが、ライティングの4つの項目について点数がわかった。ライティングの対策は本は買ったものの、結局そこまでの練習はせず1回目から受けているが、3回目となる今回は『構成』の点数が上がった。それにしても『内容』で点数を上げるにはどうしたらいいのか?2回目に受けた時の英作文トピックは、発言の自由ってやつで全く知識も関心もない分野だったので、この時の『構成』点は散 [続きを読む]
  • 2017年度第2回英検1級の結果
  • 毎度のことながら、合否結果の時間になると英検サイトにアクセス集中し読み込みが遅く、表示されなくなる。今回は2時56分(12時間表記だよ)に入り込んだ。それでもそれぞれのページで3回ずつくらい再読み込みして、いつもより早く見れた。さて、肝心の結果は・・・・・・2度あることは3度あるはい、ごめんなさい、ジャッキー。I’m so stupid and I don’t know why. (I kinda know…)今回の1級は簡単だな、と思っただけあって [続きを読む]
  • 英語により触れるルーティーンを作る
  • 私は何においても生半可な人間である。他人に指摘されなくてもわかっているが、自覚したところで直そうとしない(直せない)のがまた自分の悪い性質だ。英語においても生半可にやっている。もう少し真剣に向き合っていたなら、英検1級だって1回で合格できたはずだ。それを3回もコケた。3回目の発表は来週明け。英語というのは(言語であればどれもそうだが)、日々使っていなければすっかり忘れてしまう。日本人である私たちも、或 [続きを読む]
  • 中国4千年パクる技術
  • 新しいシステム手帳を買おうと、ここ最近楽天やらアマゾンやらその他オンラインショップを見て回っているのだが、アマゾンを見ていたらおかしなのを発見した。→日本のクラスタージャパンの。アメリカアマゾンで取り扱っている中国人と思われる出品者の。『ィソデックス』タイトルくらい変えりゃーいいのに、日本製と思わせれば海外で売れると思っているのだろうか。これまでも多くの海外の製品やキャラクターをパクってきています [続きを読む]
  • 《洋書読書中》Sapiens(サピエンス全史)
  • 先月ようやく面白い本に出会ったとSapiens: A Brief History of Humankindを紹介したが、その次の日から読む時間がなくなってしまって、英検が終わった次の日からまた読み始めた。ちょうど読み始めたページに、plausibleという単語が出てきた。英検1級の語彙問題に出てきたばかりで、間違えた問題である。もうちょっと読んどきゃよかった。アマゾンのレビューを見てみると、日本語訳サピエンス全史(上)とサピエンス全史(下)文明の [続きを読む]
  • 2017年度第2回英検1級の自己採点
  • 早速解答速報が出たので、結果はわかっているものの、答えあわせをやってみた。だからって詳しい正誤内容は書かないが。今回の英検で3回目になるが、もちろん勉強しないで受けるのが悪いんだが、何の進歩もない。まずは大問1 1回目、2回目より正答率アップ??大問2 1回目より?? 2回目より??大問3 1回目より?? 2回目より??大問3はいつも苦手なところだが、今回最後のDeep Learningは全問正解した! しかしながらチャ [続きを読む]
  • 10月8日、英検の日。
  • 英検締切日前ギリギリに申し込んで、英検前日まで行く気が無かったが、重いケツ持ち上げて行ってきた。今回も前回、前々回と同じ会場で、交通の便が悪く、バスが30分に1台くらいしかないため、ガキンチョたちとの混雑を避けようと、早めに家を出た。電車で田舎町まで行くと、バスに乗り換え。ここで毎度ぼーっとバスを待たねばならない。一発合格しなかった自分のせいだが。会場には11時半ちょっと前に到着し、受付は12時20分から [続きを読む]
  • ジョン・グリーンからオススメの本
  • ブログの更新を怠っていますが、だからって英検の勉強をしているわけではない。ちょっと予想問題は開いてみたが、私はその日、その時のしたいことやしたくないことで行動を起こすか否かの決定をするので、いくら英検が目の前に迫っていても、やる気は全く起こらないクズである。YouTubeをチェックしてみたら、久しぶりにジョン・グリーンがオススメの本について語っていた。The Hate U Giveは前回の記事でも書いた、オーディオブッ [続きを読む]
