haruara18 さん プロフィール

  •  
haruara18さん: 星空と、色えんぴつ
ハンドル名haruara18 さん
ブログタイトル星空と、色えんぴつ
ブログURLhttp://haruara18.hatenablog.com/
サイト紹介文日々の小さな発見や、楽しいこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2016/09/06 19:37

haruara18 さんのブログ記事

  • 会報作りの味方、スクリーントーンのお話。
  • 私は10代の頃、マンガ家になりたかったので、マンガ用の画材もいくつか持っていますし、今でも、たまには使います。ちょっとした、文章とかイラストとかのサークルの会報をつくることがあって。そんな時、重宝するのがスクリーントーンです。原稿に貼って、カッターで形を切り抜いて使います。マンガでは、影の部分を表現したり、模様や画面の効果をつけたりするのですが、サークルの会報では、原稿の余白ができた部分をなにか [続きを読む]
  • 髪を伸ばしてみて、意外に困ること。
  • 私は20代以降、あまり髪を長くしたことがありませんでした。ショートカットか、伸ばしても、せいぜい肩のあたりまで。が、去年、ずっと続けていたアルバイトで失業してしまって家にいることが増えてから、髪を伸ばしはじめました。理由はなんとなく、ですが、伸ばしてみて、良かったこともあります。なにぶん、ずっと短くしていたので、長い髪のまとめ方も知らなかったのですが、意外に簡単に髪をまとめられるヘアクリッ [続きを読む]
  • 食べるのがもったいない、可愛いどうぶつドーナツ♪
  • この前の日曜日は母の日でしたね。東京にいる妹が、母宛に、可愛いドーナツを送ってきてくれました。(彼女は色々とマメにお祝いをしてくれます)「イクミママのどうぶつドーナツ」というお店の商品のようです。めっちゃ可愛くないですか?(^^*)ホワイトチョコなどでコーティングしてあるので、けっこう甘いんじゃないかと思いましたが、実際食べてみると、予想より甘さ控えめで美味しかったですよ。パンフレットには、 [続きを読む]
  • 「名探偵コナン から紅の恋歌」と、百人一首の思い出。(その2)
  • ちゃんと観たのは、かなり久しぶりの「コナン」でした。ただ、実際映画を観てみると、レギュラー陣には知らないキャラもいなくて全然大丈夫でしたぁ。(灰原哀ちゃんはセーフです)そもそも、冒頭で、初期設定&キャラクター紹介から説明してくれていたので、今までコナンを知らなかった人でも楽しめる……かな?だけど、観ていた時代にはブランクがあるので、コナンたちが、スマホやパソコンなどハイテク機器を使いこな [続きを読む]
  • 「名探偵コナン から紅の恋歌」と、百人一首の思い出。(その1)
  • 「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」を映画館で観てきました〜。コナンといえば、最初の頃は、けっこうハマっていたのですが。家でアニメを観ていると、当時、母親に「変なもの観てる」と文句を言われたため、そこまで言われながら観なくても……という気分になり、次第に遠ざかってしまいました。……が、最近になって、時々、夕食時に母が自分からコナンを観ていることがあるんですが……ま、まあ、こういうこと [続きを読む]
  • 私が断捨離できないモノ。(その3・作品編)
  • 断捨離できないものと言えば、自分の作品もけっこう置き場に困りますね……。出版すると、作者は見本誌として10冊ほど頂けるんですが、(無名作家の私には経験がないですが、重版すると、さらにもう1冊ずつもらえるらしい)宣伝として大っぴらに配るほど作品に自信があるわけでもないし。さすがに、安価で古本屋に売るのももったいないですし。近しい友人知人は、買ってくれるので、結局、ほとんどが押し入れに眠っていると [続きを読む]
  • 私が断捨離できないもの。(その2・文具編)
  • 自分が断捨離できないものは色々ありますけど。捨てられそうにない物のうち、大きい割合を占めるのはやはり画材・文房具かな……。文房具が異様に好きなんです。どのくらい好きかと言うと、用事がなくても、文具屋さんを見かけるとつい、入りたくなってしまい、くまなく一周してしまうくらい。可愛いものとか、新しいアイディア文具などはもちろん、普通のクリップとか、物差しとか、マグネットとか、そういうフツーの事務用品も [続きを読む]
  • 私が断捨離できないモノ。(その1・メンタル編)
  • 部屋を片づけるのが苦手です。その一因として、なかなか、モノを捨てられない。本当に必要なモノだけを持ち、要らないモノは手放す。そんなシンプルライフにできたら、身も心もすっきり過ごせるだろうな、とは思うのですが。モノを捨てると、確かに、心のどこかがふわっと軽くなるように感じます。自分の部屋にモノを溜めておくということは、(たとえ、普段は見ない押入れの奥であっても)自分の心の奥にも、そのモノにつ [続きを読む]
  • バルーンアートでは猫はつくれない?
