穴屋 さん プロフィール

  •  
穴屋さん: 穴屋の競輪ブログ ふぬ競
ハンドル名穴屋 さん
ブログタイトル穴屋の競輪ブログ ふぬ競
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/anatoushirouto
サイト紹介文穴狙い中心の競輪予想ブログです。 裏目と抜け目の能書きをお楽しみください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供225回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2016/09/05 23:07

穴屋 さんのブログ記事

  • スタンドに舞う歓喜の赤ヘル・広島記念の結果
  • 年末恒例、実況の和田年弘さんによる寒々しい流行語実況に乗って行われた広島記念決勝を制したのは、松浦悠士。嬉しい初の記念制覇を地元で決めました。ゴール後は派手なガッツポーズの後にスタンドに向かって赤いヘルメットを放り投げてスタンドからの歓声に応えその後には胴上げ……でしたが上げる人数は足りていた気がするんですが2回にわたって途中で崩れて落とされちょっとマヌケな締めでした。昨年の広島記念では断然人気の [続きを読む]
  • 「それ行けカープ」赤いユニフォームの悲願・広島記念決勝
  • 急に寒くなりましたね。筆者の住む町では火曜日に22℃だった最高気温が、土曜日には8℃まで下降し慌てて厚めのコートやら布団やらを引っ張り出して、今年初の暖房を入れる冬らしい週末となりました。まあ多少寒い方が鍋料理やオデンなんかが楽しめそうな気もしますが、読者の皆様はお風邪など召されない様にご注意ください。さて広島記念は決勝を迎え二次予選で凄い頑張りを見せて準決勝まで5人残っていた地元勢は松浦悠士を除 [続きを読む]
  • 主演は浅井、助演は内藤・四日市記念の結果
  • 雨中の戦いとなった四日市記念を制したのは地元のGP王者・浅井康太。最終ホームでは8番手の絶体絶命の位置ながら高速捲りで番手捲りの関東勢を飲み込み後続を突き離してゴール。ゴール後は派手なガッツポーズで歓声に応えスタンドにヘルメットを投げ入れウイニングラン。GP前のこの時期に出走を決めたのは「2月の全日本選抜で途中欠場した 借りを地元に返したかったから。」との前検日のコメント通り有言実行の優勝これで2 [続きを読む]
  • 節操なき地元王者・四日市記念決勝
  • 皆様、しばらくのご無沙汰でした。12月の上旬は仕事がクソ忙しいのと忘年会などあって夜も時間がないのでしばらくは決勝のみの更新となりますがどうかご容赦ください。さて四日市の決勝の前に………113期のルーキーチャンピオン①嵯峨 昇喜郎(青森) 師匠:永澤剛 (91期)②小玉 勇一 (埼玉) 師匠:大澤雄大(89期)③小林 泰正 (群馬) 師匠:小林潤ニ(75期)④柿本 大貴 (東京) 師匠:川上真吾( [続きを読む]
  • アメとムチ作戦の成功・小倉競輪祭の結果
  • 初のナイター特別となった第70回の競輪祭を制したのは浅井。脇本のツッパリ先行の3番手から2センターでインを突いて伸び直線で脇本を捕らえてゴール前チョイ差し。ゴール後はド派手なガッツポーズに客席にはヘルメットを投げ込み中部の仲間から祝福の胴上げにダブルピースのポーズでご満悦。吉田敏、金子師匠、坂口、竹内、志智……に、ヤマコウの姿も見えますね。引退したOBでも胴上げに入るんですね。浅井の特別制覇は20 [続きを読む]
  • 浅井のアメとムチ作戦・小倉競輪祭決勝
