穴屋 さん プロフィール

  •  
穴屋さん: 穴屋の競輪ブログ ふぬ競
ハンドル名穴屋 さん
ブログタイトル穴屋の競輪ブログ ふぬ競
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/anatoushirouto
サイト紹介文穴狙い中心の競輪予想ブログです。 裏目と抜け目の能書きをお楽しみください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供242回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2016/09/05 23:07

穴屋 さんのブログ記事

  • ビジュアル枠という十字架・いわき平オールスター2日目
  • さて、ハイエナチョビ髭こと一成の選手代表の敢闘宣言で幕を開けたいわき平オールスターは2日目を迎えメインレースはオリオン賞そしてガールズでは2回目を迎えるアルテミス賞が行われます。オリオンのメンバーは諸橋、脇本、ハラケン、太田竜、桑原神山、新山、村上博、園田昨年のオリオンメンバーは一成、郡司、新山、園田、吉田拓神山、脇本、石井、竹内で新山、園田、神山、脇本が連続出場一成がドリームに上がってドリームか [続きを読む]
  • 黒歴史のリベンジなるか・いわき平オールスター初日
  • 読者の皆様、しばらくのご無沙汰でした。さて真夏の特別・オールスターの開幕。昨年も同じ、いわき平で開催されて地元の一成が新田の捲りを差して見事な地元優勝しかしながらあまりに酷い最終日の競走と決勝レースのおかげで競輪史に残る黒歴史な開催だったわけなんですが……<昨年決勝の記事はこちらから>初日はファン投票上位9名によるドリームレースが行われますがファン投票のトップを飾ったのは新田。新田、浅井、平原、武 [続きを読む]
  • 仕掛ける勇気・松戸記念決勝の結果
  • 灼熱バンクの松戸記念を制したのは鬼脚・中川誠一郎。カマシ先行に出た吉田拓をホーム最後方から踏み出した豪快捲りで捉え、後続をちぎって今年2回目の記念優勝を果たしました。ヨコの捌きができない、先行はせずに決まり手は捲り・追込み番手の仕事はまったくしないといろんな注文が付く選手ですが脚だけは完全にワールドクラスナショナルチームの4人新田祐・一成・脇本・深谷はいわき平オールスターが終了したら東京五輪の出場 [続きを読む]
  • そろそろ獲りたい鼻ペチャとインモグラ−・松戸記念決勝
  • 松戸記念は波乱の準決を終え決勝9選手が揃いましたが地元の先導役とみられていた根田と近藤隆が脱落近畿・瀬戸内・関東&南関の3ラインに各ラインの先導役は105期の石塚輪太郎107期の吉田拓矢109期の太田竜馬となかなかフレッシュな顔合わせ。吉田拓矢はエリート107期のトップとして期待されたいましたがライバル新山、同県の山岸が先に記念制覇を果たしていますし仲良しの鈴木竜士もヤンググランプリを獲っています [続きを読む]
  • 実は少ない純地元・松戸記念3日目
  • 昨年の記念でも特集しましたが今回参加している千葉勢のうちホームバンク登録が松戸の選手は斎藤宗徳(100期)山本紳貴(107期)の二人だけであとは全員、千葉ホーム。昨年までいちおう松戸のトップでそこそこの知名度もあった斉藤努がAに落ちてしまったのでバック数こそ多いもののあまり目立たない二人が松戸代表として参加かつてはフラワーラインの中心として解説席の山口健治さん・吉井秀仁さんなど威勢の良かった松戸グ [続きを読む]
  • 大猿カメラマンの激写・松戸記念2日
  • 今回参加中の中村道場の大猿こと根田空史は、写真が趣味らしく先日の松戸サマーナイトではカメラマンとして検車場に登場してツイッターで選手の画像をたくさんアップしています。https://twitter.com/fd2takashi競走では後方サイクリングをやらかして罵声を浴びることの多い根田ですがカメラマンとしてはサービス精神旺盛でなかなか渋い画像も多く撮っておりツイッター上でも評判は上々のようです。(敢闘門を内側から撮影)(師匠 [続きを読む]
  • ユーチューバーコバケンの勤労・松戸記念初日
  • さて弥彦記念から中一日で松戸記念……なんですが先月にサマーナイトをやったばかりで盛り上がり的にはどうなんでしょうか。ちょっと微妙な感じもしますね。しかもこのあと10月にはバンク廃止から辛うじて生き残って250バンクに改修される千葉競輪場の記念代替開催の滝沢正光杯があるので4ヶ月の間に3回のGレース開催ですか。解説席の吉井秀仁さん・山口健治さんとサマーナイトで決勝インタビュアーを務めここぞとばかりに [続きを読む]