  • 前の記事では、子どもたちに人気のバルーンアートの話を書きましたが、赤ちゃんとか、まだしゃべれない年齢のお子さんを、親御さんが連れて来られた場合、当然ながらリクエストをもらうこともできないので、なにをつくろうか迷ったりします。そういう時は、私はとりあえず「ネズミ」をあげることが多かったです。このサイズなら、小さな手でも持ちやすいかと。しっぽのところをにぎってもいいし。そして。前回、剣の話を書い [続きを読む]
  • 子どもたちに人気のバルーンアート!
  • これまでは、ちょっと難しめのバルーンアートを紹介してきましたが。そうした作品は、実際の現場で配る時にはつくるのに時間がかかって、みんなを待たせてしまったり、(私の腕前では)失敗して割れちゃって、小さな子が泣いたりする危険もあるので(^^;)実際には、つくることは少なかったりします。今回は、現場でつくる簡単な作品で、リクエストが多かったものを紹介します。あくまで自分の経験ですけど。男の子はやっ [続きを読む]
  • きららガラス未来館&長門本山駅のお話。
  • さて、まだ前の記事の続きです。竜王山から下りた後、めったに来ないところだし、周囲を散策してみました。JRの最寄り駅は長門本山という小野田線の駅です。どこにあるか探してみました。(あ、見つけたけど、画像を撮ってなかった……)私、鉄道ファンと言うほどではないですが、電車に乗るのは、わりと好きです。将来、もし可能なら、色んな路線に乗って、電車で旅してみたいなあ、とぼんやり思ってるくらいには。でも、小 [続きを読む]
  • きららビーチと、竜王山の思い出……。
  • 先日、竜王山へお花見に行った時、すぐ近くのきららビーチ焼野にも寄りました。……というか、バス停を降りたら、すぐ目の前だったので。あー、すごく久しぶりに来たなあ、この海。ちょうどお昼時で、おなかも減ったのでこのあたりで、海を見ながら、自由業の自由さをかみしめつつ持ってきたパンを、もそもそと食べました。(自由すぎて、お金はないです)竜王山も近くに見えています。画像ではよく分かりませんが、ここから [続きを読む]
  • 竜王山にリベンジお花見に行ってきました。
  • 先日、宇部のときわ公園にお花見に行ったもののまだ、あまり桜が咲いていなかった……という記事を書きました。今回はリベンジお花見です。桜の名所である、山陽小野田市の竜王山に行ってきました。今週前半は、雨が降ったり止んだりという天気が続いて、桜が散ってしまわないか、少し心配でしたが。当日はよく晴れて、お花見日和でした。ネットで調べてみると、最寄りのバス停「きらら交流館前」から展望台まで徒歩20分 [続きを読む]
  • バルーンアートで星とハートをつくろう!(その2)
  • バルーンアートの風船、100本入りを買うと、なかなか使いきれないですねぇ……。でも、イベントではどのぐらいの本数が必要かよく分からないから、つい多めに用意しちゃいます。さて、前の記事で星をつくったので、今度はハートに挑戦してみましょう。個人的には、星よりも難しいです。まず、バルーンを輪にして、熱い息を吹きかけながらハートの形に整えるようにと教本には書いてあるんですけど……。なかなか、きれいな [続きを読む]
  • バルーンアートで星とハートをつくろう!(その1)
  • 去年の12月に某所のクリスマス会で使ったバルーンアートの風船、いまだに余ってます。もったいないので、先日同じ場所にまた持って行きました。もし、希望する子がいたら、つくってあげようと思って。バルーンの代金もカンパしてもらってましたし。クリスマス会の時、また来てねって言われたし。でも、最近はあまり小さい子が来ていないようで結局必要ありませんでした(^^;)ちょっと残念です。いつまでも置いておけないの [続きを読む]