  • 初のナイター特別となった第70回競輪祭は新しい試みがまずまずの成果を出して予想以上売り上げを残しつつ最終日を迎えメンバーが出揃った時点で一緒に現地観戦していた2名の輪友灰人さん(ブログ絶筆中)カイジくん(熊本の島田ブーの高校の後輩)と、帰りの車中で話して妄想した決勝の並び予想は<妄想並び予想>中近:⑨脇本−①浅井−⑥柴崎瀬戸:④太田−③清水−⑧香川先生関東:②平原−⑦諸橋単騎:⑤菅田初手:916/ [続きを読む]
  • 九州優遇番組の崩壊・小倉競輪祭5日目
  • さて競輪祭は準決勝の5日目を迎えて場内のゲストは、元サッカー日本代表なでしこジャパンの丸山桂里奈。………………?……バラエティ番組で男に捨てられたりストーカーにあったりしたことをたいして面白くもないトークで語り司会の人が上手くいじらなければショボい感じのキャラな気ががしますが……ガールズ競輪の女の子に比べても特に容姿が可愛いというわけでもなく「初めて見たけどすごい迫力ですね」「サッカー選手よりも [続きを読む]
  • 最強ワッキーvsアフロマン・小倉競輪祭4日目
  • さて競輪祭は4日目を迎え筆者は待望の現地観戦そして本日からは男のみの開催でメインはダイヤモンドレース現地観戦は楽しみなんですが今回は4日目と5日目のみの観戦で最終日は行かない予定にしてまして……決勝のゲストはエガちゃんこと江頭2:50ですか。実は今年4月の武雄記念の決勝の日にゲストで来ることが予定されていて現地観戦を楽しみにしてたんですが、直前になって変更、ダンディ坂野に格下げされてしまって非常に [続きを読む]
  • レジェンドに厳しく、九州に甘く・小倉競輪祭3日目
  • 2日目全レース終了後小倉競輪場の某所にて番組屋A「明日の村上兄の番組、どうします?」ボス「う〜ん、脇本つけるとまたマンネリだって 言われそうだし、古性だと暴れそうだし…… 稲垣でもマンネリって言われそうだから 川村にしておこうか。んで、脇本には 地元優遇で園田にしておこうか。」番組屋A「じゃあそれで行きましょう。村上は 清水の番組に入れてかませ犬にしますね。」番組屋B「ボス、武田はどうします?」ボ [続きを読む]
  • 1Rはお兄ちゃんのかませ犬番組・小倉競輪祭2日目
  • 前回のブログの記事で まさかとは思いますが 2日目の1Rはお兄ちゃんを組み込んで 1番車に山崎賢人を入れる、かませ犬番組を 作ってるんじゃないでしょうね?って書いたんですが………初日の1Rを見ると、そういう事なのかと多少の予感はあったのですがまさかホントにやるとは。小倉の番組屋は狂ってますね。(誉め言葉)まあ、そんな一銭にもならない予感じゃなくて車券が当たらなきゃダメなんですけどね。(戒め)ファン [続きを読む]
  • 1Rから武田のかませ犬番組・小倉競輪祭初日
  • さていよいよ今年最後の特別競輪今年で70周年を迎える小倉競輪祭が開幕。筆者の地元開催なので昨年までは毎年現場で観戦しておりました。……ですが、今年からナイター開催となり6日間制のトーナメントに変更ガールズグランプリトライアルを組み込むなど、大幅な番組改編があり黒い組織の労働に従事している身としてはさすがに6日間を現地観戦するのは難しく決勝も日曜日の夜に開催なので、翌日からの仕事のことを考えると…… [続きを読む]
  • カイセイとトクシンについて・小田原F1決勝
  • 今回はあまり競輪予想と関係ない雑記が中心なのでご容赦ください。来年の1月から記念の番組編成が変更されると発表がありましたね。ざっとしたところでは初日の特選が 3レース → 1レース同様に予選が 9レース →11レースシードされる選手がSS班とS級1班の上位から9名に変更2日目の優秀競走がなくなって二次予選7レースで勝ち上がりが決定二次予選はAとBに別れて二次予選Bで2位までが準決へ二次予選Aで5位 [続きを読む]