  • audible.comを止める日。
  • audible.comを始めて2年が経ちました。登録して毎月14.59ドル払って1クレジットもらい、好きな作品をダウンロードできるわけですけれども、ここ数ヶ月はオーディブルをやる余裕がなくなっていました。昨日久々にaudible.comにアクセスしたら6クレジットたまっていました。6ヶ月利用していなかったというわけです。そこで6作品面白そうなものをダウンロードして、退会することにしました。ダウンロードした作品をご紹介〜No One Can [続きを読む]
  • 40歳という節目に何を思うのか。
  • 一昨年の8月にこのブログを初めてキャラ設定できずに、フッラフラしているブログですが、これからもそのスタンスでやっていきたいと思います。軸がなさすぎて、入るコメントといえば、私の書いた記事に適したコメントをしたと見せかけて自社の宣伝リンクをする目的の奴だったり、英語はコミュニケーションツールではなく、数式のようなものだと思い込み受験英語延長で添削をしてくる奴だったり、そんなものしか入りません。いただ [続きを読む]
  • ギリギリで英検1級に申し込む
  • 前回の英検終了時にはすぐにでも勉強を始めると意気込んでいたが、喉元過ぎればなんのその。全く。洋書を読んだり、準1級以下の英検には触れているものの、自分の受ける1級についてはまたまたノータッチ。ノー勉3回目か。アホいなぁ。サピエンスの本は面白いが、人間1人、こんなに進歩のないのがいて、よく数千年だけで進化発展したものだ。実は申し込み自体もやめようかと思っていた。まあ、受かっても落ちてもこれが最後。英検ま [続きを読む]
  • ただいま洋書「Sapiens」にどハマり中
  • 全く面白みを感じないロリータ、グレート・ギャツビーに続き、ユヴァル・ノア・ハラリ著のSapiens: A Brief History of Humankindを読んでいる。ようやく面白い本キタ!とても分厚い本だから、グレート・ギャツビーのような薄い本でも1ヶ月かかったし、今回は年内いっぱいかかるかと思っていたが、面白いとちゃっちゃか読めるものだ。今のペースで読めば1ヶ月ほどで読めるかもしれない。Sapiensは名の通り、人類のお話。この本はす [続きを読む]
  • ほぼ日手帳の活用の仕方を今更考える
  • ほぼ日手帳を使い始めて、多分10年以上が経つ。途中モレスキンなどに浮気し、ここ数年はほぼ日手帳のだが、持つことに満足してしまい、手帳を見返してみると何も書いていない1日ページが多い。2017のほぼ日Plannerも、実は2月から空白ページが目立っていた。メンタル面の調子も最近上がってきたので、ここはちょっとほぼ日Plannerの活用法を考えたい。そこでアマゾンで見つけたこれを読んでみた。時間のムダ&ミスが減る! 手帳&ノー [続きを読む]
  • 《洋書読了》グレート・ギャツビー
  • 著者: F. Scott Fitzgeraldタイトル: The Great Gatsby (Wisehouse Classics Edition)出版: Wisehouse Classics; 2016版 (2016/1/15)ジャンル: 文学、クラシック評価:★★★★☆あえてブログタイトルにはカタカナ表記で。以前の記事でも書いたが、なんとも面白くない。ページが進まない。進んでもまた戻る。短い物語なのに読み終わるのにほぼ1ヶ月もかかってしまった。まあ、途中で諦めなかった自分を褒めてやりたい。しかし [続きを読む]
  • ほぼ日手帳2018買ってきた@LOFT
  • 今年はほぼ日のオンラインショップ(ほぼ日ストア)からではなく、LOFTに行ってきた。送料の700円ちょっとが惜しくなったからだ。LOFTは徒歩圏内にある。昨日の平日午前中に行けば人も少なかったのかもしれないが、今日土曜日に行ったので、ほぼ日手帳コーナーには普段より多めの人たちがたかっていた。私は自分のことしか考えていないババア客が怖いので、売り場にすでにいたり、私がいるところに来たら逃げ出すんで、なかなか見 [続きを読む]