  • ときわ公園の桜&石炭記念館
  • 昨日はよく晴れていて、暖かかったため宇部のときわ公園に行ってきました。水曜日(今日)以降は、天気予報では曇りですしね……。ときわ公園は桜の名所でもあります。ちょうど今書いているお話に、桜が出てくるので、取材をかねて、お花見を決行せねばと思ったのです。だから、これもお仕事のうちっ。多分。(そう言いながら、記事のカテゴリーは「レクリエーション」にしてますけど……笑)でも、残念ながら、見頃と言えるほ [続きを読む]
  • 夢と現実の交錯するアニメ、「ひるね姫」観てきました。
  • 「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」というアニメ映画を観てきました。キャッチコピーの「夢をみるのには、理由がある」の言葉に、なんとなくひかれたからです。なにしろ、自分自身「夢」が気になっているこの頃なので……(笑)夢の世界と現実が交互に出てきて、その出来事がリンクしていく物語。いいなあ、こんなお話も書いてみたい。(書けるかどうかは別にして……笑)主人公のココネちゃんが方言を使っているのが、温 [続きを読む]
  • 「褥瘡」という漢字、なんと読むでしょうか。
  • 学生の頃、福祉について勉強していた時期がありました。当時、周りには「向いていると思う」「保育園の保母さんになったらいい」など勧められることもありましたが、結局、本格的には取り組まず、資格は取りませんでした。(実習には参加しなかったし)自分自身は、物心ついた頃から、「絶対マンガ家か小説家になりたい」と思っていたので。そのために社会的な人生からは外れてしまったかもしれません。曲がりなりにも本は出版で [続きを読む]
  • 「ビブリア古書堂の事件手帖」7巻を読みました。
  • 「ビブリア古書堂の事件手帖」(三上延/著 メディアワークス文庫)楽しみにしていた7巻を読みました!ベストセラーになった作品だしドラマ化もされましたが、自分が読みはじめたのは、もっと遅くて、ドラマも終わってからだったと思います。最近流行っている本をめったに読まないので(読めよ)なかなか手が伸びなかったのですが、ヒロインの栞子さんのような凄い「本の虫」ではなくても、本好きにとっては、とても魅力的な作 [続きを読む]
  • なぜか夢に「PPAP」が出てきました……。
  • 個人的に、ユング心理学に興味を持っていて、少しずつですが、河合隼雄先生の本を読んでいます。必然的に、「夢」に対して関心を持つこととなり、毎朝、見た夢を思い出そうとしているのですが……。これが、あまり覚えていないのですよね。思い出せたとしても、意味が見出せるものばかりではないですが、かなり、自分自身を見直すのに役立つ夢を見ることもあります。でも、ここに私の精神分析とか書いてもしょうがないし、他人の [続きを読む]
  • レジで久しぶりに二千円札を見ました!
  • 先月ちょっとだけバイトした話を書きましたが、その時のことです。自分はレジ担当だったのですよね。苦手なので、本当はあまりやりたくないんですが、(不器用で手際が悪いので……^^;)イベント会場のため、カードや商品券などは扱わなくて良くて、その点は気楽でした。基本的な操作だけで済むし。なので、あるお客さんが、お支払いで普通のお札とは色の違うものを差し出された時、一瞬、商品券ならお断りしなきゃと思った [続きを読む]