  • 野良犬、復活の号泣・弥彦記念の結果
  • 弥彦記念を制したのは地元の諸橋。先行する鈴木竜士の番手から抜け出し弥彦の長い直線で後続の追撃を退け昨年に続く連覇を果たしました。記念優勝は関東ラインを裏切って物議を醸した昨年の松戸記念以来でしたがその後、グランプリで乾坤一擲のイン突きに失敗して落車失格をした後には念願の赤パンSSになったものの度重なる失格と落車、ヒットマン古性の強盗被害に遭ったり木暮をはじめとする関東勢と揉めたりして成績低迷野良犬 [続きを読む]
  • 誰からでも狙えそうなコマ切れ戦・弥彦記念決勝
  • 弥彦記念準決勝は10万円台の配当が2本飛び出す大荒れ決着。2日目まで鬼の強さだった平原がまさかの4着で優出を逃してしまい絶対本命が不在の決勝はどこからでも狙えそうな超コマ切れ戦。朝9時の時点での2車単の一番人気は好調のチョビ髭・菅田に地元の諸橋の9−1なんですが、それでも13倍の好配当。なかなか読みづらい混戦になりそうですが弥彦の長い直線を突き抜ける勝利者は誰になるでしょうか。そしてビートきよしが [続きを読む]
  • 猛暑の弥彦と地元連携・弥彦記念3日目
  • 西日本では昨日、台風12号が上陸し筆者の住む県でも避難勧告があり深刻な大雨が降っておりますが……弥彦村のある新潟県は、台風の周辺の風が山を越えるときに熱風となって吹き下ろすフェーン現象で観測史上最高の猛暑だそうで…弥彦村に近い三条市では39.5℃を記録。バンクの中では照り返しもあってもっと体感では灼熱な感じでしょうし選手の皆様もお疲れさまでした。あと、現地参戦するご年配の皆様はくれぐれも熱中症にお [続きを読む]
  • 男前レーサーのご懐妊・弥彦記念2日目
  • 弥彦所属のガールズで活躍してきた「男前」レーサーこと加瀬加奈子さんが、先日ブログで妊娠されたことを発表していましたね。以前、落車で酷い怪我をした時もブログで怪我した画像ですとか治療の経過などを詳細に報告されていて多少グロい部分はございましたがなかなか普段知る機会がない選手のケガの治療やその後のリハビリとかぶっちゃけトークを交えて書かれていまして……今回もご出産までの経過などをブログで公開されるので [続きを読む]
  • 質より量のゲスト出演者・弥彦記念初日
  • さて、7月の最後の開催は弥彦記念。田舎ののどかな競輪場が好みな筆者にとって「西の武雄・東の弥彦」と並び称賛するお気に入りバンクですが村長が変わってからは特別競輪の誘致に力を入れなくなったのは残念です。昨年は決勝戦にAKB柏木由紀が登場、ヲタの皆様が大量に弥彦村に集結渡辺雄太がフライングゲットポーズでインタビューに応え、地元の諸橋が優勝でめでたく終わったわけですが………今年のゲストは初日……玉袋筋太 [続きを読む]
  • 後ろチラ見の鬼脚・福井記念の結果
  • 福井記念を制したのは地元のワッキー。打鐘過ぎの一気のカマシで別線を置き去りにし追走の鬼脚・中川を振り切って1着ゴール。これで地元記念は4回目の優勝でインタビューでは「五輪はもちろんですが、 G1に向けてしっかりと頑張ります。 次はオールスター。 優勝してここで報告します」と、地元ファンへの優勝宣言。ナショナルチームの活動優先のために今年の競輪はこの福井記念を除けばG1・G2にしか出場しない脇本それ [続きを読む]
  • 仲良し連携に忖度はあるのか・福井記念決勝
  • 福井記念は決勝を迎え主役を務める地元のワッキーは力通りに決勝進出を果たしたもののその他の近畿勢は全滅して鬼脚誠一郎こと中川が番手を宣言。かつてのナショナルチームの仲間でリオ・オリンピックに出場世界を転戦する中で飲み友達としても仲の良かった二人ですが……………地元のワッキー相手に中川が忖度なしで鬼脚の差しを見せてしまうのでしょうか。準決振り返り10R伊藤裕が先行、松浦が3番手で新山5番手、山中7番手 [続きを読む]
  • 手打ちの関東両者・福井記念3日目
  • 今回、Aからの昇級で地元選手として奮闘している中川勝貴クンお父さんの中川博文さんもA級選手で昨年の後期は「親子S級」を目指して親子で切磋琢磨していたようですが、残念ながらお父さんは昇級ならず揃っての地元記念出場は叶いませんでした。「ギャンブルレーサー」では関優勝と優一の親子が同乗したり同時S級になったりする場面が描かれておりましたが現実的にはなかなか難しいようで今まで親子同時S級を果たしたのは竹内 [続きを読む]
  • 恐妻家の王者登場・福井記念2日目