  • 勇猛果敢アフロマンの戴冠・取手記念の結果
  • 取手記念を制したのはアフロマン山崎賢人。吉澤の先行を外併走からの豪快に捲り後続をぶっちぎる圧巻のスピードで嬉しい記念初戴冠を飾りました。優勝インタビューでも髪型同様、ド派手に笑わせてくれるのかと思いきや意外にマジメなコメントに終始して「師匠と同じ開催で優勝できてよかった」と、師匠である山口幸太郎への感謝の言葉が中心でした。その師匠と、2日目にぶっちぎって恥をかかせたケン坊と、あと一人顔が見えない誰 [続きを読む]
  • 英雄の終焉と単騎のアフロマン・取手記念決勝
  • まずはじめにお詫びですが、取手記念の3日目までの記事更新をお休みしたこと、誠に申し訳ございません。いちおう前回の記事で「決勝のみ更新」の予告をしていたつもりでしたがアクセスを見る限り、毎日のように数百人単位の方がお越し頂いたようで……この場でお詫び申し上げます。さて取手競輪「水戸黄門賞」は準決を終え決勝に進む9選手が決まりましたがバンク内では8月に引退された戸辺英雄さん(51期)の引退セレモニーが [続きを読む]
  • 13年ぶりの地元大歓声・防府記念決勝の結果
  • 防府記念の優勝は地元の清水裕友。鈴木ノブと三谷竜の壮絶な叩き合いをバックで捲って鮮やかに抜け出し後続をぶっちぎる圧巻のスピードで完勝実況のいつもは玉野でカミカミの人が「地元山口の選手が13年振りの 優勝だぁ〜〜!!」と絶叫して、防府にしては珍しいくらいの地元の大歓声に応えてゴール。清水はド派手なガッツポーズで応えヘルメットを観客に投げ込んだり胴上げでは池に落とされたり………となかなか盛り上げた感じ [続きを読む]
  • さよなら狂人哲也さん・防府記念決勝
  • まず最初に訃報です。45期で活躍され、引退後はスポニチの評論家を務めた兵庫の斎藤哲也さんが逝去されたそうです。松本整・佐古雅俊・伊藤浩・馬場圭一そしていまだに63歳で現役選手の三ツ井勉など多士済々の45期の卒業チャンピオンでデビュー。筆者が競輪を始めた頃にはまだ記念・特別にも出場していたと記憶してますが40歳の時に悪性のリンパ癌で引退長く闘病生活を繰り返しながら、スポニチでは「斎藤哲也のこんな人脈 [続きを読む]
  • かしこかしこまりましたかしこ・防府記念3日目
  • <お詫び>前回のブログで、優秀競走の神奈川の並び、マクル−郡司の前後を間違えて記事にしておりました。並びと予想は午前中に修正いたしましたが間違えていた期間にご覧になった方は誠に申し訳ございませんでした。防府記念は準決を迎え、ゲストはハイキングウォーキング。ロン毛のほうが髪を握っての「卑弥呼様ぁ〜!」のネタと、表題のフレーズしか覚えていませんが、お元気なんでしょうか。そしてバンクの方に目を向けると失 [続きを読む]
  • アホガールの来場・防府記念2日目
  • いつものサテライトでガールズの児玉碧衣ちゃんが競輪祭のPRを兼ねたトークショーを開催するそうで………そういえば競輪祭ではガールズのグランプリ出場を賭けたトーナメントかあるそうですね。前にも来たことがあったのですがその時には筆者は所用で行けなかったのでちょうど連休ですし足を運んでみようかと思っております。筆者自身はビッグレースのときしかガールズは打ちませんし選手のこともあまり知らないんですが……ビッ [続きを読む]
  • 主役交代の「幸せます」劇場・防府記念初日
