ほふられた小羊 さん プロフィール

  •  
ほふられた小羊さん: ほふられた小羊
ハンドル名ほふられた小羊 さん
ブログタイトルほふられた小羊
ブログURLhttps://yohane-no-mokusiroku.muragon.com/
サイト紹介文読まれる皆さんは私も含めて、自分がどこに属しているのかという思考を解放してお読みください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/09/05 21:03

ほふられた小羊 さんのブログ記事

  • ID:4uh493
  • 申し訳ありませんが、本日の新しい記事は 《 「第一の獣(金〇律元特別補佐官)」は私自身でもあることを教えてくれる「第三の獣」 ⑧-2 「第三の獣」である「獣の像」が記されている聖句を全て抜き出した。 》 を してご覧ください。 [続きを読む]
  • ⑥-1 金〇律 元特別補佐官を支えた原理数=「七数」「十数」
  • 本日の記事は、明日の為のものです。 サタンも原理数をもって最後の戦いに挑んでいた。 サタン側の「七数」「十数」が記されている聖句  そして、ここに登場する「獣」とは誰のことか??「平和の主人 血統の主人」とも重なるが、結論としては、再臨主を聖和させてしまった中心的人物となる金〇律元特別補佐官である。これは後日になる。 12:3  また、もう一つのしるしが天に現れた。見よ、大きな、赤い龍がいた。それ [続きを読む]
  • ④ 「明けの明星」が、「イエス様」であると記されている聖句
  • 黙示録を解くキーワード   ④ 「明けの明星」が、「イエス様」であると記されている聖句 22:16  わたしイエスは、使をつかわして、諸教会のために、これらのことをあなたがたにあかしした。わたしは、ダビデの若枝また子孫であり、輝く明けの明星である」。 黙示録に登場する理解困難な「言葉」の意味を知ろうとするとき、その答えが黙示録の後ろの方に記されていることが沢山ある。このブログで取り上げた、前回、前 [続きを読む]
  • ③ 黙示録の中に「聖所」とは、「神様と小羊」であると記されている聖句
  • 黙示録を解くキーワード   ③ 黙示録の中に「聖所」とは、「神様と小羊」であると記されている聖句 21:22 わたしは、この都の中には聖所を見なかった。全能者にして主なる神と小羊とが、その聖所なのである。 21:23 都は、日や月がそれを照す必要がない。神の栄光が都を明るくし、小羊が都のあかりだからである。  この聖句からすると、「聖所」とは地上の何処かに建てられた建築物を言っているのではなく、「 [続きを読む]
  • ② 黙示録の中に「香」とは、「聖徒の祈り」であると記されている聖句
  • 黙示録を解くキーワード   ② 黙示録の中に「香」とは、「聖徒の祈り」であると記されている聖句 5:8 「この香は聖徒の祈である。」  この聖句からすると、「香」とは、聖徒の祈りであり、再臨主に対する絶対信仰という条件をあらわしている。  詳細は後日になるが、まさに、この「香」は、内的イスラエルの「契約の箱」に対する信奉であり、成約時代の「八大教本」に対する絶対信仰からくる「祈り」と言えるもの。 [続きを読む]
  • ① 黙示録の中に「燭台」とは、「教会」であると記されている聖句
  • 黙示録を解くキーワード   ① 黙示録の中に「燭台」とは、「教会」であると記されている聖句 1:20 あなたがわたしの右手に見た七つの星と、七つの金の燭台との奥義は、こうである。すなわち、七つの星は七つの教会の御使であり、七つの燭台は七つの教会である。  この聖句からすると、「燭台」とは、「教会」をあらわしている。  問題は、この教会がどの教会をあらわしているかである。家庭連合なのか、サンクリチア [続きを読む]
  • 聖和された神山先生に想いを寄せて・・・!
  • 神山先生の命を賭した最期を知り、心からご冥福をお祈りします。 神山先生の聖和は家庭連合が最も混乱した大患難時代(草束事件から七年)の生き証人として霊界に旅立たれたとのだ思います。今の時代は霊界がアベルの位置になって霊界から協助される側なりますから、神山先生が霊界から私たちが現在の混乱を収束できるように共助してくださること、そして、お父様のご心情がこの地上に花と咲く時代が到来するように、ますますご尽 [続きを読む]