  • 福井記念は2日目を迎えゲストはボクシングの元世界チャンピオン長谷川穂積氏で、選手とのトークショーと「一緒に車券を購入しよう!」コーナーが予定されております。リングの中では世界王者を10度防衛2回にわたって防衛戦で敗れて王者から転落した後に、階級を変えて再び王者奪取現役最後の試合もタイトルに挑戦して勝って王者に就きながらそのまま引退……という、「不死鳥杯」にふさわしいゲストまさしくボクシング界の歴史 [続きを読む]
  • 新婚ワッキーの凱旋・福井記念初日
  • さて今週は福井記念。地元の看板選手として長年戦っていた市田佳寿浩が大怪我から復活したものの今期はA級に陥落……ってことで不出場ワッキーこと脇本雄太が主役の座を務めます。ダービー、高松宮杯で圧倒的な先行を披露し三谷の優勝に貢献、自らも表彰台に乗り賞金でもグランプリの出場圏内にいるワッキープライベートでは先日、モデルで美人の奥様と結婚式を行い………いつもバンクでは悲しげな表情の村上兄も弟分として可愛が [続きを読む]
  • 夏の夜の落車祭り・松戸サマーナイト決勝
  • 松戸サマーナイトは激戦の準決を終え決勝への9選手が勝ち上がりましたがおそらく人気になるのは深谷−竹内−浅井の3車ラインで並ぶ中部ラインでしょう。昨年のいわき平オールスターでは深谷−竹内−浅井−坂口と4車並んで必勝態勢の中部ラインが青板での竹内のうっかり落車で崩壊筆者が竹内を「ヌケ作」と表記するきっかけになった悪夢のレースがありまして…………けっこう長期にわたって心の病に罹っていた感のある竹内雄作が [続きを読む]
  • さよなら誠さん・松戸サマーナイト2日目
  • 長年、千葉のトップレーサーとして戦ってきた鈴木誠さんが引退を表明、13日に師匠の吉井秀仁さんと引退会見を行いました。2日目の7R終了後に場内での引退セレモニーが行われるようですね。筆者が競輪を始めた頃にはもうトップレーサーで特別競輪でも活躍していましたが、やはり一番思い出深いのは、2005年に松戸のバンクで行われたダービーの決勝戦。吉岡、武田、村上兄、小嶋社長などそうそうたるメンバーの中で誠さんは [続きを読む]
  • 昭和哀歌が流れる解説席・松戸サマーナイト初日
  • まず読者の皆様にお詫びと御礼ですが小松島記念の更新を中止したにもかかわらず多くの方から励ましやお気遣いのコメントを頂き、ありがとうございました。このブログをご覧の方も多くの方が罹災され、まだ日常の生活に戻れなかったり大きな悲しみを抱えてしまった方もいらっしゃるかとは思いますので不謹慎と思われたら申し訳ないですがこの松戸サマーナイトより更新を再開します。そして、重ねて申し訳ございませんが再開する以上 [続きを読む]
  • <お詫び>小松島記念・更新中止のお知らせ
  • 西日本を襲いました記録的な豪雨により筆者の住む県では多くの地域で河川の氾濫や土砂災害が起こり、避難勧告が出される深刻な状況となっております。幸いにして筆者の住んでいる近隣には大きな被害はございませんが、この雨が本日以降も降り続くとの予報もありまた、小松島を含む中四国地方でも悪天候が続くとの報道があったため予想記事を書くことが困難と判断し小松島記念の準決・決勝の更新を中止いたします。楽しみにされてい [続きを読む]
  • 初夏のハラケンコレクション・小松島記念2日目
  • ハラケンの風貌と髪型の変遷(A級時代)現在がこちらの画像ですがS級の5年間で、さらに20回ほど髪型を変えているようで……こうやって画像を並べるだけなので筆者としてはたいへん楽なんですが決して手抜きを疑ってはいけません。しかし、美容院に行ってどんなオーダーをして髪型変えているんでしょうね?さて……小松島記念は初日のオープニングで前2場所欠場、しかも今年1勝しかしていない富がアタマで大穴スタートその後 [続きを読む]
  • 伸び悩みのインモグラー・小松島記念初日
  • さて今週は小松島記念。連日のサッカーワールドカップ観戦で日本代表の歴史に残る健闘と逆転負けを全て見続けてしまったために筆者は連日けっこう睡眠不足ですが期の変わり目ということもあり注目していきたいと思います。太田竜馬・小川真太郎・島川将貴などここのところ新鋭の活躍が目立ち若手の育成が上手くいっている感のある徳島勢に地元優勝の期待がかかりますが意外にも大将の小倉竜二もハラケンも地元記念は未制覇で、バン [続きを読む]
  • どうぞどうぞの鬼脚捲り・宇都宮記念決勝
  • 宇都宮記念を制したのは鬼脚誠一郎こと中川誠一郎。前団がもつれるところ、バックからの上がり13秒4の鬼脚捲りでひと飲みしラインの山田庸平とワンツーを決め記念優勝で節目の400勝を達成しました。追込み宣言してからなぜか自力脚に磨きがかかり外国人並みのハロンタイムを叩き出す展開不問の捲り追込みを見せる中川40歳を前にして全盛期を迎えた感があり今後の特別での戦いにも期待ができそうです。おめでとう、中川!で [続きを読む]