  • 豊橋記念から中一日で防府記念の開幕。相変わらずメインテーマは「幸せます」で……しばらく使いまわされるんでしょうね。しかしながら……山口初のSSになって赤パンを履いた晴れ姿を地元バンクでお披露目するはずだった桑原大志は岐阜記念で記念初制覇を飾るも寛仁親王杯で大塚ケン坊の反則車輪払いを喰らって無念の欠場肋骨骨折・肺挫傷となってましたから折れた骨が肺に刺さったんでしょうね。長期の欠場は仕方ないと思います [続きを読む]
  • 最後だけ本気出す王者・豊橋記念の結果
  • 豊橋記念は浅井が優勝。先行する高橋和也−吉田敏洋を6番手からの捲りで仕留め、追走した金子師匠と中部ワンツーで決着。勝ち上がりは②⑨②と未勝利ながら金子師匠と説教ゴリラ吉田敏の地元勢に花を持たせて決勝は本気の捲りで快勝王者の貫禄を見せつけた感があります。この後は取手記念→小倉競輪祭に出場予定ですが、近年の浅井は小倉が鬼門2年連続で勝ち上がりで敗退して負け戦は落車失格して担架に乗せられ情けない姿で退場 [続きを読む]
  • ゴリラ−ゴリラ、キツネ−サルの中部別線・豊橋記念決勝
  • いろんなところで選手が体を張ってる豊橋記念2日目は電撃ネットワークのイベントでのパフォーマンスに選手が飛び入りで参加し、ガールズの田中千尋選手(114期)は布団圧縮袋に入れられて空気を抜かれてのたうち回る体を張った芸で笑いを取り最終日は一丸支部長をリーダーとするバンド「ONE CIRCLE」の演奏もあるそうで………競馬の天皇賞と競艇のダービーに押されて売り上げはイマイチのようですが、オードリーを使 [続きを読む]
  • 不死鳥のラストラン・豊橋記念3日目
  • 本題の豊橋記念とは関係ありませんが先日、奈良競輪場で行われた地区プロで市田佳寿浩の引退レースがあったそうですね。すでに報道などでご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、少々お付きあいください。出場メンバーは①村上兄②稲垣裕③川村晃④北川紋⑤中村一⑥古原勝⑦松岡健⑧稲川翔⑨市田佳誘導が師匠の野原哲也さんだったそうで息子の野原雅也と村上弟が負傷欠場中で脇本はワールドカップに行ってるのでまずまず納得の [続きを読む]
  • 説教ゴリラの恫喝・豊橋記念2日目
  • 豊橋記念は2日目を迎えてメインのゲストは電撃ネットワーク。たしか病気で逝去されたメンバーがいて新メンバーのオーディションをやったりしていた記憶がございますがまだあの体を張った芸をやってるのでしょうか。日本のテレビは年々コンプライアンスが厳しくなってきたため露出が少なくなった印象がありますが、海外、特に豪州では「ストリートパフォーマー TOKYO SHOCK BOYS」として人気を博している電撃ネッ [続きを読む]
  • コスプレ師匠の豊競劇場・豊橋記念初日
  • さて八番亭師匠こと中川誠一郎の地元優勝でめでたく幕を閉じた熊本記念IN久留米の次は豊橋記念・ちぎり杯。豊橋記念といえば、毎年のように「豊競劇場」とよばれるパロディの宣伝ポスターを作るんですが………今年は69周年、ロックと言う事でKISSの仮装ですか………うん、まぁハロウィンも近いしいいんじゃね?(適当)今年は地元の看板選手・深谷がナショナルチーム優先のために欠場そのため前年度優勝の金子師匠が地元代 [続きを読む]
  • 幻のナカガワスペシャル・熊本記念IN久留米の結果
  • 熊本記念IN久留米の優勝は地元の中川誠一郎。打鐘前からツッパリ先行した新山を捲った平原を、最後方の八番手から上がりタイム10.8の驚愕の捲りでゴール寸前に捉え、歓喜のゴール。2016年の熊本地震で大きな被害を受けていまだに再建工事すら行われていないホームバンクの熊本の冠の記念やはり特別な思いがあるようで久留米で熊本記念が行われてからの成績は3回の開催で2回の優勝を遂げて(8・1・1・2)の成績吉岡 [続きを読む]